明日葉の新芽の成長記録

日記(家族・子育て)


庭先に植えた明日葉の若芽が出てきました。明日葉の新芽の成長記録をまとめておきます。

明日葉の若芽

・芹(せり)科 ・学名 Angelica keiskei
Angelica : アンジェリカはラテン語の「天使」から
keiskei : 植物学者 「伊藤圭介」の名前からですよ♪

ashitaba060408_01.jpg

わずか1日で、これだけむっくり起き上がりました。明日葉の新芽が出る様子って面白いですよー
茎の一部がぷっくり盛り上がってきて...そこからだんだん蝶々のさなぎのように成長して、やがて茎に割れ目ができて..蝶々が羽化するように葉を広げていきます。
明日葉とかセリ科の語源が天使って云うのは、このように天使が羽を広げるように葉を広げていくからなのかな?

ashitaba060409_01.jpg

明日葉の芽の成長期3日目です。
だいぶ起き上がってきましたね。今週は天気が悪そうで連続して撮影できるかすこし心配です。

ashitaba060410_01.jpg

明日葉の芽の成長期4日目です。
もうあとは葉を広げるだけとなりました。この明日葉の新芽はおひたしやテンプラにするとほんとに美味しいのですが・・・
去年2株植えたのですが、1株は残念ながら育ちませんでした。ですので、この株は花を咲かせて種を採る為に食べないで大事に育てたいと思います。

ashitaba060412_01.jpg

明日葉の成長記録6日目です。
芽を見つけてから約1週間でここまで成長しました。明日葉の茎を切ると鮮やかな黄色の汁が出てきます。この黄色の汁の成分にすぐれた薬効があるんですよ♪
ところで、時々八丈島の黄八丈はこの明日葉の黄色の汁を....というお話をする方がいますがそれは俗説です。黄色の染料は、イネ科の一年草のコブナクサを使います。こちらに詳しく書いてありますのでご参考になさって下さい。→黄染 / 黄八丈

ashitaba060416_01.jpg

明日葉の成長記録10日目です。
もうすっかり、成長しました。芽を見つけて10日目でここまで大きくなりました。茎の下をほうを見ていただくとよくわかるのですが、明日葉はこのように茎を裂くようにして新しい葉が出てきて幾重にも重なって大きくなっていきます。

明日葉は半日陰を好みます。午前中に陽があたって、午後は日陰になるような場所です。この明日葉も西日が当らない場所に植えてありますが、木陰になるようなところでも明日葉はよく育ちます。わりと丈夫な植物ですので、園芸店などで苗を手に入れたら、深めの発泡スチロールなどをベランダの西側において挑戦してみてくださいね。

明日葉には特別の思い入れがありまして・・
実は私、以前に明日葉のお仕事をさせて頂いてました。今は、明日葉自体の仕事とは疎遠になりましたがでも、その仕事が私の人生の転機となったのです。
少しだけ、当時私がお世話になった会社やお店をご紹介させてください。みんなそれぞれ、頑固一徹に明日葉専門で頑張ってらっしゃる老舗の会社やお店ですよ♪

■大島明日葉研究所
■カルコンネット
■明日葉本舗
■八丈島郷土料理 あしたば
まだまだお世話になったお店や会社がありますがいずれ折をみてご紹介させて頂きます


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



タグ:明日葉 新芽

2006年04月18日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(家族・子育て) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック