フランシーヌの場合は...

TVドラマや漫画の追憶


自転車がご縁で知り合った、ほぼ同世代のタルサさんはんぞうさん横山さんから
新谷のり子の...「フランシーヌの場合はあまりにもおばかさん」の歌詞が出てきてちょっとばかりノスタルジックな気分に浸っていた。

横山さん曰く、近年自転車人口が増えているのも、自転車雑誌の編集者によると
ブームの軸は「出もどり新参」つまり少年時代に自転車の楽しさを体験した層

...なんだそうです。

なるほどなぁ..昔はTVゲームなんぞなかったし、私自身も野球盤のようなゲームはあまり興味はなく、ほとんど遊びといえばアウトドアばっかりだった。
最近のゲームソフトに残酷なバーチャル物が多いらしいのだが、私はとんと興味がないのでよくはわからないが、なぜそういうゲームソフトに需要があるのだろう。

フランシーヌは1969年の3月30日にベトナム戦争とビアフラの飢餓問題に抗議してパリで焼身自殺した実在の人物で当時小学5年生であった私に他人のために自分の命で抗議をするという行為に衝撃を憶えさせた。

...ただ
この「フランシーヌの場合」のレコード発売日から考えれば、私より10くらい上の世代の方々にとっては、安保闘争で死亡した女学生「樺美智子(かんばみちこ)」のレクイエムとして捉えているのだろう。

あまりにもおばかさん...という歌詞には強い畏敬の念が込められているだが
最近の事件で、自分自身のフラストレーションを解決する方法として「殺す相手は誰でも良かった」などいう動機がニュースで報じられる度についつい心のどこかで、フランシーヌの場合と比較している私が居る。

おっと..話が脱線してしまった^^;
昔のアニメソングはだいたい○○少年合唱団みたいなコーラスが主体で歌詞も
手を取り合おう、助け合おう、頑張ろう、みたいなフレーズが多かったが
今の若者世代にそんなアニメソングを聞かせたら腹を抱えて笑い出すのだろうか?

...で。
前記事の携帯カメラ動画をファイルサイズを縮小して音源を入れてみたのだが....


↑↑↑いきなり音声が出ます↑↑↑(※勤務中の方ご注意をばw)
小学生の頃に仲間たちと自転車を乗ったことを思い出したら
こんな音源を入れてしまいました...おばかさんな私です。ハイ^^;

フランシーヌが自殺した、同年1969年7月20日にアポロ11号が月に着陸したのだが、この世紀の瞬間をカラー放送で見ようと、日本中でカラーテレビが爆発的に売れて、我が家にも1969年7月のアポロ11号の月着陸に合わせてカラーテレビがやってきた。

私が昔の記憶を辿る時...フランシーヌ以前は白黒の記憶で、アポロ11号以後はカラーの記憶なのだ。
生まれた時からカラーテレビで育った世代の人は、昔の記憶に白黒とカラーの境界はなく、すべてカラーで記憶しているのだろうか?

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2008年04月02日

posted by たすけ at 02:51 | Comment(4) | TrackBack(0) | TVドラマや漫画の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 うわぁーッ、ホッパーパトロールの主題歌! ちゃんと覚えてますよ♪たしか、エラン水というエネルギー源で活躍するんでしたっけ。新谷のり子は、もう10年以上も前にあるイベントで「フランシーヌ」を歌うのを聴いて、オバサンになったなぁ。と、思ったものです。たしかに、アポロの月面着陸からカラーTVの記憶ですね。万博もカラーなんですが、その後の連合赤軍事件は背景が雪だったからか白黒、札幌五輪がまたカラー。
 今日、タルサさんと昭和ロマン館http://www.s-roman.com/に行ってきました。こちらはもう、最初の記憶から総天然色ですね。
Posted by 横山 at 2008年04月02日 19:10
うっへ〜!こんな記念館があったなんて全然知りませんでした。
ココ私のツボです!ありがとうございます。早速行かねば^^
是非今度、松戸・市川界隈の浪漫ポタでも企画して頂ければと願います^^

オバサンといえば..数年前の懐メロ番組で。
私が初めて買ったレコードが天地真理の4曲入りサービスシングル
容貌は変わったとは言え、あの当時の歌声を期待していたのですが
結局当時のファルセット声も全然出ずに共演した小柳ルミ子が本気
で涙を流していたのがとても印象的でした...
Posted by たすけ at 2008年04月02日 19:41
たすけさんこんばんは。
私はたすけさん達よりも少しあとの世代ですが、白黒テレビは家にありましたし、自転車で遠くまで行ったり、外で暗くなるまで野球をしてました。
だから皆さんの世代の遊びもやったし、ロボットアニメやTVゲームも出てきたりしたいい時代を経験してきたんだなーなんて思いました。
しかしフランシーヌとホッパーパトロールは初めて知りました(^^;
Posted by spirit at 2008年04月04日 23:32
spiritさん まいどです
新谷のり子の「フランシーヌの場合」は確実にリアルタイムなのですが
古いアニメや米国ドラマは、何度も再放送されていていつに見たのかが
不明になっています^^;
宇宙パトーロル、ホッパは途中から宇宙っ子ジュンに改名されてしまい
ましたが、私たちの世代にとって宇宙人のアニメイメージはカッパの姿
との記憶の擦りこみはこのアニメの影響が大きいと思ってます^^;
Posted by たすけ at 2008年04月05日 20:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。