あんたが悪いんでしょ!

日記(言いたい放題)


私自身は、あまり教師に殴られたことはなかったが中学の時に授業中ふざけた罰として数人まとめて角材の上で正座させられたくらいはあった。
が、当時の野球部顧問の先生はかなりの直情型でバックネットの裏で、往復ビンタやケツバットで倒れこんでいる野球部員をしょっちゅう横目に見ながら駅伝の練習をしていた。

しかし、顔を腫らして帰宅しても、たいていの親は
「どうしたの?」「....先生に殴られた」「そ、どうせあんたが悪いんでしょ」
..と、とりつく島もなく親に一蹴されていた。


たいていは、親の一蹴の通り、素行や態度が悪いので殴られていた訳だが、時にはどう考えても理不尽な理由で殴られていた場合もあった。
しかし、相変わらず親は「あんたが悪いんでしょ」と理不尽さの上書きをするだけで、よほどの行き過ぎがない限り学校側に抗議をするような態度には出てこなかった。

私は体罰を是認している訳ではない。幼い頃の酒乱の父親の暴力を、反面教師としたせいかよほどの事がなければ、我が子であっても手を出すことはない。
子供が巣立ち、社会に出れば理不尽なことに山ほど直面する。そのなかで自立して逞しく生きていかなければならない。

極論ではあるが....学校での理不尽さの積み重ねは、やがて巣立ったあとに反面教師として、社会の理不尽さに対応できる忍耐力がつくのでは?と思うことがあるのだ。

「坊ちゃん」に出てくる、様々な教師のキャラクター。
我々が見て育った、青春ドラマの教師の配役を見てもあぁこんなタイプの先生がいたよなぁ〜と感じで...学校もいわば社会の縮図であると思う。
いつの時代でも、自己チューな親や教師として?がつく人間はいる。しかし、少なくとも今から半世紀前はもっと教師や学校に対して懐を深くしていた親が多いように思う。

半世紀前と今、何が変わってしまったのだろう...


................................................

某局のワイドショーのMC(メインキャスター)に一言いいたい。

まぁ、限られた時間で内容を単純化するために白黒はっきり分けて言わなきゃならない都合もわかるけれど...けれど...だ

ある時は、日本中の教師に最大限の慰労の言葉をかけ
ある時は、日本中の母親に迎合するように教師を詰る

そんな風見鶏の...「あんたが悪いんでしょ!」


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2007年07月07日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。