ステーキバンバンジー

■泡沫(うたかた)日記


マルシン♪マ〜ルシン♪ハンバ〜グ♪
手間もかけずに美味しく焼ける♪
マルシン♪マ〜ルシン♪ハンバ〜グ♪

私の記憶に間違いがなければこのCMに出ていたのは仁科明子(亜季子)さんだと思うのだが...

私がハンバーグというシロモノを始めて認知したのは小学4〜5年生の頃のこのマルシンハンバーグからだと思う。それまでハンバーグなどという食べ物は知らなかった^^;
白い油紙?に包まれていて自分で袋を破って焼こうとする時に白いラードで手がベトベトになった...


さて、枕が長くなってしまったが、私がバンバンジー(棒々鶏)という言葉を知ったのは大学生の時であった。

大学5年間の夏休みは毎年、食事つき住み込みで那須高原のレストランでアルバイトさせてもらった。いわゆる別荘族を対象したレストランで那須という場所柄、結構上質の和牛のステーキもメニューにあったが、昼時のお客様で一般家族連れでは、やはり安価なハンバーグランチなどが注文の主流であった。

ところが、日中のメニュー(夜はメニューが変わる)で、そのハンバーグランチとほとんど値段の変わらないステーキセットがあった。

その名も、ステーキバンバンジー。

調理前は冷凍でマルシンハンバーグのような袋に1袋=10枚程度重なって入っていて、繁忙期は、キッチンの片隅で常温解凍させるため100枚以上並んでいたが、解凍してくると赤紫色のなんとも言えない恐ろしい色となり肉の間から不自然に血も染み出てきて、そのままでは食味をそそる色ではなかった^^;

もう、察しの良い読者はこれまでの話の流れでステーキバンバンジーがいわゆる、くず肉を寄せ集めた「圧縮肉」であることがわかったと思うが、私たちのまかない食は、豆腐半丁に味噌汁だけとか、いつも貧弱なおかずばかりだったが、たまに日中の解凍で余分が出るとそのステーキバンバンジーにありつけることができ、一応ステーキをおかずにできる小さな幸せを噛みしめたものである。

で?当時の若いコックさんに
「なんでバンバンジーっていう名前なんですか?」
と尋ねたところ
「バンバンジーっていうのは、肉を棒で叩いて柔かくした調理法で柔かい肉の事だよ」と
教えてくれて、「へぇ〜なるほど」と納得していた。

で..ある時。お客様がそのステーキバンバンジーを注文され、テーブルに置くと怪訝な顔をされた。
「これ、棒々鶏??」
「はい、そうでございますが...」
「これ、どうみても鶏肉じゃないでしょ?」

この後、どう対処したかもう覚えてないのだがバンバンジーとは柔かく蒸した鶏肉に四川風胡麻ソースをかけたものであるという事をあらためて知った^^;

たぶん、ステーキバンバンジーとは圧縮肉に四川風胡麻ソース風のステーキソース(ややこしい^^;)かけたメニューであったような気もするのだが...
それとも、圧縮肉独特の柔かさでバンバンジーとしていたのか...今となってはよく覚えていないが
まかないで食べたバンバンジーは、少なくとも普通にバター醤油のソースで食べた記憶がある。

今回のミートホープ社の臓物混入疑惑や血で色を調整した、などという記事を読み、私の脳裏に真っ先に浮かんだのがステーキバンバンジーであった。

当時かなりの数をお客様に出したのですけど..
まさか、今回の疑惑のような肉でなかったことだけを今更ながらですが願う次第です^^;

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン


2007年06月27日

posted by たすけ at 17:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風一過とツバメ一家

■泡沫(うたかた)日記


7月としては史上最強の台風4号が来て、この周辺は大きな被害はなかったが、ちょっと気になることがあって河川と水辺を見てきた。

実は、ツバメのことを学ぶうちに...
なんでわざわざこんな小さい身体で、危険を冒して大海原を越えて日本にやってきて、また帰ってくるのか不思議だったが。
南国では1年中昆虫はいるが、その密度は年中平均しており、それに比較して日本は春〜初夏に一気に昆虫が発生するので大食漢の雛を育てるには、昆虫密度の高い日本が適している。ということだ...なるへそ。


まず、利根運河づたいに江戸川に出てみた。

imagami_01.jpg
撮影日:07.07.16 利根運河の河口から江戸川を望む絵

秋に来る台風ほどの洪水ではないが、水量はかなり多かった。
少し上流に向かい、江戸川にかかる玉葉橋(埼玉→千葉)で

gyokuyou_01.jpg玉葉橋07.07.16
橋上から下流(東京湾)を見る絵 @クリック拡大


gyokuyou_02.jpg玉葉橋07.07.16
橋上から上流(利根川)を見る絵 @クリック拡大


やはり、グランドまで水没していたが、気になっていたのは点線で囲まれた部分だ。
この部分は、普段は本流の速い流れに影響されない水辺でちょうどよいビオトープになっていて、ツバメの餌となる昆虫の幼虫(トンボやカゲロウのヤゴ)の天国だ。

写真のような状態になると、そんな小さな幼虫はひとたまりもなく流されてしまうだろう...他の小さな河川も推して知るべしだろう。
もしかして、台風が近づいた日にツバメの親が巣立ち(旅立ち)を急いだのは、やがて餌(トンボやカゲロウの成虫)が急激に減少することを察知したからなのかな?

ことのついでに、江戸川を埼玉県側の土手づたいに下り葛飾区の水元公園まで行ってみた。

mizumoto_01.jpg水元公園07.07.16
@クリック拡大

あれ??水位は通常とほとんど変わってないや。

mizumoto_02.jpg水元公園07.07.16
@クリック拡大

3連休の最終日の台風一過を満喫するかのように釣り人や行楽客で公園はにぎわっていた。

水元公園は、災害緊急時の避難場所にもなっているのでそりゃ台風で水没するようではまずいわな^^;
そうすると、この公園の水鳥や野鳥は、すごい一等地に住んでいることになるのかもしれない。

台風一過のきれいな空気の中、のんびり休日を楽しむ人々の画像を整理しながら、濁流に流されてしまった餌不足の予測から?巣立ち(旅立ち)を急ぐこととなった、ツバメ一家のことをまた思い出してしまった。

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2007年07月22日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漫画家(姫野よしかず)さんと自画像

■泡沫(うたかた)日記


私は中学2年〜高校1年の間はニキビに悩んだ。
学級新聞とか連絡ノートに自画像を載せたりしていたが、下膨れ・丸顔・色黒の自分を描こうとすれば、中学の時は丸刈りであったのでおにぎりを丸めに書いて、ほっぺたにゴマ塩を描けばそれで完成だった。

高校の部室には「ドジ録」という、部内の面白いエピソードや、言い間違い記録した日誌があったがそこに自画像を載せる時に、は丸いおにぎりの上に髪は海苔を描けばそれで完成だった。

さて
ネットを介して実際に親交を頂いた方の中に「姫野よしかず」さん
というプロの漫画家さんがいる。
ギターの腕前もプロはだしで、自記事[忘年会]で出てきた友人バンドの人だ。

ここ最近は「釣りバカ日誌」の仕事の他に、学年誌への「ムシキン」や「ポケモン」の仕事が忙しく、なかなかお会いする機会も減ったが、それまではバンド練習後の反省会という飲み会でご一緒したり、新年会や忘年会でカラオケなどをご一緒させてもらっていた。

bandsinnen.jpg
2004年おっさんバンド新年会 描:姫野よしかず

そんな漫画家さんの日記のトップに、飲み友をキャラクターとして掲載する時期があり、みんな自分がどんな絵になるか恐々としていた時期があった。(リアル調orデフォルメ調になるかでw)


...で


diary_title7gatu.jpg


こ、、これが、私....だ(--;

び、、微妙なリアル&デフォルメだ(==;

酔って目のクマが強調されるのは仕方ないが...


で、、でも、私はけっしてズラじゃありません!!(w


2007-07-21筆
.........................................

参照:姫野よしかずのHP

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2007年07月29日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

YOU CAN! メカゴジラ

ZOOMSの管理人さんからセブンの画像転載許可を頂いた。
ありがとうございます○┓

さて、最近よく見かける生涯学習ユーキャンのCM
野際陽子・織田裕二・小西真奈美に出てくるアレである。

私自身も学生時代にZ会の通信講座を受けたことがあるが・・まぁ〜続かないね^^;
三日坊主とは私の為にある言葉・・・と頷いている諸兄も多いことかと思います(笑)

人間って不思議なもので、自分自身のよりも他人(ひと)の為に全力投球するほうが
何故か集中力や情熱が高まるような気する。
シルバニアファミリーのジオラマ製作の時も娘の喜ぶ顔が励みだった。

ZOOMSさんらフィギア製作に携わる人たちも、きっと自分自身が好き
なだけではなく、完成品を受け取ったクライアントさんの喜ぶ顔を
思い浮かべながら作業をなさっているのだと思う。

どんな仕事であれ、お客様の喜ぶ顔や「ありがとう」の言葉が
何よりの励みだ。
私の本業などは生死にかかわる場面が多いので、「ありがとう」
の言葉を頂くようなことは滅相もない事だが、それでも時間を置いて
「その節は...」と
御礼のお便りやお電話を頂くことが、なによりこの仕事を続けていら
れる源となっている。

さて、話題は通信講座だった^^;
パソコンを使うようになって、当初は書籍を買い込み、またパソコン
スクールに通ってみようかな?と考えた時期もあったが、結果的には
ネット上にある親切サイトやお役立ちサイトを利用してスキルを上げ
ていった。

結論から言えば、やはりわからないことは人に聞いた方が早かった
・・・と思っているのだが、それでもネット上にある親切サイトを
利用しない手はない。
まして、趣味の入門編ならばタダで情報を得られるに越したことはない。

ZOOMSさんのブログの中で
仕事柄「ガレキは作ってみたいけど高価な道具を揃えるのが・・・」と言った声
をよく聞きます。ほとんどお金を掛けなくても大丈夫なモデルや手法もある事を
少しでも知っていただきたいなぁ・・・と思った次第です


エアブラシ等の専門ツールが無くても存在感のある姿になります。
使用する道具はホームセンター等で手に入るデザインナイフ(アートナイフ)と
模型店に売っているラッカー系の塗料数色+専用薄め液100円ショップや模型店
で手に入る筆以外は、ほとんどご家庭にあるものですので、製作してみては?


と親切な入門編の記事を書いている。
私は今まで知らない世界だったが、ちゃんと怪獣や特撮ヒーローの模型キット
があり、最初はなんのヘンテツもないソフトビニールのメカゴジラの青い部品が
どういう過程で金属の質感になっていくのかがとてもよくわかり、職人でなければ
わからないコツも詳細に書いてあって、なるほどなぁ〜と、とても感心させられた。

どうですか!?小学生の男の子のいる世のお父さん!
夏休みの自由課題にこーゆーのにチャレンジしてみては?

ナヌ!?こーゆーのが学校現場で受け入れられるか心配?
何ケツの穴の小さいこと言っちゃるかなぁ〜?
肝心な事は、親子の共同作業って事でしょうに。
子供時代に親と一緒に作った怪獣やヒーローは、きっとその子が親となった時に
大切な宝物としていつまでも残してもらえると思いますけどねぇ・・・

まぁ〜もし
どうしても教育の場としてこじつけたいならいいアイディアがありまっせ♪

その1.
怪獣の名前や誕生を刈谷崎原発事故にこじつけて、原子力発電所の
レポートや地図を添付する。

その2.
怪獣のエネルギー源を水素燃料やエコキュートとかにこじつけて
地球上にある「水」や「空気」についての変化図を添付する。

その3.
怪獣の巨大化を地球温暖化にこじつけて、異常気象や動植物の
異常発生のレポートを添付する。


ま、私の場合は娘だったから...まさかシルバニアファミリーに
原子力や地球温暖化をこじつけられなかったけど^^;

2007年08月16日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第31回流山花火大会

8月18日(土)地元流山で第31回目の花火大会がありました。

同日は、柏市と我孫子市で手賀沼花火大会もある日で
これまでは、手賀沼の14000発や8月4日(土)松戸市の8000発と比較して
わりとこじんまりとした花火大会でしたが...
今年のは凄い感動ものだったですよぉ〜♪

第31回流山花火大会

第31回流山花火大会は三郷市と同時開催なので合計8500発!
両会場はすぐ間近なので、観客はまるでテニスの試合を見るごとく
首が左右に振れること振れること...本会場付近では上空を見るので
首が上下に振れること振れること...けっこうな首の運動でした(笑)

ふと見ると近くの人が携帯で花火を撮っていたので、ダメモトで
私も携帯を取り出し撮影してみました。
案の定、打ち上げ場所に近すぎたので、画面に入りきれず、
携帯をタテにしたりヨコにしたりでお粗末な映像ですいません^^;

↓↓携帯動画をPC用に各編2分以内に編集してあります↓↓
流山花火大会 その1. 火柱と花火と音楽とすぐ隣の三郷の花火
流山花火大会 その2. 湘南乃風と花火が..雑音多く音声カットm(_ _)m
流山花火大会 その3. 欧米かっ!?てな感じで花火が踊ってます。
流山花火大会 その4. 全長500mナイヤガラ点火からフィナーレまで
↑↑※注:その2以外はクリック後すぐに音声が出ます。↑↑

..で。もののついでに、この花火動画の特集頁も作っておきました^^;

今回はゴルフでお世話になっている先輩のお招きで、知人と連れ
だって同席させて頂いたのですが、知人も全員感動していました。
なかなかやるじゃん♪流山市商工会青年部...グッジョブ手(チョキ)でした♪

去年から有料観覧席を設置したのですが、これだけの感動なら
みなさん大満足でしょう♪

で、かの先輩が....
今年から花火業者がディズニーランド御用達の業者に替わったんだ
だから今年からハイカラな花火に変わったんだゾ!....って
かなり大ヨッパで言っていましたが...覚えてますか?(笑)

その後ご自宅までお邪魔しご馳走の数々、ほんとにお世話になり
ましたm(__)m また来年も是非お願いしま〜す♪(^0^)/


PS.今回の流山花火大会は、当日アナウンスをつとめた井内志保さん
のブログでも『ベストポジション!仕事そっちのけで、花火見物し
そうになりました(笑)』と紹介されています。

大音響や歓声、雑踏の中でも、さすがによく通る美声でしたヨ。

2007年08月20日

posted by たすけ at 17:03 | Comment(4) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウソつき横綱とウソつき少女

触れまいと思っていたが...
今、昼のワイドショーで性懲りもなく「横綱朝青龍(26)」問題が報じられて
いたのでムラムラと怒りが込み上げてきた。

何が26歳の青年の将来を云々だの精神的苦痛どうたらだっつ〜の!
モンゴルに帰りたきゃ、さっさとけーれ!
協会のああだこうだの根回し的策略にもウンザリだ!

青年の将来や精神的苦痛を憂うのだったら「御殿場事件(冤罪)」を報じてやれ!
いったいどれだけ、青年(当時高校生)達や家族に精神的苦痛を強いるのか。

かたや、診断書を乱発し有力者の擁護の言葉で右往左往
かたや、診断書もなく供述の信用性もないのに弁護は却下

誰がどうみたって、疲労骨折や緊急手術の必要な肘でのサッカーじゃないだろう。
誰がどう判断しても、コロコロ変わる少女の供述に信用性のないのは明らかだろう。

かたや、自分のウソで職場をサボっても国家を挙げて擁護され
かたや、他人のウソで罪を着せられても警察・司法に裏切られ

「1人のウソからはじまった事件」の重大性や社会性を考えたら
何故、報道機関は御殿場事件の冤罪疑惑をもっと取り上げないのだ!

これ以上熱く語ると熱中症になりそうなので...
詳細は以下のブログをご参照くださいm(_ _)m

長野智子blog  棒に怒る日本人  らくちんランプ

2007年08月23日

posted by たすけ at 13:02 | Comment(6) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイ・ハード4

ファッションクルーズ01

娘が中学生までは、盆休みは家族で泊りがけの旅行に出かけていたが
高校生ともなると、部活や予備校やらで忙しく、それに本人も親と一緒に
行動するのも嫌がるので、お墓参りも含めて今年の盆休みも「安近短」
で終わった。

唯一、娘も早起きしてちょい遠出したのは、茨城県のひたちなか市にある
アウトレット&ファッションモールの「ファッションクルーズ」への買い物だ。
オープン後3〜4回来ているが、ファッションに興味のない私にはよくわから
ないが、とにかくなんでも安いらしい。

ファッションクルーズ02

妻娘が買い物している数時間、私は1人で映画を観て時間を潰すのが
常で今回は、進め!ジャイアントロボ!んがっ♪の項で触れた
トランスフォーマーを観た。時間的に吹き替え版しかなかったので
その感想をば・・・

出だしは.......「おぉ〜!面白そう...(^¬^) 」
中盤は.........「ほほぅ〜...( ̄∇ ̄) 」 
終わってみて...「・・・ (・_・)」     以上です(爆)

画面の迫力は凄いっすよ♪
でも、これっておこちゃま用なんたらレンジャーの大人版?ってな感じでした。
特に吹き替え版のロボット達のセリフの内容がどうもねぇ〜^^;
CG映像の迫力は結構凄いですので、観るなら字幕版の方がいいかもです。

..で。どうも消化不良のままだったので後日、地元柏の葉のららぽーとで
ダイ・ハード4観ましたよ。

出だしは.......「ほほぅ〜...(^¬^)」
中盤は.........「スゲぇ〜!!(≧∇≦)」 
終了間際.......「嘘だろ?マジかよ!(゚◇゚;)」
終わってみて...「不評も聞くけど、やっぱりマクレーン刑事はイイ(゚∀゚)!」

TVの予告CM編でわかっているシーンでも、漫画じゃあるまいしそんなん
ありかよ?と思うシーンも劇場で見るとやっぱり迫力あるし、飽きないですね。
実はダイ・ハードを劇場で見るの初めてで、これまで何度もTVで放映して
いるダイ・ハード1〜3でのマクレーン刑事(野沢那智)のアドリブ入りの
吹き替えで是非見たいと思いました。

さて、ひたちなか市の「ファッションクルーズ」行った時の我が家のお気入り
のお店が、焼きたてスコーンと紅茶のお店『ラ・ターブル・ドゥ・イズミ』

ラ・ターブル・ドゥ・イズミ02

ところが迂闊なことに今回は定休日「月」であったので、妻娘はご機嫌斜ちっ(怒った顔)

scone-tea01.jpg

しょうがないので、気をとりなすために「ファッションクルーズ」から真っ直ぐ
帰宅せずに、印西市にあるイオン千葉ニュータウンショッピングセンターに行って
そこでさらに娘はお目当ての修学旅行用のバックを購入して満足気でしたが・・・



ちょっと聞いておくなましふらふら読者の皆様。
買い物優先、交通費節約が至上ミッションの我が家...
流山→ひたちなか→印西→流山...
すべて一般道を軽自動車ですぜもうやだ〜(悲しい顔)
まぁ、お盆の時期だから高速使っても大渋滞だったから一般道はよしとして
オトーサンの購入品は一切なし、イオン千葉ニュータウンでは
自転車売り場をウロついてあとはゲーセンで1人過す惨状...
もうワカツマンガそのものですがなふらふら


もし、これを読んでいるジョシコーコーセーの諸君がいたならばっ!
こんなマクレーン刑事よりもダイハードなオトーサン達を真のヒーローパンチだと
思ってやってくださいね。

2007年08月25日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京都現代美術館

東京都現代美術館01

脱帽(_”_;)の項で触れた..東京都現代美術館で開催している

「ジブリの絵職人 男鹿和雄展−トトロの森を描いた人」の展覧会

あまりの酷暑が続くので、実は盆休みの期間に行ってきました。

事前に電話して伺うと、平日の夕方なら比較的空いているとのこと。
また地下の駐車場もある、ということで往復の電車賃2人分を考えれば
車で行った方が安上がりなので、家内の軽自動車でレッツラゴーです。

場所はココなので、東葛飾方面からの道順はしごく簡単です。
水戸街道(国道6号)をひたすら進み言問橋を渡らずに、そのまま道なりに進めば
それが三ツ目通りなので、とにかくひたすら道なりで到着してしまいます。

以下、文書は少なめ画像を多めで(笑)

おっ!ほんとだ空いている♪

東京都現代美術館02

チケットは道中のローソンの券売機で買ったけどその必要もなかった模様

東京都現代美術館03

場内は勿論撮影禁止なのですが、最後半に撮影許可が出る大絵のコーナーが
あります。大絵の4枚は なんとかなるさPC日記の壁紙にしてあります。
ランダムに壁紙が替わりますので、興味のある方は更新ボタンを何度か
押して壁紙を確認してみて下さい^^;
大絵のコーナーを過ぎると、トトロの折り紙教室とお土産コーナーが最後にあります。

教室の脇にはこのような台が4ヶ所あって。

トトロの森を描いた人01

自分で作ったトトロをこのように記念写メできます。

トトロの森を描いた人02



この後、東京都現代美術館の先にある深川ギャザリアの中にある
陳建一麻婆豆腐店(木場店)に寄って、で1000円ちょっとで
ご飯・スープお代わり自由『安かろう旨かろう』の王道グルメに大満足の1日でした♪

陳建一麻婆豆腐

A.正宗麻婆豆腐はかなり辛いので、B.陳建一麻婆豆腐がおすすめですが
AとBの中間で...という注文も聞いてくれますので、私はいつもそれです♪

2007年08月26日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士総合火力演習

富士総合火力演習01画像

従妹の長男が防衛大に進学した伝で、富士総合火力演習のチケットが
手に入り見学に行ってきた。
本番は8月26日(日)なのだが、自衛隊の家族や教育期間中の若い
自衛官の研修の為に、前日25日(土)に本番と全く同じプログラム
で行われている。
(おそらく本番との違いは防衛大臣の列席とか来賓の違いだけなのだろう)

富士総合火力演習02画像

写真で見てわかるとおり、中央のスタンド席は若い自衛官の迷彩色で埋っている。
朝7時の1番シャトルバスに乗ったのだが、会場の最前列はすでに埋っていた。
(予行練習ならそれほど混雑しないかと思っていたら、あっという間に
席は埋り、通路まで人が溢れる満杯状態だった)

私は会場入りしてすぐに、案内図を見て報道席が演習場に向かって左側
にあり、オーロラビジョンも左側だったので私はそちらに席を取ろうと
急いだのが、同行した弟と知人が逆の右側に行ってしまい、大声で呼
びに行ったが、妥協してほぼ中央のところで席を確保した。...しかし

私たちの前面シート席は空を飛んでいるヘリコプターの演習以外は、前の人垣で
演習の様子はほとんど見えない^^;
大人の私でさえ前が見えないのだから、そばにいた小さい子供達は、演習中は
ずっと大人の背中と頭しか見えていなかっただろう^^;

もし、今後富士総合火力演習で前面シート席しか手に入らなかった方は
できるだけ、報道席やオーロラビジョンに近い席をとることをおすすめ
します。報道席の後ろのスタンド席は来賓席になっており楽団の演奏
等もほとんどそちら側なので、演習の様子が一番わかる思います。


シート席では、折りたたみ椅子やクーラーボックスに座ることも禁止なの
で、私は三脚とビデオを持参したが、あまり高く掲げることもできずに
時々音の聞こえる方向に三脚を持ったまま掲げて勘で撮ったが、帰ってきて
確認したらそれでも前の人の頭や背中で被写体はほとんど捉えていなかった^^;

演習本番は、10:20〜12:00で終了し、12:45より演習に参加した戦車や
ヘリコプターの展示があるということだったので、演習後も帰らずに残り
戻ってくる戦車や軍用ヘリを捉えた映像と、なんとか演習本番(前段&後段)
の映像をつなぎ合わせた動画を作成してみましたので、興味のある方は
ご覧下さい。

2007年 富士総合火力演習 動画集
↑↑↑大きな音が出ますので、予めボリュームにご注意下さい↑↑↑

ほとんど演習より人垣を見に行った^^;
というような感想でしたが、私が印象に残っているシーンは...

富士総合火力演習03画像

ここに集まって歓談していた若い隊員たちを、とても頼もしい目で眺めていた
柔和な顔をされたご老人(おそらく曾孫世代くらいが隊員なのだろうか?)が
やがて隊員たちの輪の中に交じり、会話の内容は聞き取れなかったが....
みんなとてもにこやかに談笑されていた。

富士総合火力演習04画像

装備品展示(戦車やヘリコプター)の時に、教官らしき自衛官に連られて
まだあどけない顔した(中学生?くらいにしか見えなかったが・・)隊員が
目を輝かせながら、装備の特徴を諳んじていた。


何故だかわからないが・・・
目を輝かせてたあの少年が、70年くらいタイムスリップして
あのご老人となって今に現れ、若い隊員たちと談笑していたのかも・・・
まるでそんな映画の回想シーンのような映像が心に焼きついている。
タグ:動画

2007年08月27日

posted by たすけ at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防災の日とアマチュア無線

1923年の関東大震災は、1923年(大正12)9月1日の午前11時58分に
伊豆大島相模湾を震源として発生した直下型の大地震(M7.9)
死者・行方不明者 : 10万5千余人  避難人数 : 190万人以上

地震の発生時刻が昼食の時間帯と重り火災が多く発生し、当時能登半島付近
に位置していた台風により延焼が拡大。火災旋風を引き起こしながら広まり
鎮火したのは2日後の9月3日午前10時頃とされている。

現在は、ほとんどガスによる調理なので、ガスメーターは震度5程度の地震や
ガスの異常流出を感知すると安全装置が作動してガス供給を自動的に遮断する
との事なので、火災発生の危険性は少ないのかもしれない。
阪神・淡路大震災の時は狭小建築物が密集した地域で延焼が大きかったが
そういえば、ここ数年の大地震では火災による大きな被害を聞いたことがない。

ただ、先日ダイ・ハード4を観ても思ったのだが...
今は色々なライフラインがコンピューターでプログラム制御されている。
これまでにも、プログラムの不具合でシステムがストップしたり復旧に時間がかかったりしている。
大正時代と事情が異なるのは、こうした部分だろう。
そんな時はマクレーン刑事ではないが、経験豊かなアナログ人間の
活躍が期待される。

また、大きな災害が起こった時に肝心なのは、冷静且つ正確な情報収集だ。
携帯電話は勿論使用不可能になるだろうし、ラジオは必需品だが自分の住まい
の細かい情報が流されるとは限らない。
また報道でも、言い方は悪いがテレビ映え(被害状況がわかりやすい)
するところばかりクローズアップされ、かたや援助物資が有り余り
かたや援助物資が全然届かない等の不均衡が生じている。
要は人の行動は情報に大きく左右されるのである。


私が時々拝読しているサイトに
QTC-JAPAN.COM アマチュア無線関連総合リンク集
JARL 日本アマチュア無線連盟やがある。
インターネット普及のずっと以前から世界中のこぼれ話や情報を発信されていた
アマチュア無線愛好家は年代が高く、そのコラム(談話)の内容・質も非常に高い。
後日、この中に紹介されている興味深い話を、取り上げさせて頂く予定だ。


...で。
実はアマチュア無線は災害時や人命救助にも大いに活躍しているのだ。
阪神・淡路大震災の時に早期に現地の被害状況を伝えたのはアマチュア無線
であり、スマトラ沖で発生した大地震による津波被害で、インドの東に
位置する諸島との情報交換の手段として活躍した。
今、大地震などの災害に備えて、地方自治体ではJARLの支部や地元の
アマチュア無線クラブなどへ災害発生時の協力の要請ができるよう
協定を締結するなど非常時のアマチュア無線に注目が集まっている。

さて、防災の日を迎えてアマチュア無線をやっている方のブログを
読んでみた。
やはり私より先輩世代の方が多かったが、いくつか読んだ中で2つほどご紹介。

20年ぶり 無線機購入! [訳ありエンジニア]さん
アマチュア無線クラブ防災訓練 [Mr.HA]さん

ふ〜む、やっぱりいざと言う時は無線が頼りになるんだなぁ...
全国のアマチュア無線家の皆様
どうぞ、いざと言う時はご活躍を宜しくお願い致します○┓

..............................................................

参照:QTC-JAPAN.COM アマチュア無線関連総合リンク集
参照:JARL日本アマチュア無線連盟

2007年09月01日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。