ついにこの日が、とうとうその日が。(明暗)

日記(家族・子育て)


ついに○○ とうとう○○ この二つの副詞は同義語であるけれど...
ついに○○は、明るい陽の差す希望の未来に
とうとう○○は、暗雲垂れ込む絶望の未来に

そんな使い分けをするのだろうか?などと思って書き出す6月13日の出来事です。

---------------------------------------------------------------

6月13日(午前)...ついにこの日がやってきた。

ロードバイクを手に入れた自転車仲間の103(トーサン)が、かねてより計画していた宇都宮にただ餃子を食べるため"だけ"の往復200kmツーリングに出かけました(笑)
1年前、嵐の誕生日ツーリングに見送りに来てくれたヤマグチ。さんの友情が嬉しくて、私も記念すべき103の初200km超ツーリングの見送りに、新利根大橋の料金所で103と合流しました。

103のV200kmサイン見送りたすけ

さあ、200kmチャレンジするぞ!のVサインも晴れがましい103の勇姿です(笑)

行ってきま〜す♪

常総橋までのわずかな距離を伴走し「行ってきま〜す♪」の103の背中を見送りました。

もちろん103は、たらふく餃子を食べて、その日のうちに無事に帰還されました。
そして翌14日(日)にまた再会し、spirit隊長(笑)企画の牛久ポタに共に参加しました♪
牛久ポタの記事は、後日ちょっとずつ書いていきますね。

---------------------------------------------------------------

6月13日(午後)...とうとうその日がやってきた。

以前若年性アルツハイマー病をテーマにした渡辺謙と樋口可南子が演じた『明日の記憶』という映画を観ました。ラストシーンで、とうとう妻の顔さえわかなくなってしまった渡辺謙の病状を悟った樋口可南子の悲しみを通り越した笑顔の涙に、私の涙腺も開きっぱなしでした。

私が自転車生活を始めるようになった頃と同時期にお義父(トーサン)さんの認知症が発覚しました。発端は床屋に出かけたきり1昼夜帰ってこなかった事件からで、その後、自転車で徘徊する義父を捜索しては連れ帰る事はすでに百回は超えています。

一番遠くまで行った時には宇都宮の先の鹿沼市までママチャリで徘徊し警察に保護されたこともありました。今はちょっと外に出る時でもGPS携帯を身につけてもらっていますので、徘徊してもたいていは所在はだいたい把握しています。
所在をつきとめて、探し出しても「大丈夫だから、帰ってくれ」という義父を「○○が入院したから急いで戻らないといけない」とか、その度になんとかなだめて、自転車を置き去りにして、あとで自転車を取りに行ったり。自走で帰れそうな距離なら家族が自転車やバイクで先導しながら家まで連れ帰っていました。でもいつかは『明日の記憶』のように、私のことさえわからなくなったら?という不安はつねにありました。今年のGWに北海道から義父の弟妹が訪ねてきても、誰だかわからなくなっていてことにその不安は一層高まっていました。
先週、10日(水)に利根町で保護し、12日(金)に関宿で保護し、そして13日(土)の午後は職場からすぐ近い市内でママチャリを漕ぐ義父に私が追いつき「ちょっとそこで休憩しましょう」と声をかけましたが...

しかし、とうとう、その日がやってきてしまいました。
とうとう、私の事が誰だかわからなくなっていました。


もともと頑固だった義父ですが、この日二度は自転車を停車してくれましたが、すでに義父にとって見ず知らずの私の言うことは聞いてくれません。なにをどうなだめても、ずんずん自転車を走らせて止まってくれません。その日、たまたま近所にいた義兄から「自転車を壊してもいいから、なんとか止めてくれ」という電話を受け心を鬼にして自転車の空気バルブを緩めてタイヤの空気を抜いてしまいました。「なんてことするんだ!」と義父は怒り心頭です。

悲しかったです。
なんでこんなことをしなければいけないのかと..
やりきれなさに胸が痛みました。
ほどなく義兄や義母もその場に到着し、私のことを説明してくれましたが、まだ義母や義兄の事はわかっているようで、それがせめても救いでした。せっかく、自転車仲間の初200km超えチャレンジを祝う記事にしたかったのに、こんな内容と一緒にしてしまいなんだか申し訳ない気もするのですが...

