宮城県石巻市とロックベル合唱団

■泡沫(うたかた)日記

今年のGW(黄金週間)を楽しむ前に書いておきたい事(その2)
次の写真は、石巻市出身で現在流山でロックベル合唱団で活躍されているロックベル・C.PDさんのブログ記事から引用させて頂いたのですが、このような故郷の写真を掲載する心境を思うと、私自身も、遣る瀬無い気持ちが抑えきれません。

上は震災前の石巻市中瀬
石巻市中瀬
下は、現在の石巻市中瀬
右に見える、白い卵型の建物は「石ノ森萬画館」
私、サイボーグ009や仮面ライダーなどを生んだ、石ノ森章太郎氏が宮城県登米郡石森町の出身であることを、震災が起こるまで知りませんでした。



昨年、2011年の8月1日・2日の「第88回石巻川開き祭り」は、ミッキーやミニーも応援にかけつけて賑やかな幕開け・・・・。しかし、前記事の如くこうした情報に隠れてしまっていますが、2012年のGWを前にして、現実には東北の復興はまだまだ進んでいないようです。

震災直後「先ずは自分より他人を先に救ってやってくれ」という、お人好しというか、我慢強いというか、そんな東北魂の場面をずいぶん見てきました。

東北魂Tシャツ

東北魂ってすごいと、素直に思います。
ロックベル・C.PDさんのご家族やご友人も被災され震災後、真っ先に被災地に物資を届けていらっしゃいますが、そんな事情でありながらロックベル合唱団は、昨年も例年通り流山市内や東葛地域の施設への慰問を続けて、逆に流山市民や東葛地域の人々を励ましています。
参照⇒ロックベル合唱団。2011年のライブ活動の一部

ロックベル合唱団ライブ2011

ロックベル合唱団は震災後からチャリティー活動をしている訳ではなく、結成当初から施設への慰問やチャリティーライブ活動を主体として活躍されている合唱団で、例えばライブで販売するCDの売上げは、必要経費以外はユニセフなどへの寄付を続けている団体です。

そんなロックベル合唱団が「GWの初日、4月28日に利根運河春まつりでライブ」を行います。
今年のGWは是非このライブを聴き、チャリティCDを購入してからスタートを切りたいと思っています。

震災直後よりは募金運動や支援活動はだいぶ落ち着いた感があります。でも現実、被災地の復興は愕然とするほど進んでいません。
私はGWを前にして、被災地、石巻・宮城・東北に、直接ご縁のあるロックベル合唱団を通じて、些少なりとも復幸に関わりたいと願ってます。

この項...続く。

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン


2012年04月26日

posted by たすけ at 23:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気仙沼市の復幸マルシェと新沼暁之さん

■泡沫(うたかた)日記

今年のGW(黄金週間)を楽しむ前に書いておきたい事(その1)
上は震災直後の気仙沼市鹿折(ししおり)の歩道橋
気仙沼市鹿折

下は、2012年3月の気仙沼市鹿折の歩道橋
白いプレハブの建物は3月10日にグランドオープンした「気仙沼 鹿折 復幸マルシェ」
いわば仮設のミニ商店街で、2階の一部はボランティアの宿泊施設も兼ねています。
私も今年になってfacebookをはじめたのですが、facebookで見るサイトは⇒このようなサイトです。

石巻市大川小学校と新沼暁之さん

石巻市の大川小学校に太陽光のクリスマスツリーを贈った新沼暁之さんの新聞記事。
「気仙沼 鹿折 復幸マルシェ」や「この新聞記事の新沼暁之さん」を読むと...
「良かった、復興はだいぶ進んでいるんだなぁ」など思ってしまうのですが...
新沼さんの⇒ブログ記事を拝読すると、被災地の現実を知ることになります。

石巻市長面_2012年4月19日

これは2012年4月19日。
facebookつながりの、とみやんさんの記事で知った新沼暁之さん撮影の石巻市長面の写真。
地図で見たらすぐそこは海岸線。「どうして高台の仮設住宅に行かないのか?」と考えるのは、海で生計を立てる暮らしを知らない者。自立のためには、ここに住み、海と暮らしていかねばならない。

