波平自転車で山を登るの巻 / 馬鹿と煙はなんとやら

■シニアの自転車生活

サザエさんのお父さん。磯野波平さんの誕生日は原作では、1895年(明治28年)9月14日だそうで、そのままなら2012年の今年で117歳という事になりますが・・・

アニメやドラマでは波平さんは永遠の54歳という設定で....
「えっ!?それって、今の私の年齢じゃん!」
嗚呼、いつの間にか波平さんの年齢になっちゃったんだ、俺。(苦笑)

見た目では、たぶん自分は波平さんより若いつもりでいるですが
でも、見た目で波平さんより老けて見える同い年の友達もいます。
初めてお会いした時「60代かな?70歳に近いのかも?」と思ったくらいですからf(^、^;

今日は、そんな自転車友達(輪友)を波平さんとしてご紹介しますf(^、^;
ちなみに、日本国道の最高地点と、JR駅の最高地点はご存知ですか?

日本国道最高地点:国道292号線の志賀高原「渋峠」群馬県側の数百メートルの地点
JR全路線最高地点:小海線(八ヶ岳高原線)と国道141号旧道の交差する踏切

国道最高地点と鉄道(JR)最高地点

馬鹿と煙はなんとやら・・・。
で、だいぶ以前に2ヶ所を車で訪れたことがありますが、そりゃもう、ガソリン食う食う。ガソリンの減り具合に吃驚しました。
私、自転車生活をするようになって5年になりますが、まぁこんな所は自転車で行く所じゃないなぁ、と今日まで思ってました。

ところが!ホントに馬鹿が居やがった!
明日9月6日に、日本国道最高地点とJR全路線最高地点に向けて
波平自転車で山を登るの巻」に出発する同い年の輪友が居ます。





しかも、日本国道最高地点とJR全路線最高地点は、目的地ではなくて単なる経由地点
なおかつ、落車&骨折でまだ手首に痛みが残るまま...って。どこまで自転車馬鹿なんざしょ。

でも、本音を言えば。
同い年のこんな計画が自分への励みになり、自らに寄る年波を跳ね返す勇気をもらっています。

「寄る年波平さん!」
「止めろと言って聞く人でないことは誰もが承知していますが」
「どうぞ、傷も完全に癒えていないのですから、無理せずゆっくり踏破してください」

もしも、偶然に上記2つのルート上で、ロードバイクに乗っている
"見た目60〜70歳位"のお髭の老人を見かけたら、どうぞエールを送って差し上げてくださいf(^、^;

ちなみに
昨2011年のツールド・フランスでツール史上、最も空に近いゴール地と言われたガリビエ峠のフィニッシュラインの標高が2645mだそうです。

今回はツールド甲信に向けての下見として、途中計画変更もありという事で(^^)
では、では、気をつけて行ってらっしゃいましぃ〜(^0^)/




PS.そうそう、今回の草津志賀高原道路ルートを拝見し、自転車馬鹿礼賛をもうひとつ。
毎年夏の終わりに「直江津集合!」という自転車馬鹿のイベントがあります。
直江津の船見公園に18時に集合。
参加条件はたった一つ、全行程を自転車で走りきること。
ルートも時間も宿泊も自由。
このイベントというかオフ会は
腱鞘炎やら靭帯断裂やら鎖骨骨折やら…忙しいッス。「あぁ、湘南の夜は更けて」
という自転車ブローガーのmasa@あぁ湘南さんがはじめられたオフ会です。

6回目の今年は60名の参加者だったそうです。夏の終わりに
ただ「日本海に沈む夕陽をみんなで見る」それだけのために
自転車馬鹿が首都圏から直江津に向けて自転車を走らせます。

私はたまたま、数年前にチーム東葛のななすたさんの記事で「直江津集合!」を知りまして、毎年、直江津集合の行程を指を咥えて拝読しています。

年々参加者が増えているようで、今年は小6生がMTBで直江津まで走り切ったとの事。
う〜ん...6年後。還暦記念に「直江津集合!」に参加させて頂こうかなぁ...などと
私も自転車馬鹿の仲間入りを考え始めています。

え?...いや、さすがにリカンベントでツールド・ナオエツの参加はしませんよ(苦笑) 日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2012年09月05日

posted by たすけ at 19:24 | Comment(6) | TrackBack(0) | ■シニアの自転車生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも〜!
これって?Xさんの話ですか?
Posted by NOB at 2012年09月07日 08:57
masaさんは、昔からのブログ仲間で、何回かご一緒させて貰っています。
そんな訳で、直江津集合!の案内も来たりしますが、私には自宅から4日くらい掛けないと無理かな?

なかなか、不動峠にさえチャレンジする気力が沸かないから、たぶん永久に参加は無理かも。

あと、同じmasaさん企画で、始発の久里浜フェリーで金谷に渡り、海岸線沿いに銚子まで走って当日の夕日を拝むというイベントもあります。
たしか「サバンナの掟」だったかな?

Posted by Gibson at 2012年09月07日 14:55
>NOBさん
あ!NOBさんはパソコンじゃなくていつもスマホからブログを読んでいるので
ルートラボ(地図)を開いていないのですね?(^^;)

http://6119.teacup.com/danchoimage/bbs
です。


>Gibsonさん
さすが、交友関係広いですねぇ〜

ロードバイクさえ持っていない私なので、還暦までにロードが買えれば...なのですが^^;

でも、MTBでも行ける話をお聞きして、人生の節目に一度は、日本海を目指して走ってみたいと思っています。

まぁ、それでも私も3〜4日のまったり行程で行くようになると思いますが(^^;)
Posted by たすけ at 2012年09月07日 18:56
どうも〜♪
自転車馬鹿”波平”の妻です(^^ゞ
爺のことを記事にしていただき、ありがとうです!
おっしゃる通り、やめろと言っても止めはしないので、放っております(笑)

しかし、たすけさんの若かりし日の水もれコースケヘアーは笑った!
Posted by 呑 at 2012年09月08日 08:55
今日で、波平年齢のオラです。
TVに出てくる解説者。
いわゆる「専門家」ってのが、自分より年下である事に気付いた時、「歳」を感じましたね。

『自転車馬鹿』・・・Dさんへの最高の賛辞かも。
Posted by しゃあ あずなぶる at 2012年09月09日 07:52
>呑ちゃん、しゃあさん
自転車を始めた時期はそんなに変わらないのに、いったいこの行動力の差は何?
...って。つくづく思います。

まして年齢が同じなだけに、自分との落差を感じるし、同時に勇気をもらってます。

アタシもいつかは他人様から「自転車馬鹿」と言われる事を成し遂げたいと思います(^-^)
Posted by たすけ at 2012年09月09日 17:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/290429376
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。