今一番見たい映画は? 51(ウーイー)赤ちゃんパンダ

日記(動物写真館)

今一番見たい映画は?

51(ウーイー)=51gの超未熟児赤ちゃんパンダに名づけられたのは
中国語でウー=5,イー=1 でウーイー。

2006年、母親パンダ奇珍(チージェン)は、双子の兄弟パンダを出産したが、通常の1/3の体重で生まれたウーイーは生きていけないだろうと育児放棄し、兄だけを可愛がる。見かねたパンダ研究基地(中国・成都)の飼育員たちが、母親代わりとなり保育器で母親パンダの搾乳を与えて、丈夫に成長させ母親に対面させて、母親パンダは無事にウーイーの子育てを再開する。



↑↑↑の映画51(ウーイー)プロモーション動画後に、赤ちゃんパンダ(パンダ幼稚園)の関連動画がたくさんあります。赤ちゃんパンダの鳴き声が、たまらなく可愛い(^^;)

何故パンダが可愛いのか?
・4頭身の丸い身体に、丸い顔に、タレ目顔
・成長しても赤ちゃん顔(顔の中心より目が下にある)
・人間のようにお座りして、手でつかんで哺乳瓶やササを食べる

だからぁ〜そんな解説よりも、とにかくこの可愛いパンダたちを見たい!(^-^)
でも、千葉県内で51(ウーイー)の上映館は京成ローザ10だけなのね(泣)

パンダの世界にも「想像妊娠」や「育児放棄」があり、子育てが出来ないお母さんパンダがいるのと同時に、自分が産んでいない子パンダを育てる「代理母」のような存在もいるのだ。
「え!?そうなんだ!?」 ますます見てみたい!

この映画の原作は
自然界の掟では本来見捨てられてしまうはずだったウーイーが、飼育員たちの必死の努力によって一命をとりとめ、一人前のパンダに成長していく。その過程を同名ドキュメンタリー映画の女性プロデューサー張雲暉氏。
生まれた直後から人間の手によって育てられたウーイーは母親から十分に愛を受けることができなかった。そのためか、パンダ幼稚園でも集団生活になじめず、いつもひとりでいることが多かった。それでもさまざまな困難を乗り越えて、立派な雄パンダに成長し、いままさに父親になろうとしている。
なるほど、女性プロデューサー目線が原作なんだと納得。

そして、2月11日から公開される映画【51(ウーイー)世界で一番小さく生まれたパンダ】
の監督は本作が初の長編作となる塩浜雅之...「あれ?この名前どこかで見たことある」
と、思って古いお気に入りを探していたら...「あ!○○君捜索の時に偶然見つけた人だ」

○○君とは高校の同級生の録音技師で、結構有名な映画の録音を担当し、しょっちゅう中国に行ってます。そういば、○○君も塩浜雅之監督も、パンダ体型になっていたには笑った(^^;)

我々の世代で、映画関係(制作側)を志望した学生は日大芸術学部を目指したものだけど。
塩浜雅之監督のプロフィールを確認していたら、今は日本映画大学ってのがあるんですねー(知りませんでした)。よくよく見たら、横浜放送映画専門学院⇒日本映画学校⇒日本映画大学という系譜となっていて・・・高校生の時、○○君とは別の同級生が、こっそり横浜放送映画専門学院の案内書を手に入れていた事は、ココだけの秘密です(^^;)

今一番見たい映画は、【51(ウーイー)世界で一番小さく生まれたパンダ】なんですけど
過去一番感銘を受けた映画は、【楢山節考・今村昌平監督作品】なんです。
育児放棄〜姥捨て山まで、映画を見て感じ入る事は結構多いです。

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2012年02月03日

posted by たすけ at 18:57 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記(動物写真館) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「たすけクン物語」なんて映画はいかが?
楽しそうでしょ?
「しゃあストーリー」じゃ「ミッションインポッシブル」になっちゃうけどね。
Posted by しゃあ あずなぶる at 2012年02月04日 04:01
たすけさん、私も先週NHKのあさいちで(ウーイー)パンダの紹介を観てぐっときてしましまいました。51gは卵位の大きさでした。その子がこんなに大きくなって・・・・。これを見て感動しない人はいないでしょうね。パンダの幼稚園も可愛かったです。映画もチエックしておきます。
Posted by dadashin at 2012年02月05日 08:21
>しゃあさん
しゃあストーリーは、こち亀のオマージュになると思われですが・・(爆)


>dadashinさん
今日家内と柏でALWAYS 三丁目の夕日’64を観て来たのですが、これまでで一番の盛況ぶりの超満員でした。(昼は満席で夕方やっと席が取れました。)
51(ウーイー)は千葉までは遠いので、春日部で観ることになりそうですが、どこの映画館でも物凄い混雑になりそうですね。
Posted by たすけ at 2012年02月06日 02:18
私も見たいです。楢山節考も得も言われぬ深い感動を覚えたものです。今は健康上の都合で映画を見に行けませんが、何らかの機会を狙っていましょう。
Posted by 相子 at 2012年02月06日 11:19
>相子さん
楢山節考は私が生まれた'58の木下惠介監督作品と
'83の今村昌平監督作品がありますが、'83の楢山節考はかなり強烈でしたね。

はやくご健康を取り戻して、自由にお出掛けできることを念じています。

PS.薪採りという言葉は知りませんでしたが、私も背負板(しょいた)と言います^^;
Posted by たすけ at 2012年02月06日 21:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。