キーファー・サザーランドとビック・モロー

TVドラマや漫画の追憶

キーファー・サザーランドとビック・モロー(ヴィック・モロー)は似ていると思いませんか?

24_6.jpg

8月24日に何かが起こる...のっけから不遜なタイトルで恐縮です^^;
実はこのキャッチは、地元のDVDレンタル店GEO(ゲオ)の店内に貼ってあった
『24(TWENTY FOUR )』8月24日は『24の日』何かが起こる...ポスターのキャッチです^^;

『24』は、複数の出来事がリアルタイムで進行し、1シーズンが全24話(DVDで12巻)で完結。
(DVDはCMカットされているので実際は1話45分くらいです)
アメリカの連邦機関であるCTUロサンゼルス支局の捜査官ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)とその同僚や家族がテロリストと戦うサスペンスアクションドラマです


普段はあまりDVDを借りたりしないのですが、盆休みにふらっとGEO(ゲオ)に入ってみたらなんと夏休み特別企画で『24シリーズ』が1巻たったの50円♪
写真の6巻(12話)を借りても、300円也ということで、迷わず会員となり
『24シーズンX(5)』を全巻12枚(24話)を4日間で一気に鑑賞しました!(苦笑)

ジャック・バウアーとサンダース軍曹

その風貌がコンバットのサンダース軍曹(ビック・モロー)に似ているせいなのか...
私、ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)のジャックが大好きなんです。
日本の俳優さんで例えたら、露口茂(太陽に吠えろの山さん)って感じの渋い男臭さがなんともいいんですよねぇ〜^^;
特に、サンダース軍曹や山さんがタバコを吸うシーンなどは子供の頃の憧れスタイルでした。

時代を感じるのは『24シリーズ』ではタバコを吸うシーンなどはほとんどなく、対決の相手がテロリストであり、善と悪がそれぞれコンピューター戦術で対抗しているあたりですね。
(後日談する映画ダイハードもそうですよねぇ)

キーファー・サザーランドとビック・モロー.

コンバットのサンダース軍曹は、軍隊という絶対的上意下達の中で、理不尽な命令や任務を遂行し上官に逆らうなどありえない光景でした。例えていうなら、中間管理職が人間として葛藤しながら上司の命令に従う。
上司(ヘンリー少尉)もその理不尽さをわかっていながら部下に命令を出さざる得ない。
その無情を中間管理職(サンダース)や部下たちもよく理解している...
そういった男と男の『無言の信頼関係』が魅力でした。

一方、『24シリーズ』では、命令無視や裏切りは日常茶飯事、上司の首は簡単に飛ぶし、ジャックにいたっては大統領さえ縛り上げるし....それは、あり得ないだろう^^;
という展開が多いですが、なによりシリーズ全体を通して、女性のキーパーソンが多く登場するのがコンバットとの大きな違いですねぇ。

24時間の中で完結するという無理やりな設定に批判もあるドラマですが・・・
私はこの『24シリーズ』に限っては、ジャック・バウアーが好きだからOK♪
つまりは、ヨン様が好きだから作品内容や講釈はどうでもいい的な^^; 感覚で観ております(笑)

ってゆーか...『24シーズンX(5)』の最後の最後で
『シーズンY(6)』を見たくなるような終わり方になっていて...
げっ!はめられた..._| ̄|○ ピッ、ピッ、ピッ、ピッ・・・

2007年08月24日 筆

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2012年05月11日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | TVドラマや漫画の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おじゃまします!
ハリウッド版コンバットのリメイクを
サンダース軍曹役にジャックバウアー役の
サザーランドで。。。と夢見ている
おpapiと申します!
(確か、お父さんのサザーランドはコンバットにゲスト出演してたような記憶もあるし)


えと、“同じ匂い”がするブログを見つけて、ど〜しても、コメントしたくなりました。また、遊びに来ます。

(わたし、アメブロで3つのBLOG書いてます たま〜ぁにですが)
Posted by おpapi (★昭和語録ブログ★) at 2007年09月01日 03:35
コメントありがとうございます。 おpapiさん

えぇ〜充分同じ匂いが致しました(笑)
私もまだDVDがない時代のレンタルビデオ屋でコンバットの全巻を3回転見ました(^^;
名作は同じ場面を何度みても飽きないし、感動しますよねー^^
Posted by たすけ at 2007年09月01日 04:12
コンバットはフランス郊外の局地戦が多かったと記憶しています。隠れるために入った農家の家族との触れ合いとか。ゲシュタポに勝ってもなんだか悲しそうな軍曹。など全体的には戦勝国の作ったドラマらしくなく、好きでした。ギャラントメンという似たようなドラマもありましたよねえ。
ラットパトロールも^0^なつかしいな。
今、アメリカではどんなドラマ放映しているんだろう。
Posted by suki117 at 2012年05月13日 00:46
>suki117さん
物心ついた頃からコンバットに熱中してしまうと、アメリカの兵隊さんって
なんてみんないい人たちばかりなんだろう...って思ってしまいますよね^^;
私が今でもカーキ色の服ばかり選んでしまうのは確実にコンバットの影響です(笑)

拙ブログは節操のない雑多な内容ですが、コンバットを百倍楽しむには
【Blog・コンバットで行こう!】
http://blog.tokyo-combat.com/
は必見ですよ(^^)

Checkmate King2,this is white rook over!
Posted by たすけ at 2012年05月13日 01:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。