藤ヶ谷十三塚 千葉県柏市

ちばらきチャンネル

千葉県柏市(旧沼南町)の藤ヶ谷十三塚の場所は⇒ここ

柏市逆井の古の中野牧っぽい風景を堪能した後、風早南部小前を走るきれいな道路を
「わぁ〜い♪」と気持ちよく下ってきたら、前方のどんつき(=T字路)に「あ、猫だ♪」と携帯を取り出し撮ろうと思ったら、藪の中に消えてしまい...ふと見れば

藤ヶ谷十三塚の西口

「ん?ここだったのか!」と藤ヶ谷十三塚の入り口を発見(こちら西口)
柏市の藤ヶ谷十三塚については東葛人さんが、この記事この特集この動画で紹介されていて
記憶にあったのですが、この日は偶然に猫に導かれました。

「え?ほんとここに入っていいの?」
どうみても私有地っぽいし、なにより...道が..無いっすよ(汗)
とりあえず、栗や立木の中をリカンベントを押して中に入って行きました。

藤ヶ谷十三塚01
藤ヶ谷十三塚の案内版
藤ヶ谷十三塚02
藤ヶ谷十三塚03

むぅ...ほんとに真ん中の大きい塚以外、小さい12の塚はほとんどわかりませんね^^;
来た道を戻るのも、つまらないので、そのまま東口の出口(入り口)に向かいます。

藤ヶ谷十三塚04

これでも、いちおう道です(苦笑)
...っていうか。藤ヶ谷十三塚は、夏〜秋に入るもんじゃないです(>_<)
もう、蚊に刺されるわ、服は荒地盗人萩(アレチヌスビトハギ)だらけ(T_T)

藤ヶ谷十三塚の東口

這う這うの体で抜け出して、ようやく道らしき道に(苦笑)
でも、ここを直進したら民家(農家)なので、下ってすぐに直角に曲がります。

「十三塚は、十三仏信仰に類するものなのかな?」
と思ったら結局、なんの目的で造られたのか、はっきりしないそうです。造成期はほぼ中世(鎌倉時代以降)以降なので、古代史とは関係ないらしく、落ち武者の供養塚?なんて説もあるそうですが。私は偶然、猫に導かれましたので...
【12匹の猫と1匹の大ネズミの墓】説を信じようかな?(笑)
 昔々、ある寺に正体不明の化け物が出るようになり、住職を恐れさせました。そんなお寺に、ある日、旅人が宿泊を求めました。
 その旅人はなんと12匹の猫を連れだっていました。住職は化け物が出る事を旅人に告げましたが「構いませんと」言うので、旅人と猫たちは寺に宿を取らせてもらいました。
 さてその夜も、正体不明の化け物が現われ、12匹の猫たちが化け物に立ち向かい、一晩中死闘が続きました。やがて夜明けとともに静かになり、そこには大型犬ほどもあるネズミ1匹と、12匹の猫の死体がありました。
 住職は12匹の猫の塚を造って手厚く供養し、それに大ネズミの塚を加えて十三塚と呼ぶようになりましたとさ。


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2011年10月12日

posted by たすけ at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちばらきチャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。