安保法案反対デモ参加者を左翼と決めつける阿保論評

ブログ更新を放置していたら、同級生のブンヤ(論説委員)から「ブログ書かないのか?」と。
最近はFacebookばっかりなんだけどさ、こんな阿保論評について書いてますよ。

安保法案が参院平和安全法制特別委員会で強硬採決された夜の国会前デモ.jpg

この写真は、2015年9月17日。参院平和安全法制特別委員会で強硬採決された夜に、知人が国会前で撮影した写真です。出来る事なら私も、その場に行きたかったです。
たぶん、同じ思いの人は大勢いると思うのですが、元フジTVのアナウンサーは、デモ参加者のほとんどは「特定政党支持者の集まり」が正体だとドヤ顔で断じています。
なんだコイツ、アホか!
フジTVを干された後の発言に、時々は溜飲が下がる思いをしていたのですが...
がっかりというか、あまりの阿保論評に呆れましたわさ。

記事を読む




2015年09月18日

posted by たすけ at 04:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

選挙に行きましょう!いれる人がいなければ、便所コオロギで良いんです!

日記(言いたい放題)

前記事を
「自分一人が投票しても何も変わらない...棄権に平然とする風潮に危機感を覚えます。」
と結びましたが・・・

さらに呆れたことに、短絡的に投票率が上がる事が大切。
棄権するより、せめて白票を投じましょう!
と、本末転倒な進言をする人が多いのには、もっと危機感を覚えます。
ホント選挙に行きましょう!
いれる人がいなければ、白票で良いんです。
若い世代の投票率を上げる。
選挙ってどういう仕組みかを考えれば、その意味わかりますよね。
こんなイミフな事をヘーキで言う大人がいるから困るんだ。


白票に意味はない.gif

前記事の続きで。
「妥協して投票するくらいなら、しないほうがマシという若者の気持ちがわからないではない。」
と書きました。私、一度だけ・・・
投票場に行ってから、悩み出し、結局、白紙で出した事があります。
正確には白紙ではなく、4人の候補者の姓名を組合せた無効票ですが。

投票用紙に、ドラえもんと書いても、該当者なしと書いても、白紙で出しても
全部同じ無効票です。
白票=投票したい候補がいないという意思表示にはなりません。さっきの進言は
ホント選挙に行きましょう!
いれる人がいなければ、便所コオロギで良いんです。
若い世代の投票率を上げる。
選挙ってどういう仕組みかを考えれば、その意味わかりますよね。
と言ってる事と同じです。...てか。
そういってる本人が選挙の意味をわかってない....って事だと思います。

くどいようですが
平成23年4月24日執行 流山市長選挙・流山市議会議員一般選挙投票結果・開票結果
白票が何票あった。なんて、流山選挙管理委員会は発表しませんよ。
便所コオロギも、記入ミスも、白票も 全部同じ、無効票となるだけです。

ありえない事でしょうが、投票率が99%となり
市長候補2名の得票より、無効投票が上回り
無効票=10万票、A候補=2万票、B候補=1万票
A候補が当選です。まぁ、格好のマスコミの餌食にはなると思いますが(^^;)

選挙に行きましょう!いれる人がいなければ、
ドラえもんでも、
ウルトラマンでも、
便所コオロギでも
白票で良いんです

...と。イミフな事言ってるそこのあなた!この意味わかりますよね?

自ら死なせて(死票を投じて=無効票)満足して、なんの意味がある?
例え不満ありとも、生かして(有効票)こそ選択(投票)に意味がある。


私自身が、白票(無効票)をいれてしまった、後日。
普段から尊敬している方に「かくかく、しかじか・・・」と吐露したら。

たすけさんは、自分が後悔している事を認めて欲しいだけでしょ?
私に相談したところで、後悔は戻らないけど。と前置きした後
食べたい料理がないから、食べに行かない。⇒勝ってに飢え死にしろ。
食べたい料理を必ず出せ、でなきゃ嫌だ。⇒じゃ、自分で作れ。
...って事じゃないの?

ごく最近、ある知人が。
『投票率が低い事は、悪い事ですか?』とアンチテーゼを挙げました。
たぶん、謂わんとしていた事は・・・
自分の意思を持つことが重要である。との意であったのだ思います。

先述の尊敬している方の教示。
全て自分の思うように世の中があるなんて、甘ったれるんじゃない。
与えられたなかで選択せざるを得ないのが世の常であり、仕事も遊びも選挙もみな同じ。

若者の投票率が低い=一番悪い事 ではないんです。
選挙(政治)は、自分の都合に合わせろ=悪い事 だと思うのです。
最悪でも白票で、選挙に参加しよう!=この甘言が最悪の事 だと思います。

選挙(投票)に行ったって、別に何も変わりはしない
でも、棄権するより白票を投じる方が良い。(甘ちゃんの自己満足感だけ)

なんの解決にもならない、甘ったれを助長する風潮。
私自身の自戒を含めて、とても賛同できるご意見じゃありません。


タグ:白票

2015年04月24日

posted by たすけ at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ、若者は選挙(投票)に行かないのか?

日記(言いたい放題)


若年層の投票率はホントに低いのか.gif

このグラフは『若年層の投票率はホントに低いのか』というブログ記事からの借用です。
非常に興味深い考察で書かれています。このグラフだけでは単純に若者の選挙離れのように見てとれますが、そうではなく
・1990年代から2000年代前半にかけては全世代で投票率の低下が見られる
・1950年代生まれまで(1889-1959年生まれと分類した人)の投票率は70%以上で安定している
・以後世代が下がるに従い投票率は下がる傾向
・70年代、80年代(1969-89)生まれの投票率は低すぎる!
私は1950年代生まれですが、中学高校の社会科の教師に、市民が選挙権を得るまでにいかに先人たちの血が流れたか等々の熱弁をうけました。その影響からか、棄権という行為には背徳感さえ感じます。

ましてや、その教師を育てた教師たちは、女性参政権のない時代に育ちへたすりゃ男子普通選挙法成立(1925年)をリアルタイムで体験した世代でしょうから、選挙権に対する思い入れは、選挙権が当たり前の権利として育った世代とは、かなりのギャップがあるのは当然かと思います。

私世代は「しらけ世代」と言われましたが、それでも選挙権の重さを教えられました。
自分一人が投票しても、何も変わらない...棄権に平然とする風潮に危機感を覚えます。


記事を読む

2015年04月21日

posted by たすけ at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こりゃひでぇ誘導広告!

日記(言いたい放題)

こりゃ、ひでぇ誘導広告だな!

お使いのPCのパフォーマンスが低下しています...とか
お使いのPCが今にも誤作動を起こしそうです...とか
お使いのPCが今にもクラッシュ寸前です...とか
誘導(詐欺・嘘)広告にはうんざりですが

まるで詐欺のような衆議院解散→総選挙の師走となりまして

嘘、詐欺広告

facebook のニュースフィードに・・・
『支持政党や支持候補者が居なかったら選挙で白票を投じましょう』
なんて、漫画解説した広告が載ってました。

こりゃ、ひでぇ誘導広告だな!

浮動票が不利となる組織票を持ってるどこぞの政党の策略なんでしょうが
描かれた漫画に騙されて、まさか無効票(白票)が増えないでしょうねぇ(呆)



支持する政党や候補者が居なかったら、棄権や白票を投じるのではなく
政策に納得できない政党や候補者が当選しないよう、他の政党や候補者に
一票を投じるのが「黙ってないでNO!と言おう。」でしょうよ。

「安全です」と言われ続けてきた原発は

今にも誤作動を起こしそう...どころか
今にもパフォーマンスが低下しそう...どころか
取り返しのつかない大クラッシュをしてしまったのだから。

タグ:詐欺

2014年12月02日

posted by たすけ at 02:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無農薬田んぼとホタルの関係

日記(言いたい放題)

無農薬田んぼとホタルの関係の前に・・・
時節柄、中国の食肉偽装問題が世間で騒がれています。

肉に限らず、輸入穀物・野菜・果物だって、どんだけ防腐剤・殺菌剤・殺虫剤などにまみれているかわかったもんじゃない。私がポストハーベスト農薬問題に関わったのが30代前半ちょうど娘が生まれた頃でした。※ポストハーベスト=収穫後の意

現代の食生活で、すべてを無農薬野菜だけで食生活を送ることはほぼ不可能だけど、私が無農薬栽培や自然農法を応援するのは、ポストハーベストの実態を知ってしまったのが原点です。TPPに反対するのも同様で、日本で禁止されている農薬規制も撤廃される危険。
『ただちに健康に対する被害はありません』...という理由で。

消費者も意識改革が必要だと思う一例として。
営業職をしていた20年以上前の出来事、あるスーパーの事務室で。

「ちょっと!このキャベツ、虫が入っていたわよ!」
「オタクの店では、こんな不衛生な野菜を売るの!?」


『えっ?虫が入っていると不衛生?ナニ言ってんだ?このオバサン』

私は出入り業者だったので、その場からすぐに退席しましたが
ちらっと見えた虫は、モンシロチョウの幼虫(青虫)でした(苦笑)

こーゆー人がいるから、色・型の見栄えの良い、農薬(殺虫剤・防カビ剤)まみれの野菜が売られていくんだろうなぁ。そういう人のためには「地元野菜」コーナーじゃなく、「高濃度農薬野菜」専用コーナー作ってあげたらいいのにと(冗談ですが^^;)



さて、ホタルの姿を気持ち悪いという人もいるでしょうし、ましてやホタル幼虫(ゲジゲジ)が入っていた日にゃ、くだんのオバサンは裁判沙汰にするんかな?(笑)

ヘイケボタルの成虫.jpg

ヘイケボタルは清流を好むゲンジボタルと比較して、田んぼなど濁った水でも生育しますが、無農薬田んぼ・低農薬田んぼで飛翔をよく確認しています。ここ数年、野鳥も観察するようになって、昆虫を食べる小鳥がよく飛来する田んぼはホタルが多く、昆虫を餌にするカエルが多い田んぼを猛禽類が狩場としています。

ホタルのいる田んぼ.jpg

日中、自転車で走っていて、そんな田んぼの場所を覚えておいて、夜になってホタルが飛んでいる事を確認できた瞬間が、私にとって小さな喜びです。
ホタルが多く舞う田んぼは、安全なお米を作っている目安なのです(^-^)

2014年07月27日

posted by たすけ at 14:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わが県(件)のみならず! 日本中の問題じゃないですか!

日記(言いたい放題)

わが県のみならず、わが件のみならず! 日本中の問題じゃないですか!

ボクだけじゃないもん!みんなやってるもん!.jpg

今となってみれば、名台詞だなぁ・・・
2014年の流行語大賞にしてもいいかも?

誰がどう考えたっておかしい交通費や領収証が
なんの精査もされず、まかり通っていたんだから、あの叫び声は
「ボクだけじゃないもん!みんなやってるもん!」
...って。こんなカンジでしょ?


ボクは言ってないもん.jpg

菅官房長官が逆ギレ 仏記者が指摘した09年の「自民提言」

あ〜ぁ、自分が不利な立場になったら、逆ギレしちゃうのね?
なんだ、ののちゃん元県議だけじゃなく、官房長官だって同じじゃん┓(´_`)┏

しかし、政治家や権力者の資質は
自分に不利な間違えは、絶対に認めない!
...という図太さなんでしょうねぇ。

やっている(言っているのに)、やってない(言ってない)と、逆ぎれする人間
やってない(言ってないのに)、やっている(言っている)と、着せられた人間

後者の実例に
氷見(富山)冤罪事件があります。
13日深夜に陽炎(冤罪の闇)のタイトルでこの続編(地裁最終審に向けて)が放送されました。

犯人の靴跡が28cmで逮捕者の靴が24.5cmでも不自然ではないとされ
犯行時間の通話記録(アリバイ)があるのに精査していないとされ
DNA鑑定で血液型が違っていたのに、DNA型鑑定はしていないとされ

無実の人間に恐怖を与えて自白を強要し刑務所送りにし
真犯人逮捕後も検察は誤認証拠を隠し、捏造を認めない

わが県のみならず、わが件のみならず! 日本中の問題じゃないですか!

こういう事に無関心でいると...
いつかあなたが無実の罪を着せられ、人生(生活と精神)が破綻しても
世間は誰もあなたに関心を示さない。

権力を持つ者は『自分に不利な間違えは、絶対に認めない』

タグ:冤罪

2014年07月14日

posted by たすけ at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正直言って、20歳代の実務の経験のない若者に、自治体の経営ができるとは、私は思いません。

日記(言いたい放題)

facebookで【全国最年少市長の「潔白を晴らす」】に関わっちゃったものだから、言いたい放題。

全国最年少市長の「潔白を晴らす」.jpg

タイトルの「正直言って、20歳代の実務の経験のない若者に、自治体の経営ができるとは、私は思いません。」とは、前述の郷原信郎弁護士(元検察官)リンク記事にあるように、藤井浩人美濃加茂市長の逮捕(拘留)に関して、山内康一衆議院議員が自身のブログで発した言葉です。

「えっ!?政治家自身がそんな事言っちゃダメでしょうよ」
てか、今月で藤井浩人市長は30歳。山内康一議員が衆院に初当選したのが32歳だし(苦笑)

今回、藤井市長の拘留理由に「証拠の隠滅や逃亡のおそれがある」とした、名古屋地裁の森文弥裁判官は初任であるようなので、おそらくは20歳代〜30代前半の若い裁判官でしょう。なので、山内康一議員の言葉を引用すれば・・・

「正直言って、20歳代の実務の経験のない若者に、裁判官が務まるとは、私は思いません。」
...って理屈になっちゃうでしょ?
ほら、やっぱり言っちゃダメだし、そういう考えをもっている人は政治家向いてないわよ?

