パシリの伝統

昭和40年代の追憶


兄弟で七つも離れると、小さい頃に一緒に遊んだという記憶はあまりない。私自身の小さい頃の遊びの思い出は、やはり年上の先輩たちとの場面の方が圧倒的に多くなる。

さて昭和40年に小学校に入ると、遊び仲間が集団登校の班とほぼ同じグループとなった。このグループの掟として、5〜6年生が出す小遣いから、中四つ角の加藤屋商店(当時は茅葺)に行って、せんべいや菓子を買ってくるパシリの役目があった。

当時は、5円でアイスやガムを買えたので、20円もあれば数人の仲間で分けて食べるお菓子は買えた。当時のせんべいは、今のように袋にはいっておらず、1枚1枚のバラ売りで木製の什器(じゅうき)や大きなガラス瓶に入っており、10円で3〜5枚ほど買えたので、先輩から10〜20円を預かり、パシリの好みで煎餅を選び、お店の人に入れてもらった茶色の袋を大事に抱えながら、全力疾走でグループが待つ広場(ひろっぱ)に駆け戻ってくるのだった。

そして、待っている仲間は、どんなお菓子を買ってくるのか?
何分以内でここに戻ってくるのか?などをみんなで予想し外れたら、イヤミのシェーを何回やるとか何秒やるとかの罰ゲームでワイワイやっていたものである。

ハスピーさんのシェー
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
画像クリックでいろんなシェーが見られますよ(^。^)v

まだ幼稚園生だった頃、みそっかすで遊び仲間に加えてもらいこのルールをそばでみていた私は早く1年生になってこのパシリをやりたいと思っていた。

.............................................................

画像提供:はすぴー倶楽部



日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



タグ:パシリ

2006年01月14日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 昭和40年代の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。