明日ありと思う心の仇桜 / 大人の遠足[高浜〜石岡編] (2)

■泡沫(うたかた)日記

ちばらきチャンネル

明日ありと思う心の仇桜、夜半に嵐(かぜ)の吹かぬものかは
今回の爆弾低気圧は、雪深い地方にはかなりの爪あとを残したようですね。
...で。爪あとと言えば、大人の遠足[高浜〜石岡編]で
こがねみそ(小倉味噌店)さんのすぐ手前にあった親鸞聖人の「爪書き阿弥陀堂」

親鸞聖人の爪書き阿弥陀堂.jpg

お堂の中はよく見えませんね^^;
そこでYさんから頂いた爪書き阿弥陀堂の内部の写真と
親鸞が庭石に爪で書いたと伝承されている爪書き阿弥陀様の写真をアップしておきますね(^^)

続きを読む ⇒


2013年04月08日

posted by たすけ at 23:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

けふはそのことをなさんと / 大人の遠足[高浜〜石岡編] (1)

■泡沫(うたかた)日記

ちばらきチャンネル

前記事「味噌を肴に酒を飲む」...てな訳で早速この写真^^;

味噌を肴に酒を飲む.jpg

タイトルの「けふはそのことをなさんと」とは、徒然草第189段の一節で、解説は後半に記述するとして...お酒の「渡舟」は石岡の府中誉酒造の純米酒♪こんにゃくは大人の遠足で石岡をご案内して頂いた、Romanさんからの頂き物♪こんにゃくに添えてある味噌は、こがねみそ(小倉味噌店)蔵出し非売品♪ちょこっと皿についている味噌みたいなものは・・・

続きを読む ⇒

2013年04月07日

posted by たすけ at 23:59 | Comment(7) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桜の花の散り方がおかしい(変だ)

■泡沫(うたかた)日記

なんだか桜の花の散り方がおかしい(変だ)
3月26日の肌寒い日、築地〜新富町〜八丁堀(中央区)---竹塚(足立区)で仕事。

聖路加と桜.jpg

これは築地の聖路加前の公園で桜を撮ったものですが。
なんだか桜の花の散り方が変でした。

桜の散り方は、花弁が一片一片ハラハラ落ちていく桜吹雪がフツーだと思っていたら、椿の花と同じようにガクごと花が次々に落ちていました。


続きを読む ⇒

2013年03月29日

posted by たすけ at 18:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人は何故、赤レンガに惹かれるのか? / 春風と真秀らに吹く風に乗って

■泡沫(うたかた)日記

人知れず 佇んでいる そんな赤レンガが好きです。

人は何故、赤レンガに惹かれるのか.jpg

これまで自転車仲間に紹介してもらって訪れた、赤レンガ建造物のごく一部です。
赤レンガの蔵や塀などもけっこう撮っていますが、ブログ記事にしているのはごく一部かなぁ。

続きを読む ⇒

2013年02月21日

posted by たすけ at 03:11 | Comment(6) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホキ美術館のギャラリートークに参加

■泡沫(うたかた)日記

2月2日(土)ホキ美術館のギャラリートークに参加させて頂きました。⇒[公式HP]
ホキ美術館ってどんな美術館?は、こちらの動画がわかりやすいです。⇒[ホキ美術館]

ホキ美術館

昨年10月、自転車仲間のお誘いで初めてホキ美術館を訪れて、私は1枚の絵に釘付けとなりました。その絵は私にとって、フランダースの犬の「ネロ少年」が憧れた「ルーベンスの絵」のようなものです。

続きを読む ⇒

2013年02月03日

posted by たすけ at 10:43 | Comment(6) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デジャヴ(既視感)小川町 / 小美玉市

■泡沫(うたかた)日記

デジャヴ(既視感)で最も多いのは...
『確かに見た覚えがある。でも、いつどこでのことか思い出せない』

既視感(デジャヴ01)

