水辺のイルミネーション / 利根運河劇場

流山チャンネル

いよいよ明日!2012年10月20日(土)17:00〜21:00 
利根運河にて一夜限りの水辺のイルミネーションが演出されます。

イルミネーション...と言ってもXmasバージョンのような派手な演出ではなく、秋の夜長にふさわしい幻想的な光アートです。(先ほど、現地の下見に行ってきました^^;)
鏡のような水面に、静(闇)と動(光)が織りなす演出は、誠に神秘的です♪

利根運河シアターナイト2012開催

利根運河シアターナイト2012

日 時 2012年10月20日(土)17:00〜21:00
会 場 運河水辺公園(東武野田線 運河駅 徒歩3分)
【店舗ブース開店】17:00〜21:00
【光アート演出】 17:30〜17:40  20:50〜21:00 (イルミネーション1)
【蓮の灯籠放流】 18:00〜18:30          (イルミネーション2)


【シアター上映】 18:30〜21:00

駐車場はございませんので、公共の交通機関をご利用ください。
当日不明な点は、利根運河交流館 電話04−7153−8555まで


理科大生が水と光の空間を創出

【アート作品】(イルミネーション)
学生制作の光るオブジェ(イルミネーション)を利根運河沿いに設置します。オブジェの光は、コンピュータ制御によって、音楽とともに会場全体の風景を様々に変化させます。

【手づくり蓮の灯籠】(キャンドルのイルミネーション)
大人から子どもまで広く一般の参加者を募集し、市民参加型イベントとしてキャンドル照明を用いたものづくりを行います。当日制作した照明作品は、日が暮れてから一斉に点灯し、運河の水面に放流します。作品は放流後に回収します、一夜限りの思い出と共にお持ち帰りください。

【屋外カフェ】
流山市、野田市、柏市の約12の飲食店がブースを出店し、世界の料理を楽しむことができます。学生がデザインした2つの飲食スペースでは、運河の水辺を眺めながら、ゆっくり飲食やおしゃべりをして過ごすことのできる空間が演出されます。

【シアター】
利根運河の水辺に2つのスクリーンを設置し、段状の客席や会場のあらゆる場所から、自由に映像を見る事ができます。利根運河沿いの風景や人々を題材にした学生の自主制作映像や、アニメ映画(サマーウォ―ズ)を上映します。



シアターをご覧になる方は、コンクリートの階段が観覧席になりますので
お尻の冷えないよう簡易座布団等をご用意された方が良いかもですヨ(^-^)



一夜限りの利根運河劇場






「一夜限りの光と水の演出」

「一夜限りの水辺のカフェ」

「一夜限りの水辺の劇場」


是非、一夜限りの幻想的な利根運河劇場にいらしてみてください♪


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2012年10月19日

posted by たすけ at 18:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 流山チャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今夜は、晴れそうで良かったね。
Posted by しゃあ あずなぶる at 2012年10月20日 04:00
>しゃあさん
予想をはるかに上回る人出でした!
飲食物早々に売り切れて、お店は嬉しい悲鳴でしょうが...お客さんは(^^;)

今回は地域住民として嬉しいし、協力者は親の目線というか
なんか我が子の、初めての発表会とか運動会を迎えた日のようで(笑)

やっぱり、町の活気は若い人のパワーが生かされた時に爆発しますね(^^)
Posted by たすけ at 2012年10月21日 03:05
たすけさん
探しましたが・・・お会いできずに残念です。ツーリズムのKさんとお会いしました。
交流館のOさんは、忙しそうでした。

それにしても、学生がここまでやるとやるは・・・、遥かに想定外が現場では起きていましたね。
若い力が、大人たち、役人や地域の住民を動かしていたのでしょう。皆が参加して成功させることは、企画側の情熱だったのでしょう。これからも、皆の町はみんなで盛り上げていきたいものですね。
Posted by ロックベル・C PD at 2012年10月21日 14:54
>ロックベルPDさん
私も目立つジャージ姿で会場入りし、PDさんをお探しましたが、やっぱり夜は難しいですね(笑)

大手新聞やメディアに続々とパブリシティが掲載されたのは交流館Oさんの尽力です。
これほど一斉パブリシティが掲載された、地元イベントの前例を私は知りません。

一斉掲載で相当数の来客が予測され、大慌てでトイレや警備を増やしましたが
屋台(お店の増設や増量)までは間に合わなかったようです(笑)

いくらパブリシティをお願いしても企画に魅力がなければ掲載してもらえないでしょうし
来場者が満足しなければ意味がない訳で、今回の理科大生たちには感嘆の極みですね(^-^)
Posted by たすけ at 2012年10月24日 00:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。