ま、そんな屁理屈はどうでもいいのですが....。
私は、ここ数日、関連する記事や意見を貪るように読みました。郷原信郎弁護士の会見動画も、ニコニコ動画のアカウントを初めて取得して拝見しました(苦笑)

藤井浩市長の若い政治力に期待する市民が大変多いのに驚きました。
私自身、藤井浩市長を直接存じ上げませんが、若い世代が自治体を盛り上げる先頭に立つなんて、なんて素晴らしい事だと感服しています。
と同時に、山内康一議員と同じような考えの人が案外多いのかも?と訝ってしまいました。
なんでしょうかね?嫉妬心なのかしら?

それから...【勾留理由開示で市長は無実主張】の中で
藤井市長の弁護団は、名古屋市内で記者会見し、郷原信郎弁護士が「現職の市長が市民を見捨てて逃亡することなど想定できず、勾留は常識外れで、必要性が全く認められない。
一刻も早く釈放すべきだ」と主張しました。
手続きを傍聴したジャーナリストの江川紹子さんは「なぜ市長の勾留を認めるのか、裁判所が、きちんと説明していないという印象を受けた。現金の受け渡しに関して、明確な証拠がないように感じる」と話していました。
これに私も、同意します。

藤井浩人美濃加茂市長に「毒まんじゅう」を食わせた?食わせようとした?名古屋市の業者「水源」の社長中林正善容疑者の逮捕容疑はすぐに理解できましたが....
よくわからないのが中林容疑者を藤井市長に紹介した、名古屋市議の秘書(市議はわかりましたが)という人物の役割です。

その秘書が、若い藤井市長を個人的に支援していたのか?
名古屋市議の指図で、藤井市長(当時は市議)に支援をしていたのか?
もしかして、警察・検察の最終目的は、藤井市長自身じゃないのかも?
...ま、素人が勝手に推測してはよくないですねf(^、^;

いずれにしても、最も私が言いたい放題したいのは...
日本では逮捕=有罪みたいな風潮があるので、それが危険だと折に触れては書いてきました。

ましてや、国会議員たる山内康一氏が・・・
「若さが売り物の新鮮なイメージのその市長さんが、雨水浄化設備の設置をめぐって業者に便宜を図り、見返りに現金30万円の賄賂を受け取りました。」
「えっ!?政治家自身がそんな事言っちゃダメでしょうよ!」
それ、絶対言っちゃダメでしょ!賄賂を受け取ったって確定したの?

警察・検察を無条件に信じて、容疑者を有罪と決めつける。
私、これが一番許せない。そういう風潮に危険を感じてしまうのです。

あ〜ぁ、ホントは趣味のカメラ記事の続きを書く予定だったのに(苦笑)

2014年07月05日

posted by たすけ at 12:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真っ先に、自衛隊が戦闘行為に巻き込まれる地域はどこなのか?

日記(言いたい放題)

本記事は⇒学徒出陣と積極的平和主義の続編です。

安倍内閣が何故、集団的自衛権の行使容認を急ぐのか?
真っ先に、自衛隊が戦闘行為に巻き込まれる地域はどこなのか?



この訓示に出てくる、ソマリヤアデン湾・ジプチそして南スーダンであろう。

アデン湾.gif

日本国民のどれほどが、これらの地域について知っているのだろうか?
いったい何故、これらの紛争地域の実情を"今こそ"マスメディアは報じないのだろうか?
ASKA被告の保釈の報道する時間があったら、自衛隊派遣先の紛争を報道しろって!

http://www.mod.go.jp/js/Activity/Anti-piracy/anti-piracy.htm
http://www.mod.go.jp/j/approach/others/shiritai/sudan/
この防衛省の関連リンクは、日本政府に都合のいい情報だけだ。

現役海保隊員による尖閣諸島中国漁船衝突映像を流出後、【特定秘密保護法】(防衛、外交、テロ防止に関する情報を「特定秘密」に指定)を定め、ますます都合の悪い情報を囲い込んだ。情報管制が容易になり、知りたい情報を伝えない(国民に知らされない事)事が、可能になってしまったのだ。まるで、戦中の情報統制となんら変わりないではないか。



国際貢献・国際協調というが、いったい国際とはどの国々を言うのだ?
もし、国際=世界中ならば、全世界の国々が日本の集団的自衛権を歓迎する筈ではないか?
「日本は金は出すが、血を流さない。」というが一体どこの国に為に血を流せというのだ?

安倍内閣はアメリカ政府や利権集団にとって捨て駒でしかない。
何故ならば、国と国との約束事(条約)は、国内法より優先されもし次の総選挙で政権交代としても反故にできないからだ。唯一、国際法より優位な法律は、自国の憲法だ

その憲法解釈を変更してしまえば、次の政権(内閣)でやっぱり解釈変更を止めました!(今流行りのCM 赤ちゃん止めました!)などとは言えないのだ。だから、アメリカにとってある内閣で憲法解釈を変えてくれれば、その後の内閣がどうなろうと、知ったこっちゃない。

もしも、一旦、自衛隊が戦闘行為に参加したら、日本の都合だけで「止めます!撤退します」は許されないのだ。それこそ「血を流さない自衛隊」として、これまで以上の非難を受けてしまうだろう。

前.安倍内閣の美しい国ニッポンのスローガンは賛同していた。
美しい国とは、ブレずに自国の信念を貫く国の事だと思っていた。




災害支援やPKOでインフラ整備に汗する日本の自衛隊に誇りを持っています。

戦闘を他国の軍隊に任せている事を、恥ずべき事と唱える人たちがいますが、自衛の為だけにしか戦わない「美しく崇高な掟」がある国の軍隊に誇りを持つべきだと思います。それがジャパンルールだ!と私は胸を張りたいです。

そもそも先の大戦後、日本の軍事復活を恐れ、戦力保持を認めなったアメリカが、朝鮮戦争をきっかけに日本に自衛隊(警察予備隊)を作らせ。
そして今度は、中東やアフリカの覇権&アメリカの財政難の為に、自衛隊を米軍予備隊のように編成させるなんて、いつまでアメリカに「SAY YES」を言い続けるつもりなのか!

戦後70年、礼儀正しく勤勉な国民&平和で安全な国家として認知されていた日本の看板を、書きかえてはいけないと思う。

2014年07月03日

posted by たすけ at 06:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何かあったら、何があっても。集団的自衛権

日記(言いたい放題)

古い電車の ドアのそば 私は黙って 立っていた パクリ言葉を さがしながら

池上線車内広告.jpg

昨日、東急池上線で「何かあったら、何があっても。○○○○」という車内広告を見かけ、池上線に揺られながら、様々なフレーズが浮かんできましたが・・・

何かあったら、何があっても.jpg

何かあったら、何があっても、集団的自衛権

説明不要でしょう。まぁ関連記事は⇒【パパ、戦争ってどれくらい儲かるの?】

何かあっても、何があっても、政権与党

ホント、この政党にもがっかりです。
どんなに穏やかな顔で言い訳しようが、私には"濁点"の違いくらいにしか聞こえませんでした。
そんなに連立与党にしがみつきたいかねぇ。


私自身はどちらかと言えば、たぶん「右」です。
自国の主権と財産(領土・国民)を守るために、戦力(自衛隊)は抑止力として必要と思っていますし、憲法9条第2項の「戦力の不保持」はとっくに形骸化しているので、それらは改正してもいいんじゃないかと思います。でも、本件に関して・・・

ざっくり、自分を自己分析してみると
詭弁を用いて一部の利権(私腹を肥やす)に利用されること
反対意見を封じ込めようとムーブメントが創り出されること
そして何より自分の生活に直接関係ないと無関心でいること

こういう事が何より嫌いな質なんだなぁ...と思います。

「様々な意見があって当たり前」が社会であり、それを認め合い(是々非々)、最終的に多数決で決するのが民主主義の基本であることは、幼稚園児でもわかりますよねぇ。

嫌よねぇ・・・自分も含めて大人になると
都合のいい時に、都合のいい事しか言わないから・・・



あ!幼稚園児も、大人と変わりませんでした(笑)




2014年7月1日 追記。
集団的自衛権の行使容認が閣議決定された。
これによって、東シナ海、南シナ海、ペルシャ湾に展開するアメリカ軍のフィールドに、日本の鍛え抜かれた若者を出場させる準備が整った。

