C623復活に夢をかけた少年の話 / 大いなる旅路

お気に入りサイト

C623復活に夢をかけた少年の話の前に少し解説をば。
※注.リンク先の動画はいずれ削除されるかもしれません。
 かなり長い動画もあるのでご興味のある方は、時間のある時にでもご参照ください。

鉄道ファン(SLファン)なら説明不要なのですが・・・
日本の機関車史上、1,115両と最も多く製造されたのがD51形(デゴイチ)
通称「貴婦人」と呼ばれ、戦前から201両製造されのが蒸気機関車がC57形(シゴナナ)

ここに⇒昭和15年制作のC57に関する動画(44分)があります。
蒸気機関車を動かすために、如何に多くの訓練や労苦が必要というのがよくわかります。

蒸気機関車の「CとかDとか」って何?⇒こちらのイラストわかりやすいです。
ABCD⇒1234 つまり、C=動輪が3つ D=動輪が4つです。
自転車乗りなら体感しているのですが、車輪が大きいほど高速運転が可能です。
C形(動輪3つ)は主に旅客用。D形(動輪4つ)は主に貨物輸送と考えてください。

終戦後、旅客用牽引用SLが圧倒的に不足してた日本でしたが、GHQの許可なしに新造できなかったので、苦肉の策として余剰となっていたD51形やD52形を改造したのがC61形やC62形です。特にC62形(シロクニ)は、特急・急行列車の牽引を目的に全49両生産(=改造)されました。
このうち、C6217号(=C62型17番目)は、狭軌による世界最高速度129km/hを記録した蒸気機関車であり、この記録は蒸気機関車としては未だに破られていません。(もう、破られることも無いでしょう。)
また、C62形は銀河鉄道999のモデルとしても知られていて、鉄道ファンにとって特別な存在です。

C62(シロクニ)に深化(特化)したサイトは⇒こちらがおすすめ
ここに⇒函館本線を走っていたC62重連の動画があります。(全43分)
こちらは同短編⇒雪の峠に挑むC62重連の動画【函館本線】(10分)

重連とは2両の機関車を連結して客車を牽引することですが、スピードを優先するC62にとってその重い体重(自重)は致命的で、その為に寒冷地(=車輪がスリップしやすい)で、しかも峠越えの多いこの路線(山線の方)ではトルクのあるD51との重連や、C62同士の重連という形で運用されていました。
そして1971年(昭和46年)の「さよならC62三重連」を最後に、栄光のSLC62は現役を引退。その後臨時(記念)列車として、1972年8月に小樽-岩見沢館でC622が「さよならC62号」を経て、京都の梅小路機関車館へ。C623は同年9月の小樽-長万部間の普通列車牽引を最後に、小樽市手宮の北海道鉄道記念館(=小樽交通記念館 )で休眠につくことになります。



ここからがC623復活に夢をかけた少年の本題です。
国鉄の分割民営化以降、復活した最大の蒸気機関車で、最初に市民主導で実現し、ボランティアがSL運行に直接参加した初のケースが、北海道鉄道文化協議会のC623復活計画でした。

以下は、【走将C623の序章・邂逅】からの抜粋
彼がC623機に出会ったのは、昭和56(1981)年7月28日の正午だった。
親戚の葬式と言う名目で上野から寝台特急「はくつる」に飛び乗ったのは一昨日だった。
8月には仲間達と道内旅行を楽しむ事としていたが、ホームで5M車中に消える彼の姿を見て、仲間達は地平第二ホーム(15番線)に参集してきた。皆、彼と同じ日本トレインクラブのメンバーで、日本国有鉄道上野駅学生臨時雇用員(臨雇)の仲間達であった

レール上に置いてあった99.95tのC623機は、黒く後志の真夏の太陽を浴びて輝いていた。傍らに「小樽築港機関区」と書かれたトラックが停まっていて、国鉄職員達が一服していた。

「これ、もう走れないんですよね?」
「SLは部品換えて、ちゃんとお守すれば幾らでも走るさ、百年や二百年位・・」
「ええっ?百年ですか?それは無理では・・・」
「いやいや、蒸機はな、部品を換えて手入れすりゃ、なんぼでも走るよ、特にコイツは最後までウチに居て、言う事聞く奴だったから、まだまだやれるべ」


高校生が何が出来るのだろうか・・・普通の人間ならばそう考えたろう、しかし彼は違った。
そう・・・一旦執着すると寝食無関係にのめり込む・・・本物の馬鹿だった。

以下は、【走将C623の宿命・転換】からの抜粋
秋葉原の交通博物館のC57135の前で動輪を眺めていた少年は、隣の老人に声を掛けた。
「こんなのが走ったら、凄いですけれど
C62はもっと大きいんです。御存知ですか?」

彼は見学に来た一人の老人と思ってこんな事を言ったのだが、老人は
「C62ですか・・・」
「ええ、小樽のC623の走るのを見てみたいと思っておりまして・・・」
「君、面白そうな話ですね・・・ちょっと松澤君、彼を部屋へ・・・」

そして老人は「財団法人交通文化振興財団会長」と書かれた名刺を渡した・・・

少年はあの夏の日にC623機と出会ってからC623機に取り憑かれてしまった。
本当に本気の馬鹿になったのであった。日本トレインクラブの仲間達にC623機復活をぶち上げてやはり馬鹿!と言われたのだが、その11月28日には北海道鉄道研究部を立ち上げて、翌年には北海道鉄道研究会として独立して「C623機復活」をテーマとして追い掛けていた。

仲間達は国鉄新規採用停止で国鉄を諦め、臨雇を去り民鉄に散ったが、彼だけは最後まで国鉄と上野駅に留まりたい!と頑固だった。誰もが同じ気持ちではあったから、誰も説得も説教もしなかった。が、C623機だけは皆一様に諌めた。

