流山市(加、西平井、平和台)の風景

流山チャンネル


先日、流山市加にあるアンティグア手打ちそば「たけだ」を連チャンした時
流山橋に集合して、宿→根郷→加岸→の旧道を抜け流山文化会館前を通過
という順路でした。

流山のジモッティは
流山橋から上流にむかって流山市街地を宿→根郷→加岸と呼んでいます。
宿(しゅく)=江戸時代当時、宿屋が多かったから。
根郷(ねごう)=街の要所や村落の中心地を根郷や本郷と呼ぶから。
加岸(かぎし)=加村の岸(加村岸)の略です。

例えば、流山5〜8丁目あたりが宿なのですが、現在の地番で区別するより
宿=赤城神社 根郷=浅間神社 加岸=大杉神社 の祭礼範囲(氏子衆)で
区分して考えるほうが的確です。

加岸の大杉神社の祭りが6月末に始まり、10月の赤城神社のお祭りまで、
子供の頃は各神社のお祭りで季節の訪れを感じていました。今回自転車仲間
とともに旧市街を通り、それぞれの神社の前を通過しながら、当時の思い出が
脳裏をかすめていました。

私は流山町加で生まれ、その後西平井に越し、西平井の一部はやがて平和台と
名称が変わりました。

旧加村には大小の神社がありますが、そのうち氏神様として敬意を込めて大宮
と呼ばれたのが、現在の平和台の中心に残された鎮守の森にある大宮神社です。
平和台にはもうひとつ、さらにわずかに残された鎮守の森に大原(だいばら)神社
があり、こちらは西平井の氏神様です。

↓40年以上前、下のような平和台の造成が進む中で、流山小学校に通っていた
私は低学年時(西平井住所)は大原神社の坂道を下っていましたが、西平井の
一部が平和台と名称が変わった頃には、大宮神社の下のメイン通りで、現在の
TX(つくばエクスプレス)流山セントラルパーク駅につながる道を通学路と
していました。(もちろん当時は流山北小はありません)
40年前の平和台
流山市(加、西平井、平和台)
緑色の範囲が上の空撮写真の方向と範囲です。↑
私が小さい頃は、平和台駅ではなく赤城駅→赤城台駅と名称で赤城神社が
駅名の由来でした。
今ではすっかり平和台の地名が定着していますが、宿、根郷、加岸の
ランドマークがそれぞれ、赤城神社、浅間神社、大杉神社
であったように
平和台のどこらあたりが昔の加であり、西平井であったかは、大宮神社や
大原神社が名残のランドマーク
になっています。

流山市加の竹林

アンティグア=アンティークですが、往時の『風景の骨董品』を探すのは
なかなか難しくなっていますが、アンティグアの後ろ残された竹林斜面は
幼い頃に筍を採らせてもらった面影がわずかに残っていました。

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン 日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2008年04月22日

posted by たすけ at 00:29 | Comment(6) | TrackBack(0) | 流山チャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たすけさん、こんばんは。

土曜日は興味深いところをご案内下さってありがとうございます。とても楽しかったです。そうそう、日曜日はラーメンもご一緒させていただきました(笑)。

話は全然変わるのですが、たすけさんのお生まれになったところは「ウナギ道」沿いではありませんか?私の調べ(?)というか感では、ウナギ道は豊四季の諏訪神社の前から江戸川にかけてのルートは、現在では県道278号線に姿を変えているのではないかと考えています。
Posted by IKAWA at 2008年04月23日 00:19
さすがルートオタクのIKAWAさん!おはようございます(笑)
手賀沼産ウナギは
呼塚河岸〜篠籠田〜高田〜駒木〜野々下〜加村岸
利根川産ウナギは
布施河岸〜宿連寺〜松ヶ崎〜高田〜駒木〜野々下〜加村岸
らしいですので、ウナギ道沿いの戌年生まれの私はウナギ犬?(自爆)
...って。まさに「ぬるっと流山」物語ですね!(更爆)
Posted by たすけ at 2008年04月23日 07:43
はじめまして(たぶん?)流山bloggersのSpockです。
あちらでも、よろしくお願いします。

以前から、郷愁を誘うブログを楽しく拝見させて
頂いてます、ほとんど同世代ですので。

ご存知かとは思いますが、最近、こんな本が出て
います。昔の風景があってとても興味深いですよ。

http://oo2.s43.xrea.com/mt/archives/001050.html

ご参考まで。
Posted by Spock at 2008年04月23日 23:46
Spockさん こんばんわ&コメントありがとうございます。

ほんとうにその本(懐かしの流山U)は涙がちょちょ切れるほど
懐かしいですよねぇ(T_T)
P15の飛地山で4人の男の子と小さい女の子が写ってますが...
「あれ!?これって俺か??」と思ったのですが、他の顔に
全然覚えがないのでたぶん自分じゃないな..ってな感じです(笑)

私も以前より
流山発 ちょっと気になる..どころか..おおいに気になるWeblog
として拝読させて頂いておりました。最近は自転車(ポタリング)
記事が多くなっていますが、もともと自分の半生記を綴ろうと思って
始めたブログですので、これからも、ほそぼそと郷愁ネタ?を綴って
いこうと思いますので、今後とも宜しくお願い致します。

PS.4/23付の記事で、あまりにも日付が離れてしまってからの
TBになりますが、何卒ご容赦くださいませ○┓
Posted by たすけ at 2008年04月24日 00:40
こちらこそ、ありがとうございます。古い写真、地図というのは面白いですよね。

P15の飛地山の写真、そうそう昔はみんな、おかっぱでした。もし自分だったら凄い驚きですよね、私はこの頃、まだ2歳。

グーグル・アースも感動モノなんですけど、古今の比較と言うことでは、国土地理院の「国土変遷アーカイブ」空中写真閲覧システムなんかをたまに利用します。市野谷の森の変遷なんてのを勝手に作って、比較したりしてます。これお薦めです。

http://archive.gsi.go.jp/airphoto/search.jsp
Posted by Spock at 2008年04月24日 23:01
Spockさん ありがとうございます!

うっひゃ〜!これ凄いですねぇ〜^^
拙ブログでもhttp://sazaepc-tasuke.seesaa.net/article/53278755.html
のエントリーで空中写真閲覧サービス(試験公開)
を紹介していたのですが「平成20年3月31日で終了いたしました」
...ってことでリンク切れになってました!f(^、^;)

グッジョブ!国土地理院!!
Spockさん ほんとに感謝感謝ですぅ〜♪
Posted by たすけ at 2008年04月24日 23:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。