JR常磐線高浜駅(石岡市)にほど近い、小さな商店街にある床屋さん。
初めてこの風景を見た時に、胸が締め付けられるような郷愁感に襲われました。
そして先日、百里基地航空祭に向かう途中で通過した時も、その感覚は変わりませんでした。

どうしてなんだろう?なぜ懐かしいんだろう?...と思っていましたが。
同行した方のおかげで、ようやく謎が解けました(^^;)

既視感(デジャヴ02)

これは、私が生まれた流山市加一丁目に、50数年前の風景を重ねたものですが
「あ!均(ヒトシ)ちゃん家だ!!」

生家の3軒隣が、床屋のヒトシちゃん家でした。
私は2歳までここに住み、西平井(現平和台)に越したのですが
小学生の頃まではよくここまで遊びに来ていました。乳母車に一緒に乗っている一つ年上のヒトシちゃん家が、この高浜の床屋とそっくりだったかどうかは曖昧です。小学生の頃、ヒトシちゃん家は2階建てだったように記憶しているので、もっと幼い頃にこんな建物だったかもしれません。

既視感(デジャヴ03)

デジャヴ(既視感)については、諸説あるらしいですが。
隣の家を含めて、私が生まれた50数年前と変わらないだろうこの風景が、脳のどこかにしまわれている記憶を呼び戻させたのだと思います。

実際に自分が見た風景でなくても、映画やドラマのシーンなども脳にしまわれるので、小学生くらいでも昭和レトロにデジャヴを体験することがあるそうです。でも、小学生でブラタモリがファンだ...なんていうのはちょっと気持ち悪いですね(苦笑)

まぁ年齢を重ねるほどに「ん?この風景見た覚えがある。あれ?このシチュエーション以前もあった。でも、いつどこでのことか思い出せない」が多くなることは確かでしょうねf(^^;

百里基地や茨城空港に向かう道筋の小美玉市(旧小川町市街)で、懐かしい風景に出会います。これらの風景の中に、強くデジャヴを感じる方がいるかしら?(^-^)

既視感(デジャヴ小川町)小美玉市
クリックで拡大アルバム

2012年10月26日

posted by たすけ at 22:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帰去来(飲酒本歌取り)

■泡沫(うたかた)日記

帰去来とは、すべての官職を退けて、田園に生きる決意を語った陶淵明(陶潜)の「帰去来の辞」に由来します。歌手の「さだまさし」もこれに感銘を受けてアルバム「帰去来」を出しています。
本歌取り(ほんかどり)とは、有名な古歌(本歌)に自作の句を入れて作歌する事で、今回、陶淵明の「飲酒」の詩を本歌としています。

5年ぶりの高浜駅の話題でこの記事を思い出したので、解説をつけ加え再アップしておきます。




かしてつ

廬を結ばむと故郷に在を求むる

すでに汽車の轍も踏み切りも無し


角の床屋

曲がり角に在る散髪屋の親父の声

懐かしき面影や音やにふと佇む


府中愛宕山古墳

幼き日蜻蛉追いし墳墓の下 悠然として湖面を見る

山気日夕に佳く 飛鳥相与に還る

此の中に有る真意 弁ぜんと欲すれば已に言を忘る


2007年9月18日 筆




【飲酒】陶潜 五言古詩
結廬在人境 廬を結んで 人境に在り
而無車馬喧 而も 車馬の喧しき無し
問君何能爾 君に問う 何ぞ能く爾るやと
心遠地自偏 心遠ければ 地自から偏なり
采菊東籬下 菊を 東籬の下に采り
悠然見南山 悠然として 南山の見ゆ
山気日夕佳 山気 日夕に佳く
飛鳥相与還 飛鳥 相与に還る
此中有真意 此の中に 真意有り
欲弁已忘言 弁ぜんと欲すれば 已に言を忘る

職を辞して故郷に家を構えている
馬車の騒がしい音なければ客も来ない
それで(田舎暮らし)いいのか?と問われる
地位も出世も捨てれば、心は自然と向き合うものさ
東の垣根で育てた菊の花を摘み
遠くに南山(廬山)が見える
山は夕暮れの姿が一番映える
そして鳥たちはねぐらに帰っていく
この風景にそ、生きる真実が存在する
それを説明しようなどと思った時、言葉は忘れてしまうのさ

かしてつ(鹿島鉄道)が廃線(2007年3月)となった年の秋。
JR常磐線高浜駅で下車して舟塚山古墳府中愛宕山古墳を見学に行きました。
東南に霞ヶ浦を望む愛宕山古墳の上に立った時、目の前に赤トンボが飛んできて
なんとなく陶潜[飲酒]の詩が思い浮かび、なんちゃって本歌取りをしてみました^^;

JR常磐線高浜駅付近の風景
サムネイルクリックでアルバムが開きます。
(アルバム中の引き込み線は、鹿島鉄道の線路ではありません)

2012年10月19日

posted by たすけ at 14:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NEVER!NEVER!NEVER!NEVER!GIVE UP! 諦めなければ局面は変わる野田

■泡沫(うたかた)日記

NEVER!NEVER! NEVER! NEVER! GIVE UP!
けっして、断じて、絶対に、なにがなんでも、諦めない!



震災1年後の2012年3月から始まった官邸前の原発反対(再稼働反対)デモ。
外国メディア曰く『これはデモではなく、パレードだ。日本人はどこまで秩序正しいのだ。』
毎週金曜日、ものすごい数の人々が集まって抗議行動を行っているけど、ちっともメディア(マスコミ)で報道されない。こんなに大きな国民の抗議行動は、物心がついてなかった60年安保以来だと思う。でも、東京新聞を除けばほとんどマスコミはこれを無視しています。



高校1年生の時・・・。
母校の中学がTV報道され、取材内容と放映内容が全く正反対で
「なんでそうなるの?」ショックを受けました。
http://sazaepc-tasuke.seesaa.net/article/19204092.html
ひょっとして、国民は情報操作(偏向報道)の中で暮らしているんじゃないか?
16歳で感じたマスメディア(マスコミ)への疑問が、今回の官邸前デモが無視されていることで確信に変わってきました。

7月6日の官邸前デモの動画は、かなりの数がアップされていますが
http://www.youtube.com/watch?v=f7Y_YJEy5Kk
07:40からの坂本龍一氏登場の場面に、マスコミの体質がよく現われています。そしてマスコミが狙っているシーンは有名人登場かデモが暴動に変わるような場面だろうと。

それにしても、これだけの人々が、首相官邸の目の前で毎週抗議行動をしているのに、野田総理からなんのコメントも出ない。なので2012年の年頭会見で野田総理が引用した、チャーチル(英首相)のThe most famous six words.をここに再現しておきます。



NEVER!NEVER! NEVER! NEVER! GIVE UP!
私は「大義のあることを諦めないで、しっかりと伝えていくならば局面は変わる」
というふうに確信をしております。
そうだ!諦めずにしっかりと「再稼働反対」を伝えていく野田!


ちょうど2004年頃からちょこちょこ書いてきたブログがもう少しで1000記事になろうとしていますが、自分でもどこに何を書いてきたか整理できなくなってきています。
日常の雑多なブログ【こちらホワイトロック】はこれまで通り書いていきますが、政治やマスコミへの疑問などは【もっと知ろう.jp】に整理していこうと思ってます。
...って。これまでもブログを新設しては放置を繰り返してきたので、長続きするかどうがわかりませんがf(^、^;

過去記事も時々【もっと知ろう.jp】に移管しますので、書いた当時の状況と変わっているいる出来事も多いと思いますが、過去記事は文末に書いた日付を付記していきます。

2012年07月08日

posted by たすけ at 02:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もっと知ろう.jp もっと他にやるべきことが

■泡沫(うたかた)日記

もっと知ろう.jp...って。ホントは「もっと守ろう.jp」に関する記事の為に用意していたタイトルなのですが、小沢一郎民主党離党、新党結成という事態になり、お気に入りブログで以下のようなご意見が出ていたので急遽記事内容を変更。今記事は、ほとんど引用で失礼しますm(_ _)m

【小沢一郎が、離党し、新党?】
http://plaza.rakuten.co.jp/nextpeak/diary/201207020001/
相当、小沢一郎に嫌悪感を抱いているようですが・・・
『小沢氏は実現性の乏しい政策に固執している。民主党が政権を奪取して、すぐに、予算達成のための財源は、簡単に捻出できるとしたが、捻出することは出来ないと十分に判ったはず。』
そうなんでしょうか?私は『出来ないと十分に判ったはず』...と。
官僚(とくに財務省)が国民に思い込ませたと考えています。
そして、鳩山、菅両前首相で日米安保がギクシャク?そりゃそうですよ。

【野田首相、アメリカでの支持率100% すっかり操り人形化】
http://seetell.jp/26681
↑↑↑こういうことですから。

マニフェストを詳しく読んでいなくても・・・
民主党は前回の総選挙で消費税増税はしないと公約しました。

【野田佳彦は首相なのか?】
http://takedanet.com/2012/06/post_c77d.html
さすが武田先生、一刀両断です(笑)

【野田首相は口だけだろうか】
http://seetell.jp/23601

私自身も、千葉県出身だし年齢も近い野田首相に期待したのですが
野田政権が発足後のマスコミの対応に「あれ??なんかおかしい??」
と感じはじめてしまいました。

あれほど、鳩山、菅両前首相をバッシングしたマスコミが野田首相バッシングに"音無し"です。
鳩山・管総理に関しては内閣支持率調査が頻繁に発表され、首相としての資質がこき下ろされていましたが、野田政権への内閣支持率の発表がほとんど音無しです。なんでマスコミは野田首相にそんなに優しいの?

官邸前であれだけの規模のデモが毎週金曜日に行われているのに、それに関して突っ込んだ首相インタビューが発表されない。私が唯一聞いた報道は...

記「官邸前でデモが行われていますが?」
首「大きな音だねー」

たったこれだけです。なんか、やっぱり変だと思いませんか?
これが、鳩山、菅首相だったら、連日この官邸前デモに関して、記者が首相に突っ込んだコメントを求める筈です。...と感じるのは小生だけかな?

誠心誠意:” 意を誠にして、心を正す“
2011年9月13日 第百七十八回国会における野田首相による所信表明演説
『私は、この内閣の先頭に立ち、一人ひとりの国民の声に、心の叫びに、真摯に耳を澄まします。「正心誠意」、行動します。ただ国民のためを思い、目の前の危機の克服と宿年の課題の解決のために、愚直に一歩一歩、粘り強く、全力で取り組んでいく覚悟です。』

6月29日の官邸前デモは、20万人が参加したということですが...
「一人ひとりの国民の声に、心の叫びに、真摯に耳を澄まします。」
「一人の心の叫びには耳を澄ましますが、20万人の場合は耳栓します。」
...っていうことでしょうかね?

小沢一郎氏の本意は
「増税反対ではなく、増税前にやるべき約束を果たしていない」ということです。
私はそれに賛同します。民主党は増税前にまだやるべきこと全然やっていないじゃん!

冒頭のブログ記事で
「谷亮子にもがっかりだ。」...ここは賛同します(笑)
小沢一郎氏の有名人を取り込む、票取り選挙対策は私も好きじゃありません。

ホントはもっと書きたいこと沢山あるのですが
私自身もブログ書く前に、やるべきことf(^^;)がたくさんたまっていますので

最後に自転車関係でお気に入りブログの記事を引用して・・・
【理念も良心もプライドもない】
http://blog.cycleroad.com/archives/51890353.html

もっと知ろう.jp もっと他にやるべきことが この項続く

2012年07月02日

posted by たすけ at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする