ひろっぱの思い出/ブランコで大ジャンプ

昭和40年代の追憶


子供に怪我なんぞはつきものである。というか、多少の怪我をしながらだんだんに危険回避能力を身につけていくものではないかと思っている。

思えば男3人兄弟の私であるが、3人が3人とも小1で怪我を負っている。
末っ子の怪我が一番大きく、当時家で営んでいたおもちゃ工場のベルトコンベアーのギアに腕をもっていかれて複雑骨折。

小学校に入学直後であり、確かな記憶はもう薄れたが、たしか奴はちゃんと学校に行けるようになったのは、2学期からではないかと思う。

よく覚えているのは、入院中に同室で親切にして下さった青年が将棋好きで、弟は小1の1学期は病室で将棋三昧となり、兄弟3人の中で一番将棋が強くなっていたことだ。

さて、それに比べれば私の怪我などたいしたことはない。
ひろっぱに遊具が揃い出し、やんちゃな子供たちはそれを規定通りに使っておとなしく遊ぶようなことはしなかった。

ゴンドラ式?のブランコでは、片側に5〜6人立ち乗りし、思いっきり反動をつけて、これでもかというくらいに揺らす。もう片側に乗った1人が最高点までゴンドラ上がったタイミングで飛び降りその飛距離を競った。

通常の1人ブランコでも、ほとんど水平近くになるまで揺らし、その勢いで飛び距離を競ったが、やがてそれも飽きてくると、海老飛びという、後ろ向きで飛ぼうと云うことになった。
要するに、後ろ向きでブランコに乗り、最高到達点に達したときはケツが空を向き、頭は地面を向いている、そのタイミングのほんの一瞬前に、エビのようにケツから飛び出して飛ぶのである。

さすがに、最初は怖かった。しかし、だんだん慣れてくると飛距離の争いがエスカレートしていき、通常の乗り方同様に大きく反動をつけられるようになっていた...

そして、何度目かのジャンプの時着地に失敗した私は腕で身体をかばった。

....ペキっ!....あれ!?Σ( ̄ロ ̄lll)なんか音がしたぞ....

次の瞬間、腕の痛みに耐えかねてその場にうずくまってしまった私を心配して仲間が母を呼んでくれた。

「ハイ!見事な骨折です♪ ほらほら、きれいに折れている(^^)v」

後年、何度もお世話になった、接骨院のヒゲ先生がレントゲン写真を見ながらとても明るく言った。

それからしばらくの間、首から大きな三角巾で腕を吊るして小学校に通う私が居た。とりあえず怪我人なので、そのしばらくの間だけは集団登校時に上級生が優しく接してくれた記憶がある...
.....ひょっとしたら
今でも私が、いわゆる遊園地の絶叫マシンが大好きなのは、この時の上級生の優しい気持ちが、脳裏に残っているからなのかもしれない.....

タグ:骨折

2006年01月13日

posted by たすけ at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 昭和40年代の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パシリの伝統

昭和40年代の追憶


兄弟で七つも離れると、小さい頃に一緒に遊んだという記憶はあまりない。私自身の小さい頃の遊びの思い出は、やはり年上の先輩たちとの場面の方が圧倒的に多くなる。

さて昭和40年に小学校に入ると、遊び仲間が集団登校の班とほぼ同じグループとなった。このグループの掟として、5〜6年生が出す小遣いから、中四つ角の加藤屋商店(当時は茅葺)に行って、せんべいや菓子を買ってくるパシリの役目があった。

当時は、5円でアイスやガムを買えたので、20円もあれば数人の仲間で分けて食べるお菓子は買えた。当時のせんべいは、今のように袋にはいっておらず、1枚1枚のバラ売りで木製の什器(じゅうき)や大きなガラス瓶に入っており、10円で3〜5枚ほど買えたので、先輩から10〜20円を預かり、パシリの好みで煎餅を選び、お店の人に入れてもらった茶色の袋を大事に抱えながら、全力疾走でグループが待つ広場(ひろっぱ)に駆け戻ってくるのだった。

そして、待っている仲間は、どんなお菓子を買ってくるのか?
何分以内でここに戻ってくるのか?などをみんなで予想し外れたら、イヤミのシェーを何回やるとか何秒やるとかの罰ゲームでワイワイやっていたものである。

ハスピーさんのシェー
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
画像クリックでいろんなシェーが見られますよ(^。^)v

まだ幼稚園生だった頃、みそっかすで遊び仲間に加えてもらいこのルールをそばでみていた私は早く1年生になってこのパシリをやりたいと思っていた。

.............................................................

画像提供:はすぴー倶楽部

タグ:パシリ

2006年01月14日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 昭和40年代の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

百円札のお年玉

昭和40年代の追憶


私には7つ離れた弟(三男)がいるが、昭和40年生まれの奴は今年で42歳になるがいっこうに身を固める気配はなさそうだ。

ところで、弟の生まれた昭和40年の頃は、100円と言えば紙幣と硬貨の両方を使っていたように記憶している。

昭和28年:百円紙幣(板垣退助)発行

百円紙幣
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
画像クリックで十円紙幣、5百円紙幣が見られますよ(^。^)v

昭和32年:百円銀貨発行...私..胎児

百円銀貨
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
画像クリックで100円硬貨の変遷が見られますよ(^。^)v

昭和34年:鳳凰から稲穂へ...私..1歳

百円銀貨02
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
画像クリックで記念硬貨の変遷が見られますよ(^。^)v

昭和42年:現百円白銅貨発行...私..9歳

昭和40年の都バスの料金が20円。
平成19年の都バスの料金が200円。

私が小学生の頃の10円は、現在の100円相当と考えていいと思う。
幼少の頃にもらったお年玉袋にはピン札の百円札が入っていた。

そして、昭和40年に弟(三男)が生まれてから私が小6までの期間
お年玉は「千円札1枚を、兄弟3人で分けなさい」ともらって
私(長男)500円、次男400円、三男100円、か
私(長男)400円、次男400円、三男200円、の
配分で分けていたように記憶している。

..............................................................

画像提供:ロイさんの旅行記(紙幣&コイン)←世界の町並みや
世界のコインをレポートされています♪


補足:コインの散歩道昭和30年代によれば板垣退助100円札は、私が10歳になるまで硬貨より流通量が多かったらしい。

2006年01月15日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 昭和40年代の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コチ吹かば

昭和40年代の追憶


昭和43年。小4の時の登校時に坂道を下っていたら、ふと頬に生温かい風を感じた。同時に鼻先に、柔らかな梅の香りが漂ってきた。

「あぁ〜春が来たんだなぁ」

その時の情景、感触、香りが強く脳裏に残っており。それいらい、季節は風が運んでくると感じている。

梅の香を感じると通学路の畦道にはオオイヌノフグリが咲き出し、ふきのとうが顔を覗かせ始める。
ふきのとうを摘み、土筆を摘み、セリを摘み、ノビルを摘み。やがて、タラボ(タラノ芽)を摘む頃になると初夏になる。

今はすっかり宅地になってしまったが、通学の途中でそれらの野草を、田んぼや畦道や崖の斜面で摘んで、母に調理してもらったり、自分で調理して季節の移り変わりを体感していた。

だから私にとって東風(コチ)は季節の変化を最初に感じる風であり

「東風吹かば 思いおこせむ 梅の花 時は変われど 香り忘れそ」

梅の香りから始まり、季節ごとのなつかしい野草のほろ苦い香りを連想するのである。

タグ:東風吹かば

2006年01月17日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 昭和40年代の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハンガリア舞曲第5番とハーモニカ

昭和40年代の追憶


ハンガリア舞曲第5番。私が最初にクラシックと出合ったのがこの曲であった。私の通っていた時代の小学校では打楽器は揃っていたが木管・金管楽器などは皆無であった。

また、特に部活動というのも固定してなくて、市内で音楽コンクール等があると、各クラスから何人かずつ音楽の先生に召集されて、臨時の音楽部が結成される。
陸上競技大会等も同様で、私はそんな機会に駆り出されるメンバーの1人であった。

さて、音楽部が結成されると複音ハーモニカが与えられた。昭和44年の小5の秋にハーモニカで演奏したのがハンガリア舞曲第5番である。

来る日も来る日も、この曲を練習させられ、しまいには楽譜を見ないでもすべて吹けるようになっていた。(というより、臨時の結成なので譜面を読める子供は少なく、先生は徹底的に反復練習をする方針をとったのだと思う)

もともと私はそんなに音楽に長けているわけでない。譜面を初見(しょけん)で読める訳でもないし、いろんな楽曲を良く知っているわけでもない。ただこのハンガリア舞曲第5番の猛練習の結果、ひとつ解かった感覚があった。それは、「楽器は身体の一部になる」 という感覚である。

譜面無しでも、メロディーがわかっていれば口と手が勝ってに動いて、完全ではないがどんな曲でもハーモニカで演奏できるようになっていたのである。

2006年01月19日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 昭和40年代の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

草の匂いと戦争ごっこ

昭和40年代の追憶


寝転がり 我の未来を 想う時
 草の匂いと 眩しき光り


いきなり稚拙な短歌で恐縮だが、この首は私が小5の時に詠んだものである。
たまたま、地域の文集に掲載してもらったのでよく覚えている。

私の幼少時代は、近所の山林が新しい住宅地に次々に造成されていった。
造成は順を追って整備されるので私たちはブルドーザーの音を遠くに聞きながら
雑草が生い茂った造成途中の荒地で秘密基地ごっこなどして遊んだものだ。

オオアレチノギク  ヒメムカシヨモギ
これらが生い茂る小さな密林の奥に、小さな空間を作り、そこにお菓子等を持ち込んで秘密基地とした。この秘密基地に入るためには、隊員同士の合言葉が必要だった(笑)

また、秘密基地はひとつではなく、時々2グループに分かれて互いの宝物を決めて、それを奪還する遊びをした。

一通り秘密基地ごっこや宝物奪還遊びが終結すると、今度は見晴らしの良い荒地に移動し、泥団子で作った手榴弾を投げあい、敵の旗(たんなるボロ布だが)を奪う戦争ごっこになる。

オヒシバ メヒシバ
これらが茂った戦場では、事前に作戦タイムがあり、ところどころに落とし穴を作ったり、草を結んで相手を転ばすための地雷も作ったりしたものである。
しかし、敵に仕掛けた罠のはずが自分が落ちたり、つまずいたりしたことも多かった。

草の匂いを詠んだ歌は、このような遊びをしながら息を切らして大の字になって休憩した時に
『おまえ、将来なんになる?』
と仲間から言われた時の事だったか・・・
あるいは、川釣りに出かけたときに土手の斜面に寝転んで、天を仰いだ時に浮かんだ歌だったのか・・・

歌は覚えているが、どちらのタイミングで浮かんだ首なのかは、もうすでに記憶の彼方である。
がしかし、どちらも共通したあの草の匂いと日差しの眩しさは覚えている。

11歳・・・あの頃は未来は無限にあると思っていたが
もはや、人生の折り返し地点を過ぎてしまった・・・

荒地の様子を具体的に理解して頂くために
岡山理科大学 総合情報学部 生物地球システム学科 植物生態研究室(波田研)様のHPから画像のリンクを貼らせて頂きましたm(_ _)m

タグ:秘密基地

2006年01月21日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 昭和40年代の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝トイレで聞く声

昭和40年代の追憶


私は幼い頃母に「とにかく出なくてもいいから毎朝トイレには入りなさい」と躾られた。おかげで、生まれて此の方便秘という事は経験したことはない。

しかし、いつもいつも快調であるはずがない。出そうで出ない・・出たけどまだ出そう・・
この状況のまま、トイレを終えるのはその後1日が非常に不安である。まさに「ふんぎりがつかない」とはここから語源があるのだろうと長い間思っていたくらいだ。

●正しくは、
ふんぎりがつかない=踏み切りがつかないであり。
思い切ることができない だからね^^;>受験生諸君

さて、小学生の頃、通常は集団登校であったが5〜6年生の時に市内の陸上大会の選手に選ばれて通常より早く登校して朝練に参加している時期があった。

この時、少し離れた場所に住んでいたクラスメイトもやはり選手に選ばれて
毎朝「○〜〜〜〜〜〜〜○君♪」と独特の抑揚&甲高い声で私を呼びに来た。

彼の家では、父親の仕事関係からなのか朝が異常に早い。朝5時過ぎには家族全員朝食を終えていたらしく、朝に時間をもてあましている彼は、遠回りにして時間を潰してもほとんど毎朝、約束の時間より早く私を呼びに来た。

で・・
たいてい私は「○〜〜〜〜〜〜〜○君♪」の声をトイレで聞いていたのである。

で・・
たいてい母が「先行ってちょ〜〜だい♪」とやはり独特の抑揚で答えていたのである。

で・・
このクラスメイトは後年、ニッポンハム・ファイターズにドラフト1位で指名され、その後、スポーツ紙や朝刊の1面を飾る投手としての大記録も残している。

2006年01月23日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 昭和40年代の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おう、金だひろおうか?

昭和40年代の追憶


王、金田、広岡(おうかねだひろおか)ベーゴマで遊んだ時によく言っていたなぁ。

ベーゴマに刻印されていたのはだいたい野球選手で、他には川上、別当、黒江、藤村、長嶋等をなんとなく覚えている。
T・K・W・M・H・R等のアルファベットが東大、慶応、早稲田、明治、法政、立教の六大学のイニシャルであると知ったのはずいぶんあとになってからだ。

ベーゴマは色々な種類があったが、
高(たか) 中高(ちったか) 中低(ちゅうべった)  低(べった)
の4種類で遊んでいた。

その他、サイズの大きいものは、デカ。
比重の重い強いベーゴマを何故か「埼玉ガン」と呼んでいたっけ・・・・

何故だかベーゴマは冬休みに遊ぶことが多かった。
大きめのバケツや樽に、ややくぼみをつけたシートをかけそれを土俵にして
「いっせぃのせっ♪」で同時にコマを投入する。

勝った方は、負けたベーゴマを手に入れることができる。
強くて人気のあるコマが欲しくて、時々直接対決を申し込む。
あるいは、とられたコマを取り戻すために、相手に先に土俵に投入してもらう。


その時、相手のコマに手前から直接ぶつけて弾き飛ばす技を「ガッチャ」といい。相手のコマの向こう側に落とし、ヒモでひっぱるように手前に落とす技を「ヒッカケ」と言っていた。
弱いコマでも強い回転力やガッチャやヒッカケの技のタイミングが合えば強いコマに勝つことが出来た。

回転力をつける為には、ヒモをなるべく多く巻いた方が有利だ。ヒモに結び目2つの「女巻き」だと巻くのは簡単だが回転が弱い。そこで、結び目1つの「男巻き」にしてしかも、ヒモを水で濡らして硬く巻いていた。

かじかんだで、あかぎれになりそうな手でベーゴマを回していたもんだ・・

ベーゴマの勝負では、コマが弾き飛ばされても土俵から地面に落ちる前に手で受け取ればセーフなのだが、たまに土俵際で落ちる寸前のコマを手で土俵に戻すと「床(とこ)戻し」と言われる反則技だ。

たまに「今手に触った!」「触ってないもん!」で喧嘩になったものだ(笑)

また、土俵の外に弾き出さなくても、相手のコマをひっくり返しても勝ちなのだが・・・
まだ回っているのに、「もう止まったもん」など言って自分のコマが不利にならないうちに土俵から取り出してしまう反則もあったな^^;

タグ:ベーゴマ

2006年01月24日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 昭和40年代の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

札幌五輪とジャネット・リン

昭和40年代の追憶


虹の地平を 歩み出て 影たちが近づく 手をとりあって
 ・・・中略・・・
生れかわる サッポロの地に きみの名を書く オリンピックと

1972年札幌オリンピックのテーマソングでトワ・エ・モワ が歌っていた。
この時の日本のメダルは....

70メートル級ジャンプで
笠谷幸生が金
金野昭次が銀
青地清二が銅
「日の丸飛行隊」がメダルを独占した。というか、この3つが全てであった。

それだけに印象がとても深く残っており、当時中1であった私たちのクラスでは、1人が実況中継アナウンサー役になり順次、選手役がジャンプ特有のしゃがみこみからポーズを真似て...

「...さぁ笠谷、さぁ笠谷!
 ...金メダルへのジャ〜ンプ!
 ...飛んだぁ〜!!決まったぁ〜!!」

と、その時の再現ゲームごっこを休み時間にやっていたものである。
そして、この「虹と雪のバラード」も歌声コンクールとかで採用するクラスも多く、さんざん歌ってきたので歌詞もそっくり覚えている。

今日トリノオリンピックが開幕した・・・

トリノ五輪では、女子フィギュア陣にメダルの期待がかかっているが、1972年札幌五輪の時のアイドルはなんと言っても、ジャネット・リン だった

ジャネット・リン.jpg

当時、私も下敷にはさんでいました^^;

2006年01月25日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 昭和40年代の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クラス会やるわよ!

昭和40年代の追憶


クラス会やるわよ!
と、8/4に会社に電話してきたのが、今じゃ地元で幼稚園の園長してる中学時代の同級生の女の子・・・子かぁ〜?(笑)

「え!いつやるの?」
「えっとね。再来週の土曜日!」
「はぁ!?ずいぶん急な話だなぁ」

どうも先日役所の会合で、当時の我々の担任の先生とやはり、卒業後教師をしている同級生と会ったらしくトントンと話がすすんで、やるなら早いほうが・・ということで決まったらしい。

「じゃぁ、○○君は、大丈夫ね。
あ、それから1次会は私たちでやるけど、2次会以降は幹事お願いね!」

『ガッチャッ!ツー・・ツー・・ツー・・』

ゞ(ーー*) おい!ちょっと・・・


┓(´_`)┏ あぁ〜 こっちも変わってないや(w


てな訳で、中学時代のクラス会が先日ありまして、わずか、2週間の期間で44名中21名が集まりました。みんなを笑わせる奴。ひとり静かに飲んでる奴。何年経っても、キャラは変わらないよねぇ^^;

1次会も終わり・・・

2次会のカラオケには途中帰った人も含めて18名。なおかつ、当然のようにオールの3次会となり早朝のフェミレスコーヒー解散まで残ったのが先生を含めて10人ってどーよ!?(笑)

昭和47〜9年
我々の中2〜3時代を新任で受け持っていたI先生。実は私自身も、この先生の影響を受けて教員を志しました。(結局わずかな期間で終わったけど^^;)

かっこよかったし、真っ直ぐだったし、温かだった
わずかな期間にも関わらず、約半数も集まったのはやはり先生の人望なんだろうなぁ・・と
すっかり白髪が多くなった先生。でも、変わらないその笑い声に私の脳裏では白黒の世界の中で

  そ〜ぉともぉ〜♪

これが青春だ♪

の歌がずっとリフレインしてましたf(^、^;

タグ:クラス会

2006年01月27日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 昭和40年代の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。