桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿

桜切るばか、梅切らぬばか。とは剪定の誤りを正したことわざだが...
転じて...「的外れな事ばかりやって、肝心なことをおそろかにする」という教訓である。

今井の桜「初秋01」

どうにも景観保全と産業廃棄物の一件が気になり
沼南の飯田梨園さんの達人の梨「豊水」の購入の機会に
初秋の「今井の桜(金山落の桜)」を見に行きました。

「今井の桜(春の絶景)」を是非ご覧下さい。[撮影:追楽(おいら)さん]

今井の桜「夏01」

金山落(おとし)を、名内橋から下沼(手賀沼東側)河口まで
橋ごとに護岸の高さと水面の高さを確認したが、下沼に近づく
ほどに水面が高くなり、氾濫が起こるとすれば当然のことだが
先ずは下沼河口付近から浸水してゆくだろうと容易に予測できる。

つまりは、金山落の氾濫は、この流域の上中流からの流入ではなく
下沼(手賀沼)の水位が上がることによる金山落への逆流が原因
であろうと。

今井の桜「初秋02」

以下の記述は関連する詳細説明にリンクしてますが、かなりの
文章量なので興味のない方は読み飛ばして下さい^^;

もともと手賀沼地域では古くから洪水に悩まされ続けた地域で洪水防止と
新田開発の一石二鳥を目指して、成功と挫折を繰り返してきた地域だ。


■そして、戦後の昭和33年農林省と契約して干拓事業を開始
昭和43年干拓工事完了時点で手賀沼の面積は650ヘクタールとなったが
水辺公園や遊歩道等造成で50ヘクタール減少して現在は約600ヘクタール
(東京ドームの128倍)と推定されるが、手賀沼干拓工事以前は
約1,180ヘクタール(東京ドームの252倍)だったので当初面積から
半減したことになる。

■その後、周辺の宅地開発や工業用地開発が進むにつれ
汚染度全国ワースト1の不名誉で有名となった手賀沼だが。
昭和49年から工事着手した「北千葉導水路」が平成12年に
本格稼動を始めた。北千葉導水路とは
1)内水排除&洪水防止 2)都市用水の供給 3)手賀沼の水質浄化という
一石三鳥を目指した、利根川と江戸川(全長28.5kmの大半が地中のパイプ)
をつないだ水路である。


北千葉第二機場には北千葉導水ビジターセンターが併設されており
ここで利根川から地中を流れてきた水が地上に出て、一部は手賀沼に
流れ込んでいる。手賀沼の浄化が進んだのは、地道な市民活動や浄化
工夫の成果もあるが...

この手賀沼導水によって、それまで22日を要した手賀沼の水の入れ替
わりが5日に短縮。極端に考えれば手賀沼が利根川の一部になったこと
が大きいだろう。そして、この北千葉導水の稼動以降、手賀沼の水位
も上昇している


※ちょっと余談だが「漁民無視の北千葉導水事業」
という利根川下流域漁民の怒りの意見も添付。

今井の桜「夏02」imai04.jpg

...で。すいり(水利&推理)の話しです。

世の中いつの時代であろうと、一石三鳥も目指したら
どこかに歪や犠牲が出てくるだろう。
北千葉導水事業がメインとして優先する水利はどれなんだろう?
と考える。
1)内水排除&洪水防止? 2)都市用水の供給? 3)手賀沼の水質浄化?

東京都の日量623万立方メートルの水利のうち
115万立方メートルがこの北千葉導水路によるものだそうで。
総事業費約3000億円の北千葉導水事業の分担金割合は調べていないが
ならばこの導水路の目的のメインは「東京都への水の安定供給」か?
安定した東京都の「水がめ」として容量目一杯に水を確保しておくための・・・
あるいは
洪水時に江戸川下流域の海抜0m東京地域へ水を行かせない遊水地として・・・
などと水利の分量だけ推理が進んでしまう。


私自身が果たして、それでいいのかなぁ?と感じるのは
自然の水の流れを、人間の都合で自由に操ってしまおうとする過信です。
どれだけ技術が進んでも、自然には勝てないような気がします。

注:私の地元の利根運河は人工河川ですが、完成当時の明治23年は
江戸川→利根川に流れていましたが、明治29年の大洪水で利根川の
川床が上がり、利根川→江戸川に流れが変わってしまいました。
何年もかかって人間が苦労して作った流れでも、自然はたった数日
で変えてしまう大きなものです。
...と言うか、もともと利根川は東京湾に向けて流れていた訳
自然が流れを元に戻したと考えるべきかもしれない。


金山落の川幅を広げるようとするのは、ほんとにこの地区の洪水防止
のためなのかしら?

今井の桜「道」

...リフレイン...「桜切るばか、埋めきれぬばか」


...............................................................

参照:写真部屋(追楽さん)新着ギャラリー(BLOG版)


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2007年09月07日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たすけさん、こんばんわ
示唆に富む考察ですね。
一見両立できそうもないことを両立させるのが、まさに人の知恵ですよね。
しっかり考えれば、いろんな方法があると思います。

ところで、たすけさんの記事に誘われて、私も飯田梨園さんの豊水を購入しました。
あまりの美味しさに感動です。
飯田梨園の奥様から梨シャーベットの作り方も教わりました。
これも楽しみです(笑)
Posted by 東葛人 at 2007年09月03日 21:23
おぉ!行かれましたか?東葛人さん^^
まぁ、他にも美味しい梨園さんはあると思いますがこういうのはご縁ですからねぇ^^
梨シャーベット..私も色んな料理サイトを参考にカルピス使ったり、にわかパテシェやってます(笑)
今井の桜も、何か縁を感じて考察してみましたが、もっと真剣に自然保全を考えている方が多くて
私なんか、にわか中のにわか者なので気恥かしい限りです。
Posted by たすけ at 2007年09月03日 22:56
こんにちは!
ブログへのコメント拝読いたしました。
リンクの件、全然OKですよ〜。
“今井の桜(金山落の桜)”の部分は以下のURLにリンクしていただいても構いませんし(^-^)
http://members.jcom.home.ne.jp/oira-hp4/photo_album/imai_sakura/index_imai_sakura.html

*画像掲示板がエラーになったとの事、申し訳ありませんでした
Posted by 追楽 at 2007年09月05日 11:36
追楽さん、早々のご返信ありがとうございます!
今回「今井の桜」の件では、沢山のサイトやブロクに触れさせて頂く機会になりました。
私ごときの屁理屈よりも、美しい映像がどれほど人の心に訴えることでしょう。
今後も追楽さんのギャラリーの充実を楽しみにしていますね^^
Posted by たすけ at 2007年09月05日 12:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。