マスコミが伝えないだけで、震災から1年以上経っても、電気も水も通ってない、復幸にはほど遠い現実の中で暮らしている方々が居ることを知り愕然とします。

新沼暁之さん、・・・・



この項...続く。

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2012年04月25日

posted by たすけ at 23:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心の掃除と再生ボタン / いいね!フレーズ

■泡沫(うたかた)日記

1回 言われただけなのに 100回 言われた気分。
残りの99回は 自分で再生ボタンを 押しているのね。


随分以前に名古屋にあるクリニックの記念パーティに出席した際、おなじテーブルに同席された女性(ヒーリングセラピストだったかな?)が作成されたカレンダーの一節です。
お名前を失念してしまいましたm(_ _)m
とても含蓄のあるフレーズが、毎月ごとに書かれていたのですが、このフレーズが一番いいね!と心に残っています。

心の垢を洗いましょう

そしてこちらが、先日の3.11法話の際に当日のプログラムと一緒に頂いた、流山市は市野谷(いちのや)円東寺だより『ばんばん』からの一節。バン=大日如来の梵字の音

いちのや ばんばん 第28号円東寺(えんとうじ)住職の増田俊康師は、PRINCOちゃんという手品・大道芸パフォーマーでもあり。特にバルーンパフォーマンスが有名です。
増田住職はまた、「自殺対策に取り組む僧侶の会」会員として。テレビ朝日のやじうまテレビ!「きょうの説法 火曜担当」としても活躍されています。

がっしりとした体型は大学レスリング部出身の証しであり、月1くらいでジャズ喫茶で声明ライブをしたり、まさにパイパー・パフォーマー・PRIESTです。

ご本人にお尋ねたしたことはないのですが、Sidosso Princo の由来は 指導僧+PRIEST ではないかと?(たぶん、コメントでお答して頂けると思っているのですが^^;)

増田住職は世襲住職ではありません、円東寺のかつては無人寺で、廃寺同然の寂しいお寺でした。
でも、住職が着任してから、市の谷の市(いちのやのいち=バザー)などを復活させ、檀家に関係なく地域の子供〜お年寄りまで大勢の人々が集まるようになり...あとは、杖をついた場所で温泉が湧けば平成の弘法大師になっちゃうようなハイパーお坊さんです。
...って。坊さん褒め殺してどうする!?(^^;)

話が脱線してしまいましたm(_ _)m
3.11法話の際に頂いた【いちのやバンバン】で最も心に染みたお話しがコレです!

心の荷物を降ろしませんか?

「なんじゃお前は。まだあの娘を背負っておるのか。わしはもうとっくに降ろしたぞ。」

なんか、いいですよねぇ(^^)
冒頭の『自分で再生ボタンを押している』と同様、私の心にスーっと染み入り、そしていつでも再生できる(脳みその)引き出しに収納しました。

私自身はどちらかと言えば、あまりくよくよするタイプではないのですが...その代わり、特に落ち込んでいる訳でもないのに、中島みゆき,小椋桂,さだまさしの失恋ソングや悲歌を好んでよく再生しています(^^;)...まぁたぶんそうして、自分でもよくわからない心のバランスを保っているのだと思うですが。

なんていうか、例えば...
TVや舞台ではめちゃくちゃおもろく明るい芸人さんが、楽屋や私生活ではめっちゃ暗い人だったり
ギンギンのハードロッカーが、実は一人になると、強烈な寂しがり屋のネガティブ思考だったり
人は皆、心は常に不安定なんだけど、その人、その人で、心のバランスの取り方が違うのかな?と。

それから私の場合は、さきほどのSidosso Princoのように、名前・地名の由来や初めて聞いた言葉。そんな言葉を解明することに没頭する傾向があり、くよくよしている時間より、わくわくしている時間の方が多いのかもしれません(^^;)



他方...私からみれば他愛もない(=たわいもない・とりとめのない)一言に
「人格まで否定された」「世の理を乱している」と思考したり...

言った側がとうに忘れている一言に
「死ぬまで忘れてたまるか!」「一生覚えていろよ!」と決心したり...

自分の心さえ、いつも不安定でよくわからないのに
他人の心まで、誰もわかるはずはないのですが・・・

名古屋のパーティー、流山の3.11法話で、気づいたことは
「あ!そうか。心の掃除と、再生ボタン」なんだな...って事でした。

私は、掃除は不得手です。
なので、悲しい,悔しい,辛い一言は、けっこうたくさん心のひだに溜まっています。
でも、いいね!と感じた一言や、悲歌は再生ボタンをばんばん何度も押しますが
自分が嫌なフレーズや悲観的な言葉の再生ボタンはあまり押すことがないのかも?


冒頭で円東寺(仏教)ばかりを取り上げたので、「ん?お前は寺の回し者か?坊さんとグルか?」
とあらぬ誤解を受けかねないので(^^;)

思考に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

FaceBookで、友人の友人からシェアさせて頂いた、キリスト教のハイパー・シスター。
マザー・テレサのいいね!フレーズも貼っておきますね♪


PS.その友人(T.F)へ
FaceBookでのいいね!ボタンはいいね!フレーズに押されるだけでなく
何の意味もない"L"ボタンでも押されていることもわかりました。I like it!ありがとう(笑)

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2012年03月14日

posted by たすけ at 11:54 | Comment(4) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたは、あなたの価値で輝くことが大切なのよ

■泡沫(うたかた)日記

人の価値(value / worth)って、なんだろう?
その人の、地位や財産や名声とかではないと思う。
その人、その人の、幸・善・愛・徳など、心を満たす"生きがい"なんだろうと思う。

私は東日本大震災の被災者じゃない。TV画面に映し出される惨状を見るにつけ
被災者・被害地のために、自分にも何か役立てる事があるんじゃないか?
でも、現地にボランティアに行った訳じゃない。多額の募金をした訳でもない。
結局、何も出来ないまま、あの日(2011.3.11)から1年経ってしまった・・・

2012.3.11 そんな、何の役にも立たない、何の価値も持たない自分を悔い
自宅近所の森の図書館で開催された3.11法話に参加させて頂きました。

3.11法話

講師の増田俊康師(流山市円東寺住職)のご法話は、自分の価値を見出せなかった私に、安堵を与えてくださいました。小学生の国語の教科書に出てくるエピードを引用したとてもわかりやすいご法話でしたが、その中で最も印象に残ったお話しを私なりに咀嚼して記しておきます。




熊のバケツ(=行為)はとても大きい。ネズミやリスのバケツの100倍はある。熊は100人分の水運び(=支援)ができるが、ネズミやリスはその1/100しか支援できない。
熊(=財力・名声のある、実業家や有名人)は立派だな。ネズミやリス(一般庶民=私)は、ほとんど役に立たないも同然だ。
「ううん、そうじゃないよ。」
「運べる水の量は、それぞれ違っても」
「熊は1人として、ネズミやリスも等しく1人として」
「熊の行為も、ネズミやリスの行為も等しい価値があるんだよ。」


キラキラ輝く豪華なシャンデリア 私はそんな華やかな輝きとは無縁だな。こんなちっぽけな私が、例え何かしたとしても、社会(世の中)が変わる訳でもないし。
「ううん、そうじゃないよ。」
「ガラスはね、1個(=1人)では輝けないんだよ。」
「1個の小さなガラスが、隣のガラスに反射して輝いて」
「隣のガラスが、またその隣のガラスに反射して輝いて」
「あなたが輝かなければ、みんなが輝かないんだよ」


たとえ、小さなネズミやリスだとしても。
たとえ、ほんの小さなガラス玉だとしても。
あなたは、あなたの価値で輝くことが、社会全体を輝かすことになるんだよ。


この気づきにほっとさせて頂きました(^^)
PRINCOちゃん!ありがとうございました♪
あ!つい、いつもの呼び名を使ってしまった(笑)


3.11大震災の法話

この写真は、真言宗豊山派僧侶3師による声明(しょうみょう)の一コマです。他の写真は⇒こちら
・四智梵語(しちのぼんご)・散華(さんげ)・対揚(たいよう)をお唱えになっていました。最後の、本日ご祈念の「世界平和・万民豊楽」の部分だけは、私にもはっきり聴き取れました(^^ゞ

