坊主憎けりゃ、袈裟(けさ)まで憎い

数年前にNHKの"真剣10代しゃべり場"を偶然見ていたら...
高校生くらいの女の子が「私は殺人が何故いけないのかわからない」
と真顔で話していたのに新聞をめくる手が止まった。

昆虫も人間も命の尊さに変わりがないのなら、殺人だけ何故大罪なの?
人を恋する感情が当たり前なら、人を殺したいという感情も当たり前?

ん〜〜...かなり前なのでこういう論旨だったかどうか定かではないが
だいたいこんな主張だったように記憶している。
まぁ、誰しも思春期の頃には、さまざまな思索に耽るもので私自身も
高校の倫理社会で知った"コギト命題"を浅学し"主観と客観は一致するか"
等々の討論をそういう話が好きそうな仲間がいた時には語り合ったが
たいていは今風の言葉で言えば『どうでもよくね?』で終わっていた
のが常であった。

さて、品位を失うべき非行へのコメント欄に...
『世論が全員死刑なら死刑ですか?』とのご指摘を受け、コメント主さんも
あり得ない仮定とわかった上であえてこの質問を投げかけたのだろう
と思うのですが。

私自身は、橋下弁護士と今枝弁護士の「品位を失うべき非行」の主張争いは
『どうでもよくね?』の感想です。
例えば、立場を逆にして、茶髪のタレント弁護士が光市事件の弁護団となり
久利生(キムタク)検事のモデルの弁護士が、その茶髪のタレント弁護士等に
懲戒請求を呼びかける扇動を展開したとしても、自分の判断は変わらない。
つまり、橋下弁護士だろうが今枝弁護士だろうが、あるいは懲戒扇動をしたのが
弁護士であろうが、タレントであろうが、両人のキャラクターや立場が
どうであっても自分の気持ちには変わりはありません。


たまたま今回はどっちの味方見方をしているか?と、問われれば
「大多数の国民がどう思うか」を捉えている橋下派となっているだけであり
光市母子殺害事件の被告人には、極刑を望んでいます。

繰り返しになりますが...光市母子殺害事件から懲戒扇動事件への過程で
私の危惧は、本件に限らず刑事裁判弁護で「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」が
本来ならば、坊主=被告人(犯人) 袈裟=弁護人 という構図
になる筈が、坊主=弁護人     袈裟=被告人(犯人)という構図
あんなオタク弁護士達で弁護された被告人は、たとえ審判で減刑された
としても、世間のオイラたちは絶対に許さないぞ
...てな推論で。
※私自身はオタク弁護士という言葉は好みませんが。
つまり、世間に受け入れられない弁護人がつけば被告人に不利益になり
そーなると世論とのバランスを考えがちな判事は被告人への減刑を出し難くなり
※世論とのバランスを考えがち= 弁護人<判事 の意です。
情報過多の現在社会では、弁護士も世論を意識した弁証をすべきじゃないの?

ん〜〜...弁護団のさらなる説明責任...というより

刑事弁護人も、情状(ドライ)<情緒(ウェット)であるほうが
結果的に被告人(犯人)に対する世論の理解が得られやすいのに..
光市母子殺害事件の差し戻し審で、被告人の行為態様の説明に
「ドラエモンが押入れに..云々」という弁証を入れて←★追記あり
世論が炎上することは予想していなかったのだろうかね?
世論が炎上しようが『どうでもよくね?』と考えていたのかね?
だとすれば、この場合の『どうでもよくね?』はまずいんじゃないの?

という感慨がそもそも「品位を失うべき非行」の記事を書いたきっかけです。
この拙ブログでの見解は私個人の推論でありこのブログを"しゃべり場"に
する気はありませんし、 すべてのコメントに丁寧に返信するのも疲れるので
今後はコメントに対してスルーさせて頂く場合もあると思いますので、
何卒ご了承くださいm(_ _)m

五十肩&老眼の身になってから、"主観と客観は一致するか"等々を思惟するの
は結構疲れます(´;ω;)
ま、この件に関してまた記事を起こすこともあるかもしれませんが...
いきなりこの■坊主憎けりゃ、袈裟まで憎いの記事に来てしまった方は
■なんでそうなるの?←[要旨:マスメディアの偏重報道]
■やらせのやらせ←[要旨:マスメディアの体質]
■ウソつき横綱とウソつき少女←[要旨:冤罪事件と診断書]
■平気の平左←[要旨:無責任なコメンテーター]
■品位を失うべき非行←本件
■光市母子殺害事件と死刑廃止論←本件
■続.光市母子殺害事件←本件
■木を見て森を見ず←本件
を順にご参照して頂けば幸いです。 <了>

