百香亭 中国語でしゃべらナイト

美味いもんチャンネル


中国家庭料理 百香亭(ひゃくこうてい)野田店 千葉県野田市山崎2638−68

今夜のTVのチューボですよ!では、佐伯チズさんがゲストで棒々鶏冷麺がレシピであった。
棒々鶏(バンバンジー)には色々思い出もあるのだが今日は近所にオープンした百香亭(ひゃくこうてい)という中国家庭料理のお店について。

たまたま昨晩、旨いチャーハンの店について、ワカメの口コミで紹介しているつくば市に本店のある同店について話していたら、なんと今朝の新聞折込に家から5分程度の所に新店オープンのチラシが入り、早速出かけてみた。

hyakukoutei.jpg

場所柄(東京理科大野田キャンパスのすぐ近所)店内は大学生と家族連れで満席で、賑わっていた。
ここは、スタッフも中国の人が多く、まだ開店2日目ということで、オーダーのやりとりやレジでは不手際があったが、味とボリュームは満足だった。

ただ、杏仁豆腐はちょっと固めで、揚州商人の方が美味いと思った。

まぁ、料理については各人それぞれ好みはあると思うが本日メイン3品の中では、カニエビの卵包(天津飯)が誰でも美味いと思う味ではないかと思う。

今日は、食いタン2の最終回でもあったが、
東山紀之の「うん!オイシ〜〜イぃ!」というあの言い方がとても好きで、なかなか本気で言える料理に出会う事は少ないが、百香亭(ひゃくこうてい)はそう言える料理に出会える店のひとつではないかと思う。

...あ。中国語でしゃべらナイト...

「トェン!ハォチィ〜〜イ!」

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2007年06月23日

posted by たすけ at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美味いもんチャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宗吾街道のうなぎ「い志ばし」

美味いもんチャンネル


うなぎ い志ばし 千葉県成田市船形910-1

たいてい美味いうなぎ屋は、店構えも店内もちょっと小汚い^^; それにメニューもシンプルだ。そりゃ、長年にわたりうなぎを焼いていれば店内も外もそれなりになるよなぁ〜。

もし印旛沼方面にボタやドライブに行ったら、口に合うかどうかは別として^^;一度はチャレンジしてみたらどうかな?と思う有名な「うなぎ屋」があります。

い志ばし01
「い志ばし」宗吾街道:成田方面から

い志ばし02
「い志ばし」宗吾街道:甚兵衛大橋面から

い志ばし03
「い志ばし」店内の様子

い志ばし04
「い志ばし」店舗裏での順番待ち

蒸さずに焼いているので、ふわっと柔かいうなぎではありませんがこれぞ THE UNAGI! という野趣溢れる香りと食感です。
店内は4テーブル15席という狭さで、順番待ちは店裏手で番号札をもらって待ちます。

いつも開店前から順番待ちで並んでおり、4テーブルは合い席が基本で、「ハイごめんなさい」「ハイすいません」とおばちゃんが仕切りますので、落ち着いて食事するという感じではありません(笑)
まぁ、値段も安いですし、常連さんは「タレ多めでね!」と気さくな感じの店です。

画像では、車は見えませんが、店の入り口が面している宗吾街道は、道幅が狭いわりにはトラックなどの通行量が多いですので、ボタ(自転車)で行く場合には北印旛沼のCRを利用して裏道から行くことをおすすめいたします。

北印旛沼は野鳥観察のポイントでもありデジスコを構えたウォッチャーもたくさんいます。
私が、つべこべ解説するより、同じ自転車仲間の方が紹介している記事がいくつがありますので是非ご参照ください。
わざわざうなぎを食べに行くというよりは、道中の風情と共に味わう店といった感じでしょうか。

店内には有名人のサインなどがところ狭しと貼られていています。マラソンの小出義男監督のサインなどもあり、きっとこの周囲を練習場としていたQちゃん:高橋尚子選手などもこの店のうなぎでパワーをつけていたのかも知れませんね^^

...................................................

参照:さいくりんぐランチ > TODOROKIさんのHP
サイクリングMAP / 北印旛沼 > ラウンジ-SさんのHP

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2007年07月08日

posted by たすけ at 00:24 | Comment(6) | TrackBack(1) | 美味いもんチャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

博多長浜らーめん 田中商店

美味いもんチャンネル


博多長浜らーめん 田中商店 東京都足立区一ツ家2-14-6

私は麺類は硬めのシコシコ派である。
今首都圏でも、讃岐うどんや豚骨ラーメンの店が沢山あるが、讃岐うどんはシコシコ麺にあたることが多いが、とんこつラーメンの看板の店でなかなか本場博多(長浜)ラーメンのあの、そうめんを太くしたような博多麺を使用している店にあたることは少ない。

サラリーマン時代に営業で外廻りをして、なにが楽しみかと言えば美味い店の発掘があった。今のようにネットで情報を得るという事はなかったので、もっぱらタクシーやトラックなど営業車が駐車している店がひとつの目安だった。

そんな感じで、ラーメン屋や食堂を見つけていたが、思い出の博多ラーメン屋は環七通りの「足立区青井」付近にあった「博多(長浜)ラーメンの金ちゃん」だった。

夕方から朝方まで営業していたので、夜中に突然ラーメンが食べたくなった時などもよく利用していた。いつの間にか無くなっていたのでがっかりしたが、ネットを利用するようになり検索したら、金ちゃんラーメンを引き継いだ店がある事を知り、それから時々環七を通る時に立ち寄っている。

その中で田中商店がまた移転したことを知り、先日昼時に立ち寄って食べて来たが、欽ちゃんで覚えた「針金」=麺の一番硬い茹で方で食べた食感が相変らずで嬉しかった^^
(さらにMAX硬い麺好きには粉落とし...っていうのありw)

現在の田中商店の概観

tanaka_01.jpg

定番のらーめん+韓国風明太子ライス

tanaka_02.jpg

スープは、本場長浜ラーメンのちょっとくせのある味ですが私はこの濃い味が好きです。韓国風明太子=ゴマ油風味です。

麺を楽しみ、明太子を味わい、最後に濃いスープにレンゲに盛ったライスをくぐらせて食べるのが私流儀です^^

...................................................

参照:田中商店 / BB!ラーメン&つけ麺 名店集!

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2007年07月09日

posted by たすけ at 01:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美味いもんチャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小金原の「Zopfツォップ」

美味いもんチャンネル


Zopfツォップ 松戸市小金原2-14-3

最近、「天然酵母の焼きたてパン」の店が多くなっている。なんと言ってもパンは焼きたてに限る♪
私はそういうパン屋に出向くと、とりあえずなにを選ぶかと言えば「○○が今焼き上がりました〜♪」と置かれたパンを無条件でトレイに乗せてしまう^^;

松戸市小金原にあるZopf=ツォップ(ドイツ語で小屋)は我が家もお気にのパン屋さんだ。
国道6号(水戸街道)の根木内交差点から小金原団地方面に進み左側にある、普通の民家を改造したような造りでたいては行列ができているからわかると思うが、運良く行列が出来ていなかったら、質素な概観なので見落としてしまうかもしれない。

手作りの看板とシンボルの葡萄

Zopfツォップ01

そもそも、以前ここを通った時に「なんだ?この行列?」と思い、帰社してから住所を頼りにネット検索したらドイツ風焼きたてパンの名店だと知り、それ以来時々立ち寄っている。

お店の概観と行列

Zopfツォップ02

店内はものすごく狭い^^;15人も入れば身動きできなくなるくらいの空間で、買い終わった3人ドアから出てくると3人店内に入る..と言った暗黙のルールで行列が出来ている。
(もっとも、そんな小さな店だがちゃんと誘導&警備の人がいるので初めての人でも駐車場を案内してくれるので親切だ)

小さな店内だが、次から次へとパンが焼き上がって並べられるので行列も苦にならない。焼きたてパンはどんなパンで美味いがここのご主人のごだわりはライ麦パンだという。

お店のHPによれば、このライ麦パンの美味しさを広めたいと日本人の趣向に合うようにご主人も試行錯誤を重ねたようだが、噛みしめるほどに素朴な風味がなんとも言えない。


Zopfツォップ04

2階のレストラン(要予約)に上がる階段

Zopfツォップ05

ライ麦パンセット 1100円
6〜12種類のライ麦パンが一度に楽しめるセット。
(パンは日変わりです)ソーセージ・ザワークラウト・じゃがいもドイツ風

zopf06.jpg

パテとマリネ 1300円
10種類の肉や木の実、ドライフルーツから作るスパイシーなパテとノルウエー産のにしんのマリネなど

上記は10時以降のメニューでスープは付きますがドリンク別になりますのでおすすめは全ドリンク付の朝食メニュー(朝7時〜10時)です。


追想:ベルリン郊外の食堂

zopfツォップ03

仕事柄、代替医療に関する海外でのワークショップ(体験講座/研究視察...原語は工房とか作業所の意)に行く機会がありますが、小金原のZopf=ツォップでライ麦パンを食べた時、このベルリン郊外の食堂で食べたライ麦パンの味を回顧しました。

普段から玄米食などスローフードファンならライ麦パンの奥深さを美味いと感じるかもしれませんが、和食党の人にはもしかしたら味気ないパンに感じるかも知れません。

........................................................

参照:Zopfツォップ

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2007年07月10日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美味いもんチャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沼南の飯田梨園

手賀沼の花火は、かつて我孫子・柏・沼南の2市1町の共催の名残で
沼南町が柏市に吸収合併された後も、沼南会場(現、柏市大井)でも
柏第2会場として打ち上げられています。

さて、話は花火から梨に変わりますが、千葉県は梨王国です。
生産量はつねに全国トップクラスで千葉北西部は特に梨園が多く、
ブランド産地としては「白井の梨 松戸の梨 市川の梨 鎌ヶ谷の梨」
が有名ですが『安かろう美味かろうグルメ』を追及する私としては
「沼南の梨」がお薦めです。

柏市大井から大津川づたいに走り抜けこの手賀沼CRを進むと
「道の駅しょうなん」がありますが、ここで「沼南地区39ヵ所の
梨園・直売所マップ」を配布してます。


手賀沼CR

このマップにも紹介されている、千葉県味自慢特別賞の表彰を受けたのが
知る人ぞ知る、柏市柳戸にある「飯田梨園」さんです。


場所は、手賀沼CRからみて「手賀の丘公園」の裏手になります。
道中の目印はローソン柏市柳戸店で、ここから県道282号を木下(きおろし)
方面に進んで、↓↓左手に黒猫ヤマトのノボリが見えるココ↓↓です。

飯田梨園01

梨狩りはなく、大きな直売所でもなく、普通に農家の納屋下で梨の出荷作業をして
いらしゃいますが、頑固一徹なおじいちゃんの作る梨はとても甘くて美味しいですよ。
私たち夫婦は、「自家用で食べるので、見栄えは気にしないので美味しいのを下さい」
とお願いします。安さと美味さで先日は2週連続して買いに行ってしまいました^^;
...って、自転車で梨数キロを持ち帰るのは辛いのでいつも車で行ってます。

せっかくこんな美味しい梨なら、「ホームページでも作らないのですか?」と
私が尋ねたら、おじいちゃんは「どうもインターネットは信用ならない」と^^;
じゃぁ、せめてブログで紹介しておきますねぇ〜と答えた私ですが...たぶん
おじいちゃんにはブログの意味は通じていなかったと思います^^;

いつも親切にして下さる飯田梨園の奥さんの話では、味自慢特別賞を受賞
したのは、今月下旬から出荷がはじまる「豊水」とのこと。
また来月初めにはお邪魔しますので宜しくお願いしま〜す♪

県道282号(柏印西線)は、結構ダンプカーとか通りますので、ボタで行く場合
には下道をお薦めします。

飯田梨園02

写真は飯田梨園前から国道16号方面を写したものですが...
左側に広がる田んぼの中に見える並木は金山落の桜並木(今井の桜)
ですので、チャリンカーの皆様ならよくご存知ですよね^^

タグ:梨園

2007年08月21日

posted by たすけ at 15:26 | Comment(5) | TrackBack(0) | 美味いもんチャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

達人の梨「豊水」

「甘い!」「何これ?梨じゃないよ?」
試食させて頂いた梨(豊水)を一口食べて思わずそう叫んでしまった。
糖度の高いほんとに甘い梨ってこういう味だったのかぁ・・・

飯田梨園「豊水」01

沼南の飯田梨園さんに楽しみにしていた、千葉県味自慢特別賞の「豊水」を購入しに行った。
庭先の軽トラックに積まれていた収穫されたばかりの梨から、甘い香りが漂ってきて
思わずその梨に顔を近づけて芳香を楽しんでいたら、飯田梨園のおじいちゃんが...

『どうぞちょっと食べてみて』
「えっ!?そんなつもりでは....」(でもちょっぴりそんなつもりでした^^;)

妻が包丁で皮を剥く梨からどんどん果汁がしたたり落ちていく
「ひえぇ〜 そんなに汁が出ちゃうの?」

と驚いて、その梨を口に入れた瞬間に出たのが、冒頭のセリフだ。
もし目隠しされて、なんの果物だかわからないで食べさせられたら
梨と答えられるかどうか自信がない。

『このちょっと青いほうも食べてみなよ、酸味があるから』
と、おじいちゃんが差し出したちょっと小ぶりの梨を試食した
「えっ!こっちが本当に甘い梨って感じですよ?」

私がこれまで甘い梨と思っていたのは、なんだったのだろうか?
と自分の味覚の常識を超えてしまったのが、達人の梨、飯田梨園の
おじいちゃんが作った「豊水」だった。
興味が湧くと何でも聞いちゃおうとする私の悪い癖^^;が出て...

「どう育てたらこんな甘い梨を作れるんですか?」
『まぁ太陽の恵みを、梨にいっぱいに浴びせてあげることだねぇ』

と、しごくあっさりした返答^^;
う〜ん..理屈じゃないんだな..要はおじいちゃん本人が梨が好きで、まるで子育てを
楽しむかのように梨に愛情を込めている..それが甘い梨の原点なんだなぁと感じとった。

通常、スーパーや百貨店に並ぶ梨は、店頭で熟すのを計算して、青みのうちに収穫して
並べる。それは同時に日持ちや歩留まりを考えてのことだ。
ところが現地梨園では、食べ頃に熟すのを待ってから収穫する。広大な梨園だから
中には食べ頃熟期を過ぎてしまった梨も出てしまうので、歩留まりは悪くなる、しかし
それでもあくまで「太陽の恵み」をいっぱいに浴びた「豊水」となってから収穫する
という頑固さが、この「梨作りの達人のこだわり」なのだろう。

「もったいないですねぇ」
『でもこれ、シャーベットとかジャムにしたら美味しいですよ。どうぞ^^』
「えっ!?そんなつもりでは....」(すいません、めいっぱいそんなつもりでした^^;)

今回は、果物嫌いの娘も梨園についてきたが、案の定、車から出てこなかった。
(実は我が娘は、幼い頃に散々イチゴ狩りや梨狩りに、親や幼稚園で連れまわした
トラウマのせいなのか、滅多に果物を口にしない、若い娘らしからぬところがある。
娘曰く...果物は酸っぱいし、お腹痛くなるから大嫌い!だそうだ。苦笑)

ところが、今回は冒頭の梨を1片車に持っていってやったら、口にいれて
「甘〜い。私の分も計算して買っておいて♪」ですと(−−;

それから例によって買い物アッシーで千葉県下、茨城県下のショッピングモール
のはしごに連れまわされた私は、これまた例によって一人駐車場の車の中で
車載テレビに映る石川遼くんの活躍などを観て時間を潰したりしていたが
車内いっぱいに漂う「豊水」の甘い香りのせいなのか、いつもより長い時間
ぐっすりと転寝をさせて頂きました^^;


注:チャリンカーの皆様へのご伝言
飯田梨園のおじいちゃん曰く...豊水は衝撃に弱く痛みやすいので、できれば
リュックで背中にしょって持ち帰ってもらったほうが安心だそうです♪


飯田梨園「豊水」02

だいたいこれくらいで2kgになります。

2007年09月04日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美味いもんチャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

取手市ふれあい通りの「麺屋玄徳」

普段、味噌らーめんはあまり食べない私だが、取手市から守谷市を走る
ふれあい通り沿いにある「麺屋玄徳」の味噌らーめんは旨いと思う。

麺屋玄徳01

場所は、新利根有料道路から向かうと戸頭中を過ぎた右側だが、大利根橋
方面から向かうと、丘の上に見える医師会病院を過ぎた左側
にある。

注:ふれあい通りは、利根川と国道294号の中間を走る並木が整理された
きれいな道で、沿道にはさまざまなファミレスやレストランが並ぶちょっと
したグルメ通りになっている。
わが家は、この沿道にあるジョイフル本田でよく生活資材を購入するので
月1〜2回は、この道を利用するが日・祝は渋滞するのが玉にキズだ。


麺屋玄徳02

味噌ラーメン以外も旨い思が、なんと言ってもここのチャーハンはおすすめだ。
一見ごく普通のチャーハンに見えるが、なんというか懐かしくほっとする味なのだ。

玄徳のチャーハン

入り口やメニューにも口コミでのおすすめ評価を売りにしているが
その評価通りだと思う。
(たまに意図的にネット口コミ評価を獲得している店舗もあったり
してがっかりすることがあるので^^;)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

守谷の百日紅並木

例によってその後、ジョイフル本田で買い物後、守谷ロックシティーまでアッシー
したが、途中の住宅街(松ケ丘)で7月に咲いていた百日紅(サルスベリ)の
街路樹がまだ花の盛りであったのに驚いた。注:9月2日撮影
さすが表記通りの百日花だわ♪

........................................................

■自関連リンク:ワカメの口コミ

2007年09月09日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美味いもんチャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

牛久市「ガーデンカフェぬまもと」

茨城県はむだにとっても道路が広い^^;特に1985(昭和60)年に開催された
つくば万博へに向けて整備が進み、今ではこんな田舎に片側3車線も必要か!?
と思うくらいに道路が整備されている。そして、平成18年に圏央道の阿見東IC
開業
に合わせて、土浦竜ヶ崎線(県道48号線)も拡張整備された。
(ま、そのおかげで土浦市街や霞ヶ浦に行く時はとってもスムーズになった)

さて、ふれあい通りの「麺屋玄徳」は偶然に入った店だったが...
この48号線沿いにある 牛久市の「ガーデンカフェぬまもと」は
「ちょっとお散歩in守谷」というブログの記事で知る
こととなった。
その後も守谷やつくば周辺のグルメにはこの「ちょっとお散歩in守谷」
さんの記事をちょくちょく参考にさせて頂いている。

ガーデンカフェぬまもと01

ガーデンカフェぬまもとは、なかやま珈琲グループのチェーン店とのことだが
私はいつもこの店では紅茶を選ぶ。かなりの種類があって選ぶのに迷うのだが
たいていは定員さんのアドバイスに従っている^^;

ガーデンカフェぬまもと02

ジャンルとしては喫茶店だが、パスタ料理等もなかなかの味で値段も安く
料理もさることながら、テラスから広がるイングリッシュガーデンがとても
気に入っており、たいていテラス席で食事を頂いている。
(食事をゆったり楽しみながら、バラの剪定やハーブの寄せ植えなども参考に
なるので、我が家も季節毎に訪れるお店になった)

ぬまもとガーデン

初訪店の時に..
例によって、なんでも興味津々な私は庭園の奥の奥まで足を進めたら
なんとそこには、元気で大柄な鶏が約10羽!
もしかして・・と思い尋ねたら、やはりこのお店の料理に使う卵はこの元気な
鶏たちの産みたて有精卵を使用のこと。
そりゃハーブも卵も自家製で新鮮ならば料理も美味い筈だと大納得♪

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お宝鑑定館

おまけの画像はこの「ガーデンカフェぬまもと」の隣にある、古着&中古ゲーム
&雑貨のディスカウントショップ。
かなりの規模で品揃えも豊富だが私には縁がない店でした。が、なんせかなり
インパクトがある店構えなので、千葉方面から土浦竜ヶ崎線(県道48号線)を
走ってきて、左側にあるこの店が目印
になるかもです^^;
注:「ガーデンカフェぬまもと」&「落花生のぬまもと」はこの店のすぐ左隣です

........................................................

■自関連リンク:ワカメの口コミ

2007年09月10日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美味いもんチャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウドの天ぷら

これ、山ウドの穂先です。

山ウド

今日は茨城方面にちょいと足を延ばしました。

阿見の直売所

ここに、立ち寄って『へぇ〜』と手に取って見てたら...
「これは天ぷらにするとうんまいよ」と
常連さんらしきおじさんが声をかけてくれました。

『ほぉほぉ、タラの芽の天ぷらの要領でいいのか』..と
合点し、今、一緒に買った「栗」が茹で上がったら
天そばの具にしようかと...

...で、食べました。

ん〜..苦辛い。
けしてまずい味ではないのですが、苦味の後の辛味に特長が。
このウドの実は蕗味噌(ふきみそ)のような調理にしたほうが
辛味を生かせるかも..てな感じでした^^;

2007年09月16日

posted by たすけ at 19:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美味いもんチャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自由が丘のメチェナーテ(イタリアン懐石料理)

7日からFIFAクラブワールドカップ ジャパン 2007が始まっていますが...

メチェナーテ

その7日に忘年会の打ち合わせをしたのが自由が丘のメチェナーテ
というイタリアン懐石料理のお店です。
いつもゴルフでご一緒させて頂いている方が、オーナーシェフの
アンジェロさん一家と家族ぐるみのお付合いということで、今年
の忘年会はメチェナーテの貸切でお世話になることになりました。
私を含めおじさん三人幹事で同店でランチ(¥2,940)を頂きながら
当日の打ち合わせを。

メチェナーテ・ランチ前菜

先ずは前菜...
...って。すいません、料理の画像はこれだけです^^;

実は...
イタリア人シェフのアンジェロさんはサッカー解説者もされるサッカー通で
「じゃぁ、当然ACミランの優勝を願っているのですね?」
と、水を向けたら
「私はACミランサポーターじゃないから、浦和レッズを応援しますよ」
とのこと。それを聞いた江戸っ子なのに大の虎キチ(阪神ファン)の友人が
「エライ!それでこそ真のサポータ!私もオリンピックの野球では日本を
応援するけど、もしチームジャイアンツだったら応援しないもん!」

と...すっかり意気投合し、話はすっかりスポーツ談義へ
料理の画像を撮ることなんかすっかり忘れてしまいました^^;

我々三人はゴルフ友なのですが、来年にはアンジェロシェフも
ゴルフデビューということで、サッカーから野球からゴルフと
話は尽きない尽きない(苦笑)

お店まで行き方は、東急東横線:自由が丘駅正面口改札を出て
メチェナーテ道順01 メチェナーテ道順02
自由が丘デパート沿いの商店街を亀屋万年堂総本店まで直進し
メチェナーテ道順03 メチェナーテ道順04
亀屋万年堂総本店の正面に細い路地がありますが、その路地を奥に進んでいく
と熊野神社の境内に隣接している隠れ家的なお洒落なお店がメチェナーテです。
熊野神社とメチェナーテ

店内は上品なご夫妻や女性同士といったお客様が多く、さすが
自由が丘の「イタリアン懐石料理」のお店といった雰囲気です。

アンジェロシェフはもう自由が丘にもう1店、イタリアの“マンマの味”
が評判のカジュアルレストラン『バッボ・アンジェロ』も営んでおり
そちらは一品料理からオーダー可能です。

でも、メチェナーテ(コース料理のみ)も、けして気取った感じではなく
シェフも奥様もスタッフのみなさんも、とても気さくな方たちばかりでした♪

クリックして頂けると励みになります^^;
 ↓↓↓↓↓
ブログランキング

2007年12月09日

posted by たすけ at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美味いもんチャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。