ホストネーションサポートとTPP

日記(言いたい放題)

私しゃね、TPP締結には反対ですよ。
...と小市民が言ったところで、もう日本はTPP参加で日米合意しちゃったけど。

ホストネーションサポート比較.jpg

ホストネーションサポート』Host Nation Support とは
有事の際に来援する同盟軍を受け入れるための、装備補給・施設・輸送・労務提供などの体制を整えておくことで、受け入れ国支援のことなんですが・・・。

2010年には逆転しましたが、2002年当時はドイツの方が日本の1.8倍くらいの駐留米軍兵士が居て、基地面積は現在でもドイツの方が日本より広いのに、日本はこんなにホストネーションサポート費を支払っているんですねー。

世界一の気前よさ!他の米同盟国26ヶ国分より多い米軍駐留経費負担[参照]
共産党は好きじゃないけど、わかりやすい資料は引用させてもらいます(苦笑)

米軍が管制する日本の空域(ラプコン).jpg

これは沖縄の嘉手納ラプコンと横田ラプコン(ラプコン=航空管制空域)

嘉手納ラプコンは、日本に管制権が返却された報道されましたが実態は⇒[こちら]
そもそも羽田空港を拡張せずに成田空港を建設したのは、横田ラプコンによる飛行ルートの制限があったので急上昇&急旋回を避けるために東京より東側に造る必要性があったため⇒[こちら]
これに関連して、オスプレイの飛行ルートに関する日米地位協定の実態は⇒[こちら]

つまりは日本の制空権は・・・
昭和20年(終戦時)にマッカサーが厚木に到着した時と変わっちゃいない訳で

まぁそんな訳で、ブレジンスキー(カーター政権時の大統領補佐官)は
日本を「アメリカの保護領とか属国」ってヘーキで発言できちゃうんでしょうね。

次期駐日大使がケネディ大統領の長女(キャロライン・ケネディ)になりそうで
「美人だし優しそうだし、きっと思いやりをもって日本に対して良くしてくれそう♪」なんて...
まったくおめでたい考えですよね(苦笑)

そうそう、思いやりと言えば『思いやり予算』とは
1978年に、当時の金丸信防衛庁長官が日本での物価高騰と円高ドル安という当時の経済状況が、米軍駐留費を押し上げていることを理由に「米国から要求されるのではなく、思いやりを持って対処する」で始まった予算で、1987年には、在日米軍駐留経費負担特別協定を締結。

1995年以降は、SACO(沖縄に関する特別移動行動委員会)費用を計上。米軍再編関係費、基地周辺対策費などが、防衛省の在日米軍関係費として計上されています。

その他、提供普通財産上試算(土地の賃料)基地交付金など防衛省管轄外の予算を合計して、在日米軍関係費とすると平成24年(2012年)度で6439億円です。⇒[防衛省:在日米軍関係費]

でも、役所(防衛省)の書き方はめちゃくちゃわかりづらいので(わざと?)
これをすっきりまとめた共産党議員の資料が⇒[在日米軍関係費の推移]

...で。それを総額と(内思いやり予算)で総額をドル換算にすると
在日米軍関係費 (思いやり予算割合) [為替レート ドル換算]

1978年 1759億円 ( 62億円 : 3.5%) [250円/$: 7.0億ドル]★思いやり開始

1980年 2179億円 ( 374億円 :17.0%) [226円/$: 9.6億ドル]
1985年 2985億円 ( 807億円 :27.0%) [220円/$: 13.6億ドル]
1987年 3399億円 (1096億円 :32.2%) [144円/$: 23.6億ドル]★特別協定締結
1990年 4405億円 (1680億円 :38.1%) [144円/$: 30.6億ドル]
1995年 6257億円 (2714億円 :43.3%) [ 94円/$: 66.6億ドル]
2000年 6916億円 (2567億円 :37.1%) [107円/$: 64.6億ドル]
2005年 6569億円 (2378億円 :36.2%) [110円/$: 59.7億ドル]

2012年 6439億円 (1916億円 :29.8%) [ 79円/$: 81.5億ドル]

1978年 在日米軍基地日本人労働者の福利厚生費の一部を負担開始。
1987年 在日米軍基地日本人労働者の手当の負担開始(駐留経費負担特別協定締結)
※円/USドルの為替レートの推移は⇒こちらに従いました。
なんだ、ドル換算で計算すれば、昨年度は81.5億ドルもホストネーション‐サポート費を払っているのね。在日米軍関係費は年々削減されていると言われていますが、ドル建てなら冒頭の44億ドル(10年前)の倍近くに膨らんでいる訳ですよ。

なんだか、最近どこのチャンネルひねっても北朝鮮のミサイルばっかりで
私は日本の防衛力強化には反対はないけれど
「ほら!ね!やっぱり在留米軍は日本にとって大事にしないと!」
「だから!やっぱりアメリカに逆らわないでTPPには参加しないと!」

なんて、世情誘導されているような気がしてならないんです...私には。

安倍首相はTPPの日米合意について・・・
「日本の国益は守られている。本番はこれからだ。早く正式に参加し、日本主導でルール作りを進め、日本の国益の増進を図りたい。」・・・だってさ。

ホストネーションサポートの実態(推移)を知れば知るほど...
ぜ〜んぜん、説得力ないよなぁ。。。

日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2013年04月16日

posted by たすけ at 00:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/355603421
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。