新大利根橋と利根川七里ヶ渡し(現在と過去の境界線)

はいこれ、千葉県柏市と茨城県取手市を結ぶ新大利根橋です。
ちょうど守谷市との境なので、橋の向こうは守谷市という印象が強い
のですが、柏市(布施)と取手市(戸頭)を結んでいる橋です。
...で。記事タイトルの由来は最後にこじつけます^^;

新大利根橋

新大利根橋って、とにかく長〜〜〜いの^^;
縮小しても2枚に収まりきれずに3枚の連続写真です。
それもそのはずで、当初の新大利根橋は真ん中の写真の部分
(利根川架橋部分)だけだったのが、台風の度に取手側が浸水して
高架にして、柏側も農免道路の交差点を立体交差のために高架にして
計三期に分けて柏ー取手間をすべて高架にしてしまった訳ですから。


新大利根橋柏側
新大利根大橋柏側A〜B利根川土手まで(田中調節池内) 第三期部分

新大利根橋
利根川土手B〜C利根川架橋まで 第一期部分
 
新大利根橋取手側
利根川架橋C〜D取手市のジャスコまで(稲戸井調節池内) 第二期部分

江戸時代、幕府は政略上の判断で、橋を架けなかったので対岸との交通は
利根川七里ヶ渡という渡し場で、船で行き来していたそうです。
七里はないと思いますが、とにかく長〜〜いのは江戸時代も変わりなかった
のでしょうねぇ。
七里ヶ渡し跡は新大利根橋の眼下にあります。今(2008年2月11日現在)柏市が
設置した案内板が取り外され、水難事故の慰霊碑(祠)があるだけですが
茨城県側にも同じく犠牲となった方々の祠があるはずです。

新大利根と七里ヶ渡し跡

明治に利根運河が出来るまでは...
印西の木下(きおろし)で荷物を降ろして木下街道で船橋経由で江戸へのルート
柏の布施河岸で荷物を降ろして、流山の加村岸経由で江戸川を使って江戸に
運ぶルートがありましたが、とりあえず布施河岸は交通の要所として栄えて
布施弁天様なども結構有名な参詣地となりました。

...で。新大利根橋(七里ヶ渡し)を渡って茨城県側で著名な寺社と言えば...

戸頭の永蔵寺

永蔵寺と戸頭神社ですが、永蔵寺の巨木については後日ということで
戸頭神社にスポットを当てます。

戸頭神社

戸頭神社の解説は御遷宮記念碑をご参照ください。

戸頭神社の遷宮記念碑

元々は茨城県側の七里ヶ渡しの船着場あたりにあったのが、新大利根橋の
計画によって遷宮した..なんていうところに歴史の流れを感じますねぇ。

このお社の佇まいは、現代の遷宮であるために古(いにしえ)の雰囲気を
感じることはあまりないのですが、裏に廻るとそれが一変します。

戸頭神社の裏手01

すごいですよねぇ...これほど様々な石碑や祠が混在密集しているのは
私はあまり見たことがありません。
きっとこれまでの合併と現代の遷宮によって、そこかしこにあった石碑や祠
をいっぺんにこの社裏にまとめたからなんでしょうが、かなり急いで移築
させたようで基礎が不安定だったり、台座と屋根だけになっている祠も
あります。

戸頭神社の裏手02

現代の遷宮と云っても、ちょうど私が20歳の頃に戸頭神社が遷宮した訳で
それから30年...私も今年で50歳だし...
私自体が古(いにしえ)の雰囲気になってきています(自爆)

新大利根橋から戸頭神社方向を望む

戸頭神社は新大利根橋を柏側から渡る時に
右斜め方向に茶色の高層マンションが見えてきますが、そのすぐ前です。
田園地帯に忽然と現れる高層マンションですが、これも旧戸頭小学校跡地に
建設された建物でこのマンションの敷地と戸頭神社の裏手の境は、まさに
現代と過去の境界線が一目瞭然に感じられる場所でした。

次号記事は...
取手市戸頭の「人気ハンバーガーショップの巻」...乞うご期待!(笑)

クリックして頂くと励みになります^^;
 ↓↓↓↓↓
ブログランキング
日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2008年02月10日

posted by たすけ at 21:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | ■シニアの自転車生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
偵察、お疲れ様です^^
“あの方”が東葛人さんのところから、たすけさんのところに移動されたようですね(笑)
明日は、置いてきて下さいね(爆)
Posted by わいず at 2008年02月10日 22:19
わいずさん 色々とありがとうございました。

“あの方”はすでに当日Kaccinさんに移動されたようで..
私はなんとか1日だけの降臨で済んだようです(笑)
ところで、今回は本当に私にとって実り多きポタでした。
ちょっとお願い事がありますのであとでそちらにコメントに
伺いますねぇ〜^^/
Posted by たすけ at 2008年02月12日 22:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83383722
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。