どんなに遠くへ自転車で出かけようとも、必ず当たり前に帰ってくる人間と、ひとたび自転車で出かけてしまうと帰って来れなくなる人間を、同日の午前・午後に伴走した6月13日(土)の出来事でした。

希望の朝

たとえその日が晴れ渡ろうと、あるいは雲に覆われようと、確実に朝はやってきて。
そうして、ついに、とうとう、喜びと虚しさが交錯する日々がただ過ぎていきます。

暗雲の朝


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン
タグ:認知症 徘徊

2009年06月14日

posted by たすけ at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(家族・子育て) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天然素材自転車(超高級、竹製・木製の自転車)

■シニアの自転車生活


カーボンフレームのママチャリの話の続きです。
「次世代自転車を考える会」では、パイプを自由につなぎ合わせた創作自転車を作っているのですが「軽量で、ねじれに強く、振動も吸収してくれる」という素材に"竹"があります。 ある時作業を見ながら、「う〜ん、いっそこの部分は"竹"にしちゃったら?」なんて話をしていたら、すでに竹製の自転車が実在していました(笑)

竹製フレームの自転車

参照:部品は「栽培」竹製フレームの自転車

"部品は「栽培」"っていう発想が素晴らしいですよねー。
まさに自然素材のエコロジーそのものです。自転車の原型(ドライジーネ)を製作したカール・フォン・ドライスが、もしも日本やアジアに自生する「軽量で、ねじれに強く、振動も吸収してくれる"竹"」の素材を熟知していたら、世界最初の自転車は木製ではなく、竹製の自転車になっていたかしらん?
日本はバイオ先進国でもあり、イネの品種改良はお家芸ですので、同じイネ科である竹の品種改良で世界をリードできる環境です。次世代に『うちの畑で育った自転車です♪』なんていうキャッチコピーができるかもしれません(笑)


木製の自転車と言えば...
今年の1月に北の丸公園内にある科学技術館で開催された"2009ハンドメイドバイシクルフェア"で、ひときわ注目を浴びていたのは、高級家具やヨットに用いられるホンジュラスマホガニー材を使用した自転車で...

オール木製自転車

参照:SANOMAGIC-佐野末四郎の世界

私も製作者の佐野末四郎さんにご挨拶し、ちょこっとお話しもさせて頂きました。
その半年後の6月にまさか、佐野末四郎さんと同じ番組[銀輪の風]に出演することになろうとは、その時は、全く予想もしていませんでした(照)

前記事のカーボンフレームの安価なママチャリの例え話はまだ非現実的ですが、このような「軽量で、ねじれに強く、振動も吸収してくれる」天然素材自転車(最高級自転車)はすでに現実の話であって...
『いやぁ〜、俺のチャリはカーボンフレームの安物なのでf(^、^;』
という時代はすでに来ているのかもしれません(笑)


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2009年06月13日

posted by たすけ at 00:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | ■シニアの自転車生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カーボンフレームのママチャリ(たかが自転車で世の中が変わる)

■シニアの自転車生活


自転車ブームになっている昨今とは言え、日本国内の自転車台数でロードバイクやクロスバイクよりママチャリの方が圧倒的に台数が多いのは何故でしょう?
答えは簡単ですよね?ママチャリの方が安価だからです。
需要+大量生産可能=安価 は至極単純な市場原理です。


20万超のロードバイクというと、だいたいカーボンフレームを思い浮かべると思うのですが、もしも、カーボンという素材が、ママチャリのフレームに使われている高張力鋼(ハイテンション鋼)と同じくらいに価格が下がれば、ママチャリの大部分がカーボンフレームになり...
『いやぁ〜、俺のチャリはカーボンフレームの安物なのでf(^、^;』
という時代が来るかもしれません(笑)
(カーボン素材と大量生産可能な鋳造金属と比較することに無理がありますが^^;)
さらにもしも、カーボンより「軽量で、ねじれに強く、振動も吸収してくれる」という新しい合金(仮称:ウルトラ合金)が出てくれば、スポーツ自転車はこぞってウルトラ合金のフレームに変わっていくでしょう。

自転車には「軽量で、ねじれに強く、振動も吸収してくれる」合金が理想な訳ですが
「軽量で、ねじれに強く、振動も吸収してくれる」なら建造物の地震対策にも理想です。

ウルトラ合金を自転車のフレームやパーツに使うだけでは、大量生産=安価品になるのは難しいと思いますが、それよりも圧倒的な量を必要とする建設資材にウルトラ合金が使用されるようなれば、需要+大量生産可能=安価 という方程式は成立します。

