家政婦のミタ南極物語の最終回 / 視聴率

TVドラマや漫画の追憶

「三田灯(松嶋菜々子)は、果たして最終回に笑顔を取り戻すのだろうか?」
「それとも、最終回まで自分の感情を殺して阿須田家を安穏に導くのか?」


家政婦のミタ南極物語の比較なんですけど・・・。
木村拓哉+綾瀬はるか+芦田愛菜、視聴率鉄板の人気俳優、男優+女優+子役。しかも、1980年代前半に大ヒットしたフジTV制作の南極犬タロ・ジロの「南極物語」のオマージュで、TBS開局60周年記念【南極大陸】

TBS日曜劇場南極大陸

こんなに鉄板条件を揃えたら、視聴率は【JIN-仁-】越えするのかな?なんて思って、第一話を見たけれど...なんか感動しなかった。その後、予約録画をしたけれど、ついぞ見ることなく、TVで流れるダイジェスト版だけみていました。



12/19追記:...といいながらも、【南極大陸の最終回】拡大バージョンはしっかりミタのですが...
リキの最期の瞳と涙には、私もウルウルしてしまいました。...でも、実話では行方不明のリキを木村拓哉+芦田愛菜につなげるために無理矢理に設定していたので、タロ・ジロ生存への感動がボケてしまったというか。つまりは、焦点を欲張り過ぎると感動もボケてしまうというか...ムニムニ^^;



家政婦のミタ

日テレ【家政婦のミタ】最初この人が松嶋菜々子だとはすぐに気がつきませんでした。
「ナニこれ?家政婦は見た...のオマージュ?コメディ番組なのかな?」
...と思い、第1話をちらっと見て「なんだこれ?こんな家政婦あり得ないだろう」なんて思っていたら最近のドラマでは珍しい高視聴率
第1話 19.5%
第2話 18.7%
第3話 19.8%
第4話 19.5%
第5話 22.5%
第6話 23.4%
第7話 23.5%
第8話 29.6%
「えっ?家政婦のミタがJIN-仁-最終回の視聴率26.1%を超えた?」
日テレのオフィシャル頁の「家政婦のミタ」で動画やストーリーを読み、TVでのダイジェスト版もみました。う〜ん、昭和の時代の視聴率(チャンネル権)は、一家の主(父親)にあったので、そりゃ野球中継とかが上位になる訳で、今の視聴率は主婦層をターゲットにしないと稼げないのかも?

親から愛されない子。子を愛せない親。不倫、いじめ、心神喪失、自殺etc。なんだか、現在の家族や子育ての問題を全部放り込んだような展開。これを主演の松嶋菜々子が、無表情やまばたきの演技だけで進行して。
ドラマ予算・キャストでは家政婦のミタより、南極大陸の俳優たちの方が圧倒的だったのに、最終回を待たずして鉄板視聴率俳優陣を、すべて松嶋菜々子一人でひっくり返したような結果ですねー。

なんでかなぁ・・・一つ感じたのは...【南極大陸】の
「俺たちの手で、戦後の日本を終わらせるんだ!」
は今の時代に響かなかったかなー。それに南極物語は、結末がわかちゃっていることや、TBSがダイジェスト版をバンバン流すものだから、それだけでお腹いっぱいになちゃったのかも?

家政婦のミタ第10話で最終回のダイジェストが流れ、最終回のネタバレ記事を書いたサイトが結構ありましたが、それを裏切るような結末が待っているのでしょうかねー。遊川和彦脚本の『女王の教室』はちょっとだけしか見なかったけど、初回から日本テレビに抗議の電話が殺到したそうで・・・今回の家政婦のミタにも初回から抗議が殺到したなら、脚本家としてはしてやったりなんでしょうねー。

どこの家庭でも抱えているようなテーマを練り込んだ...【家政婦のミタ】
ドラマ史上、最も感情のない人間です。これが、家政婦のミタの主人公、三田灯(みたあかり)のキャッチフレーズでしたが、人間誰しも自分の感情を殺して生きる場面はある訳で、そんなところが共感を得たというか...
「嗚呼、今の私は家庭内で家政婦みたいなもんだわ」
「あんな風に家庭内で他人になれたら、どんなに精神的に楽かしら?」

なんていうのが視聴者(主婦層)を惹きつけたのかな?



12/21追記:という訳で家政婦のミタの最終回の感想ですが・・・
【家政婦のミタ 視聴率の続編】
第9話 27.6%
第10話 28.6%
第11話 40.0% (瞬間最高視聴率 42.8%)
「視聴率40%超え!単純計算で5000万人が家政婦のミタの最終回を見た?」
「驚異の視聴率達成で、日テレ社食がすべてタダ?ってホントか?」

...って。そっちじゃなくて(笑)
阿須田家での最後の業務命令「笑ってください」のシーンで、松嶋菜々子の笑顔で泣かせるシーンは最大の見どころでしたね。
松嶋菜々子の演技素晴らしい!!と私も感涙しながら、同時に脚本素晴らしい!!と感動しました♪

それと、うらら(相武沙季)の結婚式のドタキャンと、新郎役のどんでん返し
そして、うららのほっぺたに残ったビンタの痕のディテールも面白かった(笑)

最後のエンディング...三田灯かっこよかったですねー
ていうか、家政婦のミタ・パートU(続編)あり?みたいな終わり方でしたね。
これだけの驚異の視聴率を叩き出してしまったら、続編も映画化もない
...っていう訳に行かなくなるでしょうね(^^;)



私自身が、ここ数年のドラマで「いいドラマだったなぁー」と感じたのは
日テレ【アイシテル-海容-】主演:稲森いずみ
日テレ【Mother】主演:松雪泰子
NHK【八日目の蝉】主演:壇れい

みんな母性とか家族の絆とかをテーマにしたドラマばかりでした。
そして、感情を押し殺して生きて行かねばならないという共通項。
...そうか、家政婦のミタはそのテーマを継承していたんですねー。

...って。私、主婦でもないのに、なんでこういうテーマのドラマを見てしまうのだろう?
日々報道される事件に、ドラマ以上に重いテーマを突き付けれられて
「これはあり得ないだろう?」「これはあり得るのかな?」
遊川和彦氏は、現実の事件へのそんな感情(疑問)解決を計算しているのかなぁ・・・

...で。家政婦のミタ最終回の三田灯の名言はこれかな?
「奇跡とは、普通に考えれば絶対起きない出来事が、そうなって欲しいと願う人間の強い意志で起きる出来事です。奇跡は起こるから奇跡と言います。自分には無理だと諦めている人には、絶対に起きません」

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2011年12月15日

posted by たすけ at 01:08 | Comment(7) | TrackBack(0) | TVドラマや漫画の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「承知しました」はミタ。
「かしこまりました」は笑点の山田くん。
他では聞かないなぁ。
死語ってヤツ?
Posted by しゃあ あずなぶる at 2011年12月16日 05:01
「承知しました」・・・・ミタだけ。
「かしこまりました」・・・笑点のヤマダくんだけ。
もう、あまり聞かない言葉ですね。
ウチの嫁様、言ってくれないかな。
Posted by しゃあ あずなぶる at 2011年12月17日 12:56
>しゃあさん
「それは、あなたが決めることです」
...ってTV見ていないとわからない台詞ですよね^^;

コメント返信遅れて、ごめんなさいm(_ _)m
Posted by たすけ at 2011年12月18日 18:52
<(* ̄^ ̄)>『お嬢様の目は節穴でございますか?』
      『失礼ですが、お嬢様はアホでいらっしゃいますか?』

の方を毎回、録画をしてみている やん姫どす〜。

他にも、番組を録画をして、空き時間に少しづつ再生して楽しんでいます。

録画した番組が、けっこう溜まっています。

『南極物語』は、山本裕典くんを目当てに見ています。

『家政婦のミタ』は、我が家に1台しかない貴重な ブルーレイのレコーダー(同時録画は2番組まで)に録画できません。
テレビも1台しかありませんし〜。

配偶者と次男が、合計2番組を同時録画するからです。

オンタイムで見たいのですが、そんなときに限って、配偶者が自分の録画した番組を見ていたり、私が、配偶者のパシリをしていたりして、オンタイムでは、見ることができません。


我が家では、働いて稼いでいる人が、何事においても優先です。

お風呂の順番も食事のメニューもプライベートな予定も…。

(`O´;) 『働かざるもの (録画)するべからず!』

三食昼寝付きのお気楽主婦は辛いです。
(^_^;)
Posted by やん姫 at 2011年12月19日 13:15
>やん姫さん
山本裕典くん...ってコメント頂くまで誰だかわかりませんでした^^;
それよりもっとわからなかったのが...
『お嬢様の目は節穴でございますか?』
『失礼ですが、お嬢様はアホでいらっしゃいますか?』
これは何の番組ですか?1度も見たことないんですよ^^;

私、南極大陸に限らず、案外録画しても見ない方が多いです。
私が録画した番組や、昔気に入っていた服を処分されても、数年気がつかないような亭主です(苦笑)
Posted by たすけ at 2011年12月19日 20:28
★たすけ さまへ

>『お嬢様の目は節穴でございますか?』
『失礼ですが、お嬢様はアホでいらっしゃいますか?』

d(_・) それは…ね!

謎解きはディナーのあとで というドラマです。

http://www.fujitv.co.jp/nazotoki/index.html

東川篤哉による『謎解きはディナーのあとで』(ユーモアミステリー)。

それを原作としたテレビドラマです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AC%8E%E8%A7%A3%E3%81%8D%E3%81%AF%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%81%82%E3%81%A8%E3%81%A7

コミカルな感じのドラマです。

そうそう、先日、録画していた『ドラマスペシャル 愛・命〜新宿歌舞伎町駆け込み寺〜』を昨夜と今朝の数回に分けて再生してみました。

本当の愛とは?
命とは?
生きることとは?

色々と、考えさせられました。


http://www.tv-asahi.co.jp/kakekomidera/sphone/
Posted by やん姫 at 2011年12月20日 10:06
>やん姫さん
『謎解きはディナーのあとで』ご紹介ありがとうございます。
でも、また嵌ると困るので私はこの謎解きは見ないようにします(苦笑)

私はNHKの元日本兵の証言ドキュメンタリー
戦争証言アーカイブスhttp://www.nhk.or.jp/shogenarchives/
を毎回観ていますが、今回の真珠湾攻撃70周年で紹介された証言にも、色々と考えさせられました。
Posted by たすけ at 2011年12月21日 23:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。