★追記
「ドラえもんがなんとか...」について10/1の今枝弁護士のブログに
弁護人のしかもそのうち1人の意見として理解してください。として
〜〜〜引用〜〜〜
弁護人はこのような主張をこれまで一切していません。一時公開され
ていた更新意見書のどこにも、ドラえもん云々という記載はまったく
ありません。弁護人がこういう主張をしている、という前提自体が誤
っています。

〜〜〜引用〜〜〜
との記事がUPされましたので、追記しておきます。


タグ:主観 客観

2007年09月30日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木を見て森を見ず

木を見て森を見ず...言い古された理(ことわり)だがこの森を
"何に例えるか"で論点がずれてくる。

例)1.光市母子殺害事件差し戻し審の弁護団に対する、橋下発言に
端を発した弁護士懲戒処分請求急増の件(以下、懲戒扇動事件と略)

橋下弁護士を擁護する派は、「いつかわが身に起こったら、とても
やり切れない気持ちである」
との自身への投影から、国民多数としての
"民意を森"として考えている。

今枝弁護士等を擁護する派は、「たとえわが身に起こったとしても
刑事弁護の真髄の曲げてならぬ」
との法治国家として"刑事弁護の
総論を森"として考えている。

"森の前提"が違うのだから、意見がかみ合わないのは当然で
最終的には懲戒扇動事件の今後の判決に従うしかないのだろうが。

私が危惧しているのは「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」の例えが
本来ならば、坊主=被告人(犯人) 袈裟=弁護人 という構図
になる筈が、坊主=弁護人     袈裟=被告人(犯人)という
構図になってしまうのなら、刑事弁護の真髄もへったくれもない
という思いなのだ。


例)2.テロ特措法におけるインド洋補給活動の件
   「憲法9条の規定を度外視しての考察です」

補給賛成派は、「いつかわが国へのテロも抑止するためにも必要
であり、これは国際貢献である」
との"国際公約"を森として考えて
いる。

補給反対派は、「そもそもテロの定義が、一部の国家間での国策
優先で考えられており、テロへの圧力はさらなるテロを誘発する」

との"武力反対の総論"を森として考えている。

この件では、おそらく民主党は今現在建前では補給反対を唱えているが
現在における日米同盟の機軸に変化のない限り、ぐだぐだ賛成に転換す
るだろう。私自身は、補給反対派であるが、それを実現させるためには
日米同盟の箍(タガ)を外すのが優先事項であると思う。


...で?...だからなに?

いやあのね、思うのですよ...袈裟今朝のニュースでミャンマーの僧侶に
よる反政府デモで、ヤンゴンでは連日となる約10万人が参加し
日本人ジャーナリスト1名を含む僧侶や市民10名以上が発砲で死亡
80人以上が負傷した
...とを受けて。

どんだけ、日本で弁護士懲戒扇動があったとしても、デモをする訳でも
死者や負傷者が出る訳でもなく。結局、平和ボケした国内で自分も含めて
なんと安全で小さな森の中で議論しているのだろう?...と。

また、米国と欧州連合(EU)が安保理でミャンマーの軍政に対する
「制裁を含む措置」を求める共同声明を発表しても、そんな圧力強化に
反対する中国、ロシアなどとの対立も生じる訳で、結局、国際貢献って?
これから日本はどの森を見ていくべきなのだろう?...と。

2007年09月29日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ねこ鍋?ねこ丼?

我が家のおてんば娘ミィール...なにが気に入らないのか、せっかく購入した
新品ねこベットに寝ようせず、百均のピンクのカゴがすっかりお気に入りの様子。
寝顔はカワユスなのだが、起きている間はまことにチョロ松で、家具の隙間を
雑誌や段ボールで埋めたがまだ...
体重700g程度なので、ちょっと目を離すと行方不明に

ミィール♪ ミィール♪ どこにいるのかミィール♪
誰かミィールを知らないかぁ♪

てな感じで、うっかり猫ふんじゃった♪になる危険もあるので
とりあえず鈴をつけた。

みぃーる003

...で。
今、物凄い人気動画らしいじゃん..ねこ鍋 やってみっか? ( ̄ー ̄)にやっ!

ねこ鍋01

ん!!何考えてんだ!?( ̄□ ̄;)てな顔でこっちを見てますが...

ねこ丼01

なんだかな〜('A`)...と気に入らない様子
土鍋がなかったので、とりあえず深めの大皿に入れてみましたが
ねこ鍋ならぬ、ねこ丼動画は失敗しました(_”_;)

ねこカゴ02

でまぁ結局。百均のカゴでスヤスヤと眠りに...Oo。。(__)
その後の早速前脚を外に出だして...(* ̄m ̄)
ギザ、カワユス寝相の繰り返しでございました...┓(´_`)┏

2007年09月28日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記(動物写真館) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャラたち日記

からたち、からたち、からたちの、は、はぁな〜♪
知らない人は、こちらを参照→You Tube からたち日記「島倉千代子」
この歌は、今から50年前の1958(昭和33)年私が生まれた年に発表された。
今も昔も、"天然キャラ"と言われるタレントさんがいるが島倉千代子さんは
それこそ「人生いろいろ」ごとき波瀾万丈の人生を送られている。

でも、TV画面からそんな苦労を見せないので若い世代の人には
"天然キャラのおばさん"にしか見えないのかもしれないなぁ〜。
ま、とにかく...
昭和30年代のアイドル(テレビ放送世代の元祖アイドル)がいくつ
になっても「カワユスキャラ」を失っていないところが凄いと思う。

ごく最近では、"天然キャラ"ならぬ"おバカキャラ”が台頭してきて
「クイズ!ヘキサゴンU」の里田まい、スザンヌ、木下優樹菜の3人が
「Pabo」というアイドルユニットを結成して、9月26日に
CD「恋のヘキサゴン」リリースするそうな。

個人的には、"おバカキャラ"という表現は好きではないのだが、まぁ
それで人気が稼げるならば当人たちは"でも、そんなの関係ねぇ!"
なのだろう。

「Pabo」の里田まい、スザンヌ、木下優樹菜、3人の天然ぶりは
「やらせ」ではなく素の姿であると「クイズ!ヘキサゴンU」の番組内
でもさかんに言っているが...一昔前なら"ぶりっこキャラ"と言われたような
現代の"天然キャラ"の代表格は、ゆうこりん♪こと小倉優子


随分前に、You Tube 初期の小倉優子 や 昔の小倉優子 を見たが
これを見る限りでは、明らかに今のゆうこりんキャラは"素"でなくて
後から作った"園児演じキャラ"だという事がわかってしまう。

里田まい、スザンヌ、木下優樹菜、小倉優子、の4人が今の島倉千代子
の年齢(69歳)になる頃には、私もこの世にいないだろうが...
50年後の芸能界で、この4人のうち誰が"カワユス天然キャラ"を失わず
生き残っているのかしらん? どうぞ、がんばりんこ♪

...リフレイン...
キャラたち、キャラたち、キャラたちの、は、はぁな〜♪

2007年09月27日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギザ、カワユス

「鳴く猫は鼠を捕らぬ(よく鳴く猫はネズミを捕らない)」
意味としては、よくしゃべる者ほど、実行が伴わない。
類義語で「吠える犬は噛みつかぬ」なんていうのもありますが...

マウスを狙う猫

我が家におてんば娘(猫)が来てから1週間たちました。
チンチラの特長でしょうか、あまり鳴きません。そして、ネズミ(マウス)
はよく捕らえます。写真のように、この狭いキーボード台に陣取り、隙あらば
クリックした指にちょっかいを出してきます。...ギザ、カワユス

猫の寝相01

ひとしきり、遊び疲れるとこのようにパソコン台のすぐ脇の雨戸のレール上で
バタンキューと寝てしまします。ペタ、カワユス

猫の寝相02

それじゃ、背中が痛かろう..と
手近にあった小物入れのカゴにそっと入れてやると

猫の寝相04

お!伸びた!起きるのか!?...と思ったら
仰向けに寝返り前足をX字に交差させて...

