ALWAYS 流山線運転席の車窓から

流山チャンネル

ALWAYS[いつでも]よりFOREVER[いつまでも]と書いた方がわかりやすいのかもしれませんが、今記事は自記事・他記事へのハイパーリンクを多用します。お時間のある時にお読み頂ければ幸いですm(_ _)m



昭和40年。まだサザエさんが江利チエミ実写版で、ワカメ役の上原ゆかりが国民的マスコットだった頃私は流山小学校に入学しました。そして、買ってもらったばかりの勉強机の引き出しに、マーブルチョコおまけの鉄腕アトムのシールを擦りつけていました(^^;)

男は元々狩りをしたから、動くもの、例えば車とか電車、飛行機とかに本能的に興味を示す。女は元々採集をしたから、小粒で形がそろってカラフルなものに興味を示す。と聞いたことがありますがどうなんでしょう?...あると思います(^-^)

電車かばんと改札鋏

参照:昭和レトロ制作委員会【駅員さんごっこ】

私は鉄道の改札係(切符切り業務)に憧れました♪
カチ,カチ,カチ,カチ♪ カチ,カチ,カチ,カチ♪と、リズミカルに改札鋏を操り、右に左にどんどん乗客をホームに入場させる。逆手?というか腕を交差させて鋏を入れる姿がかっこいいなぁ♪なんて眺めていて...

持たせ切り=乗客の手ある切符に鋏を入れる(ホントは危険でよくないそうですが、でもこれもカッコイイ♪)...なので、流山駅・赤城台駅・馬橋駅で...
「よし!このタイミングならどういう角度と高さで切符を差し出したら、改札係が持たせ切りがしやすいか?」
子供ながらに、改札係のお兄さんに手間を煩わせまいとする、気配りだったのですが。こちらの意図が伝わると・・・
「おっ!坊主、サンキュな♪」
というアイコンタクトで、持たせ切りをしてくれる。この瞬間が何より嬉しかった(^-^)

宮本団地

電車かばんは、憧れの玩具でしたが、なかなか親には買ってもらえず、叔母がそんな私を気遣ってやっと手に入れたおもちゃの改札鋏♪付属の紙切符はあっという間に無くなり、目の前のひろっぱ(=児童公園)のゴンドラ式のブランコを電車として。
「ガッタン、ゴットン♪ガッタン、ゴットン♪」
「次はぁ〜鰭ヶ崎ぃ♪次はぁ〜松戸ぉ」
と、車掌係の声

ブランコが止まると改札で待っていた乗客が乗り込みます。生垣の葉っぱをちぎって切符としました。どこにである緑の葉っぱは、普通乗車券。斑入りや黄色に色づいた葉っぱは、急行券や特急券。そんな風にして葉っぱを切っていたら、おもちゃの改札鋏はあっという間に錆てしまいました(^^;)

流山線と飛地山(昭和38年)

小1〜2の頃、流山線で馬橋の眼医者まで通っていました。いつものように運転席の真後で、流れる線路を窓越しに眺めていたら、小金城址から保線係のおじさんが乗ってきて...

「運転席・・・入ってみたいか?」
「うん!」
「じゃぁ、ちょっとだけ、内緒だぞ」


おじさんは、私を後ろから抱きかかえるように支えてくれながら、運転士となにやら会話していましたが、内容まで覚えていません。けど・・・幸谷駅を数mほど、オーバーランしてしまいました。

「あっ!ボクのせいなのかな?(>_<)」...と子供ながらに恐縮してしまったのですが
「やっぱり、話していると駄目だな^^;」

その時、運転士はブレーキのタイミングとスピードは、目視とガタン♪ゴトン♪のリズムを身体に染みつけて調節していることを知りました。馬橋駅に着く直前に・・・

「さ、怒られちゃうから。ここでな」
「ハイ!ありがとうございました♪」


もう45年以上経ってしまいましたが・・・今でも時々、運転席の後ろから流れる線路を窓越しに眺めていると、いつでも・いつまでも[always]温かく優しかった流山線が蘇ります。



第2回流鉄展

さて、2月19日(日)。杜のアトリエ黎明で開催されていた、第2回流鉄展[最終日]を観に行きました。

第2回流鉄展02

おぉ!入口からして凝っている!期待に胸躍りました♪(嬉)

第2回流鉄展03

第2回流鉄展04

会場内は流山線や流山本町のとても懐かしい写真や、Nゲージ模型で溢れていました。

流鉄歴代車両

特に、これっ!

「うわっ、すごい!流鉄の車両をこんなにずらっと見たのは初めだよ」
「もったいないぁ。これを流山駅で常設展示や操作ができればいいのにねぇ」

せめて、流鉄鉄道の日だけでも、流山駅の特設会場とかでできればいいねぇ・・・と
鰭ヶ崎駅そばでNゲージ運転場を運営する、日本ぴょん太鉄道のスタッフさんに水を向けると。
「そうなんですけど・・・流鉄さんが消極的で・・・」

ま〜その内情は、こちらの回答が一番詳細・的確に書かれています。私も、レトロ電車やフリー切符など「利用促進」のソフト整備と、商店街・市民団体を巻き込んでの展開が望ましいと思っています。
電車は人を運んでナンボです。流山線で人が動けば流山本町のみならず、流山の観光資源が生かされます。平日に自由な行動ができるシニア世代となった鉄道マニア・写真マニアが首都圏には相当いるし、流山は都内から気軽に日帰り【大人の遠足】が可能な土地です♪

えっ?そんな簡単に言うなら、おまえが主導してやってみろ?

アトリエのテラス席

う〜私に、杜のアトリエ黎明の主だった秋元平八【5世】の財力と決断力があったなら、もう一度、市民鉄道「流山線」を復活させるのにぃ。。。

でも、たぶん本気で言い出したら、『自転車バカから鉄道バカ?うちがこんな苦しい状態なのに、もぅいい加減にして!!』と女房様から離婚言い渡されちゃうな...今の私に出来ることは、ブログに色んな情報を書き出すくらいです。すみませんm(_ _)m

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2012年02月21日

posted by たすけ at 21:25 | Comment(23) | TrackBack(0) | 流山チャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
江ノ電をお手本にすればいいのになーと思っていますが、いきなりハードルが高いですかね(^^;)
観光客を呼ぶならやはり食べ物がいいと思いますが、、、、もっとも私が思いつくような案はとっくに俎上に載ったことでしょう。そういえば馬橋に駅ビルができるとどこかで聞いた気が…夢かしら?

Posted by PRINCOちゃん at 2012年02月21日 22:23
>PRINCOちゃん
レス早っ!(笑)
最初は船頭が多くてもいい思います。まずは、流鉄さんに船に乗ってもらわないことには^^;
Posted by たすけ at 2012年02月21日 22:37
たすけさん。
テツなんだぁ。ってか、多趣味ですよね。
ボクは世間様にご迷惑をかけないよう、ひっそり静かに暮らすことを心掛けている小市民です。
趣味を持つなんて・・・・。いや、恥ずかしいかぎりです。
Posted by しゃあ あずなぶる at 2012年02月25日 04:51
>しゃあさん
恥ずかしがることないですよ!耳かきだって、りっぱな趣味ですよ!
但し、銃口の奥の奥までホジホジ覗く時は、気をつけてくださいね♪
Posted by たすけ at 2012年02月25日 06:33
たすけさん、こんにちは
流鉄の運転席に入れてもらえたのですか。
いいなぁ。古き良き時代だなぁ。
今だと・・・運転手さんは完全にアウトでしょうね。
ところで以前、東京に住む会社の同僚に、家の玄関の前を通り過ぎる流鉄の写真を見せたら、「すごい。江ノ電みたいだ」と感動していました。
流鉄も観光資源として生かす道はいくらでもありそうですね。
Posted by 東葛人 at 2012年02月25日 11:27
>東葛人さん こんにちは
昔は、一旦ドアが閉まっても乗り損ねた乗客がいたら必ずドアを開けて乗せてくれました。
(今でも田舎の鉄道はそうかもしれませんね)

圧巻は同級生の話ですが...
手をあげて合図した乗客を駅以外の線路上で、停車して乗せたことがあるそうです(笑)

熱心な流鉄ファンは市内にも市外にもかなりいらっしゃいます。
そんな人たちが集まってアイディアを出し合ったら...と思っているんですけど。。
Posted by たすけ at 2012年02月25日 11:47
たすけさんこんにちは、市川の鉄バカです。杜のアトリエの「流鉄展」すっかり忘れていましたよ〜。
展示物充実してますね。ヘッドマーク・写真・Nゲージ(流鉄の完成車なんてあったのですかね
マニアの方の自作でしょうか?)見たがっている市川の中年がいるとたすけさんのツテでプッシュお願いします。^^

Posted by dadashin at 2012年02月25日 12:25
>dadashinさん
自転車バカに鉄バカは多いようですね(笑)
是非、一度リンク先の日本ぴょん太鉄道 http://pyontetu.com/
に行かれてNゲージの風景をdadashinさんの技術でリアル写真風に撮って見てください。

昨年雨で中止してしまったのですが、関鉄(常総線)利用の、真岡SL撮影ポタ。
今年もまた行ってみたいと思いますのでご都合があえば是非♪(^-^)
Posted by たすけ at 2012年02月25日 12:47
>dadashinさん
先ほどBBSにも告知しておきましたが。

私はこんなプランで考えていますので、もしご都合が合いましたら是非♪
日程はまだ何も決めていません。

関東鉄道常総線 下り快速
守谷駅8:24⇒水海道8:34⇒下館着9:11 (連絡:取手駅7:50⇒守谷駅着8:08)
に乗車して、下館駅で下車して自転車を組み立て、五行川CR沿いに寺内駅付近まで行き
http://www.mapfan.com/m.cgi?MAP=E139.59.1.3N36.24.31.4&ZM=8

真岡鐵道SL下り 下館駅発10:37⇒寺内10:59 を撮影して
その後、古民家蕎麦・萬吉禎(まんきちてい)で昼食後
http://www016.upp.so-net.ne.jp/mankichi/
小貝川CRで、適当な常総線の駅までポタして帰ってくるというプランです。

9:30〜14:30発までの常総線なら、大田郷⇔水海道間はサイクルトレイン(自転車そのまま乗車)可能です。
http://www.kantetsu.co.jp/train/cycletrain/cycletrain_index.html
取手⇔下館まで片道1490円かかるので土日フリー切符1500円を購入したほうがお得です♪

因みに2012年(平成24)の、3月17日(土)・18日(日)は
常総線の騰波ノ江駅で「とばのえステーションギャラリー」を開催してますので
http://www.kantetsu.co.jp/train/tobanoe_gallery/tobanoe_gallery.html
この日は、乗車率が高いとサイクルトレインは、断られてしまうかもしれません。
Posted by たすけ at 2012年02月25日 18:02
たすけさん、ご無沙汰しています。
流鉄展、私は11日に行きました。理由は、先着順に貰えるペーパークラフトを入手するためです。勿論モハ100形の。(笑)
流鉄は小5の時、初めて乗りました。
赤い旧型車両やシルバーの銀河号が印象に残っていますが、なんといっても流山駅の側線に停まっていたパンタグラフ付の貨車にはびっくりしました。いったいあれはなんだったんでしょう?
流鉄は車両こそ新しいものに変わりましたが、今も硬券切符が買えたり古きよき風情が残る鉄道ですので、会社の方々にはぜひとも、積極的に活動してもらえればと思います。
Posted by 鉄ポタ at 2012年02月26日 00:06
>鉄ポタさん
やはり、流鉄展いらしてましたか?(笑)

規模や条件は違いますが、関東鉄道は関鉄レールファンCLUB(十文字義之会長)等とうまく協力してやってますよねぇ。
ステーションギャラリーとか列車サンタクロースとか、そんな事例が流鉄活性化のヒントになればいいなぁ〜と常々思っています。

PS.真岡鐵道SL撮影ポタの昼食場所は、下館(筑西)市で小貝川CRからもほど近い萬吉禎(まんきちてい)にする予定です。
元々都内にあったカフェだそうですが、300円でA4サイズの野菜かき揚も出してくれるそうですよ♪
http://r.tabelog.com/ibaraki/A0806/A080602/8010658/
http://blog.goo.ne.jp/peachmelba_april/e/c5d30d444a355bd8d438ba8e5beb964b

今度下見に行って、またご報告致しますねぇ〜♪

Posted by たすけ at 2012年02月28日 09:37
(^_^)/
自転車バカと鉄道バカの母;やん姫どす〜。

長男は1歳ごろから、次男は生後6か月ごろから、交通科学博物館に行ったり、JR線や私鉄を乗りまくっていました。

今までに、愚息たちを遊園地につれて行ったことは1〜2回でしたが、私は定期券を購入して、数えきれないくらい、電車に乗りまくりました。
次男が幼稚園に入園するまでの約4年間は、
週に2〜3回は電車に乗っていました。

小学生のころの次男の愛読書は、時刻表で、教科書を忘れても、時刻表だけは忘れず、どこに行くにも携帯していました。

JR大阪駅で見る特急トワイライトと新大阪駅で見る新幹線は、幼い愚息たちの憧れでした。
なかなか会えない新幹線のドクターイエローにも会えました。

サイクリングは、中学生のころから興味を持ち始めました。
特に、長男は大学生になってからは、数種類の自転車の部品を買い求め、自分で自転車を組み立てています。

次男のバイト先は、自転車屋でしたっけ…。

二人とも、電車や自転車に注いだ情熱を勉強に向けていたら…。
(^_^;)海も大好きで、ヤスを持って魚を採ったり、釣りもします。

ちなみに、現在、次男は鉄道会社で、長男は海洋生物の調査会社で働いています。
長男は調査の際、輪行袋と自転車を携帯しているようです。

母親といたしましては、愚息たちは女性に興味を持っていないようなので、配偶者を見習って、若いおねいさんを追いかけて欲しいです。

配偶者の彼女達(20代〜30代)は、遊びに来てくれますが、愚息達の彼女達は、存在自体が不明です。
たぶん…いないと思います。
(^_^;)
Posted by やん姫 at 2012年03月01日 12:16
流山鉄道は乗ったことがないんですが、なんか趣のある電車ですね。

きっぷのはさみのおもちゃは懐かしいです。
昔は駅員さんがはさみで改札をしていましたが、今となっては信じられません。
あのカチカチやってる様子とかも雰囲気があり、よかったんですけどね。
Posted by くろばい at 2012年03月02日 22:42
たすけさん。
本日は、本当にお疲れ様でした。
ボクも仕事が残っているので、ただ今帰宅です。
月末あたりから、時間が出来るので、またポタに、お付き合いくださいまし。

では、また会おう。by透明人間。
Posted by しゃあ あずなぶる at 2012年03月03日 22:57
>やん姫さん 遅レスですみません。
いい息子さんをお育てで、羨ましい限りです。
ご亭主さんも...羨ましい..かも?(笑)


>くろばいさん コメントありがとうございます。
私自身も、免許をとってから流山線に乗ることは、ほとんどなくなってしまいました。
流鉄に通勤通学客ではなく、観光客を乗せるような、いいアイディアがあればいいんですけどねぇ。。。


>しゃあさん
いえいえ。道楽党党首の演説のおかげで、場の雰囲気が一気に和やかになりました。
いろいろと細かいお気遣いありがとうございました♪
Posted by たすけ at 2012年03月04日 21:39
当方30で父56、共に楽しませていただいています、八木道すわ道の過去をアップしてはくれませんか、ミヨジが無い頃からの宿民なのでおねがいします
Posted by 宿 at 2012年03月13日 23:23
>宿さん コメントありがとうございます。
...ミヨジが無い頃からの宿民...
苗字が無い頃から先祖代々流山本町にお住まいの方という事でしょうか?
すごいですね。それでしたら、私などよりよっぽど史料やお写真をお持ちだと思いますし
文面・文体から察するに、webやアプリ、史実などにも明るい方とお見受け致しますので
逆に私の方が、新選組やその他いろいろ教えて頂きたいことが山ほどありますf(^、^;

