江戸川とダイヤモンド富士

ダイヤモンド富士特集


江戸川,ダイヤモンド富士のキーワードでこの記事に辿りついた方へ
追記したダイヤモンド富士 / 江戸川玉葉橋付近の頁の方が参考になると思います
ので   ↑↑↑こちらの頁↑↑↑   をご参照ください。

江戸川のダイヤモンド富士
こちらは、とも21さんの作品です。【撮影データ詳細頁】

利根運河から理窓公園を望む
利根運河眺望の丘から理窓公園を望む
自転車通勤をはじめて、まずは自然に触れる機会がだんぜん増えました。
写真の方向に理窓公園がありますが、この他にも利根運河周辺には
ポタリング(自転車散歩)スポットが数多く存在します。

理窓公園の紅葉
理窓公園の紅葉
通勤ルートは利根運河〜江戸川〜富士見台が通常なのですが、時間に
余裕のある時は、一度利根川方面に自転車を走らせ、市立柏高校の裏
にある橋でUターンして理窓公園に立ち寄って江戸川に向かいます。

江戸川サイクリングロード
江戸川CR(左岸)
この季節は、朝に夕に富士山が良く見えます。ただこの付近の江戸川の土手
からだと電力鉄塔と送電線が邪魔していますので、ここから少し上流の「玉葉橋」
まで進んだほうが富士山がきれいに見えます。
特に冬の夕刻にダイヤモンド富士に遭遇した時は、至福のひとときです。

ダイヤモンド富士
注:この画像は合成です

...って。ダイヤモンド富士ってご存知ですか?
完璧なダイヤモンド富士には定義がありますが、広義には富士山の山頂に日出or日の入りが重なった場合を言います。(要撮影:望遠レンズ)
残念ながら、私は望遠レンズを持っていませんので、娘の通っている高校の地学の武田康男先生(気象予報士の資格もお持ちで、後に南極観測隊に加わりました)が2005年に寄稿された東葛地域のタウン誌「東葛まいにちの絶景富士」 ←リンク切れですm(_ _)mをご参照ください。

この先生には、家内が同校PTAでお世話になったのですが、カメラにも造詣が深く、なにより気さくでお話しがとても上手で日テレの「世界一受けたい授業」にも出演されています。

関東地方に「富士見」とつく地名は数多いですが、私も「富士見台」という場所で仕事をしております。
今後もダイヤモンド富士についても取り上げていきますので、こちらのダイヤモンド富士関連ページをご参照頂ければ幸いです。

※この記事は2007年11月の記事を上書きしました。

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2010年12月16日

posted by たすけ at 06:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・ダイヤモンド富士特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。