中野牧(小金牧)の風景が残る柏市逆井

ちばらきチャンネル

千葉県には船橋市にJAR中山競馬場があったり、白井市にJRA競馬学校があったりと、なにかと馬と縁がある県なのですが...
中野牧とは?江戸幕府が千葉県北西部(北総台地)に軍馬育成のため設置した放牧場で、その中心部が松戸市小金原付近で、通称小金牧(こがねまき)と呼ばれています。小金牧はさらに、上野牧・中野牧・下野牧・高田牧・印西牧の5牧に区分され(当初は7牧で後に統合)中野牧は小金五牧の中でも最大面積を誇ります。

木下街道と鮮魚街道

明治の世になり、小金牧は下級武士への殖産のために開墾が奨励され、開墾順に、初富、二和、三咲、豊四季、五香、六実、十余一、十余二と名付けられています。初富・二和・三咲・五香は新京成線の駅名に、豊四季、六実は、東武野田線の駅名になってますね♪
千葉県内には小金牧以外に佐倉牧もあり、こちらには七栄(富里市)、八街(八街市)、九美上(香取市)、十倉(富里市)、十余三(成田市・多古町)の地名が残っています。
佐倉牧の方は、西瓜畑・落花生畑・甘藷畑と、広大な田園風景が残っているのですが、小金牧の方は、宅地開発や工業団地でかつての広大な牧場を想像できるような風景に出会うことはなかなかありません。

10月10日は、小金原公園から中野牧を通過して白井市平塚に向かったのですが、その道中、いにしえの「中野牧」を彷彿とさせる風景に出会いましたので記事に残しておきます。

中野牧拡大図

場所は東武野田線の逆井駅と高柳駅の中間西側に広がる、柏市逆井の田園風景です。
以下、地名を入れた地図を挟み、昭和22年と平成20年の柏市逆井の航空写真です。

昭和22年の柏市逆井の航空写真
柏市逆井地図と撮影方向
平成20年の柏市逆井の航空写真

この一画だけ奇跡的に宅地開発を免れて、ゆるやかな起伏のある広大な畑が残されていました。
四方を緑の回廊に囲まれ、また送電鉄塔もないので...大げさな言い方をすれば
「あれ?ここは北海道の十勝か?富良野か?」
と錯覚するくらい、気持ちの良い広々とした風景が残されていました。詳細地図⇒この辺

私は柏陵高校と逆井小学校の間を抜け、緩やかな坂道を登りはじめて
「おぉ〜〜!!」と感動し、観音寺墓地方向に自転車を走らせて
地図カメラアイコンから⇒の方向にシャッターを切ったのが下の写真です。
とくにこの方向に見た時が、一番気持ちの良い風景でした。

中野牧の風景(柏市逆井)と釜原の絵

『おそらく江戸時代、このような風景で中で野馬が放牧されていたんだろうな・・・』はめ込んである白黒絵は、渡辺崋山が文政8年(1825年)に描いた「四州真景図 釜原」ですが、釜原=鎌ヶ谷なので、だいたいこのあたりもこんな感じだったのかな?と往時の中野牧を想像しやすい風景でした。
まぁ、地元でこの風景を見慣れた人は
「なんでこんな風景に嬉々としているんだ?」
と訝しがるかもしれませんが(苦笑)

数字と地名にまつわる記事となりましたので、ちょっと補足しておきます。
小金牧の開拓により明治5年に、初富村、二和村、三咲村、五香六実村、豊四季村、十余二村が成立しました。写真の柏市逆井(さかさい)の逆井村は、明治22年土村(つちむら)に合併されます。

この土村の地名由来が【増尾、名戸ヶ谷、藤心、逆井、酒井根、今谷新田、小金上町新田、中新宿村、塚崎新田、根木内村、根木内新田(=現光ヶ丘)】の十一が合併したので十+一で【土】です。
逆井とか酒井根は、水が豊富な場所によくつけられる地名です...
ん〜また長くなりそうなので、そんな事よりもっと気楽な話を。

私、中高の部活は剣道部と吹奏楽部の経験者なので、余談(ネタ)で筆止めします(笑)
剣道が盛んな「逆井中」も吹奏楽が盛んな「酒井根中」も略すと「さかちゅう」で紛らわしいので

土中(ドチュウ) 逆井中(バクチュウ) 酒井根中(アルチュウ) 光ケ丘中(ピカチュウ

と、私達一部OBの仲間内ではこう呼んで区別しとります(笑)

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2011年10月11日

posted by たすけ at 23:58 | Comment(4) | TrackBack(0) | ちばらきチャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
此処は、一度自転車で迷い込んだことがありましたが、こうして解説されると、また違った目で景色を見ることが出来ますね!!!

根木内新田というのは、知っていましたが、自分が住んでいる周辺を全く理解していないことがよく分かりました。 やはり、流れ者ですね。 息子は、此処で生まれ育ちましたので、もう少し理解しているかもしれませんが、、、果たして? 興味が無ければ、関心を向けることもありませんので。

今度一度、上から二番目の地図をご一緒しませんか? 美味しい味噌ラーメンのお店(金竜)もありますから、、、
Posted by joypapa at 2011年10月13日 23:23
>joypapaさん
私とて、輪友ブログや深化サイトがなければ、ほとんど何も知らないままに過ごしていたと思いますよ^^;
例えば、joypapaさんとお知り合いにならなければ「ツツドリ」を知らぬまま、一生を終えたと思います(笑)

金竜...だんだん寒くなってくるし、いいですねぇ!是非ご案内ください♪
実は10日は、例のハンバーガー店も目的で行ったのですが、不快&残念な結末に...
ん〜誰かがまた同じ不快な思いをされないように少し記事に入れちゃおうかな?
Posted by たすけ at 2011年10月14日 02:08
たすけさん、こんばんは。
コメント遅くてすみません。
私の自宅近くを通られていたのですね。
私もあのあたりの風景を初めて見た時、北海道の景色に良く似たひろがりがあると思っていました。
また、あのあたりには行徳へ至る古道「塩の道」が通っており、藤心のローソン前の交差点に古い道標が残っています。
Posted by 鉄ポタ at 2011年10月17日 21:20
>鉄ポタさん
道産子には笑われるかも知れませんが、箱庭のようなミニ北海道風ですよね(^-^)

塩の道...そっか!?
そのルートで市川(行徳)から佐倉牧まで行けますね♪

断腸亭さんあたりが企画しそうなポタルートになるかも?
でも、リカンベントじゃ輪行で帰ってこれないし、いっそ銚子泊になってしまうかな?(笑)
Posted by たすけ at 2011年10月17日 21:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。