私は生まれる直前に、流山にやってきたのでせいぜい昭和30年代の写真くらいと
それに流小・流南卒なので、八木の昔には明るくないんです。

以前、流山市立博物館で八木出身の写真家「吉野誠の企画展」がありました。
きっと芝崎の吉野家に、明治〜戦前までの貴重な乾板写真が保存されていると思います。
http://www.city.nagareyama.chiba.jp/section/hakubutsukan/museum/hakukikaku/yoshino/yoshino02.htm

是非、流山市立博物館の学芸員さんにご連絡してみてください。
私もまた企画展を観たいと思っていますし、なにか良い情報が得られるかもしれませんよ(^^)
Posted by たすけ at 2012年03月14日 00:08
いやいや、田舎町の元農家には写真にして保存するって無いものですから。
ちなみに八木道ってのは流山本町から八木の集落に行くための道で、今で言うミスパチの前の道で宿からそう言うんですよ
すわ道ってのはおすわさまに行く為の道、市役所の坂の道です
Posted by 宿 at 2012年03月14日 16:05
>宿さん
私、すわ道沿いでお産婆さんに取りあげられ、八木道をバスで流山幼稚園まで通っていました(^^ゞ
本来はこの記事(電車の話題)のあとにバスの思い出を書く予定で、途中まで書いてあるのですが
仕事が忙しくなって未完成のままです...って。いつアップするか、まったくの未定です(^^ゞ
Posted by たすけ at 2012年03月14日 16:14
流山線の話でしたね、近所のバーサンに聞いた話、戦時中、軍の施設があった流山ももちろん狙われた。陸軍リョウマチ所である。 
市民は空襲で二人死に慰霊碑が流山寺にあります、走っている電車も機関銃で運転手が撃たれ、片腕を切断する事になってしまいました。
車掌は一人で駅まで運転したそうです
その時の車掌とは昭和元年生まれの近所のバーサンその人でした
Posted by 宿 at 2012年03月14日 23:45
>宿さん
そのお話は有名ですね♪ご近所さんだったのですか?やはり地元ですねぇ。
流山寺は同級生の家で、お父さんの眉山先生は私の大恩人でした。
先生のお元気な頃は、参禅させて頂いてましたが、もっとたくさん
お話を聞いておけば良かったと後悔しております。(合掌)
Posted by たすけ at 2012年03月15日 00:18
赤城神社を始め宿地区を取材の際には一家総出で資料や写真を提供しますんで一声おかけ下さい、素人の私に代わって流山の歴史をアップして下さい。
チーム流山の浜あげ吉田さんは私を生まれる前から知っています、私はそこの長男です。
Posted by 宿 at 2012年03月15日 00:54
>宿さん
えっ!?えぇええええ!??
ということは、アッチのお兄さんですか??
私吉田さんところは、てっきり二人兄弟だと思っていました^^;
(これ以上はプライバシーに関わるのでご返答は不要ですので^^;)

私もたんなる素人ブローガーですので
そんな過大なご期待をして頂いても負担になっちゃうのでf(^、^;
今後もマイペースで書いていきますので
何かの折で、お会いした時にご挨拶させてくださいm(_ _)m


PS.私、流山幼稚園の前に、宿の「こばと保育園」にお世話になっていたのですが
「こばと保育園」の写真や資料がなかなか見つからないんです。

小さな園内に椎の木?があって、砂場と低い鉄棒があって、おやつはたいてい飴でした^^;
いつかお会いする機会があった時は、是非「こばと保育園」について教えてください♪
Posted by たすけ at 2012年03月15日 01:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。