お帰りなさいませ、ご主人様♪

TVドラマや漫画の追憶


お帰りなさいませ、ご主人様♪というセリフで浮かぶアニメはいわゆる『萌え♪系』ってやつですか?

年代の違いなのか、どうもあの手の画風に色っぽさを感じない。
でも、時代によって流行りの画風があるんでしょうねぇ。

昔も今も、私はいわゆる少女漫画は苦手だ。ストーリー云々よりも少年漫画と違ってカット割りが見づらい(==;
どかっと半ページ1コマ使ったかと思えば、三角形のコマがあったりと、どうにも目が落ち着かない。

今、おネエ★MANSと言われる...
假屋崎省吾、IKKO、真島茂樹、KABAちゃん、山咲トオル、植松晃士、の方々は、やはり少女漫画を読んで育ったのだろうか...
ちなみに、植松晃士のオフシャルサイトをみるとトップ頁にリボンの騎士風味のお城が出てくる。

男の子でも誰も見ていた、少女アニメといえば、アタックNO.1、サリーちゃん、ひみつのアッコちゃんだろうなぁ。
私自身もちょっとだけ、少女漫画風で描いたことはあったが、その基本は手塚治先生の「リボンの騎士」だったな。たぶん、みんなあの目の☆は参考にしたと思われ。

でも私が描くと、リボンの騎士に出てくるサリーちゃんをアッコちゃん風に描いたのか?(意味通じます?いわゆる手塚光二夫風味といいましょうか...)と友達に揶揄されていたっけ(苦笑)

学生時代やサラリーマン時代に電車の中でよく読んだのは、アクションとビックコミック&ビックコミオリジナルの三誌だったが、その頃から弘兼憲史作品にハマリだしましたね〜。

私にとっての萌え系は、弘兼憲史の描く「人間交差点」や「黄昏流星群」に出てくるどこか憂いを嗅ぐわせる女性画ですな〜(///∇//)


ところで...ゴルゴ13の画風の原点は007...って知ってました?

豆知識だよ〜! またな〜!! by 桜塚やっくん風味

2007.07.21筆

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2007年07月30日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | TVドラマや漫画の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。