激的!ビフォーアフターならず..._| ̄|○

ゞ(ーー*)おい! 
またブログのタイトル変わってるぞ(−−;
と思われた方...はい。そうです...
でも、もう変えません。...たぶん(汗

もう、頭の中が真っ白です...この年度末の忙しい時に
HP&ブログの改造に手をつけた私がおバカさんでした。

この1週間、各ブログの名称を何度も変更しました。
しかし、やはり全面的改築はできませんでした(ノ_・。)

どうしても、半年前にイメージした全体構想を変更
することができず「サザエさん家のPC日記」として
はそのまま継続します。

●ココは「こちらホワイトロック」の名称に変えます。
(由来=大好きなコンバットの名セリフから)

●管理人日誌は、サイト全体のインデックス@ブログ
 に以降します。

●総合メイン頁は簡素化し、掲示板も減らしました。

●誤解を招いていた、サザエさん・・の件はメインに
 新コンテンツを増設して対処しました。

あとは、コツコツと各ブログの旧記事の移行と新記事
の投稿をやっていきます。
まだまだしばらくは、旧記事と新記事が交錯すると
思いますが、何卒ご容赦ください。  ○┓ペコリ


2006年03月31日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウロウロ、そわそわ

病院に到着し、妻はほどなく分娩室に入った。

urouronyan11.gif
ウロウロ、そわそわ。ソワソワ、うろうろ。

あぁ、よくドラマにあるシーンだよなぁ、これ。
そのうち、ドアの向こうから、
「オギャー!オギャー!」とか聞こえてきてぇ。

『元気な○○○のお子さんですよぉ(=^・^=)』
とか、看護婦さんに言われちゃったりしてぇ。

「いやぁ〜でも、まるで猿みたいですねぇ」
なぁ〜んて、俺言うんだろうなぁヾ(´▽`;)ゝ

Σ( ̄□ ̄;)あ! そんなことより・・・

おふくろやお義父さんには、もう電話した方が
いいかな?

いやいや、どうせまだまだ時間かかるだろし
それに、こんな朝早くじゃ迷惑だな・・・

などと朝方の産院の待合室で、一人でウロウロ
ブツブツ言っていた私であったが・・。

ところが、思わぬ展開が待っていた・・・

            -つづく-

2006年03月30日

posted by たすけ at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(家族・子育て) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

陣痛10分おき

ninnpu0.gif

「ねぇ、そろそろみたい」
ぴったり予定日の午前4時、妻が言った。
「おっ!いよいよ?」

昨夜から寝るとはなしに、横になっていた
私は、やおら写真撮影の準備を始めた。

妻....(;¬_¬)

「なにしてんの?」
「ちょ、ちょ、ちょっと待って!」

カメラの三脚をセットし、テーブルの上に
目覚まし時計と今日の朝刊を置き、後ろの
カレンダーが写るようにカメラのアングル
を調整した。

「い..いや..ほらさ、なんていうか、将来
子供に、間違いなく今日が出産(誕生日)
だったと記録しておきたいじゃない?」f(^_^;)

「はぁ?」(・д・*)
「いいから、ほ、ほら、ココに座って!」
 あ!もうちょっと右に座って・・」
「カシャッ!」カメラ

かくして、セルフタイマーのカメラに
ひきつった笑いの妻と私の(^^)vサインの
2ショットを収め、産婦人科に向かった。

2006年03月28日

posted by たすけ at 02:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(家族・子育て) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘビーデューティー世代?

我々の青春時代は
いったい何ファッションが流行ったのだろう・・

〜シネマファッション.....50年代
〜太陽族.................50年代
〜みゆき族...............60年代
〜サイケ族...............60年代
〜ヘビーデューティー.....70年代 ←この辺から
〜ニュートラ・ハマトラ...70年代 ←この辺かな?^^;
〜竹の子族...............80年代
〜DCブランド...........80年代
〜ボディコン.............80年代
〜渋カジ.................80年代

こう振り返ってみると、サイケ族とか竹の子族の
ファッションに比べれば、今の若い世代の人の
ファッションの方がおとなしく見えてしまうかも^^;

考えてみると、
サイケ族の子の世代が竹の子族であり
竹の子族の子の世代が今のストリートダンサー世代だ。
やはりDNAが覚えているのだろうか?

ってことは・・・
2020年の頃には、また独特のファッションが流行るのかな?

2006年03月26日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(守株)待ちぼうけ その2

金儲け♪ 株儲け♪ ある日せっせとあら稼ぎ♪
そこへ迂詐欺が飛んでばれ♪ ころり転げた虚の根っこ♪

「某国に株を分ける者有り。
 小株は急速に成長し、やがて六本の木の梢に住まえり。
 因りて虚幹を守り、亦復た株にて巨象を得んと願えり。
 而して株は朽ち果てる寸前となるや、身は小管に匿う
 ことにあい為れり。」


昨今は、デイトレードやホストクラブが大流行りで
TV番組では現役東大生が、塾の講師をしながら
デイトレードで月収100〜200万。
現役歯科大生が、週3日のホストのアルバイトで
年収1500万円。等が特集されていた。

私にとってそのよう世界は縁遠い話だと思っていた。

しかし先日、朝の電話と夕方の商談で期せずして
お二人の女性から
「え?○○さんは株やってないの?」
と切り出され唖然としてしまった。

お二人は80歳を越えた方と、30代の方だったが
「去年は、2000万くらい損金だしたわ」
「昨日は、40万の損切りで終えたわ」

とお二人とも事も無げに言う。さらに
「娘には店の1軒も新しく作ってやろうと思う。」
「私は小さいけどヨットくらいは持ってますよ。」

ホストクラブが繁栄するのは、それだけの大金を落
とせる女性が増えたことに他ならない。

そしてちょうど、その帰途の際カーラジオからは
「USENの宇野康秀社長(42歳)が個人として
 フジテレビからライブドア株を一株71円、計約
 95億円で買い取り、その後USEN本体がライ
 ブドア株を譲り受ける。」と流れてきた。

PCの普及で、世の中の何が変わったかと言えば・・
昔は「仕事や技術は、年長者が若輩者に教えて伝えるもの」
今は「若輩者の知識や技術に、年長者がついていけない」
という事であろう。

韓非の残した、「守株」の本来の意味は、
『いつまでも古い習慣を固守することは、時に応じて処理
する能力が乏しく進歩がない』というである。

個人株式投資やデイトレードが流行る世相に、
「なんだか世の中間違ってない?」と思うのは
韓非の「守株」の教訓を理解してないという
ことになるのだろうか・・

2006年03月25日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(守株)待ちぼうけ その1

待ちぼうけ♪ 待ちぼうけ♪ ある日せっせと野良稼ぎ♪
そこへうさぎが飛んできて♪ ころり転げた木の根っこ♪

もともとは、韓非の著書である「韓非子」の中の一節である。

「宋の国で、畑を耕している男がいた。荒れた畑には
 切り株があり。ある日ウサギが突然駆けてきてその
 切り株に当たり、死んでしまった。 それからは
 男は真面目に畑を耕すのはやめて、切り株の傍で
 じっと見張りをしながら、ウサギが飛び出してく
 るのを待ち続けた。 しかしウサギは二度とは手
 に入らず、その男は 宋国中の笑い者になった」


<この故事をもとに、北原白秋が詩にした童謡が>

まちぼうけ、まちぼうけ、ある日せっせと野らかせぎ、
そこへうさぎが飛んで出て、ころりころげた木のねっこ。

まちぼうけ、まちぼうけ、しめたこれから寝て待とうか、
まてばえものは駆けて来る、うさぎぶつかれ木のねっこ。

まちぼうけ、まちぼうけ、きのうくわとり畑仕事、
今日ほおづえ日なたぼこ、うまい切り株木のねっこ。

まちぼうけ、まちぼうけ、今日は今日はで、まちぼうけ、
明日は明日はで森のそと、うさぎ待ち待ち、木のねっこ。

まちぼうけ、まちぼうけ、もとは涼しいきび畑
いまは荒野のほうき草、 寒い北風、木のねっこ。



昔、母がよく子守唄替わりに歌ってくれた童謡である
私はこの詩がメロディーとともに脳裏で反芻(はんすう)
される。
この童謡から、子供が詩の意味を汲み取ろうとすれば
「人はちゃんと汗水流して働かないとお金は得られない」
となる。

