法師戸をくぐり抜け♪

1/14日。今日は本埜村の白鳥を見て、帰りに新大利根有料橋で
ダイヤモンド富士を見ようと計画し、とりあえず利根川CRへ。

利根川CR

しかし、常磐自動車道とTX(つくばエクスプレス)の橋梁の間から
見えた筑波山方向の空模様を見て「こりゃ今日の夕方は雲がかかって
駄目だな」と判断し、菅生沼の白鳥に変更しようとUターン。

利根運河河口

と言うより、例によって土手を一気に駆け下りて、川べりのダートコース
を走ってみたくなっただけかも^^; 写真は某日の利根運河と利根川の
合流地点だが、こういう道はロードバイクでは絶対入って来れない場所だ。
この後写真右の河川敷に移動し、枯れた葦原の中で小さな野鳥たちと
言葉を交わし、一路芽吹(目吹)大橋へ。

芽吹(目吹)大橋

菅生沼(天神橋)に行く時は、茨城自然博物館入り口の清雄寺別院から
大谷口の田園地帯を抜ける
のだが、芽吹大橋から直線の交通量の多い
県道つくば野田線を避けて、土手沿いをダートを一旦下流に向かい
用水路づたいに北上し写真下の法師戸のトンネルを抜けて行く。
(ダートを避けたいなら、土手を下りてすぐに派手なラブホテルがあり
そこからしばらくは集落の中にマメバスも運行している舗装道が続きます。)

芽吹大橋から茨城自然博物館までの地図

地図上に法師戸のローソンが見えるが、このT字路から茨城自然博物館
まできれいな道ができているが、私はあえてここも通らず、くねくね
まがった旧道を七郷郵便局のT字路まで北上する。
この日も行き帰りとも法師戸トンネルから七郷郵便局まで、1台の車
ともすれ違わず追い抜かれず、なんとものんびりした田舎道だ。
閘門橋付近

七郷郵便局から清雄寺別院を抜け、これまたのんびりした大谷口の田園地帯
を通って、天神橋のひとつ手前の閘門橋まで向かう。
慣れないうちは「中里の道標桜」を目標にすれば確実だが、写真奥左手に
大谷口の田園地帯に通じる道があり、かなりくねくね曲がるが、この道を
使えば茨城自然博物館から白鳥の飛来地(天神橋)までは、ゆっくり走っ
ても10分ほどで到着する。(やはり1台の車ともすれ違わず^^;)

菅生沼(天神橋)の白鳥

さてさて、到着。居ました、居ました、たくさん居ました。
白鳥を撮影する、バードウォッチャーさんたちが^^;
ここは、近くにきれいな公衆WCも完備されており
白鳥ウォッチャーにとってはまことに親切設計ですね♪

チャリンカーは私1人でした。今日も楽しかったですっ!(w

...って。実は今回のポタでは、私にとって白鳥よりも感心が高かった
ものに遭遇しました。...この項続く。

クリックして頂くと励みになります^^;
 ↓↓↓↓↓
ブログランキング



日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2008年01月17日

posted by たすけ at 03:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | ■シニアの自転車生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たすけさん、こんばんは。

本埜村の白鳥は1月10日現在、16羽だそうです。うーむ、これは菅生沼に大移動したんじゃないかと勝手に想像してしまいました。


ところで、パ....パ....パクられてる(笑)。
Posted by IKAWA at 2008年01月19日 23:26
IKAWAさん おはようございます。

>ところで、パ....パ....パクられてる(笑)。

いやぁ〜^^ 心地よいフレーズはみんなでパクらないとぉ(笑)
といいますか...
わが小学校の応援歌のメロディーが、パクリのパクリであった事実を
今更ながら知ったことは、とても感慨深いものでありましたぁ^^
Posted by たすけ at 2008年01月23日 10:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。