マルチ商法(ネットワークビジネス)と親切サイト

■代替医療と健康食品

■パソコン(PC)初心者

マルチ商法やネットワークビジネスについては説明不要だと思いますが、どなたでも勧誘された事があると思います。インターネットの隆盛と共に『私はこうして成功しました!』なんていうサイトに誘導されてしまった経験がある方も大勢いらっしゃるでしょう。

マルチ商法(ネットワークビジネス).jpg

マルチ商法(最近は、上図のようなネットワークビジネスとかコミュケーションビジネスとかMLMとか)名称は様々ですが「連鎖販売取引」として違法ではありませんので、それについてとやかく言うつもりはありません。でも、ブログサービスが何故無料なのか?facebookなどのSNSが、何故友達のネットワーク作りをしつこいくらいに進めてくれるのか?

・・・ね?気がつきました?   ⇒シェアあぶなずる
私達は知らず知らずに、マルチ商法のようなシステムの中に組み入れられているのです。
まぁ、別に自分で商品やサービスを販売している訳ではありませんが、ブログサーバーやSMSサービスは利用者(会員)数が多ければ多いほど、クライアント(広告主)が多くつき、広告収入が確保できるのです。

さて、表題の親切サイトというのは、ブログサービスやSNSの事ではありません。
私も何度かネットワークビジネスの会合におつき合いで参加してことがありますが

『とにかく話が上手!』
『ひょっとすれば高名なお坊さんよりも、説得力のある話をします』
(笑)

まぁ冷静に聞けば、論理は破綻しているのですが、まぁ人を惹きつける話術は凄いです。以前、故:浜田幸一(ハマコー)さんの公演を、これもおつき合いで参加させて頂いた事があるのですが、その時も同じ感想を持ちました(^^:)

...で。そんなネットワークビジネスのプロがWEBサイトを作ったら・・・

『とにかく文章が上手!』
『ひょっとすれば高名なお医者さんよりも、説得力のある文書を書いてます』
(笑)

まぁ冷静に読めば、論理は破綻しているのですが、まぁ病気で困っている本人とか、そのご家族を惹きつける筆力は凄いです。前記事でお話した、アフィリエイターやステマは、自分で商品を使ってないで説明しますが、マルチ商法では実際商品を販売している訳ですがから、説得力が違います(^^;)

ネットワークビジネスでは、ご存知の通り健康食品や化粧品が商材となっています。いずれまたそのへんの詳細を書きますが、自社工場を持たないマルチ商法会社では、委託生産専門工場で自社製品を作るか、薬系・食系メーカーにオリジナル商品の生産依頼をします。

さて、私が会社を設立した当時。
ある健康雑誌の依頼で、ある商品の体験談を紹介して欲しいとのことで、取材協力して頂けるご利用者(患者様)を募って、電話取材を受けて頂きました。

商品にはいくつか種類があります。
NB=ナショナルブランド(一般に普及している商品)
OEM=相手先ブランド(その会社オリジナル用の商品)
両商品とも主成分は同じで、パッケージが違います。

症例は多い方がという事で、NB&OEMご利用者からランダムに選ばせて頂きました。掲載する・しないは雑誌社が判断しますので、私は取材協力を承諾して頂いたご利用者のリストを渡しただけです。その中でAさんとBさんの例をご紹介します。

(Aさん=個人通販)
実父が○癌から寛解した体験談をブログに掲載
人気サイトではないけれど、元薬系プロバーなので、実に論理的に話を展開
Aは通販サイトですから、顔写真を含めて、身分を明らかにしています。

(Bさん=マルチ商法)
実父が○癌から奇跡の生還を果たしたWEBサイトを作成
人気サイトで常に上位表示、WEB上で直接販売せず関連サイトにメールで誘導
Bは身分を明らかにしていません。(便宜上、薬事法に触れるからと)


Bさんは、私の担当外の知らない方でしたが、雑誌掲載された後に担当者に激しいクレームがあったそうです。雑誌に掲載された商品がNB(一般用)であって、これでは自社のOEM商品のPRにならないとの事でした。まぁでも、父が利用したのはこの商品ではありません!と注釈を入れながら、主成分は変わらないので、ちゃっかりPRに利用していましたが^^;

その後、Bさんのマルチ商法会社が分裂して、今は全く別商品(...っていうか競合商品)に変わったので、いったいどうするのかなぁ・・・と思っていたら、いやぁ〜天才的な筆力で、過去記事を少しずつ修正&削除しながら話をつなげています。思わず、【頷いたらシェア!】に投稿しちゃおうかと思いました(笑)

さて、何度も言いますが、マルチ商法もアフィリエイトも違法ではありませんし、商品自体の評価をそれで判断はできません。私が警告するのは、ネット上に掲載されている健康食品や化粧品のサイトで、懇切丁寧でメール対応も親身な対応だけど、商品説明者と販売者を分離させているケースは、そういう商法になっている可能性が高いと言う事です。

いやぁ〜・・・でも、あの文章力があったら...
ディトリビューターやるより小説家やシナリオライターになったほうが成功するんじゃないかなぁ(^^;)



日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2013年06月22日

posted by たすけ at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■代替医療と健康食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。