石本美由起と矢切の渡し / 恋に生きたい二人です

■昭和の追憶


石本 美由起(本名:石本 美幸 1924-2009年)昭和時代の演歌の作詞家
島田 陽子(本名:島田 陽子 1929-2011年)昭和時代の詩人・作詞家



演歌:矢切の渡し(作詞:石本美由起)
断腸亭さんたちと矢切の渡しの歌碑の前で
「あれ?誰が歌っていたんだっけ?」


矢切の渡し.jpg

1983年(昭和58年)細川たかしが、この曲でレコード大賞を受賞したのに、細川たかしが浮かんできませんでした。
元々は、ちあきなおみに提供された曲で、瀬川瑛子、中条きよし、春日八郎、島倉千代子、などがシングル発売し、美空ひばり、中森明菜などのLPアルバム挿入を含めれば、実に30人以上が唄っていたんですねぇ。

...で。石本 美由起...男性です。
矢切の渡しの他、私が知っている曲を列挙すると
憧れのハワイ航路(岡晴夫)
薔薇を召しませ(小畑実)
ひばりのマドロスさん(美空ひばり)
港町十三番地(美空ひばり)
哀愁波止場(美空ひばり)
悲しい酒(美空ひばり)
人生一路(美空ひばり)
大ちゃん数え歌(吉田よしみ)


えぇ〜!大ちゃん数え歌まで、石本 美由起 作詞だったんだ!?(^^;)
私が知らなかっただけで、有名な作詞家だったんですねぇ。

世界の国からこんにちは.jpg

こちら、1970年大阪万博のテーマソング「世界の国からこんにちは」
三波春夫以外に誰も浮かんでこなかったのですが...
坂本九・山本リンダ・弘田三枝子・西郷輝彦・倍賞美津子・ボニー・ジャックスもレコード発売していて、5千年後に開封される大阪万博タイムカプセルには、吉永小百合の「世界の国からこんにちは」が収められた...なんて。

島田陽子と言えば、女優の島田陽子しか思い浮かびませんでしたが...



滝は 滝になりたくてなったのではない
落ちなければならないことなど
崖っぷちに来るまで知らなかったのだ

まっさかさまに
落ちて 落ちて 落ちて
たたきつけられた奈落に

思いがけない平安が待っていた
新しい旅も用意されていた
岩を縫って川は再び走りはじめる


島田陽子詩集『わたしが失ったのは』より
同姓同名の詩人がいらしたのですねぇ・・・




日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2014年06月03日

posted by たすけ at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■昭和の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。