時津"風"が吹けば桶屋が儲かる

■恣意的報道 恣意=気ままな→変じてたくらみに満ちた
■偏向報道  偏向=かたよった→変じて矛先を変える

あれ?なんでこの時期(朝青龍が復帰に向けて稽古を開始)に
テレビのワイドショーでは時津風部屋の暴行事件ばかり大きく
取り上げるの?

あれ?なんでこの時津風部屋の力士の急死問題
呼びつけられた日本相撲協会の北の湖理事長に対して
呼びつけた側の渡海文科相が深々と頭を下げているの?

あ!報道映像を見たら、渡海紀三朗文部科学相と同席していた
のは松浪健四郎文科副大臣(朝青龍擁護派の筆頭者)
じゃん!

なるほどねぇ・・・

弟子が引退(逃亡)しても、偽診断書&保険証を協会に提出すれば休場扱い
としてその間日本相撲協会から育成費が本人不在でも部屋に入るってかぁ。

時津が吹けば、吹くほど、どんな桶屋が儲かるのかしらん?
日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2007年10月01日

posted by たすけ at 12:57 | Comment(2) | TrackBack(1) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
知るかい!
そんなの関係ねぇ!
相撲協会はもう腐り果ててます。
毒だしをしないとね。
朝青龍は帰ってこなくていいっしょ。
Posted by マアティ at 2007年10月02日 13:35
つける薬が見当たらないですよねぇ...
少なくとも愛子様には、こんな事情まで
詳しく理解するような大相撲通になって
欲しくないですね^^;
Posted by たすけ at 2007年10月02日 15:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

名門、時津風が消える日。
Excerpt: 昭和の大横綱「双葉山」が創設したと言われる「時津風部屋」が風前の灯火となっているが、これはひとつの相撲部屋だけの問題ではなく、日本相撲界全体の威信と名誉が大きく崩れ去る前兆といえる。 朝青龍の不祥事..
Weblog: プールサイドの人魚姫
Tracked: 2007-10-01 20:45