山手線サイクリングロード計画のように、鉄道架線の上に新たに自転車道を造ろうとすれば、それを支える鉄骨も大量に必要となるわけで、次世代自転車を考える会では、たんに自転車を創作するだけでなく、新しい金属素材の可能性についても、資料を集めていたりしていて、それは自転車だけではない他の分野ともクロスオーバーさせて考えています。

卵が先か鶏が先か..自転車が先か建設資材が先か..たかが自転車の素材を考えることが、同時に世の中の他のジャンルにも大きな変化を与える可能性はあると思います。

ドライジーネ

1800年代初期にドイツのカール・フォン・ドライスによって発明された自転車の原型と言われるドライジーネ (ランニング・マシーン)から約200年。
蒸気機関車や自動車や複葉機(飛行機)と言ったモビリティは、その後デザインや動力系まで大きく変貌していきました。これらが発明されたばかりの当時の人々から見れば、現在のリニア新幹線・ハイブリッド自動車・スペースシャトルなどは、まるで別の乗り物に見えると思います。
しかし、動力が人力であるという自転車は、見た目も大きさにもそれほど大きな変貌はなく、おそらく200年前の人が見ても「あぁ新しいドライジーネだね」とすぐに判別できることでしょう。
名古屋人に言わせれば「おにゅーのケッタだがねー」かな?(笑)

カーボンフレームのママチャリが実現すれば、現在よりちょっと移動時間が短くなると思いますが、次世代自転車は形状も素材も、現在よりもっと変化していい時代になっていると思います。
ただ問題は、交通システムそのもの(道路事情)が変わらなければ、自転車はいつまでも車両としての認知も薄く、自転車の主役は相変わらず、近所の買物程度が主流のママチャリのままなんでしょうね。

この話題(天然素材フレームの自転車)の次号に続きます・・・

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2009年06月12日

posted by たすけ at 22:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | ■シニアの自転車生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山手線サイクリングロード計画(近未来のモビリティ)

■シニアの自転車生活


デンマークやオランダが自転車王国であるということはたいていご存知かと思います。
何故(なにゆえ)デンマークやオランダでは自転車利用者が多いのだと思いますか?
答えは簡単ですよね。「国土が平ら」だからです。

オランダで一番高い地点はヴァールセルベルグという町の通りで321m。デンマークにいたっては、丘陵地にある畑の真ん中のたった170mの地点が国内最高地点です。もちろん、自転車と歩行者・自転車と車が共存できるような交通(モビリティ)システムが整っていることもありますけど、それは卵が先か鶏が先かの問題で、自転車利用者が多くなれば当然そういうシステムが整ってきます。

しかし日本の縦割り行政は、国民のトータル的な利便性を優先するよりも、既得権益を優先しているので、自転車利用者が増えても新しい交通システムが整備されるかどうか、そこが一番の問題です。


ちょっと枕が長くなりましたが..
山手線サイクリングロード計画とは、山手線の架線の上にサイクリングロードを作ってしまおう!という計画です。 山手線のみならず、中央線や京浜東北線や、都心に向かう近郊私鉄の架線上にもサイクリングロードを作って通勤地獄を解消し、エコロジーと国民の健康増進にもつなげようという計画です。

山手線の1周は34.5kmです。中央線の東京-新宿間にいたっては、たったの10.3kmです。
この距離ならば自転車利用の方が便利であるとサイクリストの誰でも実感すると思います。 鉄道路線は道路よりも圧倒的に勾配率(坂道の角度)が小さいですから、私のようなヘタレ脚でも苦にはなりません。 それに、ホームや改札の混雑もなく、駅から勤め先の駐輪場まで自転車で行けるとしたら、通勤地獄が通勤天国になるかも?


え?でも雨の日は電車を利用するしかない??...いえいえ。
山手サイクリングロード・中央サイクリングロード・京浜東北サイクリングロードともすべて
透明チューブ型(かまぼこ型)の全天候型サイクリングロードです! しかも、そのチューブ中は、内回り・外回り、上り線・下り線で常に一定方向の追い風が吹いていますので、軽いペダリングでスイスイ進めます!

どうですか?山手線サイクリングロード計画って夢のサイクリングロード計画でしょ? この通勤用サイクリングロードが利用できるのなら、自転車版ETCで通勤定期の1/5程度を鉄道会社に払っても利用したいと思いませんか?

え?でも、自宅から駅まで濡れるじゃん!...って?いえいえ。
近未来の次世代型自転車は着脱フリーのフード付きなんですよ!だからそのフードが、逆に風を受ける帆のように機能しますので、雨の日の方がサイクリングロード内ではスピードが上がるんです(笑)

近未来(次世代型)自転車

東京-名古屋間に開通予定のリニア新幹線のように、とてつもなく速いモビリティ(移動手段)の建設も必要だと思います。でも東京-名古屋間のリニア利用客よりも、毎日の通勤で山手線・中央線・京浜東北線を使っている利用客の方が比較にならないほど多いでしょ?
しかも、約7〜9兆円言われるリニア新幹線の建設費用よりも圧倒的に安価で建設できるのが、土地買収の問題もほとんどない、鉄道架線上に建設するチューブ型サイクリングロードです。

鉄道会社がサイクリングロードを作ることを望むのは国民で、望まないのは道路族議員や官僚さんたちかしら?
でもね、私は思うです。
いつまでも目先の既得権益にこだわるよりも、環境先進国として世界に誇れるモビリティ・システムを構築するのが、本当の国家利益になるのだと。  (次世代自転車を考える会:丸井太輔)


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2009年06月10日

posted by たすけ at 03:32 | Comment(2) | TrackBack(1) | ■シニアの自転車生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノンアルコールビールにはレバーフライ♪

美味いもんチャンネル


なんだかんだ言っても、結局速い自転車とは剛脚ライダーが勝るわけで...自転車仲間の103(トーサン)は、これまでMTBで仲間のローディーをちぎりまくっていましたが、最近はすっかり疾風のローディーとなって、今までは競輪選手にガチンコ勝負をしかけていると言う噂を聞きました...ホントカ?(嘘爆)

...で。今回の記事はそんな103さんが話題にされていたノンアルコールビールと、是非一緒に食べたいB級グルメの話題です。

自転車はライダーのエンジン次第で勝てますが、どうあがいてもノンアルコールビールは本ビールの味には勝てないとは私も同感です。でも昼間っからアルコールを飲む訳にもいかず、かと言ってこの食い物は絶対ビールと一緒に食べたい!
というのが、佃島・月島界隈で有名なB級グルメのレバーフライです。以前にも拙ブログで記事にしたことがあるのでここではさらっとおさらい程度で^^;

レバーフライの元祖と言われているのが東京都中央区佃3-4-13の「ひさご家阿部」です。ただこのお店は、日・祭定休日なので、土曜日が仕事の私は平日の仕事ついでに立ち寄るしかありません。

※注.このお店は2010年5月に移転しています


佃2丁目交差点

再開発が進む佃島は、ちょっと行かないうちに景色がどんどん変わってしまいますね。下の画像が元祖レバーフライの「ひさご家阿部」さんなのですが、先日営業時間外に前を通った時は、外壁がちょっとモダンに変身しておりました(笑)

ひさご家阿部

そして、揚げたてサクサクのレバーフライに合うノンアルコールの飲み物が元祖ビールテイスト飲料!ホッピーです♪東京下町では誰でも知っているホッピーは、焼酎と割って飲むのが一般的ですが、なかなかどうして生(き)のまま飲んでも私は旨いと思います。

hoppy480.jpg
業務用(飲み屋さん用)ではない、一般小売用ボトルのホッピー 1本110〜120円
ホッピーの発売元 ホッピービバレッジのホームページはこちら 因みに、居酒屋さんで出てくるホッピー業務用のボトルは"ガチンコ"で飲んでいる我孫子boostさんのブログ記事に出てきます(笑)

あまり美味しくないと言われるノンアルコールビール類ですが...ホッピー&レバーフライ未体験の方は、ぜひ元祖「ひさご家阿部」の揚げたてサクサクのレバーフライと一緒に試してごらんあれです♪

PS.揚げ物&競輪で思い出した事が..
独身時代に競輪好きな同僚がいて、何度か取手競輪や松戸競輪に行きましたが、揚げ物好きな私の楽しみは、アジフライ・イカフライなどなど揚げ物三昧でした(笑)
ただブルーカラーが多いせいなのか?はたまた塩分濃くして飲み物の注文を多くする策略なのか?どっぷりソースに浸かった競輪場内の揚げ物は、かなり濃い目でしょっぱかったです^^;


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2009年06月09日

posted by たすけ at 00:58 | Comment(8) | TrackBack(0) | 美味いもんチャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自転車づくりに熱い夢を(まちのビルダーたちの挑戦)

■シニアの自転車生活


自転車づくりに熱い夢を...このタイトルは2009年6月8日(月)23:30〜24:00
BS-TBSの「銀輪の風」で放映される、今までにない自転車を自分の手で作ってみたい。そんな思いにかられ、独創的な自転車を製作している、まちのビルダーたちを特集した銀輪の風:番組ブログのタイトルそのままです。この中で「次世代の自転車製作を夢みて、作ることを楽しんでいるグループ」と紹介されているのが、実は私が代表を務める「次世代自転車を考える会」のことです。

