流山小学校懐かしの写真展で同期生と会おう

流山チャンネル

流山市立流山小学校...流山市流山4丁目359番地

流山小学校 校歌

一、江戸川べりの わが里は その名も清き 流山
ここに建てたる 学びやは われらがための 道しるべ

二、学びの窓の 明けくれに つとめ励みて 人となり
里のさかえを はからなん み国のために つくさなん

明治 5年[1872] 9月 常与寺に開校
明治22年[1889] 4月 現在地に移転
明治41年[1908] 4月 流山尋常高等小学校となる
昭和16年[1941] 4月 流山国民学校と改称
昭和22年[1947] 5月 流山町立流山小学校と改称
昭和37年[1962]11月 創立90周年記念祭挙行
昭和42年[1967] 1月 市制施行に伴い流山市立流山小学校と改称
昭和47年[1972]11月 創立100周年記念式典挙行
私は昭和40年[1965]に流山町立流山小学校に入学し
3年生への進級時に市立小学校となり(市人口4万人を超えて)
創立99年目の昭和46年[1971]に卒業しました。...惜しい!(苦笑)

流山小学校懐かしの写真展

...で。今年2012年、流山小学校創立140周年の節目に
流山小学校区まちづくり協議会が主催して、第1回流山スプリングフェスタが開催。
てなわけで、流小懐かしの写真展で同期生と会おう!という企画がありました。
(寺島さん、ありがとうございました!)

流山小学校 創立
流山小学校 明治時代

流山小学校・西平井小学校・加村小学校・鰭ヶ崎小学校...文字通り寺子屋ですね。

流山小学校 昭和3年〜21年

昭和3年〜21年のコーナーで、食い入るように同期生を探す80歳台の大先輩。
私もあと30年もしたら、こうして同期生を探すのかなぁ・・・。

流山小学校 昭和39年〜46年

昭和39年〜46年のコーナー。私の同期生はここに居ました。
もちろん、私も居ますよここに。くそ生意気そうな顔してました(苦笑)

御国の為に尽くすような事は、できないかもしれないけれど・・・せめて
故郷(里)の栄えをはかるような事は、していこうと思ってます(^^;)


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2012年04月09日

posted by たすけ at 04:38 | Comment(6) | TrackBack(0) | 流山チャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
祖父と行きました。
付き人の気持ちで
生まれた年に単純に12を足すのではないみたいですね
昭和元年が一週間しかないし、尋常小学校だったら卒業に何年かかるのかもわからず

日曜花見が決まってたのでキッコーマンには行けない、土曜日楽しむしか出来なかったのが残念でした
Posted by でれすけ at 2012年04月09日 23:05
>でれすけさん
おじいちゃん孝行されたのですねー。

私も本来8日は親類一同で、運河で花見予定だったのですが・・・
桜はどこでもあるけど、菜の花畑はなかなか見ることできないよ!
と説得して、強引に連れ出してしまいました。
菜の花は感激していたけれど...
誰も新選組には興味なかったみたい(苦笑)
Posted by たすけ at 2012年04月10日 19:39
新撰組展に行ったんですが、調べれば調べるほどに新しい史実が出てきて現在進行形の調査みたいですよ
流山側に残って無いことが取引があった日本橋の商店側にあったり
あの時代、道、家、町、が少ないわけですからね、宿場にするところも限られてきます
Posted by でれすけ at 2012年04月12日 01:49
>でれすけさん
私も7日に。もしかしたら、でれすけさんに会えるかな?
と思って光明院からすぐにアトリエ黎明に行ったんですよ(^^)
新選組に関してはオーソリティが沢山いらっしゃるので、ノーコメントです^^;

ただ、流山の地名由来が連なる山々「長連山ながれんやま」からとのご説明には??でした。
地理学卒の身としては、まずは地形から考察してしまう事が多いのですが...

例えば、加村岸→根郷→宿の順に土手が低くなり、木村は土手が高くなります。
これは流山本町一帯が中洲であった時代、宿が一番高台であった名残で...
その宿で最も高いのが赤城山です。ボーリング(地質調査)をすればハッキリするのですが...

中洲山⇒ながすやま⇒ながれやま が地名由来じゃないのかなぁ...と私は考えています(^^)
Posted by たすけ at 2012年04月12日 19:32
中州ということですと印西の形とおなじですな

水運の要所で周りの村から買い物に来る町
現市内はもとより小金村と文化的経済的につながり
農家しかない埼玉戸ヶ崎をこえて都内に入る道を流山道と呼ばれていたそうです
実際私の祖母は戸ヶ崎の人間ですので関係は深かったんだろうとおもいます

そんな流山の経済に大打撃を与える事が起きた、武蔵野線および三郷駅の開設だ
今まで流山に来ていた消費が三郷駅前になってしまった
Posted by でれすけ at 2012年04月12日 23:36
>でれすけさん
すみません...中州=印西の形とおなじ。が良くわかりません。

六軒厳島神社がある手賀川と弁天川に挟まれた地形の事でしょうか?
流山中州は太日川(旧江戸川)や庄内川の自然が造ったもので...
木下(印西)の中州は干拓による人工中州で起源が全然違います。
流山も木下(印西)も利根川東遷後の江戸期より栄えたことは共通していますが・・・

と言いますか、コメントで議論する気持ちはありませんので、大変恐縮ですが
今後、どうレスしてよいかわからない場合はスルーということにさせて下さいm(_ _)m
Posted by たすけ at 2012年04月13日 00:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。