私は株式とか株というと、どうしてもこの守株の歌が
染み付いており、デイトレード等で金を得ようとする
風潮は私には肌が合わないなぁ・・と常々思っていた。

だが、韓非が守株で謂わんとしたことの本来の意味は
「人はきちんと汗水流して働かないとお金は稼げない」
ではない。

2006年03月24日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最高の胴上げ

王ジャパンWBC初代世界一おめでとう!スポニチ号外
♪〜(^^〜)めでたい、めでたい(〜^^)〜♪
ヽ(∇⌒ヽ)ワッショイ!ワッショイ!(ノ⌒∇)ノ
\(∇⌒\)やったネ♪やったネ♪(/⌒∇)/

いやぁ〜もうほんとに、嬉しい♪


さて、胴上げとは、日常と非日常、旧年と新年、など
この世と異界などの2つの異なった世界
(身分、地位、時間、空間)の境界で行われる移行儀礼
ということだが、昨日の王監督の胴上げはまさに日本中
がひとつになった喜んだ最高の胴上げだった。

さらに言えば、ちょうど昨日は春分の日(お彼岸)でもあり
まさに季節の境界、現世来世の境界の日だなんて
まさにぴったしカンカン♪
これ以上ない「最高の胴上げ」として相応しい日だ。


いやぁ〜王さんの胴上げ姿ってほんとに美しい♪

さて、
胴上げのルーツついて書いてみた。

胴上げは日本独特の風習のようで、その由緒正しい
「胴上げ」は長野県善光寺の御越年式(ごえつねんしき)
という正月行事からだと云われている。
師走のニの申の日に行われ、善光寺のご本尊のお年取りで、
本堂での諸式の後に場所を替えて祝儀だそうだ。
(因みに、ご本尊は六年に1度のご開帳の時にしかお参りできない)

・・・で。
最高の胴上げってことでちょっと検索してみたら
鉄腕DASHの過去放送分に、美しい王監督の胴上げを手本
とした胴上げ特集がありました♪

2006年03月23日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

激闘大家族 青木家完全密着

日記(家族・子育て)

先週、埼玉県Y市に住む「激闘大家族 青木家完全密着」という特番があり、その中のBGMで中島みゆきの曲が使われていた。

この特番は、植木商店というテレビ番組制作会社が企画しているものだが、もしかしたら企画担当者は青木家のあざみちゃんの名と、中島みゆきのアザミ嬢のララバイをだぶらせたのだろうか。

私もこの特番はいつも関心をもって観ている。
舞台になっている埼玉県Y市は、私の町から橋を渡った隣町であり、映し出される画面はよく見知っている風景だ。

さて、視聴率を上げるのが制作会社の使命であるわけでドキュメンタリーとは言っても、実際にはセリフの指導やわざとらしい脚本的な展開があるのは当然のことであろう。

この家族は有名になりすぎて、ネットの中では誹謗中傷の書き込みも見かけるが、だいたいは長女あざみちゃん頑張れ!という応援の感想が多い。

私もやらせ脚本はあるだろうなと思いつつも、全くのフィクションではないので、一視聴者として涙腺を腫らして見ている。

政治家や役人の嘘や体裁を繕い国民を欺くことには憤りを感じるが、映画やドラマの世界ならドキュメンタリーであろうがなかろうが、それを見た自分自身が家族とは、子育てとは、についてどう受け止めるかが肝心なことであると思う。
タグ:激闘大家族

2006年03月19日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(家族・子育て) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

誤審騒動とPSE

ここ数日、WBCでの誤審騒動
が話題が上っている。
人のやることに誤りはある、しかしこのジャッジは
最初にデービッドソン球審が誤審をしたのではなく
米国チームの抗議を受けた後に判定を覆したという
順序に球審のエゴとWBC(World Baseball Classic)
開催そのもの意義が問われている。

さて、ここ数日の物議のひとつにPSE問題がある。

音楽家の坂本龍一氏や東儀秀樹氏が発起人となり
猛抗議をした結果..
急遽昨日になって、二階経済産業相は

<ビンテージものと呼ばれる希少価値の高い一部の
電子楽器などについて簡単な手続きでPSEマーク
を付けなくても販売できるようにする「特別承認制度」
を実施する>と発表した。

これを受けて、ある中古家電販売店経営者が放った一言。

「そもそも希少価値が高いかどうかの基準が曖昧
であり、古いものほど発火等の心配があるのに、
何が電気用品安全法だ!」

と憤慨していた言葉が、この法律の意義を物語っている。

二階経産相は

「同法案が国会で審議された当時、他の法案と一括審議され
 中古家電が販売できなくなる問題について質疑や指摘がなかった。」

とも語ったがまさに厚顔無恥も甚だしい。

「国民生活に大きく関わる法案で反対が起きることが必至
 であり、こっそり目立たぬように通過させました。」
と言ってもらいたいものである。


PSEは、古い電化製品の譲渡やレンタルについて
は明確な線引きをしておらず、まさに何をもって
「安全法」なのかちっともわからない。

この法案は家電で問題が生じた時に国に責任を問われ
ぬよう、国民の自己責任の下で解決して欲しい。
との、小さな政府を目指す小泉政権の意図があり
また大手家電メーカー等の新製品のサイクルが早まり
景気回復への妙案だろうと考えたのだろう。

ところで、PSEの認証を得る為にはJET(財団法人 電気安全環境研究所)
に申請する必要があり、中古品を整備し再販する場合も
ここを必ず通して新たにPSEマークを取得し、製品に
貼付しなければならない。

そのJETとは、なんぞ?と問えば...
なんてことはない、天下り役人で構成される外郭団体であり
一品目の検査費用が「数十万円〜数百万円」である。
さらに、電気用品安全法に定められた中古家電再生の
安全検査とは
<1000Vの漏電テスト>
<目視による外観の破損検査>
<通電と動作の確認>
のたった3項目である。

なおかつ、現行法ではJETが安全性を確認して販売された
製品で事故が起きたとしても「JET」が責任を問われる
ことはない。

電気用品安全法
(Product Safety Electrical Appliance & Materials)
の基本精神は
「電気用品の安全性を確保して自主的な流通を活発化させる」
だと言うが・・・

・・・ここで魔邪が登場したなら・・・

  「はぁ?PSE??能無し政治家と無責任な守銭奴官僚が
  てめえらの懐を肥やすための
  P:パッパと S:サクサク E:エーこと決めた♪法律だ
  って言いやがれ!! バッカヤロ〜!!」

 と叫んで欲しいものである。

 WBC誤審の場面と重複し
 いつになく憤慨しているワタクシであります^^;

2006年03月16日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蚯蚓(ミミズ)

蚯蚓(ミミズ)...なかなか漢字で書くことはないが
実際に字にしてみるとなんとなくミミズって解かる。
英語で書いてもearthworm(大地のくねくね虫)だし
発想は同じだ。


土を肥やすのは微生物だが、その微生物を育むのは
ミミズである。
ミミズは消化路に莫大な量の微生物を飲み込み
排泄物となったこれらの微生物が豊かな土のもとになる。
同時にミミズの排泄物はミミズの分泌物によって中和
され酸性度を調整し植物の生長を促す。

ミミズは地中の動物群の中で圧倒的に多く、動物全体
の50%以上と言われる。
そのミミズの耕運力は地中5mの深さまでおよぶと
いわれ、人に例えると約3トンの石を持ち上げ
土を混ぜ、ふるいにかけながら地下道を掘っていく。

ミミズが掘る地下道は土の排水性を高め、ミミズが多く
いる土壌は、いない土壌より水はけが5〜10倍も良い。

このようにミミズは絶えず土を上層に運び上げながら
掘り下げていき、土をフカフカしてくれるばかりか
ミネラル分も一緒に運び上げてくれる。
つまり、土の性質や構造を変え、微生物を養い、草木を
支える力を決定するのがミミズなのである。
posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(動物写真館) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。