百円札のお年玉

昭和40年代の追憶


私には7つ離れた弟(三男)がいるが、昭和40年生まれの奴は今年で42歳になるがいっこうに身を固める気配はなさそうだ。

ところで、弟の生まれた昭和40年の頃は、100円と言えば紙幣と硬貨の両方を使っていたように記憶している。

昭和28年:百円紙幣(板垣退助)発行

百円紙幣
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
画像クリックで十円紙幣、5百円紙幣が見られますよ(^。^)v

昭和32年:百円銀貨発行...私..胎児

百円銀貨
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
画像クリックで100円硬貨の変遷が見られますよ(^。^)v

昭和34年:鳳凰から稲穂へ...私..1歳

百円銀貨02
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
画像クリックで記念硬貨の変遷が見られますよ(^。^)v

昭和42年:現百円白銅貨発行...私..9歳

昭和40年の都バスの料金が20円。
平成19年の都バスの料金が200円。

私が小学生の頃の10円は、現在の100円相当と考えていいと思う。
幼少の頃にもらったお年玉袋にはピン札の百円札が入っていた。

そして、昭和40年に弟(三男)が生まれてから私が小6までの期間
お年玉は「千円札1枚を、兄弟3人で分けなさい」ともらって
私(長男)500円、次男400円、三男100円、か
私(長男)400円、次男400円、三男200円、の
配分で分けていたように記憶している。

..............................................................

画像提供:ロイさんの旅行記(紙幣&コイン)←世界の町並みや
世界のコインをレポートされています♪


補足:コインの散歩道昭和30年代によれば板垣退助100円札は、私が10歳になるまで硬貨より流通量が多かったらしい。



日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2006年01月15日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 昭和40年代の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。