未来の乗り物?W3(ワンダースリー)のビック・ローリー

TVドラマや漫画の追憶


またしても自転車仲間のブログやコメントを拝読していて思い出した記事です(笑)

東葛人さんが、今年の初めに「セグウェイ」に試乗されて『へぇ〜未来人だなぁ』
と感心していました。そして最近、x24さんが手作りリカンベントを製作を始められて
昨日のTulsa McLeanさんのブログを見ていたら自転車付き車椅子の記事が・・

私自身は機械工作などはとても苦手な分野なのでせいぜい夢の世界でこんな乗り物
があったらなぁ・・・なんていう空想が関の山なんですが。
幼い頃に一番憧れた、夢の乗り物がスーパージェッターの流星号youtube.gif
そしてもう一台が、W3(ワンダースリー)に出てくるビック・ローリーyoutube.gifでした。

W3(ワンダースリー)のビック・ローリー
小学校の時に買ってもらった、W3(ワンダースリー)のビック・ローリー
でっかくプリントされた、お習字道具入れの鞄がちょっとした自慢でした♪当時は
古タイヤの跳び箱の、一番大きいタイヤの中に3人おしくらまんじゅう状態で入り
「さぁ!今から21世紀に行くぞ!」「ちがうよ!30世紀だよ!」
なぁ〜んて、たあいもない遊びをしていたものです(苦笑)

一輪モーターサイクル
そして現実に21世紀となり、こんなマシーンが製作されました。(実際の走行動画youtube.gif)
1970(昭和45)年以来"モノホイール"製作に取り組んでいるKerry McLean氏による
225馬力V8エンジン搭載の一輪モーターサイクル"Rocket Roadster"というマシンで
ハンドルは付いていますが、曲がるには身体を傾けてステアリングを切るそうで・・
...でも、これって前方視野が圧倒的に死角ですよね?(笑)....それから
自転車王国のオランダではキュートな"一輪バイク"が商品化されています。
日本語ページではありませんがページ真ん中に実際の走行動画があります♪

もはや夢が現実になって来たんだなぁとあらためて感慨深いものがありますが
子供の頃には全く考えもしなかった、地球温暖化やエコロジーそして健康と体力(笑)
そこで"自転車版モノホイール"はないのかしら?と思っていたらありましたよ! 
東京ミッドタウン(東京・六本木)の21_21デザインサイトで開かれている「21世紀人」
という展覧会に展示されたベン・ウィルソン氏製作の一輪車(モノサイクル)が♪

モノサイクル
私は観たことがないのですが、大友克洋作品のスチームボーイというアニメにも
一輪バイクが出てくるそうで、今の若い人にとっては"モノホイールバイク"や
"モノサイクル"を見て真っ先に連想するのはスチームボーイなんでしょうねぇ。
リアルタッチの大友克洋作品は私も好きですが、脳裏に刷り込まれた夢の乗り物
は単純なタッチで擬人化された動物が友達にいて&番組のテーマソングは
男性コーラスか少年合唱団がお約束であった昭和のSF作品ですね(笑)

W3(ワンダースリー)のビック・ローリー
...で。あらためてW3(ワンダースリー)のボッコ、ブッコ、ノッコと星真一少年が
ビック・ローリー運転中はどうやって前方確認していたのか検証したら...やはり
身体を傾けて脇から前方確認をしていました!(笑)
さてさて昭和30〜40年代に小学生だったご同輩諸氏、皆さんはどんな
キャラクターグッズがちょっとした自慢でしたか?^^?

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン


2008年07月18日

posted by たすけ at 19:41 | Comment(5) | TrackBack(0) | TVドラマや漫画の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アズナヴール流しながら、このブログを書いてます・・・

TVドラマや漫画の追憶


自転車仲間のケルビムさんの記事でお台場ガンダムを見てきました〜♪
との記事から機動戦士ガンダムで初めて知ったことが...(汗)
「燃え上がれ! 燃え上がれ! 燃え上がれ! ガンダム!」
...と、主題歌の出だしだけは私も歌えますが、その先の歌詞はさっぱりわかりません。
「空にそびえるくろがねの城、スーパーロボット、マジンガーZ!」
...と、マジンガーZの主題歌の1番は完璧に諳んじることはできます。
マジンガーZが放映されたのは私が中学生の頃なので、ギリギリ見ていたアニメだったのですが、機動戦士ガンダムが始まった頃はすでに二十歳を超えていたので、一度もガンダムのアニメは見たことがありません。でも私の中ではマジンガーZとガンダムがごっちゃになっていて、なんだか知っているような気がしていたのですが、実は何も知らなかったのですねー。よくよく考えてみればガンダムに乗っていた人物がアムロ・レイって事を知ったのは、若井おさむという芸人さん出てきて・・
「アムロいきまーす!」
という台詞で初めて知ったくらいですから(汗)



で。何故突然こんな事を書いているかというと・・・
よくコメントを頂戴している"しゃあ・あずなぶる"さん...私てっきり、あずなぶるは"シャルル・アズナヴール"を捩ったものだと解釈し、センスあるなーと思ってて...今日まで機動戦士ガンダムに"シャア・アズナブル"という人物がいるということを全く知りませんでした(汗)

シャルル・アズナヴール..って誰よ?
ちょうどマンジガーZがTVで放映されていた頃、歌手の由紀さおりが「恋文」という歌で
「アズナヴール流しながら、この手紙を書いてます」
...って、歌い出しでアズナヴールって何?と不思議で、洋楽好きな先輩にシャルル・アズナヴールのイザベルとモナムールの言葉を教えてもらったことが脳みそにインプットされていたものですから(笑) また、ちょうど同じ頃ガロの学生街の喫茶店という歌で
「学生で賑やかなこの店の片隅で聴いていたボブ・ディラン」
という歌も流行っていて、その先輩の部屋でボブ・ディランとシャルル・アズナヴールのレコードを聴かせてもらった思い出も同居しています。

その時の歌は歌えない ロボットの姿も変わったよぉ〜 時は流れたぁ♪

以下、参照までにYouTubeへのリンク
恋文 by 由紀さおり 1973年
Isabelle(イザベル) by シャルル・アズナヴール 1968年 (1分54秒過ぎからが強烈)
学生街の喫茶店 by ガロ 1972年
風に吹かれて by ボブ・ディラン 1966年

※因みに鶴光版イザベル ←思春期の脳みそにインプットされた訳がわかるかと^^;


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン
タグ:懐メロ

2009年07月07日

posted by たすけ at 01:22 | Comment(10) | TrackBack(0) | TVドラマや漫画の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

○○白書と言えば? 世代間ギャップ

TVドラマや漫画の追憶

○○白書と言えば?



○○白書と言えば?の回答で世代調査ができるらしい。
これは2008年にすでにリサーチ済みらしいのですが、単純に3つ+その他にしてみました。

パッと思い浮かんだ中で
1.いちご白書
2.あすなろ白書
3.幽遊白書

の3つうちから1つにチェックを入れ、「投票する」をクリックしてください。コメント欄に
10代 20代 30代 40代 50代 60代 70代 80代 の年代を書き入れて頂ければ幸いです。

適当なコメントを書いて頂き、年齢を選択肢から選んで頂いても結構です。

3つとも思い浮かばなかったら、4.その他 思い浮かぶ○○白書をご記入頂ければ幸甚です。

                      宜しくお願い申し上げますm(_ _)m












「いちご白書」は、映画を観たというよりも、バンバンの歌で思い浮かぶ人の方が多いのだと思うのだけど...よくわらないのが、「あすなろ白書」と「幽☆遊☆白書」が、ほぼ同時期にTV放映されていたのに、世代が分かれてしまうこと。ここが不思議なんです。すでにTVが1人1台になっている時代ですから、家族・兄弟でも観ていた番組が違うのかな?

「幽遊白書」は、歌として浮かぶのでなく、アニメやゲームが先に浮かんでくるのでしょうか?
ちなみに50代の私は「あすなろ白書」は観ていませんでしたが、主題歌は歌えます。
しかし「幽遊白書」は、アニメは勿論、歌も全く知りませんでしたが、聴いてみると第4期エンディングの『太陽がまた輝くとき』..すごく耳馴染みの良い歌なんですね。

たまたま昼食を食べながら見ていたTVで...
「卒業」...で思い浮かぶ曲は何?
「あ〜」...に続く歌詞といえば?


実にハッキリと世代間ギャップが判明しました。(なるほどねぇ)

私は「卒業」といえば、やはりユーミン(ハイ・ファイ・セット)の「卒業写真」
あ〜、に続く歌詞だったら...「あ〜あ〜、果てしないぃ〜〜」の大都会ですけどね。

「あ〜、私の恋はぁ〜」
「あ〜あ〜あああ、高校3年生〜」
とかたくさん出てきました。
驚いたのは、10代と60代の1位が
「あ〜あ〜、川の流れのようにぃ〜」...美空ひばり(@_@;)!?

えっ!嘘だろ!?...と思ったら
今は音楽の教科書に「川の流れのように」が載っているのだそうで。(なるほどねぇ)

「○○の竜田揚げ」と言えば?...で。
まっさきに「鯨」を思い浮かべてしまうのも、私達(50代)の世代かしらね?(笑)

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン
タグ:○○白書

2011年03月10日

posted by たすけ at 13:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | TVドラマや漫画の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スー(田中好子)ちゃん安らかに・・・ずっとあなたに夢中でした。

TVドラマや漫画の追憶

天地真理でもなく、山口百恵でもなく
私が一番好きな女性アイドルはキャンディーズのスー(田中好子)ちゃんでした。
私より2つ年上だったけど、ぽっちゃりした愛くるしい笑顔が、キャンディーズの中でひときわ輝いていました。

まさか今夜スーちゃんの訃報を聞くことになるとは思ってもいませんでした。



大学生の時、毎年春休みには北千住の文房具屋でアルバイトをしていました。

千住新橋、田中屋釣具店

当時配達で千住新橋を通る度、「もしかしてスーちゃんご実家にいるかな?」
と田中屋釣具店の前を通るだけでドキドキしていました。
明日も所用で足立区ご実家のすぐそばに行きますが、現在の田中屋釣具店は釣り具の他に、カスタム(ミリタリー)フィギュアの作品写真がショーウィンドウにところ狭しと貼られています。

足立区、田中屋釣具店

北区十条の喫茶店でバイトしていた時
東京成徳短大の女子大生が来る度に「もしかしてスーちゃんの後輩と知り合えるかな?」
などと、そんなちいさなきっかけにも期待していましたが、結局ドリフの「8時だよ!全員集合!」
の公開収録で、遠くからスーちゃんを見ることが一度だけ叶っただけでした。

揖保乃糸のCMがずっと楽しみでした。
お煎餅のCMを見て「あれ?やつれたかな?」と思っていました。

※4/25追記
映画「黒い雨」で原爆(放射能)の恐ろしさと悲劇を熱演されたスーちゃんが、この時期にすべてを浄化するような雨を一瞬降らせたのは偶然なのでしょうか?
「私も一生懸命病気と闘ってきましたが、もしかすると、負けてしまうかもしれません。でも、そのときは、必ず天国で被災された方のお役に立ちたいと思います。」
告別式で明るかった空が一転して雷鳴轟く豪雨となり、その後また爽やかな日差しが差し込み、スーちゃんは白い煙となって天に昇っていきました。



スーちゃん、どうぞ安らかに・・・私はずっとあなたに夢中でした。

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2011年04月22日

posted by たすけ at 00:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | TVドラマや漫画の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツァラトゥストラはかく語りき...はレインボーマンではないか!?の話

TVドラマや漫画の追憶

リヒャルト・シュトラウス作曲のツァラトゥストラはかく語りき(=ツァラトゥストラはこう語った)は「2001年宇宙の旅のテーマ曲」としてあまりにも有名ですが、シュトラウスに曲のインスピレーションを与えたのは、哲学者フリードリヒ・ニーチェ著の『ツァラトゥストラはかく語りき』
社会とは何か?人生とは何か?生きるとは何か?
この命題の答えを探す為に、ツァラトゥストラは俗世間から離脱し、10年間山にこもって修業をします。そしてツァラトゥストラは旧来の神はすでに死んでいる、もはやこの世に神など存在しない」と悟ります。
すべての神々は死んでいる。今こそわれらは超人の誕生を切望する。いつの日か超人の生まれ出る日を期待し、自らをそのために捧げようとする人びとを私は愛する。もしも人類にまだ目標がないとするならば、人類自体もまた存在するとは言えないのではないか?
スタンリー・キューブリック監督が2001年宇宙の旅のメインに「ツァラトゥストラはかく語りき」を選んだ理由は、曲の荘厳・壮大さもさることながら、きっとニーチェのメッセージを込めたのではないか?

いずれにしても、ボーマン船長が胎児に変わるラストシーンがとても印象に残る映画でした。
ツァラトゥストラは山奥で修業して、ボーマンは時空を越えて超人となる....ん?
・・・・・阿耨多羅三藐三菩提(=あのくたらさんみゃくさんぼだい)



インドの山奥で 修行をして ダイバダッタの 魂宿し 空に掛けたる 虹の夢♪
人間だれでも みな同じ 肌や言葉の 違いを除きゃ みんな仲間だ そうなのだ♪
たとえこの身が どうなろうと 愛と正義の 命じるままに 海も越えよう どこまでも♪

な〜んだ!ニーチェの『ツァラトゥストラはかく語りき』は
愛と正義の戦士、超人レイン"ボーマン"に引き継がれているではないか!?
そう言えば、レインボーマン(=ヤマトタケシ)は、ヒーローなんだけど常に苦悩の人でした。
さらに、ニーチェは『道徳の系譜』の中で、ルサンチマン(=憤りや怨恨、憎悪、非難の感情)を取り上げていますが、おぉ!これこそレインボーマンの宿敵「死ね死ね団」ではないか!?

...ちょっと、こじつけが過ぎましたが^^;

ニーチェの教示に、ポピュリズム(大衆迎合主義)への批判があります。
●自分では何もできないことを正当化しながら、自分のフラストレーションを肯定するな。
●世論と共に考えるような人間は、自分で目隠しをし、自分で耳に栓をしているのである。
●他人の見解に便乗して賢者になるくらいなら、自力だけに頼る愚者であるほうがましだ。
●狂気は個人にあっては稀なことである、しかし集団・民族・時代にあっては通例である。
●事実というものは存在しない、存在するのは解釈だけである。
ニーチェによれば、ルサンチマンを持つ人とは、想像上の復讐によってその埋め合わせをつけるような徒輩であるとしており、ルサンチマンを持つ人は自身の無力を痛感し、無力でフラストレーションを溜めた状態にある。こうしたルサンチマンの特長は、敵を想定しその対比として自己の正当性を主張するイデオロギーにある。敵が悪の元凶だから反対に自分は道徳的に優れている。つまり「彼らは悪人だ、従ってわれわれは善人だ」という思考に陥る。

ん〜...まぁ現在のネット社会に例えると、2ちゃんねるや掲示板などで、執拗に他者批判や自己主張を繰り返すような徒輩がルサンチマンの代表例だと言ったほうがわかりやすかな?

ニーチェ作品は、読者自らが心を解体した経験がないと解らないとも言われていますが
「鬱病患者の心理を探るためにニーチェの本を読み返してみた」...と友人の精神科医。
たぶん患者さんの中にニーチェに傾倒している方がいるのかも知れません。

ニーチェは、ロゴス(=論証)は、現実・現状から人間を遠ざけるもの。人間は流転する自己と社会の価値感を承認し続けなければならない悲劇的存在である。そしてその境地(自覚)に達することで自由なる精神を獲得するとも言っています。
・・・・・阿耨多羅三藐三菩提(=アノクタラサンミャクサンボダイ)

考えて、考えて、考え尽くして、その境地に達するのも方法だろうけど...
私は只管打坐(=何も求めずに、何も考えず、ただひたすら坐禅)して
「心と頭の中を空っぽにする修業の機会を作ったがいいのではないか!?」と^^;


PS.おまけの動画...パイプオルガンによる『ツァラトゥストラはかく語りき』



へぇ〜、フルオケもいいけど、この曲はパイプオルガンで聴くとずしんときますねぇ♪
松戸の聖徳大学の川並香順記念講堂に、確かパイプオルガンあったではないか!?
いつかここのパイプオルガンで『ツァラトゥストラはかく語りき』の演奏会ないかなぁ(^^;

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2011年06月27日

posted by たすけ at 22:37 | Comment(4) | TrackBack(0) | TVドラマや漫画の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パラレルワールドを教えてくれたのは、スーパージェッターだった!

TVドラマや漫画の追憶

今記事のテーマは、パラレルワールドなのですが....



「僕はジェッター、一千年の未来から、時の流れを超えてやってきた!流星号、応答せよ!流星号!来たなー!よぉ〜し、行こう!!」いや〜これはほんとに大好きですね♪ 子供の頃スーパージェターの主題歌にある口笛を吹いて、「夜、口笛を吹くんじゃない!」とよく母に叱られたものです(^^;)
先ずは、私が記憶している昭和30後半〜40年代前半のアニメを書き出します。一応年代順に並べましたが、再放送や夏休み特番などもあったりしたので、同じアニメでも、6歳で見た記憶もあれば10歳で見た記憶もあり、こっちの方が古いと思っていたのに、実はあっちの方が古いアニメだったり、だいぶ記憶の時間軸が交錯してますが^^;

続きを読む

2011年06月29日

posted by たすけ at 19:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | TVドラマや漫画の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラマ「JIN-仁-」最終回の感想 南方仁は、ツァラトゥストラだった!

TVドラマや漫画の追憶

TBSドラマ「JIN-仁-」最終回の感想。
いやぁ〜面白かったぁ♪ひさびさに全編を録画して観たテレビドラマでした♪



前々記事「ツァラトゥストラはかく語りき...はレインボーマンではないか!?」
前記事「パラレルワールドを教えてくれたのは、スーパージェッターだった!」
TBSドラマ編「JIN-仁-」最終回の感想を書くための前説だったりします^^; 前説を2記事に分けても、本記事ドラマ「JIN-仁-」最終回の感想は、かなりの長文になると思います(苦笑)

続きを読む

2011年06月30日

posted by たすけ at 17:39 | Comment(5) | TrackBack(0) | TVドラマや漫画の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソフトバンクCM「白戸家」が「偽戸家」に!?これぞパラレルワールドw

TVドラマや漫画の追憶

ソフトバンクCM「白戸家」シリーズの最新作「節電」編「偽戸家」編。 ソフトバンクモバイルのCMは、毎度・まいど、なんちゃらおもしろい展開を見せてくれますが....今回は節電がテーマ...

あら? いつの間にか、「白戸家」のメンバーがそっくり変わって「偽戸家」になってる!?

白戸家:(上戸彩、樋口可南子、若尾文子、ダンテ・カーヴァー)が...

ソフトバンクCM節電編

偽戸家:(渡辺直美、あき竹城、朝丘雪路、ボビー・オロゴン)に変わってるし!?

動画だと気づかないけど、静止画で白戸家と偽戸家を比べると...
テーブル、茶だんす、畳、障子(襖)など、ちがっているのがわりますね♪
しかし、鴨居に立て掛けた賞状とか、こういうディテールは流石ですねぇ(笑)

7月1日からの放送で、白戸家そっくりな「偽戸家」が登場。節電のため電気を消した真っ暗な部屋で、家族と思い込んで会話していた「白戸家」のお父さん。いざ電気がついたら・・・
実は他人の家“偽戸家”に迷い込んでいたというストーリー。

...っていうより、これは...ほら、あれですよ、あれ!

これぞパラレルワールドですよ!(爆)

カイ君、扇風機に向かって「我々は宇宙人だ...」なんて言ってたから
時空を超えて別現実に飛ばされちゃったわけですよ(笑)

ソフトバンクモバイルのCMでお馴染みの、お父さん犬の白いワンコは、北海道生まれの北海道犬、北海道の「海」から名づけてカイ。カイ君、道産子だから、節電の夏はさぞ大変でしょうねぇ。

ソフトバンクCM偽戸家編

こちらは、偽戸家の白いフレンチブルドッグのパクちゃん....
う〜ん、どうも私にはフレンチブルドッグの可愛さがわからないf(^^;

2011年07月01日

posted by たすけ at 13:46 | Comment(3) | TrackBack(0) | TVドラマや漫画の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木村拓哉+綾瀬はるか+芦田愛菜=南極大陸(難局物語)

TVドラマや漫画の追憶

今夜(10/16)からはじまるTBS日曜劇場「南極大陸」...もの凄いキャストですね。
木村拓哉+綾瀬はるか+芦田愛菜、視聴率鉄板人気俳優、男優+女優+子役 この3人揃えちゃえば放映前から高視聴率が約束されたようなドラマ。しかも、ストーリーに南極犬タロ・ジロで涙した「南極物語」(フジTV制作)を被せちゃうのだから、TBSが開局60周年記念を成功させるために、もうなりふり構わず視聴率を取りにいった企画^^;

やっぱり見ちゃうんだろうなぁ...私も...JIN-仁-越えするのかな?
TBS開局60周年記念・木村拓哉 南極に挑む!「南極大陸」
NHKの大河ドラマだって、これだけのキャストをいっぺんに揃えられる?

TBS日曜劇場南極大陸

木村拓哉、堺雅人、佐藤隆太、香川照之、綾瀬はるか、芦田愛菜、これにワンコだもの
日曜9時台...裏番組でこれら俳優陣の出演はどういう取り決めになっているのでしょ?
果たして、TBSの「南極大陸」は他局にとって「難局物語」になってしまうのかも?

...という訳で早速第一話観ちゃいました^^;
以下、TBS日曜劇場南極大陸第一話の感想です。

エンディングの中島みゆきの「荒野より」にやられちゃいました。
なるほどぉ、南極観測隊は現在に例えたら月に行くようなもので、戦後日本のプロジェクトXそのものだった訳ですものね。

芦田愛菜ちゃんの演技すごいねぇー
愛犬リキが先導犬の本領発揮したときの、セリフなしでの複雑な表情・涙は、子役じゃなくて女優だねやはり。でも、今後の展開でしばらくは、綾瀬はるかも芦田愛菜も出番は少なそうで当分男臭いドラマになるのかな?

それから先導犬役のリキの表情が良かったですねぇー
名犬リンチンチンや名犬ロンドンを思い出しちゃいました。それもそのはず、リキはシェパードでしょ?(苦笑) 俳優より樺太犬を集める方が大変のようですね。
それと、宗谷の突貫工事に、トラックで大挙職人が手伝いに来るシーンなんて、TBS開局55周年記念「華麗なる一族」で万俵鉄平の窮地を救うシーンと全く同じだったし^^;

...と。つらつら書いてしまいましたが。
やっぱり今のところ、私の中ではやはりJIN-仁-の方がいいかな?

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2011年10月16日

posted by たすけ at 13:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | TVドラマや漫画の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家政婦のミタ南極物語の最終回 / 視聴率

TVドラマや漫画の追憶

「三田灯(松嶋菜々子)は、果たして最終回に笑顔を取り戻すのだろうか?」
「それとも、最終回まで自分の感情を殺して阿須田家を安穏に導くのか?」


家政婦のミタ南極物語の比較なんですけど・・・。
木村拓哉+綾瀬はるか+芦田愛菜、視聴率鉄板の人気俳優、男優+女優+子役。しかも、1980年代前半に大ヒットしたフジTV制作の南極犬タロ・ジロの「南極物語」のオマージュで、TBS開局60周年記念【南極大陸】

TBS日曜劇場南極大陸

こんなに鉄板条件を揃えたら、視聴率は【JIN-仁-】越えするのかな?なんて思って、第一話を見たけれど...なんか感動しなかった。その後、予約録画をしたけれど、ついぞ見ることなく、TVで流れるダイジェスト版だけみていました。



12/19追記:...といいながらも、【南極大陸の最終回】拡大バージョンはしっかりミタのですが...
リキの最期の瞳と涙には、私もウルウルしてしまいました。...でも、実話では行方不明のリキを木村拓哉+芦田愛菜につなげるために無理矢理に設定していたので、タロ・ジロ生存への感動がボケてしまったというか。つまりは、焦点を欲張り過ぎると感動もボケてしまうというか...ムニムニ^^;



家政婦のミタ

日テレ【家政婦のミタ】最初この人が松嶋菜々子だとはすぐに気がつきませんでした。
「ナニこれ?家政婦は見た...のオマージュ?コメディ番組なのかな?」
...と思い、第1話をちらっと見て「なんだこれ?こんな家政婦あり得ないだろう」なんて思っていたら最近のドラマでは珍しい高視聴率
第1話 19.5%
第2話 18.7%
第3話 19.8%
第4話 19.5%
第5話 22.5%
第6話 23.4%
第7話 23.5%
第8話 29.6%
「えっ?家政婦のミタがJIN-仁-最終回の視聴率26.1%を超えた?」
日テレのオフィシャル頁の「家政婦のミタ」で動画やストーリーを読み、TVでのダイジェスト版もみました。う〜ん、昭和の時代の視聴率(チャンネル権)は、一家の主(父親)にあったので、そりゃ野球中継とかが上位になる訳で、今の視聴率は主婦層をターゲットにしないと稼げないのかも?

親から愛されない子。子を愛せない親。不倫、いじめ、心神喪失、自殺etc。なんだか、現在の家族や子育ての問題を全部放り込んだような展開。これを主演の松嶋菜々子が、無表情やまばたきの演技だけで進行して。
ドラマ予算・キャストでは家政婦のミタより、南極大陸の俳優たちの方が圧倒的だったのに、最終回を待たずして鉄板視聴率俳優陣を、すべて松嶋菜々子一人でひっくり返したような結果ですねー。

なんでかなぁ・・・一つ感じたのは...【南極大陸】の
「俺たちの手で、戦後の日本を終わらせるんだ!」
は今の時代に響かなかったかなー。それに南極物語は、結末がわかちゃっていることや、TBSがダイジェスト版をバンバン流すものだから、それだけでお腹いっぱいになちゃったのかも?

家政婦のミタ第10話で最終回のダイジェストが流れ、最終回のネタバレ記事を書いたサイトが結構ありましたが、それを裏切るような結末が待っているのでしょうかねー。遊川和彦脚本の『女王の教室』はちょっとだけしか見なかったけど、初回から日本テレビに抗議の電話が殺到したそうで・・・今回の家政婦のミタにも初回から抗議が殺到したなら、脚本家としてはしてやったりなんでしょうねー。

どこの家庭でも抱えているようなテーマを練り込んだ...【家政婦のミタ】
ドラマ史上、最も感情のない人間です。これが、家政婦のミタの主人公、三田灯(みたあかり)のキャッチフレーズでしたが、人間誰しも自分の感情を殺して生きる場面はある訳で、そんなところが共感を得たというか...
「嗚呼、今の私は家庭内で家政婦みたいなもんだわ」
「あんな風に家庭内で他人になれたら、どんなに精神的に楽かしら?」

なんていうのが視聴者(主婦層)を惹きつけたのかな?



12/21追記:という訳で家政婦のミタの最終回の感想ですが・・・
【家政婦のミタ 視聴率の続編】
第9話 27.6%
第10話 28.6%
第11話 40.0% (瞬間最高視聴率 42.8%)
「視聴率40%超え!単純計算で5000万人が家政婦のミタの最終回を見た?」
「驚異の視聴率達成で、日テレ社食がすべてタダ?ってホントか?」

...って。そっちじゃなくて(笑)
阿須田家での最後の業務命令「笑ってください」のシーンで、松嶋菜々子の笑顔で泣かせるシーンは最大の見どころでしたね。
松嶋菜々子の演技素晴らしい!!と私も感涙しながら、同時に脚本素晴らしい!!と感動しました♪

それと、うらら(相武沙季)の結婚式のドタキャンと、新郎役のどんでん返し
そして、うららのほっぺたに残ったビンタの痕のディテールも面白かった(笑)

最後のエンディング...三田灯かっこよかったですねー
ていうか、家政婦のミタ・パートU(続編)あり?みたいな終わり方でしたね。
これだけの驚異の視聴率を叩き出してしまったら、続編も映画化もない
...っていう訳に行かなくなるでしょうね(^^;)



私自身が、ここ数年のドラマで「いいドラマだったなぁー」と感じたのは
日テレ【アイシテル-海容-】主演:稲森いずみ
日テレ【Mother】主演:松雪泰子
NHK【八日目の蝉】主演:壇れい

みんな母性とか家族の絆とかをテーマにしたドラマばかりでした。
そして、感情を押し殺して生きて行かねばならないという共通項。
...そうか、家政婦のミタはそのテーマを継承していたんですねー。

...って。私、主婦でもないのに、なんでこういうテーマのドラマを見てしまうのだろう?
日々報道される事件に、ドラマ以上に重いテーマを突き付けれられて
「これはあり得ないだろう?」「これはあり得るのかな?」
遊川和彦氏は、現実の事件へのそんな感情(疑問)解決を計算しているのかなぁ・・・

...で。家政婦のミタ最終回の三田灯の名言はこれかな?
「奇跡とは、普通に考えれば絶対起きない出来事が、そうなって欲しいと願う人間の強い意志で起きる出来事です。奇跡は起こるから奇跡と言います。自分には無理だと諦めている人には、絶対に起きません」

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2011年12月15日

posted by たすけ at 01:08 | Comment(7) | TrackBack(0) | TVドラマや漫画の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。