坊主憎けりゃ、袈裟(けさ)まで憎い

数年前にNHKの"真剣10代しゃべり場"を偶然見ていたら...
高校生くらいの女の子が「私は殺人が何故いけないのかわからない」
と真顔で話していたのに新聞をめくる手が止まった。

昆虫も人間も命の尊さに変わりがないのなら、殺人だけ何故大罪なの?
人を恋する感情が当たり前なら、人を殺したいという感情も当たり前?

ん〜〜...かなり前なのでこういう論旨だったかどうか定かではないが
だいたいこんな主張だったように記憶している。
まぁ、誰しも思春期の頃には、さまざまな思索に耽るもので私自身も
高校の倫理社会で知った"コギト命題"を浅学し"主観と客観は一致するか"
等々の討論をそういう話が好きそうな仲間がいた時には語り合ったが
たいていは今風の言葉で言えば『どうでもよくね?』で終わっていた
のが常であった。

さて、品位を失うべき非行へのコメント欄に...
『世論が全員死刑なら死刑ですか?』とのご指摘を受け、コメント主さんも
あり得ない仮定とわかった上であえてこの質問を投げかけたのだろう
と思うのですが。

私自身は、橋下弁護士と今枝弁護士の「品位を失うべき非行」の主張争いは
『どうでもよくね?』の感想です。
例えば、立場を逆にして、茶髪のタレント弁護士が光市事件の弁護団となり
久利生(キムタク)検事のモデルの弁護士が、その茶髪のタレント弁護士等に
懲戒請求を呼びかける扇動を展開したとしても、自分の判断は変わらない。
つまり、橋下弁護士だろうが今枝弁護士だろうが、あるいは懲戒扇動をしたのが
弁護士であろうが、タレントであろうが、両人のキャラクターや立場が
どうであっても自分の気持ちには変わりはありません。


たまたま今回はどっちの味方見方をしているか?と、問われれば
「大多数の国民がどう思うか」を捉えている橋下派となっているだけであり
光市母子殺害事件の被告人には、極刑を望んでいます。

繰り返しになりますが...光市母子殺害事件から懲戒扇動事件への過程で
私の危惧は、本件に限らず刑事裁判弁護で「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」が
本来ならば、坊主=被告人(犯人) 袈裟=弁護人 という構図
になる筈が、坊主=弁護人     袈裟=被告人(犯人)という構図
あんなオタク弁護士達で弁護された被告人は、たとえ審判で減刑された
としても、世間のオイラたちは絶対に許さないぞ
...てな推論で。
※私自身はオタク弁護士という言葉は好みませんが。
つまり、世間に受け入れられない弁護人がつけば被告人に不利益になり
そーなると世論とのバランスを考えがちな判事は被告人への減刑を出し難くなり
※世論とのバランスを考えがち= 弁護人<判事 の意です。
情報過多の現在社会では、弁護士も世論を意識した弁証をすべきじゃないの?

ん〜〜...弁護団のさらなる説明責任...というより

刑事弁護人も、情状(ドライ)<情緒(ウェット)であるほうが
結果的に被告人(犯人)に対する世論の理解が得られやすいのに..
光市母子殺害事件の差し戻し審で、被告人の行為態様の説明に
「ドラエモンが押入れに..云々」という弁証を入れて←★追記あり
世論が炎上することは予想していなかったのだろうかね?
世論が炎上しようが『どうでもよくね?』と考えていたのかね?
だとすれば、この場合の『どうでもよくね?』はまずいんじゃないの?

という感慨がそもそも「品位を失うべき非行」の記事を書いたきっかけです。
この拙ブログでの見解は私個人の推論でありこのブログを"しゃべり場"に
する気はありませんし、 すべてのコメントに丁寧に返信するのも疲れるので
今後はコメントに対してスルーさせて頂く場合もあると思いますので、
何卒ご了承くださいm(_ _)m

五十肩&老眼の身になってから、"主観と客観は一致するか"等々を思惟するの
は結構疲れます(´;ω;)
ま、この件に関してまた記事を起こすこともあるかもしれませんが...
いきなりこの■坊主憎けりゃ、袈裟まで憎いの記事に来てしまった方は
■なんでそうなるの?←[要旨:マスメディアの偏重報道]
■やらせのやらせ←[要旨:マスメディアの体質]
■ウソつき横綱とウソつき少女←[要旨:冤罪事件と診断書]
■平気の平左←[要旨:無責任なコメンテーター]
■品位を失うべき非行←本件
■光市母子殺害事件と死刑廃止論←本件
■続.光市母子殺害事件←本件
■木を見て森を見ず←本件
を順にご参照して頂けば幸いです。 <了>

★追記
「ドラえもんがなんとか...」について10/1の今枝弁護士のブログに
弁護人のしかもそのうち1人の意見として理解してください。として
〜〜〜引用〜〜〜
弁護人はこのような主張をこれまで一切していません。一時公開され
ていた更新意見書のどこにも、ドラえもん云々という記載はまったく
ありません。弁護人がこういう主張をしている、という前提自体が誤
っています。

〜〜〜引用〜〜〜
との記事がUPされましたので、追記しておきます。
タグ:主観 客観

2007年09月30日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柔(やわら)の道

勝つと思うな 思えば負けよ 負けてもともとこの胸の・・・

今月11日(木)から3年B組金八先生の第8シリーズが始まるそうで...
その番宣を兼ねて笑福亭鶴瓶と武田鉄矢の対談番組をなにげに見ていたら
武田鉄矢を唸らせる逸話(いつわ=エピソード)を鶴瓶が切り出した。

女子柔道48kg級の谷亮子(田村亮子)にずぅ〜と勝てなかった選手がいた
そうで(名前はわからなかった)その彼女が鶴瓶に自分のエピソード
を次のように語ったそうだ。

「私はどうして田村さんに勝てないのだろう」
と勝てない悔しさが続いたそうだが、ある時から気持ちを切り替えて
「よし!私がこの田村さんをオリンピックに出してあげるんだ」
という谷亮子(田村亮子)にとっての最強の練習相手としての役割に
と覚悟を決めて、相手の強さを認め、どっしりと相手の懐(ふところ)
に入っていったら相手の弱点が見えてきて、ついには谷亮子(田村亮子)
に勝って自分が代表(なんの大会か不明)に選ばれた。....という。

「ええ話でっしゃろ?」...と鶴瓶(にんまり)
「いやぁ〜まいった!」...と鉄矢(こっくり)

笑福亭鶴瓶も武田鉄矢も話しは上手いが、やはり実際の経験に基づいた話は
人の心を打つもので...
BLOG(ブログ)をやっていると、リンクを通じてこうした体験談や心打たれる
逸話に出会うことがあり、それがブログの楽しみでもあるのかもしれないなぁ。

2007年10月07日

posted by たすけ at 00:01 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内藤大助vs亀田大毅

世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ
チャンピオン内藤大助(宮田ジム)vs 挑戦者亀田大毅(協栄ジム)
の試合を観た。....TBS放映

――3Rぐらいで、実況アナウンサーの言葉

アナ 「チャンピオンの瞼からかなり出血してますねぇ」
アナ 「瞼の出血はヒッティング(パンチ)ということです!
    このまま出血がひどければ亀田のTKO勝ちという
    ことになりますねぇ」


実況アナは この言い回し を試合序盤で3〜4回繰り返した

 ( ゚д゚)ほぇ?・・・そういうシナリオになってるの??

――試合中盤、実況アナ&解説の言葉


アナ 「あ〜!またチャンピオンのクリンチだ、大毅にはこの
    時間が惜しい!1秒でも惜しい!」
解説 「内藤いけませんねぇ〜、亀田の反則をレフリーにアピールしている。
    調子がいい時はこんなアピールはしません。反則をアピールすること
    はレフリーやジャッジにいい印象を与えませんから」


実況アナ&解説者は こんなセリフ を試合中盤以降2〜3回繰り返した

 ( ゚д゚)ほぇ?・・・台本にそんな風に書いてあるの??

ま、とにかく試合中は、観客席から「内藤!内藤!」の大声援
試合後半以降は、ボクシングじゃなくて、ラグビーかレスリング
してるのかとオモタ(笑)

結局...試合は大差のついた判定3対0で
チャンピオン内藤大助の初防衛成功
(^0^)v

...で。試合後の勝利者インタヴューで

内藤 「亀田はけっこうやりづらかったです。
     でも、ポンサクレックに比べて全然弱かった。
     亀田に黒星をつけてほっとしてます。」

観客 「ウォ〜〜〜!!!」て、すごい歓声


....以下。その前哨戦(内藤大助vs亀田大毅の調印式)の内容を引用で
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用開始〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ―― 内藤選手、大毅選手の印象は

内藤 「ないです」
興毅 「国民の期待にこたえたれよ」
内藤 「おれの会見やってんだよ。何怒ってんの」
興毅 「こたえたれ、こたえたれよしっかりな」

―― 大毅選手、あすへの意気込みは

大毅 「早くリングに上がりたいわ。歴史が変わるよ。
     その瞬間を見に来てほしいわ。運ついてるって思うわ。
     内藤がポンサクレックに勝ってくれてオレに運が回ってきた」

―― 内藤の印象は

大毅 「負けたら切腹するよ」
内藤 「本当にやんの? なにで切腹すんの」
大毅 「お前がもってこいや。お前負けたら切腹するんか」
内藤 「おれはしないよ」
史郎トレーナー 「そんなんで成立するか。そんな話あるかいな。くっ」
大毅 「思いが違うねん。そのベルト死ぬ気で奪いにいくわ。根性ゼロや」

―― 改めて内藤選手の印象は

大毅 「顔がでかい。びっくりしてん」

―― 因縁の対決に向けて

大毅 「何が因縁や。日本人がベルト持ってるからやるだけや」

―― きょうの金色の衣装(金色のジャケット)は

大毅 「金は輝いとるからや。好きな色や。チャンピオンはそういうもんや。
     スター性が違うやろ。内藤君これ着ても似合わんと思うわ」
内藤 「いや、なかなか似合う人もいないと思うけど」(会場苦笑)

―― 改めて内藤選手、明日はなんのために戦うのですか

内藤 「国民のためです」
興毅 「よっしゃよっしゃ。きっちりこたえだせや国民のためにな」

―― どう戦う

内藤 「KOとは言わない。勝ちにこだわります」
大毅 「おれはKOするよ。みとってくれればわかる。
     おれのパンチは宇宙一や」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用終了〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

...で。
格闘技(興行スポーツ)だから、いろんなキャラがいていいと思うし
いずれは亀田3兄弟が、3人ともチャンピオンになることを心のどこか
では期待しているのだけど...
なんか、勝った内藤への喜びじゃなくて、亀田が負けたことに喜びを
感じている私自身がいたりなんかして^^;

亀田家としては、今後もダーティーヒーローのキャラを貫くのかしらん?

内藤勝利よりも亀田黒星が嬉しかった方はクリックしてみて下さい^^;
 ↓↓↓↓↓
ブログランキング

2007年10月11日

posted by たすけ at 22:37 | Comment(2) | TrackBack(10) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武士の情けとバルトの楽園

武士の情け」とは、たとえ敵であっても、相手を辱めることはしない
相手の名誉を重んじるというスピリッツ(精神)だけど・・・。
昨日のWBCフライ級タイトルマッチ内藤大助vs亀田大毅の試合で
実は事前にどっちが勝っても負けてもこの記事を書くことを決めていた。

「情けは情け、仇は仇」
武士は傷ついた敵に一時の情けをかけることもあるが、それと闘争心
とは別物であり、一旦戦いの場となれば、互いに非情に徹するべき。

我々は、スポーツ(ボクシングもスポーツの範疇として)を観戦し
前後のコメントに「武士の情け」を心のどこかで求めているのだと思う。
だから、試合前に「仇は仇=あだはあだ」として強言を吐いたとしても
試合後に「情けは情け=なさけはなさけ」の言葉があれば納得する。

まぁ、亀田大毅が浪速の弁慶を名乗るからには
「弁慶」こそ「情けは情け、仇は仇」として名高い人物なのだから
格好だけなく弁慶スピリッツを纏(まと)って欲しい。

....な〜んて思うのだけど、あの亀田家のキャラは変わりそうにないか^^;

武士の情け

さて、この写真は拝読しているBe-all and End-all(手賀沼まったりチャリンカー)
さんから拝借したもので。
松平健が主演した「バルトの楽園(がくえん)」で有名になった松江大佐の徳島
での住居跡に建立した顕彰碑だ。(背景は松嶋菜々子主演で有名な「眉山」)

この写真を見た時に、あぁ〜そうだ「バルトの楽園」見過ごしてしまったなぁ・・
と思い、先日DVDを借りて鑑賞した。

〜〜〜〜〜〜以下ストーリー〜〜〜〜〜〜
1914年。第一次世界大戦で日本軍は、3万の大軍を送り込み、ドイツの
極東根拠地・中国の青島(チンタオ)を攻略しドイツ兵4700人を日本
各地にある俘虜収容所に収めた。

その中で、松江豊寿(まつえとよひさ)が所長を努めた徳島県
「板東俘虜収容所の所長」では、陸軍上層部の意志に背いても
ハーグ条約に則りドイツ人捕虜達の人権を遵守し、俘虜収容所
としては例のない寛容な待遇をさせた。

やがて、自由を宣告された俘虜達は、松江豊寿や地域住民に感謝
を込めて、日本で初めてベートベンの『交響曲第九番 歓喜の歌』
を演奏した。日本の第九の発祥地。
松江大佐は、会津藩士の長男として明治6年に生まれ、旧会津藩士
が辛酸を嘗めたこと体験し、ドイツ兵俘虜たちに「武士の情け」を
実践したのだった。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

松江大佐はその後、会津若松市の市長などを歴任し、昭和31年に
83歳で死去。また、俘虜の中でカール・ユーハイムが日本に留ま
りバームクーヘンで有名な神戸本店のユーハイムのを創業。

その他、俘虜たちから学んだハム作りが「日本ハム」の前身となる
「徳島ハム」創業や、シューズメーカーの「月星ゴム」の発展に
寄与したり、ロースハムの名付け親である俘虜ローマイヤー氏
がやがて銀座に『ローマイヤー』を開店させるなどの逸話がある。
ちなみに映画のセットが観光名所「歓喜の郷」として公開されています。

以前、書籍で[板東俘虜収容所]の逸話は読んだことはあったが...
楽器は真新しいし^^;ユーハイム氏は本当は似島俘虜収容所の出身だし^^;
など、映画ならではの脚色や史実と異なる部分はあった。

それでも当時、第一次世界大戦で戦勝国であった日本にとっては
俘虜に対して収容所の中に酒場を許したり、俘虜の製作品を住民
に販売し、俘虜に賃金を支払うほどの「武士の情け」をかける国力
があったのだろう。

しかし、第二次世界大戦で敗戦国となった日本軍の俘虜の「シベリア抑留」
については「武士の情け」について、別の意味での感慨に耽る史実がある。

                       この項つづく

ユーハイムのバームクーヘンを召し上がったことのある方はクリックしてみて下さい^^;
 ↓↓↓↓↓
ブログランキング

2007年10月12日

posted by たすけ at 02:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勝ち馬に乗るテリー伊藤

あらあら、亀田家を応援します!TBSサンデージャポンでは
昨日は「おめでとう!内藤チャンピオンですか?」(苦笑)
まぁ、結局マスメディアはどう転んでも大衆受け(視聴率狙い)だし
これで内藤大助選手の苦労も報われるので、それはそれでいいと思う
のです....がっ!

ちょっと昨日のサンデージャポン,亀田,内藤、絡みのブログ検索して
みたら高橋ジョージに批難が集中し、テリー伊藤が絶賛されていたこと
は私自身はどうも納得がいかないなぁ。

だってさぁ・・・今回の内藤大助vs亀田大毅の試合に関する
テリー伊藤氏の発言を振り返ってみるとさぁ

試合前日記者会見
「亀田のマナーが悪い?ボクシングという特殊な世界を一般の常識で
 計るのがおかしい。そもそも ピカソやアインシュタインを挨拶の
 仕方で否定できますか?」
「亀田を叩いている人はボクシングを知らない素人ですよ(笑)」
試合翌日
「いいじゃないですか。彼も若いんだからこれから。ああいうのが
 いてもいい。まあボクシングなんてプロレスみたいなもんですから」
亀田JBC審議報道後
「亀田はまるでフランス料理を手づかみで食べるようでボクシングを
汚している。持ち上げたTBSは反省しろ!」
「若さが出た?そんな問題じゃない!何ですかあれは!特にオヤジさん!
 あれはヤクザじゃないですか!見ている視聴者は不愉快ですよ!」

まったくポリシーも糞もありゃしない(苦笑)
だいたいこの人のコメントは、出演番組によって180度変えるから
今に始まったことじゃないけれどさぁ。それにしても、なぜにこうも
いとも簡単に「手のひら返し」平気の平左で繰り返すのだろう?

ま、結局昨日のサンデージャポンの冒頭でテリー伊藤氏自身が発言した
「みんな!この際勝ち馬に乗ろうよ!」
っていうのがこの人のポリシーであり、TVプロデューサー上がりの性(さが)
なんでしょう。

...で。
まさかこの人、自分のサイトの過去発言を改ざんしてないだろうな?
と、日刊○○(紹介するのもシャクなので)を確認してみたら....
見事に過去発言の部分を最新版に張り替えてましたわ ┓(´_`)┏

まぁ、私なんぞはボクシングについては素人ですから、たいした見識は
ありませんが...
昨年夏に亀田興毅がチャンピオンになった時期に、テリー伊藤氏がどれだけ
亀田家絶賛の筆頭者であったかを「拳論」という専門ブログから引用。

ずっと亀田を絶賛し続けてきたテリー伊藤は夕刊紙のコラムにこう書いている
「いったい、亀田興毅のどこが悪いのか?
 ムチャクチャいい試合をしたじゃないか。
 皆、ボクシングに清廉潔白さを求めすぎてやしないか?」
亀田を擁護したいのかボクシングを擁護したいのか分からない乱心ぶ
りなのだが、同氏はボクシングにマフィアや八百長、買収工作などが
当たり前に存在すると説明した上で
「その近寄りがたい怪しさも、ボクシングの魅力。-中略-亀田は高校
球児じゃない。その言動から亀田はデンジャラスな世界を体現している」
と主張。テリー氏の言う「ムチャクチャいい試合」は文脈から考えて
八百長試合としか読めないのだが、要約すれば、ボクシングは八百長
も魅力なのだから亀田が八百長をやってもいいじゃないかということになる。
最も亀田を応援している人間でさえ、こんな苦しい話しか持ち出せな
くなっている事実上の白旗宣言だ


そりゃ確かに、昨日のサンデージャポンでの高橋ジョージ氏の
内藤チャンピオンに対する質問には無理があった...でも...でもさ
人としてどちらが筋を通しているかと言えば、高橋ジョージ氏の方
だと私は思う。

西岡すみこ風にテリー伊藤を語るならば...
大毅のもっとも明白な反則行為が「持ち上げて落とす」だったけど
「じゃぁこれまで、さんざん亀田家を持ち上げておいて叩き落とした
反則野郎はどこのどいつだぁい?」
「おまえだよっ!」 


つねに、注目を集める発言&勝ち馬に乗ることだけを身上としているテリー伊藤氏
が、出演TV局のサンデージャポンでTBS批判の発言しながら...
「どうせ視聴者(大衆)なんかは、舌先三寸でどうにでもなるさ」
と、同氏が心の奥でほくそ笑んでいる姿を想像すると...

あるいは、もしかしたら菊池伸之氏&生井桂一氏両TBSプロデューサー
とテリー伊藤氏の三人が宴席でこっそり「ドーモドーモ、まぁ一杯」
なんてやっている光景を想像したら...

「テリー伊藤氏のTBS批判を絶賛しているブログ」
をいくつか読んでいて、なんだかとても虚しい気持ちになってしまった。

テリー伊藤氏の勝ち馬に乗る言動を不快に思う方は毎日クリックして下さい^^;
 ↓↓↓↓↓
ブログランキング

2007年10月15日

posted by たすけ at 01:49 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

橋下弁護士vs今枝弁護士(信義に二種あり)

正直...弁護士ブログって辛(つら)い..
何が辛いって..さすが弁護をすることを生業としているので
自分自身の弁護(擁護)に関しては、文章量・用語・論旨の展開まで
読みづらいし、さらに行間までを読もうなんて思ったら、もう大変(;´Д`)

「だったらわざわざ記事にしなくていいじゃん」
とケンさんから諭されそうだが^^;
今日18日は光市母子殺害事件検察側の最終弁論の日であり
一旦、記事で光市母子殺害事件を取り上げて、今回テリー伊藤氏の平気の平左
を批判を書いてしまったからには、なんらかの自説を述べなきゃいかんだろうと
さらに10/14に同事件の弁護団に変化があり、下記の3ブログを読破する
(コメントを含む)ために丸1日かかってしまい、10/14の記事が飛んでしまった...

元検弁護士のつぶやき
橋下徹のLawyer’s EYE,ブログ
弁護士・未熟な人間・今枝仁・光市事件と刑事弁護の理解のために

なのに今日10/18にまた展開が変わってしまった(;´Д`)はぁ〜
本来は、一言一句正確な引用をしなければ各ブログ管理人に失礼だとは思います
が、とてもじゃないけど読みきれない量だと思いますので、勝ってに要約して
記述します...それでも今回の記事は長いっスよ^^;
よほどの興味がない限りは読み飛ばした方が無難です(自爆)

----光市母子殺害事件の被告弁護団が分裂した。

2007年10月10日付。
今枝弁護士のブログで、ほかの弁護士が元少年に対して、「今枝ブログは酷い」
「君(元少年)から言ってやめさせろ」と言っていたことが暴露された。

2007年10月14日付。
今枝仁弁護士のブログで「重大報告」と見出しをつけた日記で、今枝弁護士は
当日の弁護団会議で意見が対立し、主任弁護人の安田好弘弁護士と弁護団長の
本田兆司弁護士から「弁護人から降りてもらいたい」と言われたことを明らか
にし、15日に被告の元少年に説明したうえで、辞任する意向を示した。

今枝弁護士は、弁護団が法医学の論点ばかり重視することに不満を述べ。
「ママゴト遊びのような不要にインパクトのある猟奇的な表現を使わず、
もっと事実に即した表現を使ってほしい」と訴えた。また、元少年がもともと
強姦の目的がないことや、現在反省しており将来の更生の可能性があることを
訴えるべき」などとして安田弁護士らと対立した。

2007年10月15日付。
今枝弁護士は、元少年と面会後「絶対に辞めないでほしい」と懇願されたとして、
自身のブログで辞任表明を撤回した。

...で。ブログ「元検弁護士のつぶやき」では
「何やってるんだか…。」と呆れた辛口コメントが多数寄せられ
「こまま弁護団との煽りあいに発展するようなことがあれば、司法は決定的に信頼
を損なうだろう」という論調となっていた。

2007年10月18日付。
今枝仁弁護士が、被告の元少年(26)から弁護人を解任されたことが判明。
元少年の自署による解任届が16日付で作成され、弁護団長を通じ送られてきた。
「弁明や話し合いの機会を持たず解任されたのは非常に残念」としながらも...
「私は、彼らがいかに苦渋の選択をなし、被告人の利益を護るために決断したのか、
言葉でなく感覚で理解できました。」
その後他の弁護団会議で同席した足立先生からも、「分かってくれて、ありがとう」
と頭を下げられ、礼節を尽くしたお言葉を頂きました。とのこと。

----とりあえず光市母子殺害事件の被告弁護団が分裂した。
というか今枝仁弁護士が光市弁護団から離れたという顛末がココまで。


追記事項:
今枝弁護士は10/8に元少年(被告人)身元引受人となる文書を広島拘置所に
提出した。江川紹子氏に相談するなどしながら悩んでなした決断とし、
裁判の弁護という枠を外れ被告人の精神的安定や、今後の生活への指針
づくりなど、身元引受人としてのサポートをなしていきたいとしている。

----橋下徹弁護士vs今枝仁弁護士

テレビ番組で弁護団への懲戒請求を呼び掛けた橋下徹弁護士は
この辞任騒ぎについて
「まさに弁護人活動を自分のためにやっていることの表れ」と批判しながらも
「弁護人であっても被害者遺族に対して、また社会に対して一定の配慮が必要
であることを認識されたのだと思います。」と理解を示し。
「弁護人が何かを主張する際には、一般常識に適う事実に即した表現を用いる
ことなど世間がこれまで弁護団に対して求めていたもの」と同調した。

これに対し今枝弁護士は
「それは違う。被告のためにならないので、意見を言って直してもらおうと考
えただけ」と反論しながらも、橋下弁護士が理解を示したことについては
「今までに比べて、わりと好意的ですね。すんなり気持ちよく聞けました」
と話した。

----が。

橋下徹弁護士は
今枝弁護士が弁護士懲戒請求を提出した原告にその「求釈明書」を送ったこと
に対して
「常識はずれの文書を、懲戒請求した皆さん方に送りつけてきたようです。」
この文書は懲戒請求制度に対する重大な挑戦で、一般市民からの懲戒請求を
過度に委縮させ、弁護士の非違行為を止める手だてがなくなり。
文書自体も『脅迫』あたり得ます。
この今枝弁護士からの求釈明書に対する対応は、無視して下さい。

今枝仁弁護士は
橋下弁護士は懲戒請求をなした人の住所や氏名が、自動的に苣ソ求人である
弁護士に告知される手続きを批判しているが...
橋下徹氏が被告となった懲戒請求では、懲戒請求人の住所氏名を表示したまま
で裁判の証拠に提出しているではないか。
橋下弁護士が「まさか対象弁護士に住所や氏名を知られるとは思わなかった。」
と仰天したというのは、懲戒請求をなした人への説明不足であり、その責任を
制度に転嫁しようとする橋下弁護士の批判はいかがなものか?


┓(´_`)┏ なんかもうどうでもいいよ... てか。

やっぱり品位を失うべき非行については、棒に怒るごときになってしまっているじゃん。

私自身は、安易な気持ちで光市母子殺害事件の再審について記事を書き始めた
訳じゃない。私自身がどうにもその弁護団の主張に共感できなかった。
ただ共感できないというのは感情論であって理屈ではない。
今後もこの感情は理屈でねじ伏せられることはないだろう。

たぶん世論(安易に国民とか世論とか使うな..って言われたけw)も
そんなフラスレーションを溜めているだろう..ということで記事をUPしただけだ。
亀田一家の件についても、JBCの裁定はこの世論をもはや無視できない判断し、
やっと腰を上げたと思っている。
司法とスポーツ審判を同じ土俵に上げるな..と言われればそれまでだが。

私個人の日記(ブログ)では、私自身の感情を吐露しただけで
山口県光市母子殺害事件の審判については
「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」の記事を書き終えた段階で
私自身の気持ちは言い終えて、もうあとは静かに司法のジャッジを待つだけだ。
ただ、ネット上では橋下徹弁護士vs今枝仁弁護士への擁護や批判ばかりでウンザリしてきた。

今回の記事を書くにあたり、どんなタイトルをつけらいいのかどうか
迷いに迷ったが...明治時代の随筆家でありコラムニストの斎藤緑雨の一節に
「信義に二種あり、秘密を守ると正直を守るとなり、両立すべきにあらず」
そもそもの意味は...
『企業や国家の内部告発(秘密の暴露)をする際には、大義を弁(わきま)えろ。』
であるが、護士である橋下徹vs今枝仁両氏にこの斎藤緑雨の一節を献上したい。

なんかさぁ..二人とも、なんでもかんでもしゃべり過ぎじゃありませんか?

こんな長文記事を読んだあなた自身に「お疲れ様」でした。という方クリックして下さい^^;
 ↓↓↓↓↓
ブログランキング

2007年10月18日

posted by たすけ at 23:30 | Comment(1) | TrackBack(2) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パパ、戦争ってどれくらい儲かるの?

久々の登場!熊さん、八さん、ご隠居、三名の会話より

熊:なんです?ご隠居、やぶからぼうに今回のタイトルは?
隠:まぁなんだな、おまえさんたちも「パパ、戦争ってどれくらい儲かるの?
  を読んだらどうかと思ってな。
willam_d.gif
  
八:あたしゃ、そんなことよりも老舗菓子屋や料亭のインチキが許せない
  ですけどねぃ。
熊:あっしは、前防衛次官守屋武昌の野郎の接待三昧が許せねぇ。
隠:だからそういうタイミングだからこそ、こんな本を読んでみなさい。
熊:??
八:??

熊:なんだかご隠居の話はいつも小難しくてわけがわからねぇ(--;)。
八:要は、老舗菓子屋の賞味期限偽装や名産品インチキのニュースは
  大事なことから目をそらせるための眩ましってことですかい?
隠:こないだ急遽、福田・小沢党首会談があったわな。それも二時間非公開でな。
  テロ特措法についていったい何を話し合ったことやら・・
熊:あ!そういやぁ、小沢一郎は今は「インド洋での自衛隊給油活動を認めない」
  って言っているけど、湾岸戦争の時には「米国から要求される前に日本独自に
  方針を打ち出す必要がある。財政支援は最低で100億ドル!」
て多国籍軍への
  財政支援を決めて結局135億ドル(1兆7千億円)を支払ったんですよね?
隠:いったいその金はどこに行ったらやらだね。しかも、各国に要求した支援金額
  はアメリカが実際に消費した金額を5割も上回り、ドイツのゲンシャー外相は
  猛然とアメリカに抗議して追加支援を拒否したが、日本のマスコミはそんな事
  を一切報道してないしな。

八:要はあれですか?日本じゃせいぜい官僚のトップの軍産汚職問題だけど、
  アメリカじゃ、大統領と副大統領が戦争で大儲けしている..ってことですかい?
隠:まぁ、そんなところだねぇ。もし守屋前次官が全てのことをしゃべったら
  日本の政界からのみならず、アメリカの政界まで関わってくるような汚職問題
  に発展するだろうねぇ。
  まぁもっとも、アメリカも日本のメディアも巨大企業化してしまって、真実追求
  より経営や株価を優先するような体質になってしまったから、報道することと
  言えばせいぜい芸能スキャンダルくらいだろうけどね。
熊:あっしもそれは思いますぜ。今日のワイドショーでも、世間の注目記事1位が
  「元光GENJI赤坂晃容疑者が覚せい剤取締法違反で現行犯で逮捕」
  だとさ。
八:へ?いったいぜんたい国民の何%が赤坂晃って人間が元光GENJIのメンバー
  だったなんて事を知っているんだ?そりゃ絶対TV局側の世論操作だな(笑)
  
隠:だいたいね。私が、ブッシュやチェイニーが"せこい"と思うのは...
  彼等は二人とも、石油や投資関連会社に関与しているが。インド洋で自衛隊が
  米軍以外の戦艦もタダで石油をくれてやっているが、やるのはタダでも自衛隊
  (日本)がタダで石油を手に入れている訳ではないわな。
八:あ!するってぇ〜と・・・アメリカさんは、日本に石油を買わせて、それをタダ
  で自国の戦艦に入れている・・・って二重儲け!ってことですかい!?
熊:そういやぁ、アメリカ大使館が月額わずか21万円ぽっち地代を98年以降ずっと
  支払ってない
ってこともワイドショーでは全然取り上げないっすねー。
八:なに??そいじゃアメリカさんは10年間家賃踏み倒して、すっとぼけている
  って訳かい??
隠:まぁ、セコイといえばほんとにセコイ話だな。
  元モー娘の後藤真希さん弟(後藤祐樹容疑者)が工事現場からケーブル
  を盗んだ。
なんてことを何度も報道するより、アメリカ大使館の家賃踏み倒し
  報道をもっと大々的に報道してもらいたいもんだ(苦笑)
 
熊:そういやご隠居は、安倍総理が辞意を表明した記事のところでも
  「テロ対策特別措置法」の自衛隊のインド洋での給油活動に触れていましたね。
隠:うむ。あの時詳説を省いたが・・・
  8月に小池百合子防衛相がチェイニー副大統領、ゲーツ国防長官らと会談
  した際に、自衛隊支援戦闘機開発で日本の独自技術は無料、無条件で提供させ
  一方、米国の最新鋭機ステルス戦闘機F22は対日輸出禁止という、不平等
  な条件を飲まされ。果ては、中国が急進展させている軍備のハイテク化
  に対応するためにMD共同開発プロジェクトのための日本の予算額を
  約1兆円を上積みするよう求めた・・・
八:ちょっと待ってくださいよ!それじゃなんですか?
  日本の技術はタダでアメリカに提供しろと?
  そして、アメリカ軍事ハイテク化のために、日本の予算をもっと出せと?
熊:ひでぇ〜・・・どこまで"せこい"んだか。

隠:うむ。防衛省は国産ステルス機となる次期主力戦闘機FXの試作に
  着手したのだが、当初の国産機計画が米国の介入で日米共同開発へと変更
  になったいきさつもある。そして、9月8日にオーストラリア・シドニー
  でのアジア太平洋経済協力会議APECに並行して行われた日米首脳会談の
  際に、安倍前首相はアメリカからテロ特措法延長に職を賭するとの決意
  を促される圧力を受けたわけだ。
八:つまり守屋前防衛次官はそれらの内幕も全部知っているということですかい?
隠:まぁ、どこまで知っているかは私にはわからんが、守屋前防衛次官が
  山田洋行の元専務からうけた接待などより、もっと大きな軍備贈収賄劇が
  あったことは確かだろうな。ま、どっちにしろそういった袖の下なんぞは
  スイスの銀行に振り込まれているだろうから、尻尾は出さないだろうがね。
熊:なんですねぇ。結局、軍備増強や軍事支援なんてものは、国際貢献
  なんてことじゃなくて一部の軍事産業とそれに関わる守銭奴の肥やし
  になっているだけなんですね。

隠:私はね、日本はアメリカさんに恩義に感じる部分は恩義に感じてもいいと思う。
  だが、いつまでたってもアメリカの言いなりになっているようでは、世界中から
  「日本はアメリカのおまけ国」に思われてしまうんじゃないかと憂慮してる。
熊:おまけ国じゃなくて、まぬけ国って思われたんじゃ江戸っ子がすたりますぜ。
八:でもよ...熊さん。1つだけアメリカさんのいいところ真似しようじゃないか!
熊:なんだい?八っつあん。
八:ほれほれ、家賃10年の踏み倒しのことよ...。
  ご隠居!なんかいい知恵だしてくださいヨ。
  大家が納得するような、むこう10年この長屋の家賃タダにする屁理屈を(笑)
  
アメリカは好きだけど戦争支援は嫌だ!と思う方はクリックして下さい。
 ↓↓↓↓↓
ブログランキング

2007年10月30日

posted by たすけ at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

随意ずいいずっ転ばしゴマミソ随意

熊:なんだい?八っあん、やぶからぼうに随意随意ずっころばし?
八:年間5兆円の防衛予算でな、武器購入の75%が随意契約なんだ
  とさ。まぁ5兆円の全部武器じゃくて、そのうち44%は人件費だ食糧
  だに使われているらしけどな。
隠:ほぉ、八さんずいぶん詳しいじゃないか。
八:あたしゃ今回の守屋防衛スキャンダルでロッキード事件を思い
  出したんでさぁ。ご隠居。
熊:ふ〜ん、それで武器購入の随意契約でゴマ擦り転ばしていれば
  官僚だけじゃなく政治家にも賄賂疑惑のミソがつくってか?
八:おっ!熊さん今夜はずいぶん察しがいいじゃねぇか(笑)

隠:昨日8日、ロバート・ゲーツ国防長官が来日した当時に
  軍需専門商社「山田洋行」元専務の宮崎元伸容疑者を山田洋行の米国
  子会社から約1億円を不正に引き出し、他に流用した疑いが強まった
  として、東京地検特捜部が業務上横領容疑で逮捕したが・・・。
八:あ!それそれ!実にタイミングが良過ぎやしませんか?
  その日は、国防族議員と軍需産業が「日米安全保障戦略会議」を開いて
  いましたよねぇ。理事として中谷元氏、玉沢氏ら防衛庁長官経験者がい
  て、以前は額賀財務相、石破防衛相も理事を務めていたし、協会の中心
  は日米の政界と軍需産業を結ぶ「フィクサー」と言われてる秋山直紀氏

  でしたかね?
隠:いったい東京地検はなぜそのタイミングで逮捕したのかねぇ?
八:要はあれですか?東京地検が宮崎容疑者を逮捕したのは
  国防族が不利にならないよう国会での宮崎証人喚問をさせないためだと?
  それともその逆で、地検が宮崎容疑者の生命や証拠隠滅を防ぐためだと?

隠:まぁ、ロッキード事件で田中角栄元首相を地検が逮捕したのは
  大物の田中を逮捕することで、政界全体のスキャンダルを防いだという
  説と、地検が真に正義の大鉈を振るったとの二説に分かれるが、今回は
  誰が「蜂の一刺し」の証拠発言をするかがポイントだろうねぇ。
熊:ふ〜ん...昔:小佐野賢治 今:宮崎元伸
        昔:児玉誉士夫 今:秋山直紀
 ってことですかい?
  じゃぁ、田中元首相の秘書官榎本敏夫の妻榎本三恵子氏の「蜂の一刺し」
  に変わる証言は誰がしそうだと?八っあん・・・
八:う〜ん・・・そんじゃ熊さんにヒントをくれてやろう。
  宮崎容疑者は山田洋行時代に歳暮や中元で贈答品を贈る旧防衛庁職員
  100人以上の名簿を作成し、自らリストアップ、格付けをしていた。
  今年7月に引退した田村秀昭・前参議院議員(75=元空将)が平成元年
  の参院選に初出馬した際、山田洋行が2億円の選挙資金を捻出していた。

  また結局今回、民主党代表に戻った小沢一郎とともに野党を渡り歩いた
  田村秀昭の防衛庁への影響力は年々衰えたといわれていて・・・
  宮崎は山田洋行を退社して独立する前、同社幹部にこう言い放った。

  「田村さんは終わった人だから、守屋さんを捕まえとけばいい」

熊:??いったいぜんたいどこがヒントなんだよ!
  おまえさん、いつからご隠居みたいな謎掛問答するようになったんだ?
八:おぃおぃ、熊さん俺だって命は惜しいわな。こんな拙ブログだって
  時々思いも寄らない機関からアクセスされているし、そんなハッキリした
  こと書ける訳ねえよ。
  ロッキード事件の時だって事件を追っていた日本経済新聞社の高松康雄,
  福田太郎の両記者や田中角栄の運転手の笠原正則氏など複数の事件関係
  者が立て続けに急死しているんだぜ?
熊:ふ〜ん...八っあん、ずいぶんとロッキード事件に詳しいんだな。
隠:まぁ、今回も宮崎逮捕報道で『テレビ朝日』が逮捕する前に「逮捕」
  と速報したり・・・
  8日当日、関東地区と一部系列局に向けてドラマを再放送中元専務を逮捕
  と字幕で速報。続くニュース番組「スーパーJチャンネル」でも同5時すぎ
  逮捕と報道した。その後この時点では事情聴取の段階であることが分かり
  同6時前に番組内でミスを訂正、「間もなく逮捕される見込み」と伝えた。

  また大連立の仕掛け人とされる渡辺恒雄・読売会長に対して、ライバル紙
  の朝日新聞は天声人語で「よりよい社会を念じて新聞は影響力を競うべき
  だが世の中は後ろからではなく、読者と共に正面から動かしたい」

  と痛烈に皮肉っているし、どうも今回はマスコミも機軸に混乱があるよう
  で、ロッキード事件以上の政界やマスコミ混乱があるようだねぇ。

八:現在も空母キティホークの母港となっている横須賀に来年原子力空母
  ジョージ・ワシントンが後続艦として配備されること知ってるかい?熊さん。
  ジョージ・ワシントン(2基の出力90万kw原子炉=福井美浜原発1号炉に相当)
  プルサーマル実施を拒否した同県刈羽村の住民投票以来、原発の新規立地は
  日本国内のどこでも世論が許さない状況

  になっているのにもかかわらず、動く原発が東京湾に堂々とやってくる。
  ...で。その横須賀が地元の小泉純一郎元首相は、中川秀直・元幹事長らとの
  会食で大連立構想頓挫について「残念だった」って言っているってさ。
熊:う〜〜ん_s(・`ヘ´・;)ゞだめだ...話が複雑過ぎて、大き過ぎて
  おいらにはさっぱり見えてこねぇ〜!
隠:うむ。まぁ熊さんが頭抱えるのは当然だろう(笑)
  私も八さんも、これ以上この件で書くことは自粛したほうがいいかもだな。

熊:なんですねぇ。結局、今の日本は日米の政治軍事産業に関わる守銭奴に
  とって金蔓(かねづる)なってる...くらいの見当はつきましたがね。
  まぁ1976年にロッキード事件で証人喚問されたとき小佐野賢治が口にした
  「記憶にございません」がまた今年も流行するんでしょうなぁ。
八:ところで、熊さんよ。
  「ずいずいずっころばし」の歌は日本では茶壺行列とか大名行列の歌と
  言われているけど。隣の中国に例えてこんな訳があるの知っているかい?
熊:なんだい?八っつあん。
八:中国の「隋の国」が没落していく様を民衆が罵り悲しんだ訳でさ
  ■ずいずいずっころばし
   隋の国は二代で乱れて荒んでしまった
  ■ごまみそずい
   隋の国は胡麻味噌(胡麻と味噌をすり合わせ)ようなもの
  ■ちゃつぼにおわれて
   悪者が他人の茶壷を我が物だといって争いになっても
  ■どっぴんしゃん
   悪者と一緒になって大騒ぎ
  ■ぬけたら、どんどこしょ
   ところがいざとなったらみんなとぼけるわ、しらんぷりするわ
  ■たわらのねずみが米食ってちゅう、ちゅうちゅうちゅう
   国政が腐敗し悪漢が堂々と活動し蔓延している
  ■おっとさんがよんでも、おっかさんがよんでも、いきっこなしよ
   皇帝や役人も手におえず、どうしようもない
  ■いどのまわりで、おちゃわんかいたのだぁれ
   都で悪事を働いてもいったい誰なのか、わかりもしない
  
オレたちひょうきん族で「蜂の三恵子」の登場にたまげた方はクリックして下さい^^;
 ↓↓↓↓↓
ブログランキング

2007年11月09日

posted by たすけ at 14:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マックのご利益&銀杏(イチョウ)のご利益

うぉ〜!(`Δ´)ノ マクドナルドよおまえもか!?
とマクドナルドの賞味期限偽装ニュースの後
朝マック...もとい...朝ポタしてきました^^;

今朝は天気が悪いので、足早に西深井〜平方〜ルートで富士見台へ
銀杏の葉がどれくらい色づいたが気になっていたので、浄観寺地点から
福性寺地点を目指し...A地点からB地点に行く間に

ちょっとまってください山本さん!
うぉ〜!( ̄□ ̄;) なんでこんなところに大型観光バスが!?
チャリでもすれ違いなんかできないゾ!..と別の道に回る。

あの細い田舎道にバスが入ってきているのです..で...樹齢300年を超える
「大銀杏(おおいちょう)」が県の重要保存樹となっている流山市平方
「福性寺(ふくしょうじ)」に到着すると...

fukuseiji_02.jpg

うぉ〜!(゚◇゚;) 朝からこんな大人数で読経している!?

fukuseiji_01.jpg

ほどなく、先ほどの大型バスがどこかでUターンしてきたらしく
境内入り口に停車し、ふとフロントガラスを見ると...

fukuseiji_03.jpg

ほぉ〜!(・_・) 関東三十三観音霊場「ぼけ封じ巡礼」ご一行様

そーなんですよ川崎さん。
ここ福性寺は、「ぼけ封じ寺」として有名なんですよ。

ちょっとまってください山本さん!
坂東三十三観音霊場っていうのは聞いたことはありますが
関東三十三観音霊場?...で、福性寺が入っているのですか??

そーなんですよ川崎さん。
まぁでも、あまり深く考えないでください、大学野球だって東京六大学や
東都大学リーグがあるじゃないですか^^;ちなみに坂東三十三観音霊場
について詳しく知りたい場合は、ココとかココをご参照ください。

ちょっとまってください山本さん!
私が知りたいのは、どうして神社やお寺に銀杏(イチョウ)の木が
よくあるのか?という事と、それと「ぼけ封じ」が関係しているのか?
という疑問なんです。

そーなんですか?川崎さん。
では、また長いウンチク話になりますよ(笑)

銀杏は生きている化石のひとつで、銀杏の仲間が栄えたのは中生代です
から1億5000年前の恐竜の栄えた頃です。その後地球上から銀杏の仲間は
絶滅しましたが、現生の銀杏一種だけが中国に残ったのです。
しかも、銀杏は広葉樹と思っている人も多いようですが、実は広葉樹で
はなく針葉樹の部類
か、その両方でもないというまことに不思議な樹木
なんです。

...で。日本に持ち込まれたのは平安後期〜鎌倉時代にかけてとされて
おり寺院に古いイチョウが多いのは、僧侶によって中国からもたらされ
たと、考えられます。ちなみに、その根拠として銀杏ついての歌や記述
は万葉集(奈良時代)も枕草子(平安中期のブログ)にも出てきません。
銀杏(イチョウ)が日本の文献に登場するのは室町時代以降からです。

ちょっとまってください山本さん!
ということはですよ...
各地に残る弘法大師の杖から生えたとされる銀杏伝説や鎌倉の鶴岡八幡宮
源実朝が暗殺された時、公暁が大銀杏かげに隠れていたというのは嘘?
各地にある樹齢1000年を超える銀杏の木なんていうのは全部嘘ですか??

そーなんですよ川崎さん。
まぁでも、賞味期限を数日ごまかした..なんてセコイ話よりよっぽど雄大
な話でいいじゃないですかぁ。でも、日本のどこかにもっと古い時代に
持ち込まれた銀杏があってもおかしくはないですけどねぇ。

ところで、神社やお寺以外でも街路樹として銀杏の並木を植えていますが
あれは、銀杏(イチョウ)の木が劣悪な環境にも耐える丈夫な木であると
ともに、樹内の水分量が多く火災にめっぽう強いことが関東大震災の時に
証明され火災の延焼を防ぐために大正時代以降に植えられたものなんです。

ちなみに、種の段階では銀杏の雄・雌がわからないので、2年目以降の苗木
に接木して、雄株と雌株(実のなるほう)に分別しているんです。

ちょっとまってください山本さん!
そんなことより、銀杏(イチョウ)と「ぼけ封じ」の関係を!(`Δ´)ノ

そーでしたね^^;川崎さん。
銀杏は長崎のオランダ商館に勤務していた医師のケンペルによって
江戸時代の呼称であった銀杏[Ginkyo]としてヨーロッパに紹介されました。
その後、植物分類学の始祖といわれるリンネが植物分類の初版に日本の銀杏
を入れましたが、その際に[Ginkyo]を[Ginkgo]と誤記して、それ以来
欧州では銀杏=ギンコと呼称され学名もそのままギンコとなっています。

...で。地球上から絶滅したとされた、生きた化石のギンコに欧州の学者
が注目し、その成分や薬効を研究していった訳です。その研究の中で
「痴呆症の改善」や「記憶改善」など脳機能に作用することが判明し、
欧州ではギンコ=イチョウ葉のエキスは医薬品として普及しています。
日本では、いわゆる「賢脳サプリ」として誇大気味に宣伝されていますが
詳しいことや注意点は、独立行政法人 国立健康・栄養研究所の
「イチョウ葉エキスの有効性および安全性」
を読んで下さい。

ちょっとまってください山本さん!
そんな現代の話をされても「ぼけ封じ」の説明になってない(;`Д´)ノ

ですからね川崎さん。
先ほどの弘法大師の杖の銀杏伝説や、源実朝暗殺の大銀杏の話もすべて
は後づけです。
ご利益キャッチフレーズも時代の変化に応じるものなのですよ。
お寺めぐりは墓石屋さんや不動産屋さんが主催する時代ですからねぇ。

昔だっていわゆる"やらせ"として健常者がボケたフリして、お寺参りを
したらフツーに戻ったとか...巡礼の旅や読経によって生体調節が改善
したとか...お寺の銀杏の葉を煎じて飲んだら、ホントにボケが改善した
とかそういうことはあったかもしれませんが、大切なことは
「ボケに対する事前の心構え」を巡礼によって悟ることだと思いませんか?

そー言われれば、そーかも。山本さん
要するに共通の不安や悩みを抱える人たちが集まることによって、いざという
時に備えて心に余裕がもてるというご利益ですね。

そーなんですよ川崎さん。(笑)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

追記事項(1)

銀杏(イチョウ)のご利益(ごりやく)については、ボケ封じ以外に
子宝・厄除け・無病息災・延命長寿などなど色々あります。
特に子授けや子宝にご利益があると言われる銀杏の木が多く。

その理由として...
銀杏の雌木は多数の実を結ぶことや、実のなることない雄の銀杏の古木から
気根(空中に出る根)が垂れ下がり、それを女性の乳房に見立て気根に含ま
れるデンブンを母乳代わりに飲ませたことに由来します。

chibusaicyou00.jpg仙台市:苦竹の乳銀杏

cibusaicyou01.jpg岡山理科大学(波田研)より

追記事項(2)

タイトルにマックのご利益と記しましたが...
マクドナルド財団では、自宅から遠方の病院に入院している子どもと
その付き添い家族が利用できる宿泊施設を支援しています。
このドナルド・マクドナルド・ハウスは寄付やボランティアによって運営され
ています。(私も仕事上で時折紹介する機会があります)
正直、私は「食育上」ファーストフードには賛成していませんがこの
財団のご利益には感謝しています。

これまで、食品関連の賞味期限偽装が多く出ましたが、とりわけマクドナルド
は小さいお子さんを持つ母親にとって利用頻度の高い店です。残念です。
どうか、今回の事件でドナルド・マクドナルド・ハウスへの寄付や
ボランティアさんたちの活動に支障がでないことを祈っています。

ドナルド・マクドナルド・ハウスのことを初めて知った方はクリックして下さい^^;
 ↓↓↓↓↓
ブログランキング

2007年11月28日

posted by たすけ at 19:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

反省だけなら猿(サル)でもできる

反省
これ..反省猿(サル)のようにみえますが、我が家の猫です^^;

...で。今日のニュースで次の三名の「反省しています」の言葉が出た
(1)サッカーと温泉治療が大好きな横綱朝青龍
(2)試合後のカラオケ熱唱が大好きな亀田大毅
(3)ゴルフと焼肉が大好きなおねだり妻の守屋夫人

「サッカーに出たのは?」「どうしても出てくれ言われたので..」
「今後の試合でもリングで歌うのか?」「歌うと思うで、好きやから..」
「宮ちゃん、私を重役にすれば?」
でも今は反省している...らしい。

防衛省の汚職事件で逮捕された守屋幸子容疑者が、収賄容疑を認め反省
してる"らしい"というのは本人の記者会見を見聞した訳ではないけれど...

この3人に共通しているのは「自分が何様だと思っているの?」という勘違い。
東京地検に逮捕された守屋武昌元事務次官とともに、幸子夫人が防衛専門
商社山田洋行の宮崎元専務からの度重なる接待で便宜供与に関しての容疑は
(身分犯の共犯)
『犯人の身分によって構成すべき犯罪行為に加功したときは、身分のない者で
あっても、共犯とする。』という容疑だ。

...っていう観点から思考すれば。
横綱朝青龍の仮病疑惑の巡業サボリや、亀田大毅のふてぶてしい態度は
犯罪行為ではないにしてもそれを加功する"とりまき"に責任があるでしょ?
「1から出直しでも、0から出直しでも」どっちでもいいけど...
本人よりはその"とりまき"に「品格」がないとしょうがないんじゃない?

...で。まぁ一応冒頭の三人は反省サルと報じられているけど...
防衛省の汚職事件では"とりまきの国会議員"が反省するどころか
三猿を決めている...額賀猿とか田村猿とか糸川猿とか...
三猿

はてさて東京地検は今は"知らぬ顔の半兵衛"を決めているのかしらん?

...で。"おねだり"と言えば、我が家にも強烈な「おねだり娘」が・・
人の食べているものは、なんでも欲しがる我が家の女帝でありますが
でも、現金やブランド品をおねだりする訳じゃないから、ま、いっか^^;

おねだり

我が家では、このクレクレ攻撃&おねだり光線に対しては
日々、品格をもって対処しております(笑)

冒頭の猫の画像、一瞬やっぱり猿?だと思った方はクリックして下さい^^;
 ↓↓↓↓↓
ブログランキング

2007年11月30日

posted by たすけ at 23:30 | Comment(5) | TrackBack(7) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。