蕎麦打ち祭り♪とぐるっと流山

すいません..
また勢いでタイトルに"蕎麦打ち祭り"ってつけちゃいましたがそんな祭りはありません^^;

「今度うちでそば打つけど、来る?」と実弟...私が断る訳がない♪
「行く!行く!」と私...てな訳で弟&弟のお仲間の中に入れて頂きました。

蕎麦畑

実は昨年の富士火力演習の時に、弟が知人の流山の耕地を借りて蕎麦を植え、製粉機がないので、同伴の農家の人に「貸して欲しいとか、挽いて欲しいとか」言っていたのをしっかり覚えておりました♪...その秋、早速地元流山産の蕎麦を打ったと弟が持って来てくれましたが、食べたのは打った翌日。今度こそ「ひきたて、うちたて、ゆでたて」の三拍子の蕎麦が食えるとアドレナリンはMAX♪


...で。蕎麦を打つ間にすでに酒を始めている中、いきなり私の失言。
「前の麺棒が反ちゃってさぁ」と..弟
「どうせホームセンターとかで安物買ったんだろ」とすでに酔っぱの..私
「この蕎麦打ちセット、ここに居る人達から新築祝いに頂いたものだぞ(--;」と..弟
「げっ!」Σ( ̄ロ ̄lll)...身体中からアセトアルデヒドが消えました^^;
...お仲間の皆さん大変失礼致しました(滝汗)

その後、お仲間の蕎麦打ち名人と弟が交互に蕎麦を打っては茹でてくれてました。
そば粉は残念ながら地元流山産ではなかったようですが"うちたて、ゆでたて"の蕎麦は格別で、少し打っては食べるのでさながら「わんこそば」のように少量づつ椀に入れては薬味を変えながら何杯も頂きました。
蕎麦を打った当人達は「水回しがどうのこうの」と出来栄えに満足していなかったようですが、持ち寄って頂いた"辛み大根"の薬味がこれがまた格別で、自分の胃袋のキャパも考えず「旨い、旨い」と食いまくりました。

...で。この"わんこそば"スタイル...満腹感にタイムラグがあり盲点でした。
とっくに胃袋のキャパを超えていた私に、突然腹痛が襲ってきました^^;
さらにお仲間の方々が時折、私の"笑いのツボ"に入るようなことを言うのでその度に腹痛は最高点に^^; "可笑しいのと食べすぎの両方が相俟って"後半は腹痛に耐える私でした^^いやぁ〜いくら旨いからと言ってもキャパ超えするといかんですねぇ(自爆)

飲みながら&食いながらお仲間の方々と色々お話させて頂きましたがなかでも驚いたのは、私自身も自転車仲間もよく拝見させて頂いている
「ぐるっと流山」...一部マニア内通称は「ぐるなが」(笑)
この「ぐるっと流山」の編集担当...っていうか、ほとんどお一人で土日休日返上で家族の冷たい視線に耐えながら(この辺はご同輩も多い筈w)制作しているとの事(笑)

...で。聞き伝てならなかったのが
役所内でこの「ぐるなが」に批判的な見解もあるとのこと
「冗談じゃねぇ!」ヽ(;`Д´)ノ←私の心の叫び
私自身もブロガーの一人として、記事を書くときに、いかに文章を書くことに労力がかかるかわかっているつもりです。私のような市民ブローガーは書きたいことを好きなように書けますが、それでも一応ネチケットとして、それなりに気遣いしながら書いているつもりです。

況や公的な発信の「ぐるなが」では、どれほど気遣いをしながら記事を書いているかは読者はよくわかっています。
『好きでやっている』ことには違いないかも知れないけれど、その内容がどれほど郷土流山の情報として役立っているのか、どれほど市民活動の糧となっているのか、しかも『代償を求めない純粋な気持ちを批判するとは何事か!』とこの時ばかりは表情は冷静を装っていましたが、心の中では憤然としていました。

私自身も、多くの方もそうだと思いますが、ブログやサイトを拝見してもほとんど読み逃げでコメントを書くことはあまりありません。コメントは寄せなくても、お気に入り(ブックマーク)しているブログやサイトは多々あります。
言い方を変えれば(日本人の特性かどうかはわかりませんが)賛同や賛美のコメントはなにか気恥かしく、その代わり批判的な論調コメントする人は粘着質とでも言うのでしょうか、長々と何度もコメントを寄せて、一見するとそういうコメントばかりが目立ってしまうようになりますが、実際のところ『声に出さない賛同・賛美』の読者の方が圧倒的だと、私自身はそう思っています。

すいません^^;書いているうちに熱くなってしまいましたが...
要はこの春、配置換えの季節になり、お一人で「ぐるなが」を頑張っていらした方がもし移動してしまったら「ぐるなが」の存続がどうなるかわからない..との事でしたので。
この記事を書くことが、もしかしたらその方に迷惑がかかるかもしれない...
と一抹の不安がよぎりましたが"書かない後悔"よりはいいかなぁ..と
是非とも、今後も「ぐるっと流山」は郷土の情報発信として更新を続けて欲しいと強い願いを込めて記事に挿入させて頂きました○┓

...えっ?蕎麦打ちの画像はどうした...って?^^?
すんません。蕎麦が出来る前にすでにヨッパで、すっかり写真撮ること忘れてました!
冒頭の画像は、昨秋に「逆井城跡」にポタした時に写した"坂東市の蕎麦畑です"f(^、^;

クリックして頂くと励みになります^^;
 ↓↓↓↓↓
ブログランキング


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2008年03月17日

posted by たすけ at 21:24 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たすけさん、こんばんは。

「ぐるなが」、私は隠れファンです(笑)。何かとお役所的になりがちな市役所のHPにしては、親しみの持てる企画だと思います。

そういえば前ケ崎の「あじさい通り」を知ったのが「ぐるなが」でした。こういった、地域の隠れた名所をこれからも紹介し続けて欲しいです。
Posted by IKAWA at 2008年03月18日 23:43
IKAWAさん こんばんわ
おっしゃる通りですよね。是非とも存続して欲しいものです。
...ところで、その時の話の中で茅葺好きが高じて自分で茅葺家屋を
流山市内に作ってしまった人の話が出ました。
いずれ詳細をレポートしますのでご期待下さい(笑)
Posted by たすけ at 2008年03月19日 12:12
たすけさんこんばんは。
ぐるながは知りませんでした。
後で見てみます。

そば打ちは山形に住んでいたときに、幼稚園のお父さん(だけで交流する)の会でやりました。
形は悪かったのですが、打ち立て茹でたての蕎麦は甘く酒が進んだのを覚えています。
あんなに美味しい蕎麦を食べたのは初めてでした。
道具が必要なのでなかなかできそうにないですが、また打ち立て茹でたてを食べてみたいなと思います。
Posted by spirit at 2008年03月19日 22:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。