バスの運転手

何故だかこのところTVでよく見知った風景を
見ることが多い。

今日は未明にNHKを見ていたら、「おや?」
と思ったら地元の路線バスの新米運転手さんの
物語
だった。

どうやら再放送だったらしいが、毎日通る道が画面に出て
いたので思わず見入ってしまった。

取材された運転手さんは、元は家電量販店やメガネ屋販売店
の優秀成績な営業マンだったらしいが、ノルマに追われる日々
が性に合わず、またその当時通勤で利用していたバスで運転手
さんの接客態度ひとつで、自分の1日の気分が随分変わる事に
気づき転職を決意したというエピソードに感心した。

世の中の路線バスがワンマンになって久しいが、バス会社も
接客サービスの向上に尽力している事やプロの運転手さんの
安全走行に対する気配りに敬服した。

私自身も、空いた道路で後ろに営業車(タクシー)が迫った
場合は左ウィンカーで減速し、追い抜きをさせて道を譲った
り、停留所から出発しようと右ウィンカーを出し始めたバス
が前にいる場合は、減速して道を譲ったりもするがそんな時
に追い抜いた営業車やバスがお礼のハザードランプを点滅さ
せてくれると、ちょっぴり嬉しい気分になるものである。

まー、これまでそのような小さな親切は、自分が急いでない
場合にしかしていなかったが、この番組を見て渋滞している
時にはもっと路線バスを優先させるように心がけないとな〜
と思った次第である。

参照:あしたをつかめ平成若者仕事図鑑 / NHKオンライン


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2006年04月19日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック