IOC(国際オリンピック委員会)

日記(言いたい放題)


デメトリウス・ビケラス..........1894年 - 1896年 ギリシャ
ピエール・ド・クーベルタン男爵..1896年 - 1925年 フランス
アンリ・バイエ・ラトゥール伯爵..1925年 - 1942年 ベルギー
ジークフリード・エドストローム..1946年 - 1952年 スウェーデン
アベリー・ブランテージ..........1952年 - 1972年 アメリカ
キラニン卿......................1972年 - 1980年 アイルランド
フアン・アントニオ・サマランチ..1980年 - 2001年 スペイン
ジャック・ロゲ..................2001年 - ベルギー

歴代IOC会長である。
受験生諸君!時事問題として頭に入れておきなさい!(笑)


さて、
モーグルの上村愛子選手が5位、ジャンプの原田選手が失格と
なってしまった。スポーツの世界であるから、結果が出てしま
ったことには仕方がない。
しかし、採点基準やルール改正は毎回物議をかもす。

歴代のIOC会長に、男爵、伯爵、卿とあるようにもともとは
IOCは上層階級のスポーツ振興の集まりで営利目的をタブー
とし開催地は巨額の負債を覚悟した。

しかし、1980年にIOC会長に就任したサマランチ会長あたり
からそれまで頑固に貫いた純粋スポーツの中に顕著にビジ
ネスを誘導する改革を打ち出した。
スポーツ用品企業、計器類企業、飲料水・食品企業などに
出資してもらう代わりに、五輪の「オフィシャル・スポン
サー」として認めオリンピックを企業のイメージ宣伝が
できる体制を作りあげたのだ。

企業が五輪マークを使うときは高額の利用権をとり
TV放映権を入札制として放映権収入も5倍以上に
急増させた。商業化の結果、オリンピックは儲かる
ビジネスへと変身したのだ。

スポーツにビジネスが絡むことによって、人気のある
(スポンサーのつく)競技とそうでない競技に分かれて
同じ競技者なのに、TVの露出回数や取り上げ方にも
はっきり差別があるのは明白である。

現在の五輪はクーベルタン男爵が理想とした形ではない
かもしれない。しかし、毎回オリンピックの開催が待ち
望まれ、人々が熱狂するのは五輪観戦のエンターテイメ
ント化を進めた商業化の恩恵であるとも言える。

しかし
私たち観客が感動するのは、いくつメダルを取ったと
いう数字ではない。
いくつもの悔し涙と、嬉し涙に共感し、爽やかな潔さ
不屈の精神に自らの人生に重ねて共感し、記憶してい
くのである。

2006年02月12日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大学全入時代

日記(言いたい放題)


今朝のニュースで2007年度はいよいよ大学全入時代に突入したと報じられた。
全入と言ってもそれは、大学の募集定員と進学希望数が同一になるという数字上のことであり、現実には有名大学に人気が集中し人気のない大学では、定員割れや最悪の場合、大学の破綻が増えると予測される。

日本全体が貧しかった時代、学力があっても、経済的なことで進学を諦める人はごまんといただろう。そういう世代が親となり
「せめて高校くらい、できれば大学まではいかせたい」
という我が子に対する親心は充分わかる。

また、今ではかなり薄らいできたが、いわゆる有名大学 → 一流企業という計算式が成り立っていた
からであろう。
しかし、私の世代あたりから、いわゆる大学レジャーランド化が進み蛍雪で勉学に励んだ世代の人達から比べると、大学=社会に出る前のモラトリアムという場に変化してしまっている。つまり、入学するのが目的で卒業するのが目的ではなくなっていた。

今後は各大学も生き残りをかけ、「入りやすいが出にくい」に変化していくだろう。いかに入学した学生に資格やその後の就職に有利になるように指導できるかが問われる時代に突入するだろう。
また、大学の経営面からみれば、進級自体もハードルを高くすれば留年学生を増やすことで、授業料の確保もできる。大学が存続の生き残りをかけた全入時代とは、決して学生や親にとって楽になる時代ではないのである。


2006年02月26日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

匂いと臭いの違いは何?

臭いは「におい・くさい」とも読み、臭(シュウ)と
音読みできる。
しかし、匂(にお)い には音読みはない。
つまり国字(日本独自の漢字)であり
「匂(にほ)う」とはもともと視覚を表わす言葉で
あったとされる。
 
あをによし 奈良の都は 咲く花の 
 にほふがごとく 今盛りなり

万葉集に出てくるこの有名な奈良の枕詞の・・・
あおに=青あお(青色)と丹に(朱色)の美しい奈良
の建物の色彩にかかる

元々は丹(に)の色のような、あでやかに色が映える
さまを「にほふ」と言ったが、平安以降は視覚&
嗅覚ともに使われるようになったとされる。

まぁ、理由は諸説あるらしいが
なんとなく漂い感じる
わりと心地よいイイカンジぃ♪が匂いであり
プ〜ンと鼻腔に感じる
くさくてヨクナイカンジぃ♪が臭いである

だから
ニンニク料理が好きな人は・・・ニンニクの匂い
ニンニク料理が嫌いな人は・・・ニンニクの臭い
でいい訳である。(までも、普通はニンニク臭であるが)
香水も好き嫌いで、匂い・臭いの使い分けはできる。

但し、見た目で都会的センス溢れる人を
 あの人は都会の匂いがする
は正しいが、都会が嫌いだからの理由で
 あの人は都会の臭いがする
と言うのはよろしくない。これがもともと
「匂い」が視覚や雰囲気を表わす言葉から来ている
という所以である。

ややこしいのは、犯人のにおいだろう。

警察犬が犯人のにおいを追う時は
...犯人の臭い であり
状況証拠から犯人と推察する時は
...犯人の匂い になる

但し、
どうも奴は臭(くさ)いと言うではないか?
どうも奴は犯人の臭(にお)いがするでも正解だろ?
という反論が出てきそうだ。

ん〜〜〜、その場合は実際に「におい」がなくても
疑惑がプンプン臭うという二重の隠喩を含めた表現
になるのだろうか?


隠喩ついでに今の政局を・・
万葉集からの本歌どりで...

メルはあし ならぬ謝罪は ぶたくさの
 臭いあるやも 今すかしなり
(あをによし 奈良の都は 咲く花の
 にほふがごとく 今盛りなり)

アド変へか 悪事止まずの ずるい派の
 ひろまる時に 風吹かずとは
(あど思へか 阿自久麻山の 弓絃葉の
 ふふまる時に 風吹かずかも)


どうぞ解釈は各々でm(_ _)m

2006年03月05日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(守株)待ちぼうけ その1

待ちぼうけ♪ 待ちぼうけ♪ ある日せっせと野良稼ぎ♪
そこへうさぎが飛んできて♪ ころり転げた木の根っこ♪

もともとは、韓非の著書である「韓非子」の中の一節である。

「宋の国で、畑を耕している男がいた。荒れた畑には
 切り株があり。ある日ウサギが突然駆けてきてその
 切り株に当たり、死んでしまった。 それからは
 男は真面目に畑を耕すのはやめて、切り株の傍で
 じっと見張りをしながら、ウサギが飛び出してく
 るのを待ち続けた。 しかしウサギは二度とは手
 に入らず、その男は 宋国中の笑い者になった」


<この故事をもとに、北原白秋が詩にした童謡が>

まちぼうけ、まちぼうけ、ある日せっせと野らかせぎ、
そこへうさぎが飛んで出て、ころりころげた木のねっこ。

まちぼうけ、まちぼうけ、しめたこれから寝て待とうか、
まてばえものは駆けて来る、うさぎぶつかれ木のねっこ。

まちぼうけ、まちぼうけ、きのうくわとり畑仕事、
今日ほおづえ日なたぼこ、うまい切り株木のねっこ。

まちぼうけ、まちぼうけ、今日は今日はで、まちぼうけ、
明日は明日はで森のそと、うさぎ待ち待ち、木のねっこ。

まちぼうけ、まちぼうけ、もとは涼しいきび畑
いまは荒野のほうき草、 寒い北風、木のねっこ。



昔、母がよく子守唄替わりに歌ってくれた童謡である
私はこの詩がメロディーとともに脳裏で反芻(はんすう)
される。
この童謡から、子供が詩の意味を汲み取ろうとすれば
「人はちゃんと汗水流して働かないとお金は得られない」
となる。

私は株式とか株というと、どうしてもこの守株の歌が
染み付いており、デイトレード等で金を得ようとする
風潮は私には肌が合わないなぁ・・と常々思っていた。

だが、韓非が守株で謂わんとしたことの本来の意味は
「人はきちんと汗水流して働かないとお金は稼げない」
ではない。

2006年03月24日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(守株)待ちぼうけ その2

金儲け♪ 株儲け♪ ある日せっせとあら稼ぎ♪
そこへ迂詐欺が飛んでばれ♪ ころり転げた虚の根っこ♪

「某国に株を分ける者有り。
 小株は急速に成長し、やがて六本の木の梢に住まえり。
 因りて虚幹を守り、亦復た株にて巨象を得んと願えり。
 而して株は朽ち果てる寸前となるや、身は小管に匿う
 ことにあい為れり。」


昨今は、デイトレードやホストクラブが大流行りで
TV番組では現役東大生が、塾の講師をしながら
デイトレードで月収100〜200万。
現役歯科大生が、週3日のホストのアルバイトで
年収1500万円。等が特集されていた。

私にとってそのよう世界は縁遠い話だと思っていた。

しかし先日、朝の電話と夕方の商談で期せずして
お二人の女性から
「え?○○さんは株やってないの?」
と切り出され唖然としてしまった。

お二人は80歳を越えた方と、30代の方だったが
「去年は、2000万くらい損金だしたわ」
「昨日は、40万の損切りで終えたわ」

とお二人とも事も無げに言う。さらに
「娘には店の1軒も新しく作ってやろうと思う。」
「私は小さいけどヨットくらいは持ってますよ。」

ホストクラブが繁栄するのは、それだけの大金を落
とせる女性が増えたことに他ならない。

そしてちょうど、その帰途の際カーラジオからは
「USENの宇野康秀社長(42歳)が個人として
 フジテレビからライブドア株を一株71円、計約
 95億円で買い取り、その後USEN本体がライ
 ブドア株を譲り受ける。」と流れてきた。

PCの普及で、世の中の何が変わったかと言えば・・
昔は「仕事や技術は、年長者が若輩者に教えて伝えるもの」
今は「若輩者の知識や技術に、年長者がついていけない」
という事であろう。

韓非の残した、「守株」の本来の意味は、
『いつまでも古い習慣を固守することは、時に応じて処理
する能力が乏しく進歩がない』というである。

個人株式投資やデイトレードが流行る世相に、
「なんだか世の中間違ってない?」と思うのは
韓非の「守株」の教訓を理解してないという
ことになるのだろうか・・

2006年03月25日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘビーデューティー世代?

我々の青春時代は
いったい何ファッションが流行ったのだろう・・

〜シネマファッション.....50年代
〜太陽族.................50年代
〜みゆき族...............60年代
〜サイケ族...............60年代
〜ヘビーデューティー.....70年代 ←この辺から
〜ニュートラ・ハマトラ...70年代 ←この辺かな?^^;
〜竹の子族...............80年代
〜DCブランド...........80年代
〜ボディコン.............80年代
〜渋カジ.................80年代

こう振り返ってみると、サイケ族とか竹の子族の
ファッションに比べれば、今の若い世代の人の
ファッションの方がおとなしく見えてしまうかも^^;

考えてみると、
サイケ族の子の世代が竹の子族であり
竹の子族の子の世代が今のストリートダンサー世代だ。
やはりDNAが覚えているのだろうか?

ってことは・・・
2020年の頃には、また独特のファッションが流行るのかな?

2006年03月26日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まったく今の若い者ときたら・・・

こんなボヤキは、紀元前のギリシャでも言われていた
ことで..と。こんな記事他にどこかに書いてないかな。。
と検索をかけたら、すぐに

「佐々木俊尚のITジャーナル」にヒットした。

あぁ〜これ以前、立ち寄ったことがあるなー
と思いながら、先月をもって終了していたので
今度時間がある時にでも、じっくり全部読んで
みようと思う。

最終回で「自律分散協調論」で筆をしまう
ところなんぞは、流石な締めくくりだなぁと感じた。

たぶん、2004年10月26日記事の
「オヤジ系 VS 技術系の溝は埋まるか」の内容はまさに共感する御仁も多いのでは
ないだろうか・・

って、自分の本題に入る前に枕が長すぎた

本日書こうとした記事は、また後日に^^;

2006年04月14日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モナーとのらくろ

monaa00.gif

2ちゃんねるでお馴染みのキャラクターだ。

このキャラクターは、現在の世相風刺に実に多くの
若者〜中年世代までが使っている。
これは、ちょっと昔に「のらくろ」が擬人化されて
当時の世相の反映させていたのに似ていると思う。

さて、ネットが発達して著作権とか知的所有権とか
非常にボーダレス化している。
のらくろ世代は、著作権を強い既得権益と感じている
が今のモナー世代は、みんなの共有物だと考えている。

つまり...
面白いものは、どんどん使っていいじゃない?
とばかりに、いわゆるフラッシュや動画など
で既得のキャラクターが次々にUPされている。

『じゃぁ〜、おまえ(波平)はそういう世相に
 真っ向から意義を唱えるの?』と云われると
そうではない・・・

別記事で紹介したように、「もすかう」
等は、まさにツボに入って何度も見ても飽きず
に今でも頭の中で替え歌(空耳アワー如し)が
反芻される。
あの作者の中学生の才能(センス)には全く
敬服しているくらいだ。

のらくろ世代の人も、当時日本のあちこちで
のらくろの落書きを残している筈だ。
時に教師に叱られながら、時に上等兵に隠れ
描き、同期の仲間で憂さを晴らしていただろう。

ただ今は、それがごく限られた仲間内でなく
あっという間に世の中に流れてしまうという
ことだ・・・

いかん^^;長くなりそう...

             この項続く...

2006年04月15日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オレンジレンジな風潮

オレンジレンジというグループの歌は、最初は
カーラジオのFMから聞くともなしに聴いていた。

てっきり
懐かしい曲を次々ランダムに替え歌で流しているのかと
思っていた。しかし娘からCDを借りて、ラジオから流れ
ていたそれらの曲は1つのオリジナル曲としてヒットして
いると知ってびっくりした。


勿論、彼らのオリジナリティーの部分もある。
しかし、私が注目したのが当の本人たちが
「いいメロディーは普遍であり、ボクたちはいいと
 思った音楽をどんどん取り入れていく。」
と公言していたことだ。

ネット上で流れているフラッシュの多くも
普遍的なテーマに、自分なりのアレンジをして
公開している。

しかし、サーバーの負担以外の問題=著作権絡み
でそれらが時間をおかず閉鎖ないしは自主的に
公開を止める...それの連続なのである。

3日前に紹介した、「もすかう」の作者は
作品で金銭を得ていた訳ではない。
純粋に自分の趣味で作り、それを公開し
私を含めてそれをおおいに楽しんで見ている。

そして、それらをまた熱心に拾い集めて
丁寧に整理して公開しているサイトが
星の数ほどある。

オレンジレンジの風潮とは...
いいものをみんなに知ってもらおう
いいものを掘り起こして使うことが
なんでいけないの?...と、モナー世代

それに対し
今の若いもんときたら自分で努力して
生み出すこともせずに...と、のらくろ世代

でも、たぶん...
紀元前のギリシャでも似たような対立があった
のだろう...そしてオヤジ系VS技術系の「主知主義」
を巡って喧喧諤諤(けんけんがくがく)があって...



最後にヘラクレイトスがすっくと立ち上がり

「万物は流転する!」
と叫んで議論をおさめたのかも(^^:

            この項終わり。

2006年04月16日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語でしゃべらナイト

日記(言いたい放題)


特定商取引法違反で一部業務停止命令を受けた英会話学校最大手「NOVA」の外国人講師らでつくるNOVA教職員組合は19日、講師の不安定な雇用形態を改めるよう同社に申し入れると発表した。 という記事を目にした。

私自身は、以前ほんの短期間ではあるが、「シェーン英会話教室」にお世話になったことがある。

何故、シェーンを選んだかは、単純にイギリスという国が好きだったことと、「NOVA」の派手
なCM戦略が好きではなかったことである。

今回の「コムスン」の問題でもそうだが、どうもイメージ戦略を派手に行う企業を私は信用できない
性格である。
この件に関しては、以前にも別サイトに寄稿した記事
「聞いたことのないメーカーの商品で大丈夫?」で詳細に述べている。

勿論、シェーンでも担任講師が短期間で度々代わったり教え上手で熱心な講師も入れば、テキトーに時間を過ごす講師もいたりで、その当たり&はずれはどの英会話教室を選んでも変わりはないだろう。

但し、いわゆる料金体系や支払いについては、いわゆる学習塾の月謝タイプのようになっていて、とにかく先に料金だけ集めてしまうと言うような「NOVA方式」ではなかったので、良心的なというか、当たり前の方式であった。

今日のNHKで、
「納得していますか?あなたの働き方」と題した番組ですぐ離職する若者が悪いのか?
社員を育てようとしない会社が悪いのか?
などという討論会をほんの流し見してが、私にすれば今の会社はイメージ優先で、また働く若者、飛びつく消費者も、イメージ(幻想)に左右されすぎているんじゃないの?いう感慨である。

話が脱線してしまったが、昨日のNHK英語でしゃべらナイト
野田秀樹氏の英国留学時代の英会話上達術がまことに「言い得て妙」であった。

「外国語習得=恥をかく快感」要約すれば、わからないからすぐ聞くことが当たり前であり、わからないことをすぐ聞いて、恥が増える毎に恥がなくなっていく...という事であった。

日本は恥の文化=「自身を省みて恥ずかしいと思う心を行動の基準にする文化」と言われてきたが、マスコミ先導&イメージ優先の時代となり「会社を省みて恥ずかしいと思う部分をいかに誤魔化すかを基準にする文化」になってしまったのかしらん?

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2007年06月24日

posted by たすけ at 02:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。