自転車生活をはじめてから、いろいろな仲間に恵まれました。
とにかく風を切って走る自転車が楽しくて仕方ないという仲間。
歴史に埋れそうな郷土の史跡を再発掘することを楽しんでいる仲間。
身近な自然の移ろいをカメラに収めて、自然の恩恵を楽しんでいる仲間。
自転車通勤やツーリングを通じて自然や人に優しい環境対策を提唱する仲間。

第3回東葛ポタ

そして、近未来では今よりもさらに公共交通機関と自転車の組み合せによる新しい交通システム(モビリティ・システム)が普及し、人間の健康増進や環境保護に大きな役割が期待される時代になるだろうと予測しているのが「次世代自転車を考える会」です。

第4回TasukeIプロジェクト(次世代自転車を考える会)

こうして言葉にすると、なんだか大義なことみたいに思われるかもしれませんが、要するにこの仲間も自転車おバカさんたちです。とにかく自転車が好きなのです。洋裁・陶芸・そば打ちなどと同じように、自分たちで先ず作ってみる。自ら作ってみることで、新しい自転車の可能性が見えてくると考えています。

最近のイチロー選手のCMで、私が気に入っているフレーズがあります。
「確かな一歩の積み重ねでしか遠くへは行けない。」
「確かな一歩の積み重ねでしか未来を作れない。」


私はこの言葉に励まされつつ「次世代自転車を考える会」の仲間たちと共に自転車バカの一人として、やがてこの会で創作した自転車が、レジャーや健康増進や新しいモビリティ・システムに役立つ日がくればいいなぁと願っています。

...って。なんだか結局大義っぽくなってしまったのですが、この会の仲間たちは誰1人としてBS放送を視聴できる環境を持っていません!(爆) どなたか6月8日(月)BS-TBS 銀輪の風を視聴できる方がいらしたら、ご覧になった感想をコメント頂ければ幸甚です^^;


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2009年06月08日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(22) | TrackBack(0) | ■シニアの自転車生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嗚呼、素晴らしき自転車おバカたち

■シニアの自転車生活


私の自転車仲間は「自転車おバカ」と呼ばれることに無上の悦びを感じるホントに楽しい人たちばかりです。
本業はそれぞれ全く違う職種ですが(ていうか仕事やプライベートに関しては知らない人も多いのですがw)

ガキの頃に広場に行けば誰かがそこに居て「じゃあ何して遊ぶ?」とその時々で、ターザンごっこをしたり虫取りに行ったりとそんな感じで、自然と集まってワイワイやっています。
ただ子供の頃と違うのは、居酒屋という広場に集まることもあるということでしょうか?(笑)

美濃樽

今回は棚倉樽(HN)さんが、忌野清志郎を偲んで 「オレンジの自転車(ジンライムの月)」の他、自転車のある風景の何点かの油絵が完成したので「じゃぁ鑑賞会(という名の飲み会)をしよう!」という事で松戸市にある「美濃樽」という居酒屋に11人ほど集合しました。

まぁ飲み始めてしまえば、おやじ集まりの特有の●●話になってしまうのですが(爆)
それでも自転車談義は留まることを知らず、かなり酩酊していても「じゃぁ明日何時に○○に集合して走ろう」と締めのラーメン屋で、翌朝また自転車で集まることはしっかり約束して解散する訳ですから、相当の自転車おバカたちです(笑)

090606_01.jpg

締めのラーメン画像(九条ラーメン490円..安いし旨いし締めにはピッタシカンカン♪)
飲んだくれの様子や自転車のある風景の油絵の静止画は、spiritさんのブログ 動画は、小川英二さんのブログでご参照ください(笑)

私は残念ながら、自治会の例会があるので翌朝の自転車の集まりには参加できないのですが、それでもほとんどの自転車仲間が自転車ブログをやっているので、数日内にその様子を知ることができ自分のポタリングやサイクリングの参考にさせて頂いています。

私自身が自転車生活をはじめるきっかけとなったのは、こうした楽しい自転車仲間「チーム東葛(笑)」の様子を読んでいるうちに、楽しそうだなぁ..こうしたお仲間に入りたいなぁ...と思ったのがきっかけな訳で、普段は1人マイペースのポタリングを楽しんでおりますが、たぶん、その時々で集合するメンツは違っても今後もずっと「広場」を覗いては「なにして遊ぶ?」とワイワイやっていくのだろうなぁと思っています。