猫の寝相06

最終的にはこんな格好で寝てました^^;
ん〜〜ヨタ、カワユス〜〜〜♪
     親バカ丸出しf(^、^;

2007年09月26日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記(動物写真館) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギザ、ヤバイす

本日は、最近五十肩の不自由さに耐えて生活している初老のヨタ話しをば...。

拝読しているBe-all and End-all(手賀沼まったりチャリンカー)さんの
文中に『TX(つくばエクスプレス)も、車内はZIPファイル状態』という下り
があって、ZIPファイル=圧縮 → 満員電車状態 とういう表現に感心して
いたら、これは2ちゃん用語という事で...

私もある程度は知っていたつもりでしたが、どんどん新しい用語が増えてきて
とても追いつきましぇ〜ん。
私たちも若かりし頃は、流行り言葉を多用して「しらけ〜」=つまらな〜い
などと言っていましたが...

先日、家内と娘の会話を聞いていたら、娘が「意味がわからない」を多用していて
ふ〜む、最近の若い人は「言うこと聞きたくないorおもしろくない」という時に
『意味がわからない』と表現することを知った次第で...
しかしこの「意味がわからない」という言い方は
大人を"チョー、ムカつかせます"な(w

...で。
休日は私もキッチンに立ち、夕食などを作ることもあるのですが
娘に「味はどうだ?」と訊ねると「うん、フツーに美味しい」と言われ
ちょっとがっかりするのですが、これは素直に美味しいということで
心底美味いと思ったら「うん、これはヤバイよ」と言うそうな...

さて、新ブログの女王と呼ばれる"しょこたん"こと中川翔子が多用する
「ギザ**********」という表現...
初めてTVで聞いた時に、たまたまエジプトの特集の時だったので
てっきり「ギザのピラミッド群」にかけて「信じられないorとても大きい」
という意味で使っているのかと思ったら、コンピューター用語のギガ
アレンジしてギザと言っていることを知り、いやはやそこまで崩されると
おじさんには「意味がわかりましぇ〜ん」

ま、しかし、ギガはもともとギリシャ語の「巨人」=γίγας(gigas)から由来して
いる訳で、ひょっとしたら遠い昔にエジプトのギザを訪れたギリシャ人達がギザの
建造物の巨大さに感動して、母国に帰ってギガと言い出したとしたら、しょこたん
語は案外歴史を遡った正しい言い方なのかもしれない(w

ちなみに...国際単位系(SI)における接頭辞を復習してみると
10の1乗で..デカ  (deca) da 十 10
10の2乗で..ヘクト (hecto) h 百 100
10の3乗で..キロ  (kilo) k 千 1 000
10の6乗で..メガ  (mega) M 百万 1 000 000
10の9乗で..ギガ  (giga) G 十億 1 000 000 000
10の12乗で..テラ  (tera) T 一兆 1 000 000 000 000
10の15乗で..ペタ  (peta) P 千兆 1 000 000 000 000 000
10の18乗で..エクサ (exa) E 百京 1 000 000 000 000 000 000
10の21乗で..ゼタ   (zetta) Z 十垓 1 000 000 000 000 000 000 000

なので、名古屋人にどえりゃ〜=「デラ、うみゃ〜よ」と言われたほうが
「ギザ、ヤバイす」よりさらに1000倍美味しいということになる(w

てな訳で、本日のヨタ話しはココまで
10の24乗で..ヨタ   (yotta) Y 1 000 000 000 000 000 000 000 000
....おあとがよろしいようで^^;
タグ:ギザ テラ ヨタ

2007年09月25日

posted by たすけ at 03:07 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続.光市母子殺害事件

光市母子殺害事件と死刑廃止論に頂いたコメント欄にご返事を書いていたら
エラーとなってしまったので、記事としてUPさせました。
そもそもの記事の出発点は、品位を失うべき非行からになります。

今回の再審(差し戻し審)で、弁護団が被告人の自白調書や行為態様の事実
認定にいて反論(一審二審の覆し)を主張したのは理解できます。
また、野田精神鑑定医の言った「魔界転生とかドラエモンとかは、
被告人がファンタジーの世界の知識で言い訳をつけたものだろう。」
に同意します。仮にもし言い訳でなく本気でそう思ったとすれば...
http://www.d4.dion.ne.jp/~yanag/info.htm ←性と文化の革命家
を隅から隅まで(参考用語まで)読んで見れば人間の性行動について
エービング、フロイト、キンゼイetcなどのリポートがよく整理されて
おり、ケンさんが言うように「人間の脳みそなんてみんな同じではなく」
まことに多様性があり猟奇殺人や性犯罪の動機や行為態様に対して
「荒唐無稽」だと言い切ることもできません。

