古民家再生(つくばみらい市)

ちばらきチャンネル


つくばみらい市...う〜ん、ようやく最近になってこの名前に慣れてきましたが、やはり呼びなれた伊奈町・谷和原村と言ったほうが私にはしっくりきます。

古民家松本邸

守谷市の古城沼からTX(つくばエクスプレス)の車両基地脇を抜け、筒戸のハケの道(斜面林下)を抜ける道筋に以前から気になっていた風情のある立派な古民家がありました。

つくばみらい市都市農村交流施設

...で。先日もその前を自転車で通ったら、真新しいこんな看板が立っていました。

古瀬の自然と文化を守る会

NPO法人古瀬の自然と文化を守る会の主催なのでしょうか、古民家松本邸の庭先では15〜20名くらいで食事会をしていたようでとても楽しそうでした♪

行政が税金を投じて茅葺の古民家を公園等で保存しているのをよく見かけますが...やはり家はそこに住んで、寝泊りして、生活の中で永続的に保存するこそ真骨頂だと思う訳で、古瀬の自然と文化を守る会の実践は拍手ものですね♪

例の日本郵政による「かんぽの宿」なんて、ほんと効率の悪い巨大な箱物造りのなれの果て...愚の骨頂ですよね。こんな風に全国各地に残る貴重な古民家を、地域住民のコンセンサスを通じて観光施設や宿泊施設に活用すれば、無駄な税金を使うことなく且つ地域遺産を生きた形で使える訳ですもの。

私、TOKIOのDASH村はいつも楽しみに見ており、まぁTV番組ですから編集力によるものが大きいとは思いますが...でもDASH村を見て農業体験や手作り道具や保存食を作ってみたい、なんて若い人は増えていると思うんですよね。また、定年後に自給自足や晴耕雨読の生活をしてみたい...という年配の人も多いと思います(私もその1人ですが^^;)

古瀬の自然と文化を守る会つくばみらい市の都市農村交流施設「古民家松本邸」「あなたのまちとわたしのむらをいったりきたり」のキャッチコピーも気に入りました♪

つくばみらい市の都市農村交流施設・「古民家松本邸」は、TX(つくばエクスプレス)を利用すれば都心から1時間ちょっとで通える身近な田舎(伊奈家)です。...て正確には旧谷和原村ですが^^;

次回は古民家大賑わい「真壁町のひな祭り」の巻です。


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン 日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2009年03月02日

posted by たすけ at 01:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちばらきチャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック