流山市加村の祭りと昭和の風景(50数年前の追憶)

流山チャンネル

平成23年の流山市旧加村のお祭りは6月25(土)26(日)と7月23(土)24日(日)です。

加村岸大杉神社

幟(のぼり)に加村河岸と書いてあるように、流山市旧加村の氏神様(大杉神社)の祭礼は、加村岸(加岸=6月末)と加村台(加台=7月末)の2ヶ所で行われます。現平和台にある神社の方は、加村の総鎮守になり、特に大宮神社と敬称されています。(御祭神はアメノウズメ=「大宮能売命」=オホミヤノメノミコト)


加村岸大杉神社
加村台大宮神社
加村岸(加岸)=大杉神社                加村台(加台)=大宮神社

平和台造成前

上の白黒写真は、平和台の団地が造成される前(昭和38年頃)の風景です。
中央のこんもりとした鎮守の杜(=森)に加村の総鎮守大宮神社があり。
右手に見える杜に西平井の氏神様、大原(だいばら)神社があります。

平和台造成前
加村台(現平和台)=大宮神社            西平井(現平和台)=大原神社

加村・西平井から平和台への変遷風景はこちらの→記事を参照

加村台の祭り、昭和34年

こちらは、昭和34年7月27日の加村(大宮神社)の祭りのスナップです。(私1歳)
上の写真で私をだっこしてくれているお姉さんが、どなただか記憶がありません^^;
下の写真で私をだっこしているのが若き日の母でございます^^;

加村台の祭り、昭和30年

こちらは、ほぼ同じアングルで写された昭和30年の加村台の祭りの子供神輿の風景です。

加村の風景

そして最後が、ほぼ同じアングルで写した約50年後の加村台(2007年の流山市加)の風景です。
6月29日で53歳となる私と、50数年前の流山の風景を重ねて記事にしてみましたf(^^;

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2011年06月26日

posted by たすけ at 09:53 | Comment(10) | TrackBack(0) | 流山チャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおー、素晴らしい資料ですね!
また博物館で一昔前の写真展とかやって欲しいです〜。

大宮神社の由来はそういう訳だったのですね。私は「腹痛が痛い」みたいな変な名前だなーと思ってたんですが(^^;)
Posted by PRINCOちゃん at 2011年06月26日 21:48
大杉神社の御神輿担いできました!!
加台も担ぐ予定です(^^ゞ

いい写真ですね!
あまり見れる機会がないのでありがたいです。
Posted by とみやん at 2011年06月27日 11:27
>PRINCOちゃん
先般の博物館の一昔前の写真展で私の小屋(謎^^;)が写っていたのに感動して
ご案内した自転車仲間に「私、ここに居たの!ここに!」と叫んでしまいました(苦笑)



>とみやんさん
担ぎタコできるまで、がんがん担いじゃってくださ〜い!(笑)

PS.浅間神社のお富士山...いつになったらまた登れるようになるのでしょうねぇ。
それほど今回の地震が大きかったことにあらためて驚いています。


Posted by たすけ at 2011年06月27日 22:26
たすけさん、誕生日おめでとうございます
旧加村の氏神様のお祭り、古い写真を見ていると郷愁を誘いますね。
子供の頃に体験した故郷、旧南野村の氏神様のお祭りを思い出します。
もっとも、神輿ではなく「だんじり」でしたが。
>「私、ここに居たの!ここに!」と叫んでしまいました
そんなことがありましたね(笑)
Posted by 東葛人 at 2011年06月29日 09:14
>東葛人さん
あらま、律儀にありがとうございます^^

「だんじり」の時は、爆竹とか使うのでしょうか?私、東葛人さんの破裂音へのトラウマの謎が知りたいです(^^;

PS.ちょっと、私の子供の頃の追憶の記事が続きますが、テキトーに流してください(笑)
Posted by たすけ at 2011年06月29日 19:11
たすけさん
お誕生日おめでとうございます!
先日お会いした時、38歳くらいですか?と聞いたら大爆笑されましたが、私より大センパイの元気なたすけさん、これからもすてきな記事を楽しみにしています。

すてきな写真ありがとうございます。
匂いや音がよみがえってきそうですね。
お母様とのお写真は懐かしすぎ(勝手に人の過去を懐かしんですみません)。たすけさんのほっぺたとか、たすけさんを抱くお母様の腕とか、スカートとか。
25、26日は大杉さんだったんですね、以前宵宮にお邪魔したことがありました、今も地域の人たちの作り上げる、あたたかなお祭りだったのを記憶しています。また、行きたいなあ〜。



Posted by blue note at 2011年06月29日 22:50
>blue noteさん
律儀にありがとうございます。

自分で言うのもおこがましいですが...
たいてい実年齢よりは若くは見られますが、30代はないでしょう、30代は(爆)

拙ブログはもともと半生記を書くつもりで始めたブログですので、これからもたまに白黒ワールドが出てくるかもしれません(笑)
Posted by たすけ at 2011年06月30日 00:12
ありがとうございます。
昭和30年の加村台の祭りの子供神輿の風景
懐かしいです。このころ、丁度この写真の近所に住んでいました。近くに共同の井戸があって、天秤棒とバケツで水を汲む母について歩いてました。
Posted by cyclist_maki at 2013年06月27日 16:30
>makiさん、コメントありがとうございました。
私もその井戸を知っています。
この記事のおねえちゃんがその井戸のすぐそばに住んでいました。
もしかして、
http://sazaepc-tasuke.seesaa.net/article/47401391.html
この記事中の写真の中にmakiさんご本人か、お知り合いが映っていますか?
Posted by たすけ at 2013年06月27日 16:56
私にも懐かしい近所のおねえさんがいました。
今でも近所を通ると懐かしい感じがしますが、名前も覚えていません。
流山電車の懐かしい写真。埋め立て前の平和台あたりの一面の田園風景と、夏の花火。
このころ、風呂が無かったので流山駅の電車の車庫の辺りの社員用の風呂に通っていました。親父が社員だったので...
Posted by cyclist_maki at 2013年06月27日 19:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。