しかし、人間の思考は論理よりも感情に左右されることがおおかたです
学説的にどうのこうの言われて納得できるものではありません。

ここ数年
1)犯罪に対する少年法や精神鑑定による責任能力回避の弁護に辟易している。
2)刑事事件での被害者擁護(裁判での被害者発言を積極導入)の高まっている。
このような空気を読むならば、「魔界転生とかドラエモン云々の弁証」は結果的に
被告人に対する世論の憎悪を倍増させる手助けをしてしまったのではないか?
実際私自身『またその弁証かよ?』と拒絶反応を起こしてしまいました

「弁護士が世論に迎合する必要性はない」と断じている意見も多いのですが
それは正論でしょうが...しかし
時代の空気を読むならば弁護団は「世論に迎合せずとも世論への意識は必要」
だと思うのです。
ここ数年、判事はかなり世論への意識を高めていると思います。

話しは飛びますが、今般リオデジャネイロで開催された柔道世界選手権での判定
をめぐって、もはや"柔道ではなくJUDO"になってしまったとの溜息まじりの
声が聞こえてきますが、これも時代の空気を読めなかった反省点ではないかと思
います。

とかく、ドライな判決よりもウェットな判決を支持する日本国民の気質を鑑みても
今回の光市母子殺害事件の再審では「世間一般の人がどう思うか?」は
重要であったと思うのです。ましてや、今後の裁判員(陪審員)制度への道程では
このような空気を読む必要が弁護団にあったのではないかと思います。

今枝仁弁護士がブログでご自身の生い立ちを掲載されましたが
これこそ、日本人のウェットな気質であると思います。

今枝仁弁護士に対して「もし、あなたの家族が同じ目にあったら?」
という質問を投げかける方も多いようですが、このような質問は
刑事事件の弁護士に対する適切な質問ではないと思います。
しかしそう質問したくなる気持ちはは理解できます。

話しがかなり"てんこしゃんこ"してしまいましたが...
私は、世間一般の1人として、今後も法曹界が
「審判に世論を意識する必要なし」
「素人が口出しするな」
という独善主義を貫いた場合、世間一般のフラストレーションは膨張
するばかりで結果的に被告人の不利益につながるのではないかと危惧
しています。

2007年09月24日

posted by たすけ at 01:37 | Comment(4) | TrackBack(6) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(藤田東吾+浜田幸一)÷2

今日23日に新しい自民党総裁が決まり福田内閣の誕生となるのだろうが
総裁選演説の際に麻生太郎氏が「私はキャラが立ちすぎて..」云々と
よく言っていたが、私の記憶の限りで歴代自民党議員で「キャラが立って
いた」という三大人物は、田中角栄、小泉純一郎、そして浜田幸一だ。

今の30前半以下の世代の人は田中角栄といってもピンと来ないだろう。
浜田幸一は「えっ?タレントさんじゃないの?」という感想だろう。
当時、千葉県は金権・利権政治まみれで浜田幸一議員(ハマコー)は
その代名詞でもあり「地域に利権誘導なにが悪い?」とばかりの勢いで
正直、千葉県人としてこんな議員を国会に送っていることが恥かしい
と思うくらいの気持ちだった。

...で。
怪文書の記事の続編になるが、当時ある議員の選挙運動の手伝いを
会社から命じられ、その応援演説に浜田幸一議員が来るとのことで、
私は会場入り口で浜田議員一行を待ち、SP?プロレスラー?と同伴
で来た浜田議員を控え室まで案内した。

その後、応援演説を舞台袖から見ていたが、壇上に上がらず客席に
近いところでしゃべり出したが....
「話は支離滅裂、いったい何を言いたいのかさっぱりわからず
 こんな人を呼んで果たして応援演説になるのかなぁ?」

という思いだったが、舞台側から客席を見ていると...聴衆がどんどん
ハマコー節に引き込まれていく様子が見てとれ私はあっ気にとられた。

結局、私の記憶に残っているハマコー節は、「未来の子供達のために」と
『母さんの歌』の熱唱とそして最後の土下座のシーン
だけだった。
しかし、最後には聴衆から万来の拍手を浴びて、浜田幸一は意気揚々
と会場を去っていったのである。

まったく話は支離滅裂なのだ、たぶん録音して100回聞いたとしても
何を言わんとしていたかは、誰も理解できないだろう。
しかし、演説は大成功で聴衆は満足気な顔をしていた。会場の6割は
立候補議員の支持者で、残りはつきあいで参加した聴衆だということ
を割り引いても大成功の拍手喝采だった。

この後、私はしばらく政治家の資質とは?政治演説とは?ひいては
世論の扇動とは?についてしばらく考え込んでしまった。

...で。
結論に達したのが「キャラ立ち」だ。
芸能人でも、実生活や性格のキャラが全く違うなどというエピソード
を聞くが、要は私たちは人を見るときに、その人の思想や性格よりも
キャラクターを最優先して見ている節がある。
全く同じ言動をとっても、この人なら許せるが、こいつは絶対に許せない
というイメージが先行している。
いくら論理的に物事を話しても、聴衆は話の内容よりも、キャラクターが
自分のイメージ通りであることに安心感を憶え共感してしまうのだろう。

それともうひとつ。名人と呼ばれる落語家や漫才師は「間」の取り方
が絶妙であるが、ハマコー節で感心したことは「間(ま)の妙」だ。
振り返ってみれば、会場はシーンとさせたり、笑わせたりで、けして
一本調子のリズムで話してはいなかった。

...で。
タイトルの(藤田東吾+浜田幸一)÷2 だが、私は耐震偽装の矢面
に立ち、果敢に権力に立ち向かっている藤田東吾氏を応援している。
〜藤田東吾氏を国会議員に〜という応援サイトもあるが、私もご本人
がその気になった時には応援したいと思っている。
だが、世論を動かすにはハマコー節の要素も取り入れなければならないだろう。

藤田東吾氏の出演している動画を全てみているが...代表的なのは
藤田東吾より byあっ!と驚く放送局 
イーホームズ 藤田東吾氏 緊急記者会見 byあっ!と驚く放送局 
これをみても、多少のおっちょこちょい度は愛嬌としても、やはり
万人を惹き付けるだけの「間(ま)の妙」がない。たぶんご本人も
藤田東吾氏を応援する人たちも同じ思いだとは思うのだが、この点で
(藤田東吾+浜田幸一)÷2 のキャラがあれば世論からかなり支持
されるのになぁ...との思いなのだ。

まぁ、こんな拙ブログを藤田さんご本人は見に来ないだろうし
相反するキャラの浜田幸一氏を真似よと言ったら、立腹される
かも知れないが、サイレント・マジョリティーを動かすために
「キャラ立ち」は重要であると思うのだ。

2007年09月23日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

光市母子殺害事件と死刑廃止論

品位を失うべき非行の記事後、いくつかの変化があった。
超初級革命講座に光市母子殺害事件弁護団からのコメントとして投稿していた
今枝仁弁護士が自分のブログを立ち上げた。私は炎上してしまうのではないかと
危惧していたが、「耐震偽装事件」や「広島ドックパーク事件」の時とは異なり
賛否の意見が整理されていて意義のあるブログになっていると思う。
(9月22日(土)をもってこのブログは削除予定になっていたが
 どうやら更新はしないようだが存続させるようだ)

