我孫子の里山 野鳥ポタ

自転車(ポタリング)


000.JPG

5月無風の日曜日、ワンチャンさんのご案内我孫子の里山 野鳥ポタに出掛けてきました。

001.jpg

これがデジボーク隊員、ワンチャンさん、東葛人さんroadrunnerさんの機材と私のネオ一眼です。

今回3台のデジボーグを覗かせてもらいましたが...
「なんじゃこれ!」
他の3人と私の静止画を比較したら一目瞭然ですが、流石、天体望遠レンズを応用しているだけに、合焦(ピントが合う)時の解像がネオ一眼とは全然違います(>_<) ただ、皆さんマニュアルで合焦させるので、慣れていない私は合焦させるまでが一苦労ですが。とにかく、やっぱりカメラは道具の差が歴然としてしまうなぁ...とあらためて実感しました。



さて、最初に手賀沼親水公園近くの百舌鳥の子育てスポットに案内して頂いたのですが、残念ながら百舌鳥の雛とは遭遇できませんでした。でも、せせらぎに反射する木漏れ日と高野山桃山から眺めた手賀沼の湖面がキラキラ綺麗だったので、それを動画に収めました。まぁ、静止画ではとても敵わないので、私は動画に活路を見出すしかないなぁ(^^;)

006.JPG

007.JPG

005.JPG

その後、我孫子CCの裏から谷津ミュージアムに入り、中峠(なかびょう)を経て、利根川のゆうゆう公園に向かったのですが、道中の我孫子の里山くねくねルートが、まぁ気持ちがいいこと(^^)
我孫子市の岡発戸(おかぼっと)〜中峠は、何度も訪れた事がありましたが、さすがに地元を知り尽くしているワンチャンさんのルートは無駄がなく、それでいて気持ちの良い道を走り抜けます。

008.JPG

...って。実際は谷津道は押し歩きだったり、神社があれば石碑の裏を眺めたりと、走っている時間より止まっている時間の方が多いという、私が大好きなまったりポタのペースです(嬉)

004.jpg

002.jpg

003.jpg

今回、私がまとも(でもピンボケしてますが)に撮れた野鳥は、ホオジロとヒバリだけでした。他の3人も、野鳥より人間を撮った画像の方が多いような気がします(笑)でも、野鳥に全然会えなかったとしても、未知の里山くねくねルートを走れたので、大満足です♪

009.JPG

010.JPG

ランチは写真の中華屋さん(台湾料理)、麻婆豆腐の香辛料がちょっと私には合いませんでしたが、とにかくボリューム満点でかなり広い店なので、大人数で行っても大丈夫なお店ですね(^^)



野鳥ポタは解散が早く、解散後にそれぞれまた撮影時間があります。
私は、手賀沼畔のちょっとした花畑で、動画の最後の場面を撮って帰りました。
ワンチャンさん、ご案内ありがとうございました。今回廻り切れなかったルートでまた、まったり里山ルートのご案内を宜しくお願いしま〜す(^^)/




日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2014年05月20日

posted by たすけ at 23:32 | Comment(4) | TrackBack(0) | 自転車(ポタリング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たすけさん、こんばんは!

日曜日は楽しかったですね。

16インチの先導では、ロードでは転けそうだったかも?(笑)

今度、ゆうゆう公園に行くときは、もっと時間を確保して、歩きを増やすと楽しいですよ。
僕は娘とくると一日しゃべりながら、歩いてます。

そういえば、動画のひばりがカワイイかったです、可愛くないおじさんの声が気になりましたが、、
やっぱり、僕はしゃべりすぎかも(笑)
せっかくの鳥が逃げてしまいますねー

あ!カッコウの鳴き声も入ってて嬉しい!
ぜひ今度は本物でお願いしまーす。


Posted by ワンチャン at 2014年05月21日 00:06
たすけさん、おはようございます
デジボーグ隊員1号です(笑)
日曜日はめっちゃ楽しかったですね。

手賀沼のきらめきの動画、よいですねぇ。
特に、前半のせせらぎに反射する木漏れ日が素晴らしいです。
確かに、野鳥を動画で撮るのも楽しそうですね。
ただ、私は編集の時間が耐えられないので、とても無理です(苦笑)
たすけさんの動画編集力には、いつも感心させられます。

それにしても、この季節の里山は本当い素晴らしいですね。
野鳥をあまり撮影できなくても、ただまったり走っているだけで十分な気がします。
次は干潟でしょうか。ではでは
Posted by 東葛人 at 2014年05月21日 07:26
>ワンチャン
いやぁ〜初夏の里山を満喫させてもらいました!ありがとうございました♪
なんでもない田舎道でも、おそらく縄文時代から人の営みを支えていたであろう
中峠あたりの小道は、なんていうか、日本人のDNAを刺激する懐かしさです(^^)

あのヒバリは全然鳴きませんでしたねぇ。たぶんおしとやかな雌だったのでしょう。
でも、関西のヒバリは、雌でもよく囀るのかしら?(笑)

夏の間にカッコウやホトトギスを狙って、また我孫子の里山に出掛けたいと思います(^^)
Posted by たすけ at 2014年05月21日 07:53
>東葛人さん
木漏れ日動画、いいでしょ?ありがとうございます、我ながら気に入ってます^^

roadrunnerさんが仰っていた
「マニュアルのピントが決まった瞬間が、恍惚の時です」がよく理解できました(笑)

動画編集は確かに時間を要しますが、映像とBGMがうまく同期した時が
私にとって恍惚の瞬間です(笑)次回干潟ポタでは、波音だけを別撮りして
BGMとして、映像に上手く嵌め込めるかどうかが楽しみです(笑)


Posted by たすけ at 2014年05月21日 08:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。