更科すず季 / 一杯のざるそば

美味いもんチャンネル

流山チャンネル

手打ち蕎麦更科すず季 千葉県流山市西初石3-1-17 水曜定休

ちょっと蕎麦屋の記事を三連荘します。きっかけは・・・ある蕎麦話し
昔そう遥か昔 都内で蕎麦やうどんを食べるには「旅行者用外食券」という物が要りました。これは区役所や町役場などに行き、配給されるお米の分から減らされて発行されます。一日分は3枚です。外食券食堂と言う店では一枚で一食食べることが出来ます。ですが券が無ければ10円位多く払えば食べることが出来ます。
 お若い方には想像外の話かも知れませんね
いやぁ〜ホントに異次元の昭和の話しですf(^、^;

先日、大人の遠足の下見を兼ねて常総方面を少しポタしてきましたが、そろそろ蕎麦の花も咲き出し「蕎麦食いてぇ〜!」の気持ちが^^;
たまにそんな時があるのですが、家内が蕎麦嫌いなので、一人で行くのもなんだし・・・
そういう時に自転車仲間にちょっとお声を掛けたりするのですが、だいぶ昔の日付で恐縮ですが、以前東葛人さんをお誘いして、更科すず季(流山市西初石)に行った時の話です。

金刀比羅神社(流山市上新宿)

私の職場と以前の自宅に近い、金刀比羅神社(ことひら神社)で待ち合わせ。

そば処 更科(すず季)

そこから自転車で1分とかからない、流山市西初石にある、そば処 更科
看板には、すず季と書いてありませんのでご注意をば^^;

更科すず季

すず季の向かいにある動物病院は、我が家の先代猫がお世話になった病院なんですが、いつの頃からか、玄関脇に、こんな可愛い猫埴輪?が置かれています。

手挽き田舎ざる すず季(流山市)手挽き蕎麦 すず季(流山市).jpg

私は、手挽き田舎ざる、東葛人さんは今昔蕎麦(二色蕎麦)
食べログの評価通リ、美味しい蕎麦でしたが・・・

実は私、人生で2度失業(プータロウ)の時期がありまして。結婚し、娘も居たのに、当時の私は冴えないオーラに包まれていました。まぁ、その詳細をブログに書くつもりはありませんがf(^、^;

一度目の失業の時に、ここのカツ丼&蕎麦セットを随分と食べさせてもらいました。店内で食べた事は一度もなく、すべて出前で食べさせてもらっていました。当時は蕎麦の味を楽しむという余裕はなく、一食助かったの気持ちの方が大きかったです。
なので、初めてすず季の店内で打ちたて蕎麦を食べて、当時の事を思い出し、その感傷に耽ってしまいましたf(^、^;

そば処 すず季(流山市)

正直言って、更科すず季の、外観の内装も、どこの街にもみかけるごく平凡な冴えない店です。でも、現在の若主人に代がわりしてから、味へのこだわりと精進で、これだけ評判の店になったんだなぁ・・・と。そんな事に感心していました。

更科蕎麦 すず季(流山市)

一昔前、「一杯のかけそば」なる、お涙頂戴ストーリーがブームになった事がありました。まぁ、あれは商魂逞しい産物(フィクション)だったと思いますが。

でも・・・
どんな人にでも、語ることのない
「一杯のざるそば」的な話しは
あるんじゃないかなぁ・・・とf(^、^;


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2012年09月09日

posted by たすけ at 17:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美味いもんチャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。