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2009年06月07日

posted by たすけ at 02:33 | Comment(10) | TrackBack(0) | ■シニアの自転車生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

我が家の夏は出産ラッシュ

日記(動物写真館)


現在の家に転居して6年ですが、毎年我が家の夏は出産ラッシュです。人間ではなくて動物の・・

最初に我が家で出産したのは、2006年6月のサワガニのサワコで、2007年からはキジ鳩が巣作りして2年連続して雛を孵し。 同じく2007年から3年連続してツバメが巣作りをしてツバメの雛の落下事件などもありました。
生まれた雛がすべて順調に育つ訳ではなく、毎年悲しい現実にも直面しているのですが、今年もどうやら1羽が巣の中で亡くなっているようなので、5日ほど様子をみてから取り出して、葬ってあげようかと巣を覗いたら...ありゃりゃ?

090601_020.jpg

いつの間にやら兄弟が大きくなって亡骸の上に陣取っていました。
たぶん、この兄弟の下でぺちゃんこになってしまっているのかな?
それともすでに落下して、野良猫にでも食われてしまったのかな?

なす術もなくそのまま脚立を庭の物置にしまおうとしたら、なにやら縁側の下から「ミャーミャー」とか細い声が..

090601_010.jpg

「えぇ!?なに??いつ生まれたの??」
そこには黒とキジトラの仔猫が2匹...生後2週間くらいでしょうか?たぶん今朝のうちに、親猫がどこからかここに連れてきたのでしょうが...可哀想に2匹ともすでに片目が不憫です。
う〜ん、うちでは面倒をみてやることはできないし、どうしたものかと思案していたら、ほどなく黒い母猫が戻ってきました。そして今度は母猫が縁側の向こうからガラス越しに私にむかって「ミャーミャー」と...たぶん「餌を分けて!」と言っていたのだと思います...

この日私は、自治会のペンキ塗りの仕事があったので、とりあえずそれを優先させなきゃいけないので、後ろ髪を引かれながら、いったん家を離れて戻ってきたら、今度はキジトラの仔猫1匹残し、黒猫親子が居なくなっていました。キジトラの仔猫は庭中ミャーミャーと親を呼び探していて、気がかりなまま職場にもどって家内とバトンタッチしました。

家内は動物病院に相談するの?市役所に連絡したらいいの?など、友人と相談し家に戻ったのですが、すると今度はキジトラの仔猫が居なくなり、戻ってきた親猫がミャーミャーと子を呼んでいたそうです。我が家の飼い猫は、親猫に「フーフー」と威嚇して大騒ぎになるし、大変だった言っていましたが、結局一晩たって猫一家の消息はわからなくなりました。

消息がわかったところで、我が家でどうすることもできないし、内心ほっとしたというのが本音なのですが、どうしてこうも夏の我が家には、子連れの動物ばかりが集まってしまうのでしょうかふらふら


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン
タグ:ツバメ 仔猫

2009年06月06日

posted by たすけ at 02:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記(動物写真館) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロスバイクでエクササイズ?(自転車のフィットネス効果)

自転車(クロスバイク)


私の本業(医療サポート)の立場から言うと、本来のメタボ対策とダイエットとはちょっと異なるのですが、それを書き出すとまた長文になるので(笑)ここでは自転車によるダイエット効果(フィットネス効果)について書きたいと思います。
自転車生活をはじめるきっかけとして「自転車は健康に良さそうだから」の動機は大きいと思います。但し、自転車を運動用具と考えた場合、その用具を使った正しい運動(エクササイズ)をしているか、していないかで、その効果・効用は大きく変わってきます。
090604_03.gif
先ずは、あなたが5kmの距離を次の2通りでマラソンすることを想像してください。
(1)蹴り足を強くバネのように、大きく走る(スライド走法)
(2)歩幅を小さくして、一定のリズムで走る(ピッチ走法)

走り方には個性がありますので、筋力や持久力がある方なら(1)の走法で疲れ知らずでゴールまで辿り着けますが、たいていの場合は(2)の走法のほうが比較的疲れ方が少なくて済みます。

自転車生活をはじめた初期にベテラン自転車乗りの方からよく
「トルクで走らず、ケイデンスを重視してください」
「ペダルは踏むものではなく、回転させるものです」

とアドバイスを頂きました。 トルク=力 ケイデンス=1分間のペダルの回転数
要は上記の(1)では疲れが大きくなるだけで(2)のようにするほうが疲れずに効率よく走行できるという訳だったのです。

