スー(田中好子)ちゃん安らかに・・・ずっとあなたに夢中でした。

TVドラマや漫画の追憶

天地真理でもなく、山口百恵でもなく
私が一番好きな女性アイドルはキャンディーズのスー(田中好子)ちゃんでした。
私より2つ年上だったけど、ぽっちゃりした愛くるしい笑顔が、キャンディーズの中でひときわ輝いていました。

まさか今夜スーちゃんの訃報を聞くことになるとは思ってもいませんでした。



大学生の時、毎年春休みには北千住の文房具屋でアルバイトをしていました。

千住新橋、田中屋釣具店

当時配達で千住新橋を通る度、「もしかしてスーちゃんご実家にいるかな?」
と田中屋釣具店の前を通るだけでドキドキしていました。
明日も所用で足立区ご実家のすぐそばに行きますが、現在の田中屋釣具店は釣り具の他に、カスタム(ミリタリー)フィギュアの作品写真がショーウィンドウにところ狭しと貼られています。

足立区、田中屋釣具店

北区十条の喫茶店でバイトしていた時
東京成徳短大の女子大生が来る度に「もしかしてスーちゃんの後輩と知り合えるかな?」
などと、そんなちいさなきっかけにも期待していましたが、結局ドリフの「8時だよ!全員集合!」
の公開収録で、遠くからスーちゃんを見ることが一度だけ叶っただけでした。

揖保乃糸のCMがずっと楽しみでした。
お煎餅のCMを見て「あれ?やつれたかな?」と思っていました。

※4/25追記
映画「黒い雨」で原爆(放射能)の恐ろしさと悲劇を熱演されたスーちゃんが、この時期にすべてを浄化するような雨を一瞬降らせたのは偶然なのでしょうか?
「私も一生懸命病気と闘ってきましたが、もしかすると、負けてしまうかもしれません。でも、そのときは、必ず天国で被災された方のお役に立ちたいと思います。」
告別式で明るかった空が一転して雷鳴轟く豪雨となり、その後また爽やかな日差しが差し込み、スーちゃんは白い煙となって天に昇っていきました。



スーちゃん、どうぞ安らかに・・・私はずっとあなたに夢中でした。

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン 日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2011年04月22日

posted by たすけ at 00:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | TVドラマや漫画の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

スーちゃん、亡くなってしまいましたね・・・
私は、キャンディーズのときはランちゃん派だったのですが、女優になってからはスーちゃん派になりました。ちゅらさんのときのお母さん役がすごく好きでした。

ご冥福をお祈りいたします。
Posted by oboekan at 2011年04月27日 20:20
>oboekanさん
私にとってスーちゃんは、あくまでキャンディーズのスーちゃんで。
女優田中好子としてのスーちゃんは映画「黒い雨」以外は見たことがないのですよ。

私にとって田中好子さんは、お母さん役のスーちゃんではなく、いつまでもアイドルのスーちゃんのままです^^;
Posted by たすけ at 2011年04月30日 08:29
私は、スーちゃんと同級になります。
キャンディーズデビュー以来のファンで、皆さんが好きだったのですが、特にスーちゃんに魅了されました。
今でも好きです。
それが、突然の訃報。
東日本大震災の被災地を憂うラストメッセージには、涙が止まりませんでした。
スーちゃんのご冥福を、お祈りいたします。
合掌
Posted by Kazupie at 2011年08月04日 22:44
>Kazupieさん
コメントありがとうございます。

スーちゃんの笑顔にはホントに癒されましたよね。
今瞼を閉じてもスーちゃんの笑顔しか浮かんできません。
苦しみから解放されて天国で笑顔をふりまくスーちゃんに幸あれと祈っております。
合掌
Posted by たすけ at 2011年08月06日 23:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック