キャプテン

昭和40年代の追憶


生年月日や血液型の性格診断や占いを信じますか?

私には誕生日も血液型も同じ幼馴染みがいた。共に小6から剣道を始めて、中2の秋から彼は剣道部のキャプテン「主将」となった。

私は、目立ちたがり屋&意外性を求めるタイプで剣道でも、フェイントや引き技など、あまりきれいな型ではなかった。いわゆる試合相手をひっかき回す無手勝流戦法であった。
彼は、もの静か&協調性があり剣道のスタイルも正統派のきれいな型であり、昇段審査もいち早く通過した。勝負もじっくりとした間合いからのメンを決め技としていた。

ま、小6の時点で身長140cmの私と、160cmを超えていた彼との体格の違いも戦法に影響したのだが、戦えば二人の勝負はほぼ互角であった。
しかし、無手勝流の私と正統派の彼との剣のタイプの違いで常に団体戦の試合では「私が先鋒、彼が大将」と言う順番は不動であった。

注:剣道の団体戦(5人制)の順番は
  1.先鋒 2.次鋒 3.中堅 4.副将 5.大将 となる。

剣は心を映す....と良く言われたものだが、心=性格という
言葉に置き換えると、同じ誕生日&血液型なのに彼と私はまるで正反対だなぁと思いながら過してきた。

そんな訳で私は、生年月日や血液型占いによる性格診断とかは、思索の参考程度には心に留めるが、基本的には育ってきた環境。つまり、後天的な体験に大きく影響されるとものだと思っている。

但し、輪廻転生などは信じる方なんですけどね^^; 矛盾してますよね^^;

剣道部1973.jpg

前列左端が私。中央の白い胴着で盾を手にしているのが主将の彼。
その後商船大学に進み、十数年前の同窓会連絡の時に貨物船の仕事をしていると聞いたが....今頃は正真正銘のキャプテン「船長」になっているのかもしれないなぁ^^



日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2006年01月29日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 昭和40年代の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。