「俺達に何が出来る?どんなに銭掛かるか知らないんだぜ」
「なら、銭の掛からないところで攻めるよ」


散々罵倒された。しかし、怯まなかった。むしろ罵倒されればその反論を一生懸命考えて、法律的と言われれば図書館に通い詰めてその突破口を探した。

その結論が、「鉄道輸送警備隊」だった。運行に際して最も危倶されるのは群集する鉄道マニアで、その警備は彼等の行動を警備会社や警察が把握しにくいだけに困難で、また警備費だけで復元費用に相当する事も解った。問題はそれに「悪戯」が横行している事だった。

沿線で人の家の庭や畑を踏み荒らす、道路やレールにまで鈴生りになって列車を停めてしまう事もあったし、SLを撮る為に対向列車に接触して死亡する事件などもあった。SLにとって何よりの敵は「事故」だと認識した。であれば、ボランティアの警備チームを配置して事故や犯罪を防圧しよう、と考えたのだ。

それと並行して、SL企画のスタイルも研究していた。国鉄がこんな状態ではとてもSLなんて言い出せない、ならば民間主導の「主催型」=オーダーメイド列車で実施する方法は?となり、その実験としてその8月に北海道で団体専用臨時列車の運行の準備をしていたのだった。その資材を買いに行った秋葉原で交通博物館に立ち寄ったものである。

以下は、【ぐらふぃてぃC623】からの抜粋
昭和62年1月、始めて「小樽SL復活の会」の人と直に初めて会ったのは、札幌京王プラザホテルのティーサロンでした。
「僕達は真剣です、君は真剣ですか?」
「真剣です。」
「この機会を逃したら二度とC62の本当に走る姿は見られないと思いますから」
「何の為に、真剣になれるの?」
「君は小樽の人間でも、これで金儲けが出来る訳でも無いのに?」
「国鉄人として・・・」
「一瞬でも良いから本物の国鉄人として生きた証しを残したいんです!」

うっすらと渡部さんが涙ぐみ、工藤さんは満面の笑顔になってくれました。

少年が最初にこの計画に「接触」したのは昭和61年の4月初旬だった。
友人からの情報で小樽築港機関区C623機計画を知り、そもそも以前から「C623機復活に向けての列車運行=団体専用臨時列車の研究」として、とにかく道内で一本列車を仕立てる事として、その準備をしている最中の事であった。

以来4ヶ月余、初めて接した「小樽の先輩」達は、私の馬鹿が単なる馬鹿で無く、真剣に大馬鹿である事を知ってくれて、「仲間」と呼んで受け入れてくれた。
当初の「C623機」計画では、小樽〜倶知安間を1日1往復、年間90日程度として、14系客車6Bで「臨時急行」としたものだった。 とにかくC623機を「本線」に復活させる為の「理由付け」でしか無かったものだが、馬鹿は馬鹿なりに早速噛み付いた。

「在来型一般車で無ければ、全国区のSLにはなりませんよ、それにニセコと言い、急行とするならば食堂車か軽食喫茶は必要です。日本最大最速最美と言っても、それだけではアピールが弱いのでは?」
「在来型一般車、ですか?」
「食堂って、それは珈琲の飲める?」
「はい!イメージとしては喫茶店です。」


で、3人黙った。実は既にこの時に上島珈琲本社(UCC)のタイアップは決定していたのだ、しかしその時点で私はそれを知らなかった。

「君が考えるのは、どんな汽車?」
「はい、通常は小樽〜倶知安で在来型一般車5両程度、1両は内装を換えて食堂車にします・・・蒸気機関車は小樽から倶知安か、皿(転車台)の残っている長万部まで・・・来年には青函トンネルも出来るので、函館には随分観光客も行くでしょうから、その御客様を小樽へ直接引っ張る為に・・・」

以上は【走将C623】のコンテンツのごく一部からの抜粋です。
詳細は【走将C623】のメイン頁⇒こちらからお読みください。

あまりに長い旅路なので、かなり省略していますが、C623復活に夢をかけた少年の構想は
単にC623を復活して走らせることでなく、それを導線として沿線の観光産業を活性化させる(=現在の町おこし構想)であったことに、大人たちは驚愕したのでした。

1981年(昭和56)年7月
手宮の鉄道記念館で眠っていたC623号に少年が出会ってから7年後
1988年(昭和63年)4月25日、奇跡の復活を遂げ、15年ぶりに小樽・倶知安間を走りました。
『快速C62ニセコ号の記録上は
 運転開始日が1988年(昭和63年)4月29日で、運転終了日が1995年(平成16年)11月3日)』
奇しくも7年間の復活劇でした。

C623の復活までの道程で、最も大きなエポックは、国鉄の分割民営化=JR誕生です。最盛期に46万人居た国鉄職員は1986年(昭和61年)には、合理化に伴い28万人弱に縮小しましたが、1987年(昭和62年)の国鉄⇒JR分割民営化に向けて20万人への人員整理(リストラ)が必要でした。

多くの人員を必要とするSL運行は、そんな状況で特に赤字路線を多く抱える北海道でC623の復活など、夢のまた夢の話でした。そんな夢物語が実現したのは、元国鉄マン(機関区の人々)の情熱と、C623復活に夢をかける民間人(北海道鉄道文化協議会)の協働があればこそでした。



これは、国鉄最後の日1987年(昭和62年)の3月31日から、JR誕生の4月1日午前0時に変わる時の動画です。この中に北海道・小樽運転区で息を吹き返したC623が登場します。鉄道員(ぽっぽや)の意地と心意気で、1年後のC623通常運行に備えてC623は準備を整えていました。
この現場に、もはや青年となった【C623復活に夢をかけた少年】を居て、感涙にむせんでいました。 
ボーッ!
走将・C623機は甦った。
その汽笛は不可能を可能にした人間勝利を宣言する、走将の獅子吼だった。
昭和62(1987)年3月31日23時59分。
会場に螢の光が流れた。日本国有鉄道の幕を閉じる惜別の歌である。
彼は独り電気機関車庫の方に歩いた。誰にも眼に付かない所へ・・・そして、号泣した。もう二度と戻れない母なる日本国有鉄道、そしてC623機の復活にただ無心だった5年間・・・そして今、夢は現実になった。複雑な思いを大声で泣いて掻き捨てようとした

こうして手宮の鉄道記念館で眠っていたC623号機は翌年、1988年(昭和63年)4月25日、奇跡の復活を遂げ、15年ぶりに小樽・倶知安間を走りました。
このC623ニセコ号の画像は数多くの鉄道ファンの方々がHPやブログにアップされています。おすすめは⇒こちら

C623の復活運行には
機関士・整備士というベテラン鉄道員の情熱がなかったら、実現しなかったでしょう。
しかし、C623ニセコ号の運行母体は、JR北海道でなく1987年(昭和62)に発足した、任意団体・北海道鉄道文化協議会(略称:鉄文協)であり、鉄文教の最終目的が東洋一と言われた 「小樽築港機関区の扇形庫」 の保存と存続であったことを知る方は、数少ないと思います。

鉄文協の会長は、小樽の中澤漁網社長の中澤信行氏
副会長には、上島珈琲の上島達司社長とハドソンの工藤裕司社長
専務理事兼任事務局長として、工藤竜男氏
でしたが
C623復活に誰よりも情熱を傾け、大人たちにアイディア(企画)を提供した
【C623復活に夢をかけた少年】吉野俊太郎氏を知る方はさらに少ないでしょう。



こちらが小雪まじりの雨の日に、倶知安(くっちゃん)峠を登る、復活したC623(=快速C62ニセコ号)で、同場所で乗客側が撮った動画が⇒こちら
単独で山線(峠越え)を運行するために、C623は軽量化の改造が行われましたが、それでも『滑り止めの砂を撒きながら登坂しても、空転(車輪の空回り)しています。』
雪の中を走るSLは絵になり、そんな姿を鉄道ファンは望みますが、吉野氏曰く、最大最速の機関車とは『小錦がハイヒールを履いて走るようなものです』という言葉が、滑りやすい冬期の線路を高速仕様に造られたSLが登坂することの難しさをよく表しています。

吉野俊太郎氏は、C623ニセコ号運行時は、【鉄道輸送警備隊ボランティア】のリーダー役を引き受けました。鉄道輸送警備隊ボランティアは、列車の安全運行のために、危険個所で撮影をしようとする鉄道ファンを整理・排除したり、危険行為を及ぼす乗客を監視する、鉄道ファンから、最も疎まれる(=嫌われ役)の損な役回りです。

「何故?そんな嫌われ役のリーダーになったのですか?」
「警備してもお金にもならないし、絶対損な役回りですよね?」
「たすけさん、鉄道運行の第一義は安全なのですよ。」
「もし事故でも起こったらせっかく復活した運行が駄目になります。」
「それに、警備会社に委託したらそれだけ費用がかさみます」


吉野俊太郎氏は、常在戦場!〜安房守義将之勝手御免〜というブログを綴っていますが、その中の⇒こちらの記事中
鉄道の乗車券は入場券では無い。
 その表記された区間に於いて、旅客や貨物の運送を引き受けた契約書であり、有価証券なのである。
新幹線はその利便性追加の付加条件でしか無い。
本来は乗車券のみでその区間の運送をする責任があるのだ。
という一節を書いています。この言葉に吉野氏の鉄道員魂(国鉄魂)を見た気がしました。

引用を多用して、長々書きましたが、私が吉野氏(=安房守義将)に対してもっとも驚愕した点は、C623の再々復活を本気で考えていることでした。
法人と言う事もそうだがどうすればC623機とNPOが繋がるか・・・
一度まとめたPHOENIXプランの企画書を書き直し、2002年11月3日には今までの事を明白に報告し、鉄文協を一旦総括した上で、旗揚げしたい・・・

そして、私はもう一人の師匠にその報告をする為にJR東日本飯田橋駅に降り立った。
「君が何処までやれるか、期待してます。」
誰かに命令される訳でも、動かされている訳でも無い。
しかし私には果たさなければ成らない「義」がある。
「老いたる同志の築きたる誉の軌道をいざ護り抜け」

今まで公表も報道もされては居ないが、確かに「不可能を可能」にした人達が居る。その名誉と「確かに此処に生きた」証を立てる為に、C623機は断じて「過去のもの」とはしない。
それが私達の「義」でありますから・・・。
かくして2003年(平成14年)6月に
吉野俊太郎氏はNPO法人【特定非営利活動法人 交通文化連盟】を設立しました。
続きを読む


2011年11月13日

posted by たすけ at 21:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | お気に入りサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「山さ行がねが」と「宮澤賢治の詩の世界」

お気に入りサイト

あんまり眩ゆく山がまはりをうねるので  ここらはまるで何か光機の焦点のやう
蒼穹(あをぞら)ばかり、 いよいよ暗く陥ち込んでゐる、
(鉄鉱床のダイナマイトだ  いまのあやしい呟きは!)


宮澤賢治「春と修羅 第二集」の詩・峠(仙人峠)の書き出しですが・・・
仙人峠に縁、【山さ行がねが】と【宮澤賢治の詩の世界】の2つのサイトのご紹介。

「銀河鉄道の夜」の原点、JR釜石線で特徴的な線区は、上有住駅⇒陸中大橋駅の8.3km
のトンネルばかりで、最後にオメガカーブで陸中大橋駅に出る線形に興味が湧きました。



昭和25年(1950年)まで、釜石線は仙人峠駅と陸中大橋駅の間で東西に分断されて、両駅の間は貨物は策道(簡易ロープウェイ)を使い、旅客は2時間半〜3時間をかけて徒歩で峠越えをしていたそうです(驚) 単純に仙人峠駅⇒陸中大橋駅の間をトンネルで繋げばいいのに・・・なんて思いますが、両駅の距離間が約4kmで標高差が306m。これは品川駅から東京タワーのてっぺんまで一気に登る勾配であり、そんな勾配のきつい鉄道なんて無理でしょうねぇ。
因みに、ケーブルカーでなく鉄道として日本で最も急な勾配を登っていくのが、箱根湯本駅⇒強羅駅間の箱根登山鉄道で、距離間約9kmで標高差445mを、スイッチバックを利用してを登って行きます。

JR釜石線と仙人峠

ともあれ、1929年(昭和4年)から国鉄により仙人峠のルートの検討が行われ、栗ノ木峠の下を足ヶ瀬トンネルでくぐって気仙川流域へ一旦出て、上有住駅(新駅)を経由し土倉峠の下を土倉トンネルで抜けて、東側斜面を大きなオメガカーブを描く形で陸中大橋駅へ降りていく線形が採用され、戦争で一旦中断後、昭和25年に悲願の釜石線の全線開通となったそうです。
(この開通によって仙人峠駅は廃止)

2007年(平成19年)には、新仙人峠道路(実際は仙人峠を経由しない)も開通し、車でも距離で7.5km、時間にして約35分の短縮。普段流山市内の新道建設で、旧道が次々と寸断されてしまった事を嘆いていた私ですが、やはりところ変われば新道開通は住民の悲願なんだなぁ・・・と。
つくづく考えされられました。

さて本記事は、お気に入りサイトのカテゴリに入れたのですが・・・
先ず、松戸市生まれ横浜育ち、小6で秋田に引っ越して廃道に目覚めたヨッキれんさんが運営する【山さ行がねが】 ご本人筆の紹介文が秀逸ですので、そのまま引用させて頂きますm(_ _)m
しかし、いつしか私が夢中になっていたのは、
誰からも顧みられず荒れ果てた、-----廃道。
とうに主役の座を降りた、-----旧道。
人や車はおろか、光さえ通さぬ、-----隧道。
時刻表から抹消された、-----廃線。
東北の一時代を築くも、全ては昔語りの彼方、-----林鉄。

そんな、地図にも描かれていない道たちだったのです。

“失われた”道の探索には、
前を行く車の轍を追いかける旅とは違った、
「発見」という喜びが、満ち溢れていました。
私はますます夢中になってしまいました。

われわれのそばには、たくさんの道があります。
地図に載っている道が全てではありません。
過去そこにあった道や、まだ姿を見せない道があります。
そのどれも、未知へと繋がる道たちです。

もし、それらの存在に改めて気づいたとき、
あなたの周りの見慣れた風景も、
また違ったものに見えてくるかも知れません。
たぶん、拙ブログの読者の方でもう、ご存知の方も多いのかも知れませんが、師走の忙しい時期に、こんな素敵なサイトに出会ってしまって、嗚呼、もう堪りません(T_T) 廃道、廃線、旧道、隧道好きな方で、今忙し方はこのサイトを見ない方がいいです、絶対嵌ります(苦笑)

私がここを知ったきっかけは、仙人峠について調べていたら、この【道路レポート】に辿りついてしまって...嗚呼それから、もう【山さ行がねが】の虜^^; 「ちょっとだけ、ここ読んでみよ」...と思いつつ...って駄目めよぉ(T_T)内容・文体も面白過ぎて、ついつい仕事そっちのけ...今とにかく先を読みたい気持ちを必死に抑えながら、師走の仕事と格闘しています(^^;)



人はみな時間という列車に乗っかっています。
列車が走るにつれ、景色の見え方がかわります。
歴史も、見る位置によって見え方がかわります。


これはある歴史学者の言葉で、この史学サイトもお気に入り登録済なのですが、これとほぼ同意で..

宮澤賢治が表現しようとしたみずからの歴史観=時間観は
次のように言いあらわしてみることができるのではないでしょうか。
 「時間のなかの「いま」という、たったひとつの地点から見た歴史が、何か客観的・絶対的な存在として、あるとは考えない。
 そうではなくて、過去から現在まで、それぞれの「時」に感じられ考えられていたことが、それぞれみんな平等に「本統」であり真実であり、それら感じられたものすべての集積として、時空的に広がった『世界』がある。」
と表現されたのが...京都のhamagaki(浜垣 誠司)さんの運営する
【宮澤賢治の詩の世界 ( mental sketches hyperlinked )】です。

宮沢賢治をテーマにしたサイトは数多ありましたが、複雑な賢治の作品群をあまりにも緻密に整理し。且つ、論理的な書評をしながら、決してお仕着せにならないような文体に感動して読み進めています。あとで、hamagakiさんは現役の精神科医だと知って・・・
「嗚呼なるほど、それで基本、読者に余白を残した優しい文体なんだ」と合点がいきました。

元来、賢治の作品はどれも「さらっと読みとる」などということができない、精神(心象)世界の作品ばかりなので、このサイトもじっくり拝読したいサイトと、お気に入りに登録しました。
ヨッキれんさんの【山さ行がねが】然り、hamagakiさんの【宮澤賢治の詩の世界】然り
ひとつのテーマに深化したサイト造りは、私にはできない芸当なんですよねぇ...なので、こういうサイトに出会う度にお気に入りが増え続け、どこかの誰かさん同様、Web holicになっていく訳なのです(^^;)

冷たい風が、 せはしく西から襲ふので
白樺はみな、 ねぢれた枝を東のそらの海の光へ伸ばし
雪と露岩のけはしい二色の起伏のはてで
二十世紀の太平洋が、 青くなまめきけむってゐる
黒い岬のこっちには 釜石湾の一つぶ華奢なエメラルド
 ……そこでは叔父のこどもらが
   みなすくすくと育ってゐた……
あたらしい風が翔ければ 白樺の木は鋼のやうにりんりん鳴らす


銀河ドリームライン釜石線は、震災後1ヶ月で復旧したけれど
海岸線は旧道も鉄道も壊滅状態...賢治が今に生きていたならば
イーハトーブ復興に向けたどんな詩を綴るのだろう・・・

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2011年12月10日

posted by たすけ at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんなFacebookを見てみたい / Optical Illusion

お気に入りサイト

Facebookは本来【顔本】なんだから・・・こんな顔を集めたFacebookを見てみたい。

optical illusion_01

この雪男?の顔はiPhone、iPod touch iPad ユーザーは見慣れているのでしょうね。
説明書きに、Optical Illusionとありますが、顔の錯視で有名なのは・・・

ルビンの壺

こちらのルビンの壺(男女向い合せの顔)ですね。こーゆーのがお好きな方は
錯視と錯聴を体験!Illusion Forum イリュージョンフォーラムへどうぞ♪

optical illusion_02

私は、こーゆー優美でわかりやすいOptical Illusion(錯視)作品が好きですねー♪




...で、おまけの画像。これはOptical Illusionではなく
日本人のルーツともいわれている港川人の男性復元像なのですが...

誰かに似てる?錯視?

う〜ん...似ている。
見れば見るほど、なでしこジャパンの○○○選手に見えてくる...
いや、その他にも、この顔に見覚えのある知人が数人いる...
もしかして...やっぱりこれも、錯視効果を考え抜いたOptical Illusion作品かも?(^^;)


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2012年02月14日

posted by たすけ at 15:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | お気に入りサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ありがとう!C11 325号 / いきものがかり

お気に入りサイト

ありがとう!って 伝えたくて あなたを見つめるけど〜♪
鳴らされた汽笛は 誰よりも優しく ほら その声 受けとめてる〜♪

ありがとう!C11 325号...って。またSL話ですみません、もうちょっとだけ^^;

先ずは、蒸気機関車=SL【Steam Locomotive】の基本から・・・
=動輪1 =動輪2 =動輪3 =動輪4 =動輪5
主にC〜D 10〜49=タンク式機関車  主にC〜D 50〜99=テンダー式機関車
やっぱり模型で比較するとわかりやすいので。参照⇒Nゲージ蒸気機関車

C62とD51の比較

上がC62形(シロクニ)狭軌による世界最高速度129km/hを記録した伝説の機関車です。
下がD51形(デゴイチ)日本で最も数多く生産されたSLの代名詞となった機関車です。
ともにテンダー式(機関車の後ろに炭水車[テンダー]を連結)の大型重量級SLです(^^)
規格比較     C62        D51
全長         21,475mm     19,730mm
車輪配置      2C2         1D1
動輪直径      1750mm      1400mm
機関車重量     88.83t        78.37t
動輪軸重      最大16.08t     最大14.30t
炭水積載量     32.00t        32.00t
自転車も車輪の大きい方がスピードが出やすいですが、SLも同じです。D51のように動輪が小さくなっても数が増えると牽引力が有利になりますので、たいていC形は旅客列車を牽引して、D形は貨物列車を牽引していました。注目点は車輪配置なんですが、旅客用としてカーブでも高速走行するC62型は動輪の前に小さな先輪が2つあります。実はこの小さな先輪が脱線のリスクを軽減しています。
(貨物用のD51の最高速度は75〜80km/h程度)

C61やC62とは、戦後GHQ占領下の日本でSLの新造が許されず、また物資も乏しい時代に、D51のボイラー(胴体部)を流用改造したのがC61で、D52のボイラーを流用したのがC62です。SLは耐用年数が長く、状態よく整備していれば100年は走ると言われています。
参照⇒公園展示のC61が38年ぶりに復活

ただ、D51・D52やC61・C62など大型重量級のSLになると、どこの線路でも走れるという訳ではなく(線路には構造によって最高速度や年間通過トン数制限があります)地方の支線などは、軽量型で線路に負担の少ないSLが必要になります。そこで登場するのが軽量小型の機関車なのですが・・・

C11とC56の比較

上がC11形。タンク式の代表的SLで、動輪の後ろに従輪が2つあります。
下がC56形。小型SLのテンダー式で、機関車本体には従輪がありません。
共にバック運転がしやすいよう(運転視界を確保するため)にタンクやテンダーの側面が削られているのが特長です。
規格比較     C11        C56
全長         12,650mm     14,325mm(テンダーを含む)
車輪配置      1C2         1C
動輪直径      1520mm      1400mm
運転重量      66.05t        65.53t(テンダーを含む)
動輪軸重      最大12.40t     最大10.61t
燃料積載量     3.00t        5.00t
先ほどのC62で説明の通り、脱線のリスクを軽減するためには、動輪の前に2つの先輪がついていた方が有利です。
C11はタンク式のためバック運転でも視界良好で、従輪が先輪代わりとなり脱線のリスクが少ない。
C56はテンダー式で機関車本体に従輪がなく、バック運転で脱線率が高かった。

そんな理由から、動態保存(走れる状態)では、現在C11が6輌に対して、C56はわずか2輌です。
つまりは、C11形は線路を選ばず、バック運転もOKな、万能型のSLなんですね(^^)v



前説が長くなり過ぎました。ここからが、ありがとう!C11 325号の本記事ですf(^、^;

先ずはこちら、JR東日本 沿線スマイルプロジェクト



2011年11月12日「宮城・石巻復興号」のC11 325号(仙台⇒石巻)



2011年11月26日「SL湯けむり復興号」のC11 325号(小牛田⇒新庄)

やっぱり、SLって子供から老人までみんなを笑顔にしますよねぇ(^^)
上の2つの動画は、大手企業の企画・撮影だから素敵な動画なのは当たり前だけど、私がもっと感動したのはホントにSLが大好きで、このプロジェクトで活躍したC11 325号を撮影&編集された、62RL12(羽前赤倉駅前元住民)さんの「蒸気機関車 石巻線 2011」という動画作品です。



最初(プロローグ)のシーン
機関士(運転士)さんが汽笛、安全弁、ドレイン(車体下から)をフルに使って
「見送りありがとう!」「行ってきまーす!」の挨拶がいいですよねぇ。
そして・・・
最後(エピローグ)のシーン
小さな子供を抱いて手を振る若いお母さんが機関車(C11 325)に向かって
「ありがとう!」って、言ってるのがすごくよく伝わってきます♪

もちろん撮影技術や編集力が素晴らしいのだけど、ホントにSLが好きで、ホントに故郷を思う気持ちがあってこその表現力だと思います。この作品は、何度繰り返し観てもウルウルしちゃう私です。



最後の最後に・・・もう1作品。C5741さんの動画です。
蒸気機関車・C11 325・SL会津只見10周年号ドラフトの響き



福島県・JR東日本を応援しよう。(会津柳津ー郷戸ー只見)
2011年5月21日〜22日の「SL会津只見10年号」のC11 325
会津只見線を行くC11型蒸気機関車本来の音をお楽しみください。

客車最先端...つまり、C11 325のタンクの真後ろから撮った作品で、汽笛もシュッシュッポッポというドラフト音も間近で響いています。もし、C11 325が"生き物"だとしたら、その"息づかい"を感じながら背中に乗らせてもらったような、そんな気持ちにさせてもらえる視野からの撮影です♪
これもSLが好きじゃなきゃ出来ないけど、まぁそりゃ、煙いのずっと我慢して、真っ黒になりながら撮られたんだろうなぁ・・・

いや〜ホントにSLっていいですよねー
「ありがとう!」62RL12さん、C5741さん、「ありがとう!」C11325 !

どうして人はみんな 昨日に寄り添うの 哀しみを知っていながら
世界は囁いて 優しさに包まれた ありがとう キミの声で立ち上がる
昇って沈む 日が笑っていた

I've gotta live on 'cause now I'm moving on.
It's never gonna bring me down. No never gonna bring me down.
I got up and changed my life. So now I living on.

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2012年04月22日

posted by たすけ at 11:46 | Comment(6) | TrackBack(0) | お気に入りサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天地真理の歌唱力 / 花と小父さん

お気に入りサイト

ちいさい花に  くちづけをしたら  ちいさい声で  僕に言ったよ
私はあなたの  おへやのなかで  いっしょうけんめい咲いて  なぐさめてあげるわ
どうせ短い  私の命  小父さんみてて  おわるまで


私、この歳になって、やっと天地真理の癒しの声質と抜群の歌唱力に気がつきました。
天地真理が「時間ですよ」でデビューした1971年この時の私は声変わり直前の中学1年生。
天地真理のファルセットよりハイトーンヴォイスでした(笑)

天地真理が歌番組隆盛の1970年代前半に、国民的アイドルとして一世を風靡し、私が生れて初めて買ったレコードも【天地真理4曲入りEP】だったのですが、当時の私は真理ちゃんの歌唱力に気がついていませんでした。



足のステップも、手のフリも、なんか不器用・・・けど。
そんなことを凌駕して、とにかく真理ちゃんの笑顔を見たさにTVを見ていました。
アイドルに歌唱力や芝居の演技力は必要ない、ただ可愛いければ、それでいい!
今思えば、私より7つも年上なのに、アイドル天地真理として見ていて、歌手天地真理として見ていなかったせいかもしれません。

私が高校1年or2年の時。(1974〜75年)
時期はうろ覚えなのですが、場面だけはしっかり記憶に残っている事があります。
原宿駅から明治神宮に向かう途中に黒塗りの車が止められていて・・・

「あ!真理ちゃんだ!」
...声の方向に目をやると。
女性マネージャー?に抱きかかえられるように後部座席に乗り込み、ほとんど放心状態で、ぐったりしている真理ちゃんを、そこに居合わせた全員が心配そうに眺めていた場面です。

この頃には私にとって、アイドルはすでにキャンディーズのスーちゃんに変わっていて、ドリフの全員集合やバラエティ番組に天地真理ではなく、キャンディーズの出演情報を探していました。たぶん、私だけでなく世間一般もマスメディアや渡辺プロダクションのアイドル戦略にまんまと乗せられていて、言い方は悪いですがアイドルの使い捨てを傍観していたのかも知れません。

今にして思えば、睡眠時間もままならない殺人的スケジュールで、心身ともにボロボロになった当時の真理ちゃんに向精神薬が何種類も処方されていたのではないだろうか。
真理ちゃんと同じプロダクション所属のキャンディーズが、「普通の女の子に戻りたい」と解散を決意したのは、表向きは最初から活動期間を3人で決めていたということですが、そんな真理ちゃんを間近で見ていたことも無縁ではないように思います。

キャンディーズと天地真理のコラボ
すごいですねー。
今や、こんなことも出来ちゃうんですね。
細かくパートを記述するとこうなります。

0:12 ランちゃんのソロから始まり
0:37 からスーちゃんのソロ
0:51 からキャンディーズのコーラス
1:15 から真理ちゃんのソロ
2:14 からスーちゃん&真理ちゃんのコラボ
2:28 からキャンディーズ&真理ちゃんのコラボ



さて、天地真理の歌唱力に戻りますが。私自身、音楽に精通している訳でなく、極めて個人的な見解であることを最初に断っておきます^^;

やはり天地真理と同じプロダクションだった歌手に太田裕美がいます。
私が、地声から可愛い声質で好きなのは太田裕美です。
『木綿のハンカチーフ』で随所に地声からファルセットに変わる部分がたまらなく好きです♪
では、天地真理が地声からファルセットに変わる部分が明瞭にわかるのは
かぐや姫の代表作⇒「赤ちょうちん」を天地真理が歌う

太田裕美をして全盛期はファルセットで喉(声帯)を傷めて苦労をしたという話を対談番組で聞いたことがあります。ましてや、自身のヒット曲すべてをファルセット歌唱法で歌う、全盛期の天地真理の喉の酷使は、想像を絶するに余りあります。
当時の歌番組で時折、張り上げるように声を強く絞り出して歌っていた真理ちゃんの歌声を聴いていた事も「天地真理本来の歌唱力」に気がつかなった要因かも知れません。

動画サイトで天地真理の歌う童謡「みかんの花咲く丘」を聴き、心が震えました。

こんなに優しいきれいな声で
こんなに丁寧に歌う人だったんだ・・・

童謡を聴かせてくれる有名歌手といえば
天地真理と同年(1951年)生れの芹洋子
や由紀さおり(1948年生)がいます。
お二人の「みかんの花咲く丘」も素晴らしい
歌声だけど、私にとって天地真理の歌う
「みかんの花咲く丘」が最も癒されました。
77年の休養直前のオリジナル曲「夢ほのぼの」
も素晴らしいです。気がつかなかった・・・。




ここ最近、すっかり天地真理の歌の動画三昧なのですが・・・
私の中での天地真理ベスト3は「花と小父さん」 「あなた」 「なごり雪」です。
どれもカバー曲ですが、天地真理本来の歌唱力は、こういう歌によく現われてくると思います。

もし、元祖アイドルとしてブレークしなかったら、私も世間も天地真理を知ることはなかったと思いますが。もし、渡辺プロダクションが天地真理をアイドルとしてではなく、じっくり聴かせる「弾き語り歌手」として育成していたならば・・・。
天地真理、天性の優しく丁寧な歌唱力が発揮され、芹洋子や由紀さおりのように息の長い歌手として、現在も活躍していたのではないかなぁ・・・。

可愛い花を  僕はつんで  へやの机に  飾っておいた
小さいままで  可愛いままで   ある朝花は  散っていったよ
約束どおり  僕はみていた  花の命の  おわるまで


昨年デビュー40周年を迎えた天地真理さんは、現在、熱烈なファンクラブに支えられています。私もたまに真保(娘)さんのTwitterなどを読ませて頂いています。
かつての美声復活は叶わないかも知れないけれど、現在50代となった小父さんの心に、天地真理の可憐な花はいまでも咲き続けています。

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2012年05月03日

posted by たすけ at 00:19 | Comment(10) | TrackBack(0) | お気に入りサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界一周の教育実習〜シルクロード自転車横断〜と樹懶庵(じゅらいあん)

お気に入りサイト

現在の中国や韓国との領土問題や、反日(抗日)運動について、日・中・韓それぞれの国の学校教育(歴史教育)から問題点を考えてみよう...なんて内容の記事を途中まで書いていたのだけれど・・・。

世界一周の教育実習〜シルクロード自転車横断10000キロ編〜
教師のたまごが世界に飛び出したっ!! ただの知識で得た観念上の言葉ではなく、実体験に基づいた確信の言葉で、世界の広大さ、大自然の美しさ、生きることの素晴らしさを子どもたちに伝えたい。「世界を見ずして世界を語れるくぁ!!」



上記のDescription(ブログ説明文)と
自転車でシルクロードを横断した行動力を目の当たりにして、何も書けなくなりました。

ひとりだから何もできないんじゃない。
ひとりだからこそできることがある。
そして、あきらめない。




Free Hugs for Korea-Japan Peace (日本人が韓国でフリーハグをしてみた)

ちょうど1年前に一人の教師のたまご(日本人青年)が韓国で行ったこの行動力が
政治家や評論家や、私を含めた大人たちの愚にもならない論理を喝破しています。

パソコンや図書館で資料や本を通した知識で
知ったかぶりの反日(抗日)運動について語ろうとしていた自分が恥ずかしい。




とは言いつつ....では身体も張らず、何も行動しない(できない)人間は
日中・日韓の軋轢問題について、何も語る資格がないかと言えば...それは否。

樹懶庵(じゅらいあん)

「樹懶庵じゅらいあん」
研究所勤務のオヤジで、専攻は人口学。専門以外の関心領域は、数学、懐疑論、朝鮮史など。趣味は昼寝。極度の出不精で休日は引篭り状態。動くのが嫌いなので前世は樹懶=ナマケモノに決定。
ナマケモノと自嘲されていますが、日・中・韓(朝)の三国間の歴史教育(歴史認識)や、欧米からみた日本・中国・韓国(朝鮮)を、これほど要点をまとめて整理したサイトは比類がないと思われる秀逸サイトです。

確かに現在の日中・日韓の摩擦は、為政者の「思惑・情報操作」や、ごく一部の「欲・功名心」に駆られた行為など、言い出せば切りがないほどの「吐き言葉」を挙げることができるけど。(例えば従軍慰安婦問題の日本側なら、植村隆(朝日新聞)・吉田清治・福島瑞穂・河野洋平etc)
でも、これら4人が存在しなかったとしても、現在の状況にそんなに変わりはないような気がします。

古の賢人は森羅万象の深奥を観相し
現代の愚者は情報の奔流に狂騒す

電脳の発育は音速に勝ると云えども
有用な知見は砂中に黄金を求むるが如し

ここに樹懶庵亭主漫然と愚考に耽り
亦無用な知識の堆積を重ねんとす


樹懶庵の亭主は『愚考に耽り、無用な知識の堆積』と...謙遜されていますが
電脳樹懶(=私)は、「この庵の読破」でかなり、有用な知見を賜りました。

ご興味のある方は、端折り読みでもご一読をおすすめします。
文書量が膨大なので速読するコツは、ウィンドウの幅を調節して
一行35文字程度になるような窓サイズにして読むことです(^^;)

2012年08月21日

posted by たすけ at 18:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Genius The K.Y & Y.K / 山下清と草間彌生

お気に入りサイト

The feeling can be expressed who is Genius.

山下清&草間彌生

Do you Know Kiyoshi YamashitaYayoi Kusama ?

Kiyoshi Yamashita & Yayoi Kusama eyes & heart

Can you painting represents what is reflected to your eyes?

Can you drawing represents what is reflected in your heart?

Can you expresses the soul common to human beings?

Everything all consists of particles.

It's also a shout as freedom and fear.

I don't understand, but I feel the situation.

Polka dots [world of particles]

Probably, everyone will have the world of particles in.

2012年09月29日

posted by たすけ at 02:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | お気に入りサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロジェクションマッピング動画特集

お気に入りサイト

お気に入りネット動画のプロジェクションマッピング動画特集です。

来る10月20日(土)に東京理科大学建築学科の学生を中心に「水と光」をテーマとしたイベント
【利根運河シアターナイト2012】が開催されるのですが・・・
「アート作品」として、学生制作の光るオブジェを利根運河沿いに設置します。オブジェの光はコンピュータ制御によって、音楽とともに会場全体の風景を様々に変化させます!
「おぉ!これは楽しみです!」(^-^)

利根運河シアターナイト2012の詳細については、拙ブログでは後日記事に致しますが
最近「光&音楽アート」で注目を浴びているのが、プロジェクションマッピング♪

東京駅 復原
9月22日と23日に開催された 東京駅 復原記念 TOKYO STATION VISION のこれですね(^-^)

今回見過ごしてしまった方も
東京ミチテラス2012 実行委員会は12月21日から12月28日までの期間、復元された東京駅舎に、プロジェクションマッピングを利用したライティングショーを実施する。
...っていう事らしいので、私も行きたくてムズムズしてますが。以前の東京ミレナリオの時も物凄い混雑していたし、今度も相当の人出なんだろうなぁ(T_T)ネット配信の動画で観た方が得策かなぁ。

ま、そんな訳で・・・
ネット動画のお気に入りのプロジェクションマッピング動画特集です。
おすすめの観覧方法は、ボリューム大きくしてフル画面再生ですよ(^-^)
でも時間的に長いのが多いですから、お気に入りにでも登録されて、後でじっくりどうぞ(笑)



■Osaka光のルネサンス2011 大阪市中央公会堂
大阪でもやってたでぇ〜!...ってことで(^^)



■3D Projection Mapping promoting The Tourist in Dallas.
このクオリティで映画の宣伝用...っていうのが驚きです。



■The Official Ralph Lauren 4D Experience - London
流石!ラルフローレン!お洒落で綺麗です♪



■Magic, Memories, and You! フロリダのディズニー・ワールドで季節限定開催
形状が複雑なシンデレラ城に投影するのは、高度なテクニックなんでしょうねぇ。
ついでに⇒[カリフォルニア・デズニーランドリゾートのウォーター・プロジェクション]30分と長いです^^;



■京の七夕 二条城プロジェクションマッピング
日本の城郭に映えるプロジェクションマッピングも That's so cool!(^-^)v



■UAEアブ・ダビ[Sheikh Zayed Grand Mosque]のプロジェクションマッピング。
滑らかな立方形と球形で構成されるイスラム寺院(モスク)は、最もプロジェクションマッピングが映える建造物かも知れませんね。



■澳門_新濠天地_龍騰4D秀_完整版(中国マカオ・シティー・オブ・ドリームズ)
ドーム室内でのプロジェクションマッピング...これ、日本国内のドーム球場でも応用できますよね?もう、実際にやったことあるのかな?



■成蹊学園100周年&成蹊大学『欅祭』50回記念の3Dプロジェクションマッピング
大学主催で、こんなことやっちゃうんですねぇ・・・


東京理科大学野田キャンパスの1号館を使って、同じようにできないかな?
そうしたら対岸の、利根運河土手が格好の観覧席になりますね(^-^)
あ!駄目だ。1号館の前は桜の木があった・・・
じゃ、いっそ満開の桜にプロジェクションマッピング...ってどうですか?
来年2013年3月末に、東武野田線運河駅が新しくなるし、ちょうど花見の時期だし♪

なぁ〜んて、勝手に妄想しながら^^;
『そもそもプロジェクションマッピングとは何か?』
3D プロジェクションマッピング デモンストレーション 制作後記を拝読して
「そもそも満開の桜の形状が事前にわかってなきゃ駄目じゃん」
「あ!でも、過去の花見風景の画像から座標は計算できるのかも?」

なぁ〜んて、更に妄想が続く私でした^^;

2012年10月11日

posted by たすけ at 10:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | お気に入りサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第28回百里基地航空祭の様子と展示機

お気に入りサイト

2012年10月21日 第28回百里基地航空祭に行って来ました。

百里基地航空祭

画像を沢山撮り過ぎて、収拾がつかなくなったので、アルバム形式の記事となります(^^;)当日は航空自衛隊から12機種、海上自衛隊・陸上自衛隊・アメリカ軍からそれぞれ1機種(F-18)の合計15機種が展示されていました。


百里基地にやってき応援機たち
百里基地にやってき応援機 ↑クリックで拡大アルバム↑


米軍から応援機のF-18
米軍から応援機のF-18 ↑クリックで拡大アルバム↑


百里基地 航空祭会場の様子
百里基地航空祭会場の様子 ↑クリックで拡大アルバム↑

百里基地航空祭にて.jpg

2012年10月26日

posted by たすけ at 11:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

百里基地(第7航空団) 第302,305,501飛行隊と救難隊

お気に入りサイト

航空自衛隊百里基地(第7航空団)には、関東地域の防空部隊として

百里基地 第302飛行隊
F-4ファントム戦闘機の第302飛行隊 部隊マーク 尾白鷲
千歳基地→那覇基地→百里基地と配属移動した部隊

百里基地 第305飛行隊
F-15イーグル戦闘機の第305飛行隊 部隊マーク 白梅
目立つ青い尾翼と大きな白梅は、航空祭用の特別塗装

百里基地 第501飛行隊
RF-4ファントムの第501飛行隊 部隊マーク ウッドペッカー
航空自衛隊唯一の偵察部隊(東日本大震災や福島原発の撮影もこの部隊)

百里救難隊
航空事故や緊急災害に出動する百里救難隊 部隊マーク フクロウ
航空救難団のシンボルマークは鷲


T-4練習機
各飛行隊とも練習機としてT-4を配備 ↑クリックで拡大アルバム↑
(尾翼のマークで飛行隊の区別がつきます)

第302飛行隊(F-4EJ改)
百里基地 第302飛行隊(F-4EJ改)
↑クリックで拡大アルバム↑

第305飛行隊(F-15J/DJ)
第305飛行隊(F-15J/DJ).jpg
↑クリックで拡大アルバムに↑

第501飛行隊(RF-4E)
第501飛行隊(RF-4E).jpg
↑クリックで拡大アルバム↑

百里救難隊(UH-60J、U-125A)
百里救難隊(UH-60J、U-125A)
↑クリックで拡大アルバム↑


posted by たすけ at 11:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。