自転車初心者は、どうしてもペダルを力強く漕ぐ(踏む)ことに意識がいってしまうのですがベテラン自転車乗りの方は、一定のきれいなリズムでペダルをくるくる回転させています。
例えば、平地でも向かい風など抵抗が大きくなればギア比を軽くして、一定の回転を維持するように、自然とシフトダウンやシフトアップをさせていました。ちょっと性能のよいサイコン(サイクルコンピュータ)ならばケイデンスも自動的に計測していますので、それを意識して走っているうちに自然と身についたようです。あるいは、片足だけでペダルを回すエクササイズなどをして、回転の動きを脚に覚えさせていたとか、それぞれ修得した経緯はさまざまなようです。

私の場合は、どんなやり方でペダル回転の動きを身体で覚えたかといえば...
人間の脳は意識した部分に自然に力が入ってしまいます。ゴルフ経験者なら体験している、入れたくない池やOBゾーンに何度も打ち込んしまったソレです(爆)
ペダルにかけている足の裏(拇指球=足の親指の付け根のふくらんだところ)に意識をもっていると、どうしてもペダルを踏むことにが意識がいってしまうので...拇指球をペダルには乗せますが、意識は踝(くるぶし)にもち、それを円く回すような意識をもってペダルを回転させているうちに、自然とペダルを"踏むから回す"という動きを身につけることが出来ました。
090604_01.gif
ただ、このエクササイズはペダルと足が常に接着しているビンディングシューズを履き出してから行ったので、ビンディンやトゥクリップ無しで出来るかどうかわかりませんが。今ではビンディング無しでもペダルをくるくる回すという脚の動きは身についています。

マラソン中に疲れてきたなと感じた時、腕の振りの方に意識をもっていくと、それにつれて自然に脚も前に出ます。つまりこれも、力の入れる意識を別の部分に持たせたエクササイズ効果ですが。
向かい風や登り坂でたださえ苦しい脚に、さらに強い意識で踏ん張って登ろうとすると、ますます疲労感が増してしまいます。そんな時は腹筋に意識を持って「腹筋♪腹筋♪」と呪文のように唱えながらペダルを回すと意外に疲れずに登坂できたりします。

駅伝やマラソン競技を見ていると、走り方にそれぞれ個性がありますが「あぁ〜この選手やばいぞぉ」いうのは素人目でもわかってきますよね。身体が上下左右にブレだして、あごが上がってきます。逆に調子の良い選手は、身体の軸がブレずに一定のリズムを刻んで走っています。

自転車をフィットネスとして活用する場合の肝(きも)はここです。
(1)ペダルは回転の軸がブレないように、一定のリズムで刻む。
(2)もっとも力がはいる(疲労を感じる)箇所から意識をずらす。


090604_04.gif
長くなってきたので、そろそろまとめますが(苦笑)
自転車によるフィットネス効果はこちらにまとめてあります。

フィットネスの肝は「有酸素運動」であり「有酸素運動」とは息切れするような激しい運動ではなく、充分な呼吸ができて細胞に酸素を送り込める軽く汗ばむくらいの運動(エクササイズ)の事です。
ほぼそのような運動を10分以上行えば、脂肪燃焼が始まりダイエット効果になります。息切れするような無酸素運動でも、脂肪は燃焼しますが、細胞に十分な酸素を送り込む有酸素運動の方が効率よく脂肪を燃焼させるので、クロスバイクでのまったり走行や景色を楽しむ余裕を持った自転車通勤などは一番理にかなったフィットネス走行と言えます。
有酸素運動は他にも、心肺機能の強化、血行促進、基礎代謝アップといった嬉しい効果があります。

クロスバイクをフィットネスバイクというカテゴリしている自転車メーカーもありますが、より速く、より遠くへ走る事を目的とせず、ゆったり風景を楽しみながら走るクロスバイクでのポタリングは、お腹の脂肪が気になる中高年には最適なエクササイズではないかな?と思う次第です。


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2009年06月04日

posted by たすけ at 22:16 | Comment(5) | TrackBack(0) | 自転車(クロスバイク) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なるほど納得!クロスバイクとロードバイクの長所と短所

自転車(クロスバイク)


自転車仲間には自転車を複数台所有して目的に応じて乗り換えている方も多いのですが...そんな仲間内で、ママチャリ・小径車(折り畳み車)・クロスバイク(2台)・ロードバイクを天候や目的に合わせて乗りこなし、日頃から都内を自転車通勤なさっている断腸亭髭爺(だんちょうていひげじい)さんがいらっしゃいます。