...で。
このブログの今枝弁護士自身の見解&寄せられた賛否のコメントすべてに
目を通してもやはり被告人に極刑を望んでいる自分がいる。
ただ今回、再度この件を取り上げたのは、前回にも取り上げた死刑廃止論者である
■ダイインというブログの中に以下のような記述があり、はっとさせられたからだ。
以下「理解不能な凶悪犯」が行き着く先」のブログからの引用
〜〜〜〜〜引用ここから
私たちには理解しがたい動機から、想像もつかないような凶悪犯罪が生まれたとき、
「同じ人間なのに」との前提はもろくも崩れ落ちた。
「奴らは人間じゃないんだから、理解なんてできないし、しなくていい」と
いつの間にか、ものすごい速度でそういうことになって行った。
そして更に数年後、少年Aの事件を皮切りに、こどもまでもが
「理解不能な殺人鬼」として認識されるようになった。
人間ではない存在に、更正の道はない。なにしろ人間ではないのだから。
じゃあ、どうするか?
永久的な悪とされた存在に「殺せ」の言葉が出てくるのは当然のことだ。
そして、これまでに無い頻度で死刑判決が出ようとも、死刑が執行され続けよ
うとも、それに異を唱える者は減り、むしろそうした「断固決然」たる態度が
歓迎される。
人の命を大事にしなかった奴の命は大事じゃない、との認識が大勢を占め
殺せ吊るせを叫ぶ人々が急激に増加した。
今や、多くの殺人事件において、かつては予想し得なかったほど安易に「死刑」
のニ文字が登場する。社会が複雑化し、生活形態や考えが多様化する中
私たちの周囲に「理解できない人」は増える一方だ。そうした人々が罪を
犯したとき、そこに更正の余地などあるのかと疑問に思うのも無理はない。
そして、その疑問が誤りであるとの確信もまた、私には無い。
しかし忘れてはならないのは、私たちもまた、別の誰かからすれば充分に
「理解できない人」になり得ることだ。理解できないからと言ってあらゆる
可能性を模索せず、とにかく殺すしかないと決断していくなら、その決断は
いつか自分にも襲い掛かってくるだろう。
〜〜〜〜〜〜引用ここまで


この引用部分は、ダイインの管理人sasakichさんがわかりやすく端的に論旨
を述べた部分であり、本来この方の唱える「死刑廃止論」はダイインのブログを
全読しないと失敬にあたると思う。
私自身、以前は死刑廃止賛成だったのに、いつの間にか「死刑存続」の考える
になるように至ったのは、子を持つ親となった事も大きいのかもしれないが
それよりもまさにこの引用部分に当てはまる理由が大きいのかもしれないと
再認識させられた。


ネットを利用するようになってから、マスコミに出てこない事件や
その真相にせまるサイトをよく見るようになり、またブログが流行る
ようになってからそういうブログは隅々まで読むようになってしまった。
「読むには気力と時間がかかり、その余波で自分のブログの更新が数ヶ月止まる
また、お気に入りはそんなサイトばっかりで埋まり、肝心の仕事関連の
サイト更新 もおなざりになってしまっている(反省)」

しかし、ワールドカップでにわかサッカーファンになるごとく
このような事件に対してその時だけ関係サイトをむさぼるごとく読むが
時が過ぎれば忘れている。
「御殿場事件」
「耐震偽装事件」
「広島ドックパーク事件」
「光市母子殺害事件」
に関して今後は拙ブログで今回のように重要な一節を引用をさせて頂いて
自分自身で忘れないように取り上げていくようにしようと思う。

2007年09月22日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女化

女化=おなばけ と読みます。茨城県牛久市女化町
利根町方面から牛久市「ガーデンカフェぬまもと」に行く途中・・・

いしじまオブジェ

この落花生のオブジェが見えた周辺が女化町で、この周囲の畑は
落花生が一面に植えられておりこのオブジェは「落花生のいしじま」
のシンボルであり、女化町のランドマークとなっています。

この「女化」の読み方は、いしじまへの地図にある女化町本来の
ランドマークである「女化稲荷」に立ち寄ってはじめて知りました。
(神社の敷地は龍ヶ崎市の飛地になっていますが...)
女化神社(女化稲荷)の由来の伝承はいくつかあるようですが
おおよそ「鶴の恩返し」のようなストーリーです。
キツネを助けた男性にそのキツネが人間の女性となって現れ
夫婦となり、三人の子をもうけるが、やがてその正体がばれて
去っていってしまう。


女化稲荷

女化神社(女化稲荷)にはこの話をもとに、左右対の狐の石像
があり、社殿に向かって右に一匹、左に二匹、計三匹の子狐を
伴っています。

実は新しい家族(名前はミィールとなりました^^;)をネットで見つけた
日にこの神社を訪れ、翌日に家族として迎えることができました。
それまでにも、仔猫との出会いがあったのですが、なかなか縁
を授かるまでには至らず、この神社を参詣した翌日にトントン
拍子に話が進んだことに不思議を感じています。

...で。
私はこの縁で仔猫に「ナッツ」と名付けようかな?
とひそか考えていたのですが、すでに帰宅した時は
妻娘から「ミィール」と呼ばれていました^^;

2007年09月21日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。