トリック(だまし)動画の作り方 Waterfall(滝)

写真&動画&フラッシュ

前記事のおまけでWaterfall(滝)のトリック動画を紹介したのですが・・・

トリック動画の作り方 .jpg

これは、だまし絵で有名なエッシャーの代表作 Waterfall(滝)
※ちょっと下部を省略してしまいましたがm(_ _)m
私は大学生の時にエッシャー展で見てきましたが、これを最初から知っている人は
すぐにトリック動画だと気づいたと思います。



Waterfall(滝)動画のアップ主、mcwollesさんは
撮影に使った機材を公開して、どうやって撮ったか各々考えてね。...と。



...で。pomdeterreさんが
こんな感じで3方向から撮った絵(動画)を組み合わせたんでしょ?...と。

LookingMercury3Dさんは、さらに具体的に
こういう手順で撮影したのでしょ?...と。

でも、トリック動画をどうやって編集したか?の説明していないので
トリック(だまし)動画の作り方として補足しておきます。

どんな動画編集ソフトを使ったか?まではわかりませんが一例として

Adobe Premiere Elements 12 Windows/Macintosh版

新品価格
¥11,808から
(2014/8/31 08:59時点)



アドビの動画ソフトに搭載されているガページマット機能を例に挙げます。



このような分身動画と同じように、合成したい部分の頂点をそれぞれ切り取り編集すれば、歪んだ次元を下から上に流れる水が滝となって永遠に水車を回すような動画になります。

但し、ガページマットを使った【分身動画の作り方解説!後編】で瀬戸弘司さんが説明しているように、完成動画を想定してカメラ位置や機材の固定、光(陰)の方向など、かなり面倒な作業です。

私の使っている動画ソフト⇒【この頁の最下部のPower Director】
のマスク機能でも同様な事はできますが、作り方はわかっても自分で作ろうとは思いませんf(^、^;


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2014年08月31日

posted by たすけ at 06:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・写真&動画&フラッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。