東日本大震災から1年。被災者ではない人たちが、私と同様に
「自分だけ幸せに暮らしていていいのだろうか?」
自分の価値を見出せず、自問している方がいらっしゃいます。

また、福島原発事故から流山市に避難されてきたご家族で
(妊娠5ヶ月の身重でいらして、無事赤ちゃんが産まれてすくすく育っていますが)
「故郷に残った人を考えると、ここで子育ての幸せを享受していていいのだろうか?」
と今回の震災・原発事故は、幸せを素直に受け入れらないようにしてしまったようです。

あなたは、あなたの価値で輝くことが大切なのよ

牧師でも、僧侶でもない、私の友人たちもこう述べています。

3月11日の未明。石巻市出身の方から受信したメールより・・・
私は『人は、幸せに成る為に生まれて来た』と思ってる人間です。

3月11日の未明。高校のクラスメートのツイートより・・・
「もの書きは、不幸にならなければ、本物ではない」と
ある編集者に諭されたことがある。馬鹿いってんじゃない。
人間は、「幸せになろう」という意志を捨てたとき、堕落するのだ。
現実を、ありのままに受けとめなければ、前には進めない。
今ここにあることに感謝しなければ、罰が当たる。


3.11法話の会場が大変混雑していたので
法話の終了後は自宅に戻り、TV番組とともに14:46の黙祷...
TV番組の中で長渕 剛も歌っていました...幸せになろうよ♪

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2012年03月11日

posted by たすけ at 23:59 | Comment(8) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ねえ、あなた。話をしながらご飯を食べるのは楽しみなものね。

■泡沫(うたかた)日記

ねえ、あなた。話をしながらご飯を食べるのは楽しみなものね。
この台詞は、大正〜昭和の日記【断腸亭日乗】を遺した永井荷風の代表作【墨東綺譚(ぼくとうきだん)】の、第三章後半部分に出てくる。⇒参照:青空文庫

「お茶を入れ直そうかね。お湯がぬるい。」
「あら、はばかりさま。ねえ、あなた。話をしながら御飯をたべるのは楽しみなものね。」
「一人ッきりの、すっぽり飯はいやだな。」

まぁ、お茶よりお酒の方がいいに決まっているけれど(笑)⇒参照:断腸亭日録 2012.3.3

江戸の天明期、食通であり一流のパロディストであった蜀山人(=大田南畝)は
世の中に人の来るこそうるさけれ とはいふもののお前ではなし と歌い
さらに、映画「まあだだよ」の題材にもなった作家・パロディストの内田百閧ヘ
世の中に人の来るこそうれしけれ とはいふもののお前ではなし と捩った

これが、断腸亭夫妻になると・・・
世の中に人の来るこそたのしけれ とはいふもののお酒なしでは...ってかな?(笑)

cafe hannari で宴会

しかしまぁ、この夫婦と一緒にいると、誰もが自然体の笑顔になるから、実に不思議な夫婦です。

4seasons cafe hannari

なおかつ、そんな夫婦が贔屓にしているこのお店【葛飾水元のハンナリ】は、他のどこ店でも食べたことのない、真に美味なる創作料理ばかりで、もし蜀山人や荷風が平成の世に居たならば、必ずや題材にしている店になるでしょう。
ねえ、あなた。話をしながらはんなりご飯を食べるのは楽しみなものね。...ってかっ!?(笑)





ここから、ちょっと厳粛に・・・コホン。

セント・マリーチャーチで挙式

人は自分の誕生を、自分で決めることはできない。
人は自分の死去も、自分で決めることはできない。
それは神や仏が決めることなのだ。でも、結婚(夫婦)の誓約は
人は神・仏・人の前で自分で決めることができる。 byしゃあ あずなぶる

夫婦の誓約日

結婚は早すぎてもいけないし、遅すぎてもいけない。
そして無理が一番いけない。自然がいいのだ。 by武者小路実篤

愛は、この世に存在する。きっと、ある。
見つからぬのは愛の表現である。その作法である。 by太宰治

魅力あるもの、キレイな花に心を惹かれるのは、誰でもできる。
色あせたものを捨てないのは努力がいる。
色のあせるとき、本当の愛情が生まれる。 by遠藤周作


最後に・・・
私の好きなゲーテの言葉で、新郎・新婦への祝辞とさせて頂きます。
空気と光と友人の愛
気持ちよい家庭を作ろうと思ったら、済んだことをくよくよせぬこと、めったに腹を立てぬこと
いつも現在を楽しむこと、とりわけ、人を妬み憎まぬこと、そして未来は神にまかせること。

いかなる時でも、空気と光と友人の愛。これだけ残っていれば、気を落とすことはない。

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2012年03月06日

posted by たすけ at 01:06 | Comment(14) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

隼(ハヤブサ=Falcon)の区別がつかない

■泡沫(うたかた)日記

2月11日は建国記念日ですが...隼(ハヤブサ)から連想するものと言えば?
現代っ子なら、2012年3月10日から放映される
映画「おかえり、はやぶさ3D」の小惑星探査機「はやぶさ」かな?

映画おかえり、はやぶさ

流山市もJAXAのフライトディレクターの方がいらして流山市生涯学習センターでの講演を拝聴したりして、NASAも驚く日本の技術力と、日本人の決して諦めない心を映画で観たいと思っています。

初めて小惑星探査機はやぶさのレプリカ(実物大)を見た時
「え?まるで高校の文化祭で造ったようなハリボテ構造だなぁ」
「精悍・敏捷な隼って名前のイメージと大違いだ^^;」
「まぁでも確実に獲物(サンプル採集)を捉える成功率では、鷲でも鷹でもなく
やっぱり【隼=はやぶさ】でぴったりだったかな?」
なんて思いながら眺めていました。

さて、戦前・戦中世代の先輩方で、「隼(はやぶさ)」と言えば・・・

陸軍「隼」・海軍「ゼロ戦」

やっぱり、陸軍一式戦闘機「隼」でしょうねぇ。
女性の方は、戦闘機には全く疎い方が多いと思いますが、昭和33年生まれ世代でも
陸軍=一式戦闘機「隼」 海軍=零式艦上戦闘機「ゼロ戦」はすぐ連想できます。

2月11日は建国記念日ですが...
戦前は紀元節と言って昭和15年(1940年)が、神武天皇即位紀元(皇紀)2600年で
この年から製造された海軍の艦上戦闘機が零式(00年)で「零戦・ゼロ戦
翌(皇紀2601年)改修された陸軍戦闘機が一式(01年)で「愛称:」なんですね。

でも幼い頃はゼロ戦と隼の機体のディテールまでわかりませんから、胴体下に大きな増槽タンクがついていれば「ゼロ戦」。ついてないと「隼」くらいしか区別はついていませんでした。(正直、今でもゼロ戦と隼の機体区別は自信ありませんが^^;)

あ!そうそう。幼い頃、加村台に7〜8歳年上のお兄さんが居たんですが・・・
「俺のオジキはよぉ、陸軍の英雄でよぉ。まぁそりゃ、アメ公の戦闘機をゼロ戦で片っ端から撃墜したんだぞぉ」...て。このお兄さん典型的なお調子者で、まぁ〜話の8割は「嘘ばっかり言っていた」という事も今思い出しました(笑)



あ!そうそう、もうひとつ。トム・クルーズが主演した映画「トップガン」
この映画も好きで何度か観ましたが、シュチエーションは忘れましたが
「カッコイイわねぇ、トム・クルーズ♪」
「トムが乗ったから、あの戦闘機トム・キャットで言うんだってね♪」

ま、その時は、若いオネーチャンたちの会話はそのまま聞き流しましたけど(^^;)

まぁ、トム・クルーズファンの女性にとって
F-14(トム・キャット=米国海軍機)・F-15(イーグル=米国空軍機)
の区別なんてどーでもいいことなんでしょうけどね(^^;)

F-14 F-15 F-16 戦闘機

さて、F-15(イーグル=鷲)の後に、軽量小型戦闘機のF-16(ファイティング・ファルコン=隼)が登場するのですが、流石にこれは大きさも形状も明らかに違いますのですぐに見分けがつくと思うのですが・・・

ハヤブサ・タカ・ワシの区別

猛禽類の隼(Falcon)・鷹(Hawk)・鷲(Eagle)の区別が私には難しいです^^;
なんとなく体型の小さい順に 隼(Falcon) ⇒ 鷹(Hawk) ⇒鷲(Eagle)
なんでしょうが、昨年フライトフェスタ2011を見学に行った時の会場アナウンスで

「さぁ、今度のファルコナーさんはまだ中学生くらいかな?」
「え?鷹や鷲でもファルコナーなの??」
・・と思ったら

Falcon(ファルコン)は単体なら「隼」だけど、隼はHawk(鷹科)の仲間で、鷹狩りや鷹の調教はFalconryで、要するに鷹匠さんも、鷲や梟の猛禽類の飼い主は総じてFalconer(ファルコナー)と言うんだそうです(^^;)

以上。
いまだに、AKBの前田敦子と大島優子の区別がつかないおっさんの戯言でした(自爆)


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2012年02月10日

posted by たすけ at 22:11 | Comment(9) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初夢・宝船・七福神企画ってどうよ?

■泡沫(うたかた)日記

宝船と七福神竹やぶ焼けた(たけやぶやけた)...
「何の意味もない!」by 小島よしお
いわゆる回文ってやつですね^^;

これが、七福神が乗船する宝船に付記してある
ありがたい回文になると・・・
永き世の 遠の眠りの皆目覚め
波乗り船の音の良きかな

(なかきよの とおのねぶりのみなめざめ
なみのりぶねのおとのよきかな)
これを枕の下に入れてお正月から
「いい夢見ろよ!」by 柳沢慎吾で^^;

七福神の起源についての解説サイトは様々ありますが、招猫倶楽部の七福神大研究がわかりやすいです♪ 全国の七福神巡りの案内のサイトも様々ありますが、管理人さん本人が実際にレポートしている全国の七福神めぐりガイドが一番詳細かな?


まぁ〜でも、日本人の想像力というか、ゴロ合わせのなんでもありというか
日本・中国・インドの神様・僧侶をひっくるめちゃう...って、すごいですよね(^^;)

「ねぇねぇ、初夢・宝船・七福神企画ってどうよ?
「いいねぇー、お正月なら【寿】は必要だよな?」
「恵比寿様は決まりとして、あと福禄寿とか寿老人ってどうよ?」
「おっ!めでたいねー、それ採用!」
「え?でもその二人、同一人物じゃないの?」
「まぁ、いいじゃん、このさい。それぞれの御利益はあとでなんとでも」

まぁ、かなりくだいて書きましたが、こんなカンジで成立したんじゃないかと(^^;)

それにしても、全国あちこちに七福神巡りがあって、みなさんお正月には案外七福神巡りをしているものだなぁ・・・と思っていたら、おっと!
こちらの愉快なご夫婦サイクリストもこの正月に自転車七福神巡りをされていました!

「これは町興し優先で無理矢理【七福神】を作ったんじゃないのか?」
「そうそう!その通り!だって元々、七福神自体が無理矢理だもん!」

・・・と笑読したのは私だけではないと推察します(^^;)

「もしもし、はい○○寺です。」
「いつもお世話になります。こちら□□市観光協会ですが・・・」
「実はですね、わが町でも七福神巡りを企画しようと思っていまして・・・」
「はぁそうなんですか。で?当寺以外はどちらさんが参加されるんですか?」

かと思えば・・・
「どうする?あそこは無人だけどスタンプ場所とかさ?」
「あのね、うち△△院にはなんでお声がかからないの?」
「あ!すみません、これからご連絡しようと思っていたところでして(汗)」

まぁ、全国あちこちでこんな会話があったのではないかと(^^;)

でも、私こういう日本的なところが好きなんです♪それに、印西七福神巡りでは、ご住職や家人の方が対応して頂いたお寺さんでは異口同音に「どうも、どうも、寒い中ご苦労様です」と笑みを湛えて応対して頂きました♪