アメリカに限らず、どの国でも国民は戦争なんかしたくないと思っている。
特に紛争地域に派遣され、死亡や病んでしまった兵士の家族はなおさらだ。
日本のマスコミは、テロの脅威はさかんに報じるが兵士の家族を報じない。
http://www.newsweekjapan.jp/stories/us/2012/08/post-2647.php

いつの時代も、戦争止む無しと笛を吹くのは、傲慢な為政者だ。
いつの時代も、正義は我にありと扇動するのは、貪欲な利権者だ。
いつの時代も、為政者と利権者は、戦争をゲームだと思っている。


2014年7月2日 追記。
FIFAワールドカップ アメリカVSベルギーは感動した。
死闘を尽くした戦いとは、あんなゲームを言うのだろう。
スポーツに感動するのは、鍛えぬかれた肉体と精神が公平なルールの中でぶつかり合うからだ。

オリンピックの起源を紐解くと、戦争や宗教儀礼など為政者の権威主義が見えてくる。

近代戦争から、ゲームの優劣は鍛え抜かれた肉体ではなく、武器の優劣になっている。
為政者と利権者は、肉体や精神ではなく、武器の優劣を試したくてうずうずしている。
ゲームに勝っても負けても得をするのは武器生産者とその利権にぶら下がるやつらだ。

戦争が始まってしまうと国民は熱狂するが、ゲーム終了に感動は残らない。
ましてや、現代のテロとの戦いは、ゲーム終了のホイッスルは吹かれない。
延々とAdditional Time(負傷者搬出に費やされた時間)が続くだけなのだ。

安倍首相は「集団的自衛権の行使容認」はむしろ戦争回避につながると力説した。
そんなマヤカシは「原発は安全です」より、ずっとわかりやすい詭弁だ。

第一、あなたは戦争ゲーム開始のホイッスルは吹けるだろうが
あなたのイエロカード・レッドカード・終了のホイッスルにも
紛争相手国は従うルールにはなっていないのだから。

2014年06月30日

posted by たすけ at 10:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

塩村あやか都議に対する最低な女性蔑視ヤジ

日記(言いたい放題)

塩村あやか都議に対する最低な女性蔑視ヤジのタイトルは
きっこのブログのタイトルのまんまです。
きっこのブログは【耐震偽装問題(イーホームズの藤田東吾社長へのバッシング】や【ひろしまドッグぱーく事件(動物愛護団体(旧)アーク・エンジェルズへの疑惑】の頃に、くまなく拝読していましたが、最近はほとんど読んでいませんでした。

ま、その詳細を振り返ったら長くなっちゃうので割愛して・・・
私は「きっこのブログ」の歯に衣着せぬ物言いが好きでして。
好きな女性芸能人や政治家はべた褒めするし
嫌いな男性芸能人や政治家は糞みそに言うし(笑)

私もそのスタンスで言えば"以前の"「塩村あやか」は大っ嫌いです。
でも、嫌いだからあのヤジは指示する...という訳ではありません。
あのヤジは、NGだと、私も同意します。

でもヤジに傷ついたというならば"以前"
塩村あやか都議「恋のから騒ぎ」出演中に
「だって、今まで付き合った人は慰謝料くれたから♪」の発言に
泉谷しげるが言い放った「おまえ詐欺師だな、おまえは」
の方が、よっぽど名誉棄損になると思うのですが、何故、訴えなかったのでしょうかね?

さて、ここからが本題ですが。

当時毎回「恋のから騒ぎ」を見ていた訳ではないですが、塩村あやか都議は、あの頃に見せていたキャラと全然違って別人に見えました。なので、しばらくは気がつかなかったのですが。

塩村文夏さんは、放送作家という経歴もあるようですので
「恋のから騒ぎ」放送中に言った
「交際中の彼に、妊娠したとしばらく嘘をつき続けた」とか
「別れた彼から、慰謝料1500万円もらった」とか
有名歌手の彼女時代に
「ファンの女性たちに、ドヤ顔でにっこり笑った」とか

当時の塩村文夏の「不可解女」や「性悪女」のキャラクターは
視聴率UPの「故意のから騒ぎ」シナリオとして演じていたんでしょう。

でもねぇ・・・
さんまが言った「ミスヤンマガで女優とかタレントになっていない人初めてや」
...これはyoutubeを見るまで、全然記憶に残っていませんでしたが、そのあとに...
東国原英夫が言った「政治家の奥さんって言う人は、こういう人が成立する」
に対して「ホントですかぁ!?」と、目を爛々に輝かせていた事を覚えていて

こんな女性は、政治家の奥さんになって欲しくないなぁ・・・
と思っていたら、本人が政治家になっていて吃驚しました(苦笑)

...で。政治家になる以前のご本人ブログ「にくきゅうにっき」(2008年4月12日〜2012年1月3日)を全読させて頂きました。心に残った記事はペット税や絶望ポーカーの記事(^^;) それから、2009年5月には勉強会の講師として迎えた田母神さんとの2ショット画像もありました。ま、それはともかく。

もしかしたら、本来の塩村文夏は、動物愛護や不妊で悩む多くの女性たちの支援に奔走する心優しい人なのかも知れません。あるいは、当時はエグゼクティブ志向の嫌な女だったけど、現在は弱者の味方というキャラに変えたのかも知れません。つまりは現実に会った事のない人ですから、マスコミが伝える「塩村あやか」の素顔がどちらなのか、わからないですよねぇ。

でもねぇ「塩村あやか都議に対する最低な女性蔑視ヤジ」
に関してネットサーフィンしていて、思ったのですよ。

片や、「絶対に○○は許せない!」
片や、「絶対に□□が嘘を言っている!」
そして、「どうでもいいじゃん」

...と、感じている人の割合が

【耐震偽装問題(イーホームズの藤田東吾社長へのバッシング)】
【ひろしまドッグぱーく事件(アーク・エンジェルズへの疑惑)】
の時と、ほとんど同じ割合なんだなぁ・・・と。

今回の言いたい放題は、ま、そんなとこです。

スキ?キライ?生理的にムリ.jpg

あ!facebookには、勝手に画像が選択されてしまうので
この画像はその対策の為で、本記事とは無関係です(笑)
http://www.youtube.com/watch?v=AVfyTGSSzrc




※2014年6月27日(追加)
要約「そういうあなたも、ブログで結局セクハラ記事を書いています。」...という。どっかからコピペしまくりのような、トンチンカンなメールが届いたので、その返信代わりに追加(苦笑)

先ず本記事のタイトル通り
私が問題にしているのはきっこのブログの記事です。

きっこのブログ(以前はきっこの日記[さるさる日記]が主体)を、2005年の春くらいから読み始めた時、きっこさんは常々「批判をするなら、一つの記事だけなく、私の記事をすべて読んでからにして!」と書いてあったので、それまでの記事を読破しましたよ。あの長文記事ですからねぇ、でも、それが最低限の礼儀と思い、三ヶ月だったか半年だったか、かなり時間かけて読破しましたよ(苦笑)

今でも、お気に入りブログやサイトは(シンパもアンチも含めて)その全体を把握するのがマナーだと思っています。そうしないと、ブログ主のパーソナリティや言わんとしている事がわからないからです。
だから、この記事に対して何か批判があるなら
きっこさん同様に他の記事も全部読んでからメール書け!・・・と。言いたいところですが、まぁせめて
『言いたい放題』と『泡沫(うたかた)日記』
のカテゴリだけでも、読んでから批判して欲しいなぁ。
ま、とりあえず今回関連記事の参照リンクつけておきますからね。(なんて優しいワタシw)

私には高校生の時に、マスコミ偏向報道にトラウマがあって
【なんでそうなるの!?】
寄って集ってのバッシング報道があった時
「ん?なんでみんな一斉にそうなるの?」と猜疑心が持ち上がります(苦笑)


【耐震偽装問題】の時は、きっこさんの意見に同意しました。
【皆既月食に響く笛】
【大臣認定プログラム】
【(藤田東吾+浜田幸一)÷2】

イーホムズ社長の藤田東吾さんが、どんなにマスコミからバッシングされても、きっこのブログでは藤田さんを擁護し、官僚批判をしました。そうだ!そうだ!と私も同じ思いでした。しかし、だからといっていつもいつも、きっこのブログに賛同する訳じゃありません。

【広島ドックパーク事件】の時は、きっこさんのミスリードだと思っています。
⇒きっこの日記【2006年9月29日・10月5日】(サイト消滅の為リンク切れ)
⇒きっこのブログ【広島ドッグパーク問題】
⇒きっこのブログ【続・広島ドッグパーク問題】
⇒きっこのブログ【続々・広島ドッグパーク問題】

ひろしまドッグぱーく事件やアーク・エンジェルズ(旧AA)の林夫妻の事は、もう記憶の彼方かもしれないけれど、要は人気ブローガーきっこの日記の呼びかけであっというまにAAに募金やら物資が集まり、それがかなり使途不明になってしまった...ってことですが。

今回は
「最低なヤジを飛ばした自民党の都議を特定して厳正に処分させるためのネット署名」
がきっこがツイッターでRTしたものだから、署名が一気に集まりました。

そう、以前と格段に違っているのはTwitterの登場により、より短文でよりスピーディーに世の中に、拡散していくんですよね。このRT(リツイート)は、塩村都議が打ったそのまんまの文面ですから・・・
都議会での初の一般質問。妊娠、出産に関わる不妊など女性の悩みについて質問中に「おまえが結婚しろ!」「産めないのか?」など、大変に女性として残念なヤジが飛びました。心ないヤジの連続に涙目に。政策に対してのヤジは受けますが、悩んでいる女性に対して言ってはいいと思えないです。
いや、ホントにひどいヤジですよね。女性として許せないのは当然です。
読めば読むほど、塩村都議自身も不妊に悩んでいたんだなぁと伝わってきます。
私はヤジを言った男性都議を擁護する気持ちは、さらさらありませんよ。

だだね、きっこさんは、被害者は塩村都議で加害者はヤジを放った男性都議。塩村都議は真剣に少子化問題、育児の問題、不妊に悩んでいる女性たちの問題、そして劣悪な環境に置かれているペットを救おうとしている。だから、みんなで応援しよ!

あれ?....これって??
私が問題にしてる事...わかりましたかね?

たぶん、RTした人たちは
「不妊問題や可哀想なペットを救おうとしている女性議員」
「そんな女性議員にひどいヤジがあったんだ!許せない!」
「あの、きっこさんが言うんだから、信頼して間違い!」
ということで、それ以外の情報はあまり確認しないでRTしたと思うのです。
勿論、塩村都議のタレント時代もよく知った上でRTした人もいる思います。

この際、塩村議員の過去の言動は関係ありませんよ。
私も記事に書いた通り、当時はシナリオ通りに言動していたのでしょうから。
でもね、それがあった場合となかった場合のRTの数が果たして同じでしょうかね?

あるいは⇒【素数ゼミor周期ゼミ】
この時、現丸川珠代衆議院議員(自民)のあきれ返る過去は、きっこさん記事によって知りました。
なんかさ、過去は関係ない...って。ケースバイケースなのね(苦笑)

もっと言えば、きっこさんは過去をほじくるやつは最低とか言ってますが、きっこさんも今回に限らず、毛嫌いする男性アイドルや男性議員の過去の言動に触れ「昔からこんなトンデモない人間だった」とか、某イケメンアイドルが相当お嫌いなようで「そばによれないほどワキガがひどい」とか「ワキガのジャニタレ」とか言いたい放題です。

でもたぶん、きっこルールでは、それはセクハラにならないんでしょう。そういう歯に衣着せぬスタンスを周到すれば、私は"以前の"塩村文夏は大っ嫌いです。だって、一般人でなく事務所に属していた嫌われキャラのタレントさんなのですから。

マスコミが伝える素顔が、本当なのかわからない。
その好例が「布団叩いていた、騒音おばさん」です。あぁ、あのおばさんね...と記憶している人も多いと思いますが、【騒音おばさん・真実】とかでググってみてください。

「過去は関係ない。今を見よ。」という人がいますが・・・
人間のパーソナリティは、過去を知ることでだいぶ見方が変わってきます。
ブログ記事もツイートもその瞬間だけを切り取って評価してはいけない...と、私は思うのです。
だから、塩村文夏都議に関しても「から騒ぎ」以後のご本人ブログも、すべて拝読した上で、記事を書きました。

でもね。マスコミもネットも結局、実際に会ったことのない人の情報ですから、あとはどう判断するかは個人の問題です。どっちが正しいとか、間違っているとか、じゃないと思います。

...で。上述の結論を繰り返しますが。
マスコミ&ネット上で、何か炎上めいた話題があった時。

切り取られた断片情報だけで...許せない!
あちこちネットサーフィンして...いや真実はこうだ!
興味ないし、別にどっちだろうが関係ない。


という割合が、いつもほとんど同じなんだなぁ...
ってことが、この記事の主旨ですよ。...全部読んだかねぇ?(苦笑)

最後に、なんで今回、わざわざこんな記事を書いたのか?
それはね、FIFAワールドカップ2014(ジャパンの戦い)が終わったからです。
【光市母子殺害事件と死刑廃止論】

2014年06月25日

posted by たすけ at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。