ALWAYS 続・三丁目の夕日

昭和30年代の追憶


always420.gif

ゴルフ師匠のケンさんもおすすめのALWAYS 続・三丁目の夕日を観てきました。
前作は家族が船橋ららぽーとで買い物中に一人で、今回は家内と二人で。今昭和ノスタルジックブームだけど、この拙ブログもサブタイトルを昭和の追憶や、懐かしい情景...としています。

最近はポタ記事ばかりでしたが、今後トップのフラッシュで不定期ながら、ポタ画像と昭和ノスタルジー画像で交互に対応していこうと思います。

always300.gif

さて、人気の映画だけに感想ブログはたくさん出ていると思うので...
ALWAYS三丁目の夕日は、ディテールにこだわったということで
私は、淳之介役を演じた須賀健太くんのズボンに注目。

そうそう、私たちが子供の頃にはいていた安物のズボンにはチャック
(ファスナー)はなかった。今ならデニムというのだろうけど、当時
はメリヤスといっていたような...。

ちょっと厚手のメリヤス生地に、チャックの代わりにボタン(ドーナッツボタン)腰のゴムはすぐに伸びてしまうし、ズボンの折り目なんかなく、膝も伸びきったヨレヨレの"つぎあて"だらけのズボンで遊びまわっていたっけ。

tobichiyama250.jpg昭和37年:とびっち山にて

続・三丁目の夕日の中で、星野六子(掘北真希)にスズキオートのお母さん鈴木トモエ(薬師丸ひろ子)がワンピースをミシンで手作りしてあげたけど

そうそう、昔は町内に1軒や2軒は洋裁・和裁の得意なお母さんがいたっけ
どこの家にも足踏みミシンがあって、ゴトゴト・カシャカシャ・ゴトゴトミシンの音はお母さんの音だった。そしてミシンの小さな引出しが、ちょっとしたお金や鍵を入れておく、お母さんの秘密の引き出しだったなぁ・・・

そういえばもう何年もミシンの音を聞いていないという方、左端をクリックして下さい^^;
 ↓↓↓↓↓
人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2007年11月27日

posted by たすけ at 00:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 昭和30年代の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たすけさん、おはようございます。

私も、上映初日に「三丁目の夕日」カミさんと観て来ました。
たすけさんと私は同年代なので、時代背景を共有していると思います。
私の着る服もほとんど母親がミシンで縫ってくれたものでした。
風呂は銭湯で、テレビは最初のうちは公民会か駅前設置のものを見る。
我が家にテレビがきたときの喜びはいかばかりのことや。
そして、毎日のように風呂敷を背中に羽織って、駄菓子屋に通っていましたっけ。
Posted by takezawa at 2007年11月27日 08:01
takezawaさん こんばんわ。
>毎日のように風呂敷を背中に羽織って...みんなやってましたねー^^;

勇気だ力だ〜誰にも負けないその意気だ♪(ヤァ!)
『ウ〜ヤァ〜タァ〜!!』と気合入れたら木が裂けると本気で思っていた
ガキの頃を思い出しますよねぇ^^
Posted by たすけ at 2007年11月27日 18:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。