印西七福神巡りスタンプ完結

これまで単独でちばらき各地の七福神めぐりをしたことはありましたが、スタンプなどはなんだか子供じみて興味がなかったのですが、これが仲間が一緒だと一つ一つ埋まっていくことに喜びが増えていって、おまけに最後には美味しい甘酒もご馳走になり♪
「七福神巡りって正月のナイスな企画じゃん!」初めて実感しました♪

印西七福神を企画された方々と当日優しくご対応頂いた方々に感謝をこめて
印西七福神巡りの七福神の画像を当日の順路でご紹介としてこの記事を、了。

印西七福神(布袋尊)最勝院
布袋尊 最勝院 印西市発作403

印西七福神(弁才天)厳島神社
弁才天 厳島神社 印西市大森4336

印西七福神(寿老人)観音堂
寿老人 観音堂 印西市木下1446

印西七福神(恵比寿)三宝院
恵美寿 三宝院 印西市竹袋155

印西七福神(福禄寿)宝泉院
福禄寿 宝泉院 印西市別所1005

印西七福神(大黒天)長楽寺
大黒天 長楽寺 印西市大森2034−1

印西七福神(毘沙門天)泉倉寺
毘沙門天 泉倉寺 印西市和泉971

印西七福神(弁財天)観音寺
弁財天 観音寺 印西市浦部1978

どこかのサイトに、七福神巡りは自分の居所に一番近い場所から、反時計回りに巡るのが吉であると書いてありましたが、でも、でも、でも、でも・・・・
「そんなの関係ねぇ!そんなの関係ねぇ!」「はい、おっぱいぴー!」
おっぱっぴーとしなかったのは・・・説明不要ですよね?(^^;)

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2012年01月18日

posted by たすけ at 23:58 | Comment(9) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Surely Someday / いつかきっと

■泡沫(うたかた)日記

いつか[Someday] きっと[Surely] をSurely Somedayと書くのは和製英語?
【いつかきっと】なんて...未定+確実の言葉を重ねる曖昧な日本語。
でも日本人はこの言葉に、万感の希望を込めて使います。

【懐かしい】、【もったいない】も、日本語特有の曖昧な言葉だそうで・・・
日本語の【懐かしい】には、喜び・悲しみ・苦しみをすべて包括し、
日本語の【もったいない】には、捨て去るものへの憐憫を包括します。

英語の【I miss 〜】の直訳は[私は〜を失う]になりますが・・・
最愛の恋人に I miss you. 「あなたが恋しい」
遠くの友人に I miss you. 「君が懐かしい」
シチュエーションでニュアンスはだいぶ変わります。

昨年の震災や津波や原発事故での、I miss 〜 帰らぬ人となった[You]
未だ行方不明の家族[My family]、帰りたくても帰れない故郷[Hometown]
せつな過ぎる万感の思いが・・・

2012年賀状 Surely Someday

2012年の年賀状には、震災や原発事故などもあり、どうしても慶事の言葉を入れるのにためらいがあって、結局こんなデザインを採用しました。
挿入してある英文は私信ですが、拙ブログの読者は英語に堪能な方も多いので、「これじゃ和製英語だよ?」と、どこかヘンだったら指摘頂ければ幸甚です。

Surely Someday / いつかきっと

I miss you, I miss my family, I miss hometown.
I know we were gonna be alone.

But, don't throw away hope.
We shouldn't throw it away.

Even if we should miss all, we'll get smiling.
一番もったいないのは、希望を失う事。

昨年[2011年]に、大切なものを失った方。
道半ばで、何かを諦めざるを得なかった方。
そして自らの意志で、何かを断ち切った方。


いつかきっと・・・喜び・悲しみ・苦しみ・憎しみ
それらを懐かしく微笑みながら語る事が出来る日が来ることを念じています。

どうぞ皆様、良い年をお迎えください。

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2011年12月31日

posted by たすけ at 23:59 | Comment(9) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャネーの法則とマーフィーの法則

■泡沫(うたかた)日記

師走、軽いぎっくり腰をかばいながら仕事をしている私ですが...合間にお気に入りブログを拝読していたら、ジャネーの法則マーフィーの法則の例示が。



ジャネーの法則
人生における時間の心理的長さは、その年齢の逆数に比例する(=年齢に反比例する)
50歳の1年の長さは人生の50分の1であるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当。
よって、50歳の人間にとっての10年間は、5歳の人間にとっての1年間に当たり、
5歳の人間の1日が、50歳の人間の10日に当たることになる。


そしたら、60代や50代後半の連中が、「最近、1日の過ぎるのが早くて」言うので、
「70代、しかも後半になったら、そんなもんじゃない、すごく早いよ」と私が言った。
時間のたつのが早い・・・ジャネーの法則...を拝読して、なるほど)



マーフィーの法則
選択的重力の法則「落としたトーストがバターを塗った面を下にして着地する確率は、カーペットの値段に比例する」
不運の法則「母親は『こんな日もあるさ』と教えてくれたが、こんなにたくさんあるとは聞いていない」
渋滞の法則「渋滞の長さはどれだけ急いでいるかに比例し、またこれから遅刻する時間に比例する」

なんとか走りきったニセツインレイクサイクリング(主催者なのに)でした
(きっと大人に交じって走ったJr君にとって、とっても楽しい時間だったでしょう♪)


自転車愛好家(サイクリスト)的、ジャネーの法則&マーフィーの法則は・・・
「周到な準備をしたポタやサイクリング企画に限って当日雨になる」
「普段メンテは気にしないのに、念のため点検するとチェーンがスプロケにカミカミになる」(しかも、ポタの主催者になった時)
「どんな悪路でもパンクしなかったのに、ポタの主催者になった時に限ってパンクする」(しかも、替えチューブを入れてない時)
「同じ距離でも、知らない道は、知っている道の2倍以上の時間がかかった気がする」
「一人では退屈で辛いな道も、集団で走るとあっという間の楽しい道に変わる」
「すんなり終わったポタより、アクシデントのあったポタほど深く思い出に残る」

なんてところでしょうかね?(笑)


そして、もうひとつ・・・
62歳から18年に渡り、中国語講座を継続されていた傘寿の女性が受講を終え・・・。ご卒業かと思いきや、ご本人は体調さえ良ければ、まだまだ続けたかったとの言葉に、完璧に脱帽です。

50前半で腰が痛いだの、時間がないだの・・・
嗚呼、言い訳ばかり考えていた私が恥ずかしい

最後に・・・
「忙しいと言ってる人間ほど、休憩の合間が長い」 by 私 (自爆)

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2011年12月13日

posted by たすけ at 20:42 | Comment(7) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皆既月食と月天讃歌 / たゆたひおはす

■泡沫(うたかた)日記

月天讃歌(宮沢賢治)

兜の尾根のうしろより 月天ちらとのぞきたまへり
月天子ほのかにのぞみたまへども 野の雪いまだ暮れやらず
しばし山はにたゆたひおはす
  ...最後に漢字を入れると

暫し、山端に、たゆた(揺・蕩)ひ、おはす...かな?
兜の尾根とは、どの山のことだかわかりませんが、夕暮れ時に尾根の向こうから上がった月が、山端のお空でぼんやり・ゆったり輝いている...朧(おぼろ)月かな

今夜は雪まじりの雨が空の塵を洗い落とし、流山の空にくっきりとした満月が浮かんでいます。
2011年12月10日の夜は、絶好の皆既月食の天体ショーが観測できそうですね♪
...が。
実は、私は乱視なので、私の見る満月はいつも、ぼんやり三重になっているんです(苦笑)

月天讃歌(阿夫利神社:印西市)

この月は、11月19日に阿夫利神社(印西市)の駐車場で、東葛人さんIKAWAさんkashiwanさんご夫妻とご一緒に見た月です。まさに、夜霧(靄?)の空に、月天子しばし"たゆたひおはす"でした。

ちょっと忙しくて、ちゃんと記事が書けなくて、内容が"おぼろげ"ばかりですみませ〜ん(^^;)

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2011年12月09日

posted by たすけ at 19:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする