権力とメディア 世論誘導の実態 / 風を吹かす

日記(言いたい放題)

身内や知人にブン屋がいるから、新聞社の擁護をする訳ではありません。検察やメディアの中にも、自己反省や粛清を求めている事にも触れておかないと、一方的な検察&メディア批判になると思うのでこの記事を追記しておきます。

検察庁.jpg

風を吹かす=検察内部の隠語で、被疑者を悪人に仕立てていくリーク=報道操作を言うそうですが...
検察が風を吹かし記者クラブの記者同士の報道合戦が重なると、どんな微罪や無実でさえも極悪人として報道されてしまう現実を「権力とメディア 世論誘導の実態」として検証報道されています。



「権力とメディア 世論誘導の実態」(2)
「権力とメディア 世論誘導の実態」(3)
「権力とメディア 世論誘導の実態」(4)

全部見るのが面倒であれば
(4)の7:30〜最後の2分ちょっとだけでも視聴して頂きたいと思います。

この番組に出演した、元大阪高等検察庁公安部長:三井 環(たまき)氏については、「三井環氏口封じ逮捕の真相」という報道番組も放送されました。



三井環氏口封じ逮捕の真相 (3)
三井環氏口封じ逮捕の真相 (4)

検察の裏金作り(有印私文書偽造・同行使)を内部告発した三井環事件ですが・・・

前代未聞の犯罪であり、検察官の名誉を甚だしく汚した。
想像を絶する容疑で、検察の信用失墜。


これは、三井環氏逮捕にあたって報道された、三井氏に対する容疑への法務大臣の発言や新聞の見出しです。三井環氏事件を検察内部の調査活動費をめぐるゴタゴタ劇だという方もいらっしゃいますが、私が言いたいのはそこではなく。

転居予定準備中に転入届を提出し&住宅用家屋証明書を取得しただけで、前代未聞の巨悪犯罪者として報道されてしまう、権力とメディアによる世論誘導の実態です。

上記の「権力とメディア 世論誘導の実態」や「三井環氏口封じ逮捕の真相 」の動画は、他にもあったのですが、順次削除されています。「秘密保全法」が施行されたら、このような報道番組や動画の共有さえも前代未聞の大犯罪として逮捕・収監されてしまうかもなのです(怖)
日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2013年07月24日

posted by たすけ at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/370162747
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。