この方何が凄いかって、ママチャリで都内から銚子へ行ってしまうかと思えば、ロードバイクで八ヶ岳まで行ってしまうし、それぞれの自転車の長所・短所を自らの体験を通してブログに書かれているので、説得力と納得度が私のような単なるクロスバイク乗りとは全然ちがいます。
そんな断腸亭さんから、通勤用途でのクロスバイクとロードバイクの長所と短所を拙ブログのコメント欄に頂きました。その内容に至極感心致しましたので、拙ブログのコメント欄に埋れてしまうのは勿体ないので、記事中でご紹介させて頂きます。

特に、私には経験のない都内での自転車通勤で、クロスバイクにしようか?ロードバイクにしようか?と迷われている方には大変有意義であると思いますので、是非ご高覧ください。

断腸亭さんのコメント
通勤用途では、やはり、ロードと較べて、クロスバイクの優越性は確かです。
ポイントは、ブレーキのかけやすさです。
横道からいつ自転車や人が飛び出してくるかどうか分からないような都会の裏道では、咄嗟のブレーキ反応が非常に重要で、ハンドルの形状からくるブレーキのかけやすさはフラットハンドルに軍配が上がります。
しかも、Vブレーキの方が、ロード系のキャリパープレーキより、鋭くてかつ強力です。
あと、コンビニなどで買った弁当などをちょっとの間ハンドルにぶら下げておく場合も、フラットハンドル+バーエンドだと便利です。これ、案外、重要)。

ただ、大幹線道路だけをぶっ飛ばして走る場合は、ロードでもいいかもしれません。都心の道は、幹線道路ほど信号機が優先になっているし、車の車列が追い風を作ってくれるのでスピードが出るので、より早く職場に着きたい場合は、私も幹線道路だけを走ります(でも疲れます)。

あと、通勤路は、皆さん、何パターンか持っていると思います(風の強い日は細い道をとか、雨の日はアーケード街や高速高架下を走るとか)が、いずれにせよ、道の高低等は事前に分かっているので、それに狙いをすましたギア比の選択ができます。

私の場合、大した坂もないので、前はロード系のトリプルの39Tで、後は13−23T(ロードのスプロケ)がベストな組み合わせだということが分かってきました。後のギアは、結局、小さな坂の変化に対応できる狭い(クロースな)設定の方が走り安いと思います。

タイヤは、最初のうちは不安だったので、28Cを使っていましたが、ルートが確立してしまうと、どこに段差があるかなどが完全に分かってしまうので、結局は、25Cとか23Cのような細めのタイヤの方が軽く進むので、現在は23Cで落ち着いています。

ただ、雨の日も走るのであれば、28Cで、しかも、泥よけ付が無難です(私の場合、雨の日は28Cのパナのツーキニストを履かせた別のクロスバイクを使用)。

これからしばらく雨の日々が続くでしょうが、雨の日は、想像以上に滑りますので、きわめて注意が必要です。
以上、私の経験から補足させていただきました。

さらに、最初はクロスバイクで入門して、自転車生活に慣れたら、そのクロスバイクをロードバイクに改造する事は可能か?一番肝要な点はクロスバイクをドロップハンドルに改造という点についても断腸亭さんは...

【最初のクロスバイク〜これから自転車を始める人へ〜簡単にロード化できる車種を!】
という記事の中で
最近の自転車ブームもあってか、何人もの知り合いから、自転車を始めたいのだが、どんな自転車を買ったらいいのかという質問をよく受けるようになった。〜中略〜

最初からロードバイクが欲しい人は別だが、クロスバイクから始めたいという人には、いずれハンドルとレバー類(STI=デュアルコントロールレバー)さえ交換すれば、(費用は3万円以下で)簡単にロードバイクに改造できる車種を買うべきだと思い至った。
という事で具体的な車種を挙げて説明されていますので、是非ご参照ください。

私のブログもついつい長くなりがちなのですが、この断腸亭さんのブログ記事も基本的に長文です(笑)
でも、お仕事柄(いくつか記事を読んでいるうちに推測できると思います^^;)とても読みやすく、スーと読み進めます。ご本人へもコメントレスしたのですが、こうした生きた自転車生活ブログは是非とも書籍にされて、これから自転車生活をはじめようと考えている方への福音となって欲しいものだと思います♪

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2009年06月03日

posted by たすけ at 21:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車(クロスバイク) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする