ガリ板と鉄筆

昭和40年代の追憶


ガリ板と鉄筆って。...昭和何年生まれくらいの世代までわかるのかなぁ??

私は筆圧が高い(血圧は正常です)...
だから、シャーペンは苦手だ。すぐにポキポキ折れてしまう(--;
小学生の頃に流行に負けて2本ほど買ったが、それ以降はこれまでシャーペンは使ったことがない。

...で
なんでそんなに筆圧が高いかといえば、小学校高学年の頃からずっと鉄筆を使ってガリ板で学級新聞や生徒会新聞を書いていたからだ。

1969_昭和44_
5年生の時に古くなったガリ板を先生から譲り受けて、嬉々として持ち帰り使っているうちにヤスリ部分がだんだん磨り減るにしたがい筆圧が高くなっていったのだ。

小学生高学年から中学3年間...
おふくろが家庭訪問や三者面談で担任の先生にこぼしていたのは
『この子は勉強もしないで、新聞ばかり作っているんですよ(--;』だった。

...で
なんでそんなに新聞作りが楽しかったのかと言えば、実は4コ漫画を編集の権限で描けるからだ...当時からペンネームはずっと丸井○○(メアドを決める時にも、仕事以外はいまだに丸井○○を使っている^^;)

但し、4コマ漫画のキャラクターは流行漫画のコピーばかりで独創性はなかったし、将来漫画家になろうとまでは思ってはいなかったが、それでも修正液の乾く間に、次コマはこう展開しようとか、やっぱりこう展開しようか長考し始めてしまい記事を書く時間よりも4コマ漫画にかけた時間の方がよっぽど長かったものだ。


その頃...
一番よく描いていたのは、鉄人28号・ビックX・流星号・マッハ号・ゼロ戦だった。
もう1人漫画好きな友人がいて、いかに単純な構図で飛んでいる姿や、横からみた姿を描けるかど、ロウ石を使って防火用水のコンクリの蓋や直接地面に棒切れで描いてアイディアを出し合っていたな〜。

2007.07.21筆

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2007年07月28日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 昭和40年代の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ロウ原紙 からやすりの要らないボールペン原紙に移行した時は何と便利なんだろうと感激しました。でも線がだるくて仕上がりは満足のいくものではありませんでした。
カリカリというガリきりの感触はいいですねえ。懐かしいです。 
Posted by suki117 at 2012年05月03日 15:23
>suki117さん
コメントありがとうございます。
寄る年波で、この記事を書いた事も忘れていましたf(^、^;

ボールペン原紙...そうでした!ありましたねぇ♪
今の子たちに謄写版と言っても???でしょうねぇ(笑)

Posted by たすけ at 2012年05月03日 22:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。