週刊新潮は今日発売されました

TVドラマや漫画の追憶


週刊新潮は今日発売されました♪のCM...
少女のナレーション〜夕焼け小焼けやの赤とんぼ〜のBGM誰もが思い浮かべる叙情あふれる風景画 故.谷内六郎作品と

もうひとつ、キンカンのCMで、ローカル線の車窓から少女の帽子が風に飛ばされていく風景...なぜかこのCMの風景が私に郷愁の念を強く駆り立てる。

何故なんだろうなぁ...2つとも音と絵が懐かしいからだろうか?
特に、キンカンのCMは虫刺され用なので、夏休みの情景を使うために、実写のCMでも時々私の胸をキュンとさせる風景が出てくる。

ちょっと仕事絡みの話になるが...
ドイツでアートセラピーの研修を受けた時に、患者さんが、どんな色彩でどんな構図を描くかで深層心理を云々という...解説の他に、誰もが共通して心を和ませる作風があるという講義をうけた。

実際、クリニックや介護施設で絵じっと眺めながら患者さんや入居者に話かけ、気持ちを落ち着かせて会話している状況を何度か経験している。


さて、ごく最近に、はすぴーさんのブログを通じて
昭和少年物語「夕焼け美術館」というサイトを知り
そんな、どこか懐かしく、心和む風景画(イラスト)古谷忠さんの作品を時々拝見させて頂いている。

漫画(アニメ)はもともと、大量印刷を前提に作るので刷り上がったものを作品として鑑賞することができるが、こういったイラストや風景画はPCのモニターを通してではなく、実際に自分の目で鑑賞してこそ、色使いや、タッチを含めて、温かさが感じ取れるものだと思うので、是非いつかは原画を見てみたいなぁと思っている。

今日から子供たちは、夏休みだ。

2007.07.21筆

...................................................

参照:昭和少年物語「夕焼け美術館」

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン


2007年07月31日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | TVドラマや漫画の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青春サイクリング 小坂一也

TVドラマや漫画の追憶


みどりの風も さわやかに にぎるハンドル 心も軽く
サイクリング サイクリング ヤッホー ヤッホー

昭和32年の曲だから、私は懐かしのヒットメドレーとかの番組で覚えたのか、それとも物心がついた時にテレビから流れていたのか...
故.小坂一也が日本のカントリーミュージックの大スターだった
とかをリアルタイムで覚えているわけではない。私にとっては笑顔の優しい俳優さんという印象だ。
でも何故か、天気の良い日に自転車に乗っている時や車を走らせていると無意識にこの歌を口ずさんでいる。

...で
ちょっと気になって「小坂一也 青春サイクリング」で検索していたら、清水敏夫さんという音楽評論家のエッセイで「青春サイクリング」誕生エピソードが書かれていた。

古賀政男邸に招かれた小坂一也は、挨拶をするどころか、終始ソファーに座ったまま棒アメを舐め続ける不遜な態度だった。だが、いざレコーディング当日は”テイク・ワン・フィニッシュ”つまり、一発OKが出て、その天才ぶりを発揮した
...という内容。

へぇ〜・・・自分が口ずさむ歌にこんな逸話があったんだぁ〜


このエッセイは1999年の5月〜2007年1月...675話に上っていてざぁ〜と拾い読みだけさせて頂いても、本職のカントリー音楽にまつわる記事の他、日々の雑感や、エスプリやユーモアを交えた話まで、なかなか読み応えがあり...ん〜なんていうんだろ...
一芸を貫いた気骨の強さと人間味が伝わってくるエッセイだ。

ご当人は、
「これからも私は唯我独尊,我田引水,天知る地知る,知る人ぞ知るでエッセイを書いていきたいと思う.そこのところを暖かくご理解のうえよろしくご愛読願いたい。」と謙遜していましたが...

いえいえなかなかどうして、そんな頑固で温かい「昭和のお父さん」の散文こそが今求められていると思います♪


旅のツバメも ついてくる ついてくる 
ヤッホー ヤッホー ヤッホー ヤッホー

明日の"東葛ボタ"が天気に恵まれますように♪

2007.07.28筆  2009.06.05(加筆)

お気に入りサイト

参照:清水敏夫の言いたい放題・無礼講談 

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン
タグ:小坂一也

2007年08月07日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(13) | TrackBack(0) | TVドラマや漫画の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

進め!ジャイアントロボ!んがっ♪

TVドラマや漫画の追憶


先週7/29の日曜の出来事。

秋葉原駅でTX(つくばエクスプレス)からJR改札に上がったらすんごい親子連れの行列...
以下、その描写をよく表現しているブログからの引用

なんで今年はわかりやすいかっていうと、かぶってんだよね。
ピカチューの紙でできたサンバイザーみたいなやつ。
今日はそれかぶった兄弟が体当たりしてきたもんで、多少「むかっ」。
まーこれくらいなら少しの「むかっ」で大丈夫になった大人なミミコ。
もうちょいこっちも強めに当たって、サンバイザーのさきっぽ
へしゃげてやればよかった。。と思ったコドモなミミコ。
そんでもって全プレかなんかのよーなピカチューのカード入れ?
みたいなのを首からさげてるからよくわかる。
あれかわいいなぁ。あたしも欲しいぜ。でもスタンプラリーはしたくないぜ。


という事らしい(w
で、私が見かけた 母&男児2名 小さいほうはまだ3〜4歳。
どうやら母親が子供に代わってスタンプを押したのか、スタンプ
を推す時に手を添えたのかわからないが

「ママが押した〜(><) ぐあぁ〜〜!
「ママが押しちゃったぁ〜(><) んがぁ〜〜!

とホームで泣きじゃくることしきり、そして電車内でも
まだ泣き止まず、私は東京駅で降りてしまったが...
ポケモンのキャラが何体(=スタンプが何種類)あるのか
知らないけれど、まぁ〜親も大変だわねぇ^^;

所用を終え、17時過ぎにまた東京駅に戻ると、さらに上記のよう
な家族連れで構内はごった返していた。まさにポケモンパワー恐るべし!

...で。
同行した方々とお茶でもしますか?と構内の喫茶店を探していた時

jyainato_01.jpg

あ!ジャイアントロボだ!んがっ!40万円!?

jyainato_02.jpg

隣はなに??新しい鉄人28号??

急いでいたので画像がぶれてしまってすいません。
写真で確認したら、横山光輝 激突!光ロボ商店...って書いてあったけど
奥で物色していたお客さんは、20〜30代くらいのアキバ系っぽい人だった^^;

日本はロボット大国で、鉄腕アトム、鉄人28号、マグマ大使、マジンガーZ....
このへんまではわかるけど...ダイアクロン?ミクロマン?このへんになると
まるでチンプンカンプンだ。

ちょうどこの夏は色々とロボットアニメ関係のリメイク映画が大隆盛らしく。
『ダイアクロン』『ミクロマン』が米国で『トランスフォーマー』シリーズとなり逆輸入され
今日8/4からハリウッド映画トランスフォーマーとして封切りされるらしい。
いやぁ〜面白そうじゃんトランスフォーマー 見に行ってみたい(w

我々の世代でトランスフォーム(変身)の元祖は、ロケット人間マグマ大使かな?
当時、CG技術はないから変身のシーンだけアニメーションだった。
マグマ大使の息子ガムがロケットに変身すると、
ガムの着衣=赤のベスト+青の半ズボン がそのままロケットの配色になっていた(w

gamu1.jpg


ところで...
昔のロボットアニメ(特撮)はそれぞれ耳に残る擬音があった
マグマ大使でマモル少年が吹く・・・ピロピロピ〜♪の笛音
鉄腕アトムの歩く時の・・・ビッチョン♪ビッチョン♪の足音
鉄人28号がガッツポーズ?する時の・・・ガゥガゥオー♪ガゥガゥオー♪の雄叫び?
そんな中、ジャイアントロボだけはどうも文字にしづらい擬音だ。
大作少年が腕時計型の無線機でジャイアントロボに命令する...

立て!ジャイアントロボ!!んがっ♪
撃て!ジャイアントロボ!!ふんがっ♪
飛べ!ジャイアントロボ!!ぐんがっ♪
進め!ジャイアントロボ!!ま"っ♪

輝く太陽 背に受けて 鉄の巨人の叫び声・・・皆さんにはどう聞こえてました?

.......................................

参照:GTspirits

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2007年08月11日

posted by たすけ at 00:02 | Comment(4) | TrackBack(0) | TVドラマや漫画の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横山光輝記念館 KOBE鉄人PROJECT

TVドラマや漫画の追憶


ジャイアントロボの隣は何!?新しい鉄人28号??
と疑問符をつけたら、K.T.P.S.2006さんという方から
それは、「ジャイアントロボの敵ロボGR-2です」という
回答コメントを頂いた。
この方は横山光輝記念館建設、巨大モニュメント設置の実現を願い
「KOBE鉄人PROJECT」の活動を応援しています。

というブログを運営なさっている。

KOBE鉄人PROJECT」とは
今年で生誕50周年を迎えるロボット漫画の金字塔「鉄人28号」
日本初の少女アニメとなった「魔法使いサリー」忍者ブームを巻き起こした
「伊賀の影丸」「三国志」「仮面の忍者赤影」「ジャイアントロボ」「バビル2世」
「コメットさん」等、数多くの名作を生み出された横山光輝先生の偉業をたたえ、
出身地である神戸にモニュメントや記念館を設立する。
という

へぇ〜・・・そんなプロジェクトがあるんだねぇ。
実はつい先日、所用のついでに東京都現代美術館で開催している
「ジブリの絵職人 男鹿和雄展−トトロの森を描いた人」の展覧会

見に行こうとしたら、あまりの行列に諦めて夏休みが終わってから
行くことに決めたばかり。

考えてみれば、横山光輝先生や、手塚治虫先生の偉業は絶大だよなぁ。
「KOBE鉄人PROJECT」は神戸市新長田での有志の方々が中心となった
地元主体のプロジェクトらしいが、どうぞ「三鷹の森ジブリ美術館」のように
入場者の絶えないような記念館となるといいですなぁ。

折りしも、先日テレビでアニメ作家のセレブ生活が特集されていて
日本経済へのアニメ(漫画)が影響力を放映していた。

...で。
ジャイアントロボの敵ロボGR-2で検索かけたら、
「お笑いと怪獣部屋のジャイアントロボ」に出会った。
フィギア画像を中心としたブログで、ジャイアントロボだけで5頁もある!


す、すごい..すごすぎる...
もう色んな意味で完全に脱帽である(_”_;)

.........................................................
参照:KOBE鉄人PROJECT
参照:お笑いと怪獣部屋

PS.お笑いと怪獣部屋ブログへお礼のコメント書こうとしましたが
yahooIDでログインで撥ねられました(TT;)
hirano様ありがとうございました○┓

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2007年08月13日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(1) | TVドラマや漫画の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウルトラセブンの背中に釘付け!

TVドラマや漫画の追憶


前記、横山光輝記念館 KOBE鉄人PROJECTモスラHRさんは
フィギアコレクターの中では、"知る人ぞ知る"有名な方らしい。
どうりで、コレクションの種類・数量・解説文に説得力がある訳だ。

色々な意味で「脱帽」を詳細すると・・・
実は私は、フィギアコレクターには少なからず偏見を持っていた。
「いい大人がなにを子供じみた人形集めに熱中しているんだ・・」と。

しかし、モスラHRさんのブログやそこからリンクされていた
ZOOMS-ズームス-ガレージキット
GEMINI(ジェミニ)模型・ガレージキット

を拝見して考えが一変した。

な、なんなの!?この質感のリアリズム!
...そのすべてが本物を超えている。

本物とは我々が、TV画面や映画のスクリーンを通して見ていた
ゴジラ、ガメラ、ウルトラマン、ウルトラセブン、仮面ライダーetc
着ぐるみのヒーロー達や怪獣の姿や、ピアノ線で吊り下げられて空を飛
んでいる様子は、子供時代に熱中していたが、どうせ作り物じゃんという
どこか冷めた子供心で見ていた上での感動だった。

しかし、上記のガレージキットの作品は本物を超えた生命体だ!
ゴジラの皮膚、ガメラの舌、キングギドラの爪、挙げればキリがないが
すべてひとつひとつのディテールが精巧で、そこに命が宿り今にも動き
出しそうなリアリティーがある。

芸術?う〜ん...制作者もコレクターも芸術という意識はない。と思う。
とにかく好きなのだ。子供時代に見た感動をそれ以上に膨らませて
自分たちの好きなヒーローや怪獣たちに生命を与えたいのだ。と思う。

特に私が感動したのは、ウルトラセブンのフィギア・・・
まさに怪獣と相対し、今にも動き出しそうなポーズ。両腕・両脚の角度
や左右の拳や指の曲げ具合。スーツ(着ぐるみ)のシワや隆起部分の
陰影などなど...どのアングルから見ても、これぞウルトラセブンだ。
あぁ〜〜こんなのを文章では表現するのは愚の骨頂だ(><)
原型:木下隆志 製作:相津悠成
↑↑↑↑↑画像転載許可を頂きました。ありがとうございます!↑↑↑↑↑

是非をクリックして、元画像や他の作品もご覧下さい。

ウルトラセブンの背中
セブンの肩甲骨ってこんな風になっていたの?
全然知らなかった・・・この肩甲骨の脹らみは、エネルギー貯蔵の為?
それともパンチ力を増すため?テレビでセブンの後ろ姿なんでじっくり
見る機会はなかったから、この画像1枚で私は30分は楽しめたf(^^;

先日、大人の為の「鉄道ジオラマ」制作入門って番組を見ていた。

男って奴は、小さな模型にでっかい正夢を見るんだよなぁあ〜
世の女性の方々、とくに奥方様々、ど〜かひとつ!
そんな男心を理解下さいませませ〜♪

...........................................................

参照:ZOOMS-ズームス-ガレージキットBLOG版Zooms-ガレージキット製作-
参照:GEMINI(ジェミニ)模型・ガレージキット

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2007年08月14日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(1) | TVドラマや漫画の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スタイリー♪スタイリー♪

TVドラマや漫画の追憶


ワタシニ デンワ シテクダサイ ドーゾ ヨロシク♪
中年以降の諸兄なら覚えている筈の腹筋強化器具..スタイリー いやぁ〜流行りましたよねぇ^^;
あのセリフは、外国人が話す日本語の独特な抑揚として小学校の頃によく真似をしたものですな。

それにしても、最近のビリーズブートキャンプの勢いは凄まじい。
米国ではブートキャンプDVD 3本セットは30ドル弱(約3,600円)
なのに、日本では4本セットで125ドル(1万5千円)で・・・
経過レポートを提出すれば、キャッシュバックもあります♪
って、なかなか巧妙なシステムだよなぁ(笑)

よく拝見するブログの中でも結構使用者(入隊者)がいたりしてその浸透ぶりを実感しているのだが、先日早朝の散歩をしていたらラジオ体操に集まった小学生の集団が・・・
『OK!、さぁ〜、次のエクササイズだ!』とビリーのアフレコを真似して、あの独特な体操?していたのが微笑ましかった^^

今は往時の見る影もない、メタボ体型の私だが^^;小中学生の頃は陸上や体操の選手だったこともあり、"仮面ライダー的腹筋"はちょっとした自慢だった。
しかし、胸板が薄かったので、もっとマッチョな体型に憧れて、漫画雑誌の折込ハガキを利用して生涯最初の通販への資料請求がブルーワーカーだった^^;

bullworker.gif

昭和37年プログでも...
伝説の健康器具、通販のベストセラー、ブルーワーカーの雑誌広告。37生が中学生くらいの時、 あらゆる男の子向けの雑誌に乗っていたあの1ページの広告マンガです...
と紹介されています

私の場合は、親が認めてくれなかったので結局購入までには至らなかったのですが、驚いたのは、その後5年間、高校卒業以後まで年数回にわたりDMが届いたことで、通信販売ってしつこいなぁ〜
って事でした^^;

...で。
まさか、その後自分が漫画雑誌への通販広告の仕事に関与するとは思いもしていなかった。

                  この項つづく・・・

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2007年08月17日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | TVドラマや漫画の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紅白疑合戦(1976年12月)

TVドラマや漫画の追憶


1707年(江戸時代宝永4年)伊勢神宮 内宮の五十鈴川のほとりで「赤福」
が販売されたと伝えられている。名の由来は(せきしんけいふく)
(赤心=まごころ)をつくすことで(慶福=人の幸せを喜ぶ)
しかし...300周年の今年にご周知の通り、巻き直しの製造年月日偽装や
漉し餡を越し餡(返品や売れ残りの餡を別の和菓子の餡に繰り越し)にした
疑惑で信用を失墜

1976年12月に北海道札幌市の石屋製菓から「白い恋人」が発売された。
北海道限定販売にした戦略が成功し、出張や旅行の際の土産品として大人気。
年間約2億枚を売り上げ土産品の単品売り上げでは赤福に次いで全国2位。
しかし...30周年キャンペーン限定商品として再包装する時に賞味期限の偽装
や、その後アイスクリームやバウムクーヘンから大腸菌や黄色ブドウ球菌の
検出で信用を失墜

...で。VTRを巻き直して、白い恋人が発売された
1976年12月のNHK紅白歌合戦を振り返ってみた(笑)

司会 紅組・佐良直美、白組・山川静夫アナウンサー

(3)山口百恵/横須賀ストーリー     (5)野口五郎/針葉樹
(2)西川峰子/峰子のマドロスさん    (2)細川たかし/置き手紙
(2)キャンディーズ/春一番       (7)フォーリーブス/踊り子
(6)南沙織/哀しい妖精         (6)堺正章/苺の季節
(初)太田裕美/木綿のハンカチーフ    (初)新沼謙治/嫁に来ないか
(10)佐良直美/ひとり旅         (5)内山田洋とクール・ファイブ/東京砂漠
(7)和田アキ子/雨のサタデー      (3)西城秀樹/若き獅子たち
(3)桜田淳子/夏にご用心        (4)郷ひろみ/あなたがいたから僕がいた
(初)研ナオコ/LA−LA−LA(ラ・ラ・ラ) (初)あおい輝彦/あなただけを
(10)梓みちよ/メランコリー       (10)菅原洋一/夜のタンゴ
(初)伊藤咲子/きみ可愛いね       (初)田中星児/ビューティフル・サンデー
(8)いしだあゆみ/時には一人で     (17)橋幸夫/俺ら次郎長
(4)森昌子/恋ひとつ雪景色       (13)三橋美智也/津軽甚句
(2)岩崎宏美/ファンタジー       (19)三波春夫/人生おけさ
(5)藤圭子/はしご酒          (3)殿さまキングス/恋は紅いバラ
(12)水前寺清子/鬼面児         (15)村田英雄/男の土俵
(8)由紀さおり/つかの間の雨      (15)ダーク・ダックス/二十二歳まで
(20)島倉千代子/逢いたいなァあの人に  (20)フランク永井/東京午前三時
(4)八代亜紀/もう一度逢いたい     (9)森進一/さざんか
(初)二葉百合子/岸壁の母        (3)加山雄三/ぼくの妹に
(6)小柳ルミ子/逢いたくて北国へ    (18)春日八郎/あん時ゃどしゃ降り
(10)青江三奈/女から男への手紙     (14)北島三郎/歩
(7)ちあきなおみ/酒場川        (10)布施明/落葉が雪に
(12)都はるみ/北の宿から        (6)五木ひろし/愛の始発


因(ちなみ)にこの1976(昭和51)年は
1月24日に東京商工リサーチが「企業倒産戦後(史上)最高」と発表し
12月24日には福田赳夫を首相する福田内閣が誕生した年でもある...が

...そんなことよりも

解せないのは、この年最大のヒット曲となりシングル盤レコード版450万枚以上
レコード売り上げ日本一の記録を持つ「およげ!たいやきくん」の子門真人
と、この年「弟よ」や「想い出ぼろぼろ」で新人賞レースを総なめした内藤やす子
が紅白歌合戦に出場していないことで・・・

「およげ!たいやきくん」は民放番組から誕生したヒット曲でNHKの内部規定
に引っかかり、もっとアホらしく解せないのは子門真人と内藤やす子が二人とも
カーリーヘアだったから駄目だった...って ほんとかYO!?

「赤福」「白い恋人」も、同族企業の醜態がネット上で飛び交っており
今回の不祥事もこのような「内部告発」から発覚したとされているけど。。
NHKは同族企業ではないが、いわゆる「天皇」とか「金正日」とか呼ばれる
権力者が、社員たちの正直な心や、お客様(視聴者)に対するまごころ(赤心)
をねじ伏せてきたんだろうなぁ。

社員の気持ち...「およげたいやきくん」より
「毎日毎日 ボクらは 鉄板の 上で焼かれて 嫌になっちゃうよ
 ある朝 ボクは 店のおじさんと 喧嘩して 海に 逃げ込んだのさ...」

消費者の気持ち...「想い出ぼろぼろ」より
「言い訳繕うその前に 優しさ繕うその前に 聞いておきたいことがあるのだけど...」

...で。トリは都はるみから変更して
山口百恵の...「横須賀ストーリー」より
「これっきり これっきり もう これっきりですかぁ〜??...」

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2007年10月22日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(1) | TVドラマや漫画の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

しゃあけえ大ちゃん

TVドラマや漫画の追憶


1964年..昭和39年
東京オリンピックが開催された年にTBSでしゃあけえ大ちゃんという
少年が主人公のTVドラマが放映されていた。(その後再放送)

岡山から花の都東京に出てきた田舎弁丸出しの「大ちゃん」の口癖は
「しゃあけえ」...だけどぉ(標準語)...せやけどぉ(関西弁)
だった。他には「勘弁してつかあさい!」「こらえてつかあさい!」
もあったが、しゃあけえ大ちゃんが「しゃあけえ」と困惑した出来事の後に
いつも相棒の白い小鳥(文鳥?)と気持ちを通じ合わせるシーンを見ていて
私(当時幼稚園生)は幼心に人と鳥は会話ができると信じていた。

しゃあけえ大ちゃんを演じたのは岩上正宏さん
という俳優さんで、その後青年となってからは
岩上正宏
竜雷太主演の「これが青春だ」youtube.gif
桜木健一主演の「柔道一直線」youtube.gifでは丸井円太郎役
森田健作主演の「おれは男だ!」youtube.gifでも
高校生役で出演していた。

ただ、私にとって岩上正宏さんは青年の姿よりも、しゃあけえ大ちゃんが放映
された同年1964年の人気ドラマ「図々しい奴」で主人公戸田切人の幼年時代が
印象的であり「図々しい奴」で戸田切人を演じた丸井太郎さん(故人)と共に
丸井太郎
逆境に挫けない強さと、大らかなキャラクターがとても印象に残っている。
私はHN(ハンドネーム)に丸井という姓を使っているが、実は丸井を使うのは
小学校時の学級新聞時代からのペンネームで、故丸井太郎さんの影響が大きい。

1964年..昭和39年と言えば
東京オリンピック開催、東海道新幹線の開通と日本の未来が明るい時代では
あったが、高校進学率が70%に達したとはいえ地方と都会の格差は現代より
ずっと大きく「しゃあけえ大ちゃん」や「図々しい奴」は地方から都会へ
出た来た人たちにとって、自分自身への応援ドラマだったのだろうなぁ。


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2008年01月26日

posted by たすけ at 18:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | TVドラマや漫画の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランシーヌの場合は...

TVドラマや漫画の追憶


自転車がご縁で知り合った、ほぼ同世代のタルサさんはんぞうさん横山さんから
新谷のり子の...「フランシーヌの場合はあまりにもおばかさん」の歌詞が出てきてちょっとばかりノスタルジックな気分に浸っていた。

横山さん曰く、近年自転車人口が増えているのも、自転車雑誌の編集者によると
ブームの軸は「出もどり新参」つまり少年時代に自転車の楽しさを体験した層

...なんだそうです。

なるほどなぁ..昔はTVゲームなんぞなかったし、私自身も野球盤のようなゲームはあまり興味はなく、ほとんど遊びといえばアウトドアばっかりだった。
最近のゲームソフトに残酷なバーチャル物が多いらしいのだが、私はとんと興味がないのでよくはわからないが、なぜそういうゲームソフトに需要があるのだろう。

フランシーヌは1969年の3月30日にベトナム戦争とビアフラの飢餓問題に抗議してパリで焼身自殺した実在の人物で当時小学5年生であった私に他人のために自分の命で抗議をするという行為に衝撃を憶えさせた。

...ただ
この「フランシーヌの場合」のレコード発売日から考えれば、私より10くらい上の世代の方々にとっては、安保闘争で死亡した女学生「樺美智子(かんばみちこ)」のレクイエムとして捉えているのだろう。

あまりにもおばかさん...という歌詞には強い畏敬の念が込められているだが
最近の事件で、自分自身のフラストレーションを解決する方法として「殺す相手は誰でも良かった」などいう動機がニュースで報じられる度についつい心のどこかで、フランシーヌの場合と比較している私が居る。

おっと..話が脱線してしまった^^;
昔のアニメソングはだいたい○○少年合唱団みたいなコーラスが主体で歌詞も
手を取り合おう、助け合おう、頑張ろう、みたいなフレーズが多かったが
今の若者世代にそんなアニメソングを聞かせたら腹を抱えて笑い出すのだろうか?

...で。
前記事の携帯カメラ動画をファイルサイズを縮小して音源を入れてみたのだが....


↑↑↑いきなり音声が出ます↑↑↑(※勤務中の方ご注意をばw)
小学生の頃に仲間たちと自転車を乗ったことを思い出したら
こんな音源を入れてしまいました...おばかさんな私です。ハイ^^;

フランシーヌが自殺した、同年1969年7月20日にアポロ11号が月に着陸したのだが、この世紀の瞬間をカラー放送で見ようと、日本中でカラーテレビが爆発的に売れて、我が家にも1969年7月のアポロ11号の月着陸に合わせてカラーテレビがやってきた。

私が昔の記憶を辿る時...フランシーヌ以前は白黒の記憶で、アポロ11号以後はカラーの記憶なのだ。
生まれた時からカラーテレビで育った世代の人は、昔の記憶に白黒とカラーの境界はなく、すべてカラーで記憶しているのだろうか?

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2008年04月02日

posted by たすけ at 02:51 | Comment(4) | TrackBack(0) | TVドラマや漫画の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そして青年は灯台を目指す(帰らざる日のために)

TVドラマや漫画の追憶


決めた!俺は、6/29の五十歳の誕生日に自転車で灯台に行くんだ!
...って唐突ですが。

私にとって青春の聖地は、東京都の武蔵野市と三鷹市にまたがる井の頭公園と
伊豆半島は下田市にある爪木崎(爪木崎灯台)だ。

40代半ば以降の人なら誰もが知っている中村雅俊主演の「俺たちの旅」に感化
された私は、恥ずかしながら学生時代のバイト仲間からはカースケと呼ばれて
今でもその当時の仲間と会う時は「カースケ」と呼ばれている。

そして「俺たちの旅」のちょっと前、私が中学生の頃に夢中になって見ていた
学園ドラマが、村野武範主演の「飛び出せ!青春」で太陽学園の悪ガキたち
サッカー部員がランニングしていたのが爪木崎で、その連作で中村雅俊主演の
われら青春!」でラグビー部員が走っていたのも爪木崎灯台だった。

さらに遡ること、私が小学生の時に夢中になって見ていた学園ドラマが
夏木陽介主演の「青春とはなんだ」と竜雷太主演の「これが青春だ」であり
ここでも爪木崎灯台が登場する。

太陽学園のロケ地は日本大学明誠高等学校(山梨県上野原市)だったのだが
学園ドラマのルーツである「青春とはなんだ」のロケ地は都立三鷹高校であり
京王井の頭公園駅で下車し、公園と吉祥寺の商店街をふらついた後に三鷹市新川
を抜けて京王仙川駅から帰るという、ぶらり散策コースが、私のお気に入りだ。

もしかしたら、3年B組金八先生世代の人にとっての、北千住駅から桜中学
を経て荒川の土手に出て堀切駅から帰る懐かしさ
と同じだろうか?


さて、下の写真は私が23歳or24歳、学園ドラマに憧れて教師を目指していた頃に
夕日の爪木崎灯台を背景に友人に撮ってもらった写真だ。
(カッコつけているよう見えますが、夕日が眩しくてこんな顔になってます...たぶんw)

tsumekizaki.jpg

爪木崎灯台を最初に訪れたのは、高校のクラス会でのドライブ旅行だった。
ずっとテレビで見ていた憧れの灯台に出会えてとても感動した。
結局、現実の教師生活はドラマなんかとは全然違っていたし、教師の道は
途中で変更してしまったけど、私は折りに触れ何度もこの灯台を訪れては
若き日の志を思い返していた。

...で。
先日の「行くぞ!洞爺湖ママチャリ☆サバイバル」を学生たちを見送り
昨日の「ツーリング洞爺湖2008!」の旅立ちをコメントだけで見送り
なんだか、居ても立っていられない焦りを感じてしまいました。
「これでいいのか?俺..」と自問自答して悶々としていました。

...で。
折りしも6/29に自転車仲間が千葉県の九十九里浜南端にある太東崎灯台
を目指すツアー
を組んだとの話...もう完全に背中を押されました!

「そうだ俺は灯台へ行くんだ!」
人生の折り返し地点50歳の誕生日に、俺は自転車で灯台へ行くんだ!

洞爺湖を目指すツアーに比べれば、まことに些細な旅ではありますが...
自転車仲間と共に目指すこの灯台ツアーで、人生後半の志をきっと何か
得てくるような気がして、今からワクワクしております。

帰らざる日のために
「生まれてきたのはなぜさ♪教えてぼくらは誰さ♪」

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2008年06月20日

posted by たすけ at 02:09 | Comment(8) | TrackBack(0) | TVドラマや漫画の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。